文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2014年 [平成26年] 11月

マンスリーレポート(研究業績) 2014年 [平成26年] 11月

新聞・雑誌等

鷲見幸彦(副院長室)
西日本新聞,平成26年11月15日(土)朝刊,認知症見逃す働き盛り 【2014年12月26日更新】

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞,平成24年11月6日(木)朝刊,「夫婦に適度な距離感を」

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
読売新聞, 2014年11月11日朝刊, アルツハイマー 血液で判別 兆候示す「目印」発見. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
朝日新聞, 2014年11月11日夕刊, アルツハイマー病 発症前に血液判定 数滴分で9割以上の精度. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
日本経済新聞, 2014年11月11日朝刊, アルツハイマー病 前兆、血液で把握. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
中日新聞, 2014年11月11日朝刊, アルツハイマー病の「前兆」 捉える検査法を開発. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
産経新聞, 2014年11月11日朝刊, 認知症の前兆 血液検査で. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
東京新聞, 2014年11月11日朝刊, アルツハイマー血液で前兆判定. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
NHK総合テレビ「NEWS WEB」, 2014年11月11日, どう進行する?アルツハイマー病 早期診断で治療の可能性は? 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
NHK総合テレビ「おはよう日本」, 2014年11月11日,アルツハイマー病判定に新技術. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
テレビ朝日「報道ステーション」, 2014年11月11日, アルツハイマー病で世界初・血液検査で早期発見も.【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
日本テレビ「ZIP!」, 2014年11月12日, 世界初の発見 アルツハイマー判定法. 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦 (副所長室, 認知症センター長室)
TBSテレビ「ひるおび!」, 2014年11月12日, アルツハイマー病発症の兆候 血液検査だけで分かる? 【2014年12月17日更新】

佐竹昭介. (自立支援開発研究部)
CBCラジオ「きく!ラジオ」, 平成26年11月17日-21日, 高齢者のフレイルについて.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
読売新聞, 2014年11月23日, なるほど!認知症8 運動+頭の体操=予防期待.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
NHKテレビテキストきょうの健康, 2014年12月号, 頭と体を同時に使って認知症を防ごう.

TBS「駆け込みドクター!」、平成26年12月7日(日)、アルツハイマー病特集番組にて血液1滴高感度測定装置について取り上げられる。

論文発表等

原著論文

Kaneko N., Nakamura A., Washimi Y., Kato T., Sakurai T., Arahata Y., Bundo M., Takeda A., Niida S., Ito K., Toba K., Tanaka K., and Yanagisawa K. (脳機能画像診断開発部, 脳機能診療部, もの忘れセンター, バイオバンク, 総長室, 認知症センター長室, )
Novel plasma biomarker surrogating cerebral amyloid deposition. Proc Jpn Acad Ser B. 2014; 90(9): 353-64. 【2014年12月17日更新】

K. Ozaki, H. Kagaya, I. Kondo, E. Saitoh, S. Imai, S. Sonoda, N. Itoh. (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
Reliability and minimal detectable change of Quantified Paralysis Performance Assessment (QPPA) using a three-dimensional motion analysis device.
Jpn J Compr Rehabil Sci. 2014, Vol.5, p.109-116.

S. Mori, A. Osawa, S. Maeshima, K. Ozaki, T. Sakurai, I. Kondo, E. Saito. (機能回復診療部, もの忘れ外来部, 自立支援開発研究部)
Clinical examination of reliability/validity of scoring methods for Cube-Copying Test (CCT)
Jpn J Compr Rehabil Sci. 2014, Vol. 5, p.102-108.

西尾大祐, 前島伸一郎, 大沢愛子, 平野恵健, 木川浩志, 丸山仁司. (機能回復診療部)
回復期リハビリテーション病棟から在宅復帰した高齢脳卒中患者の日常生活活動に影響を及ぼす因子.
理学療法科学. 2014, Vol.29, No.5, p.725-730.

森志乃, 大沢愛子, 前島伸一郎, 尾崎健一, 近藤和泉, 才藤栄一. (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
身体パラフレニア,余剰幻肢,病態失認,右半側空間無視を呈した両手利き左視床出血の一例
高次脳機能研究. 2014, Vol.34, No.3, p.372-380.

Yamamoto N, Tokuda H, Kuroyanagi G, Mizutani J, Matsushima-Nishiwaki R, Kondo A, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
Regulation by reseveratrol of prostaglandin E2-stimulated osteoprotegerin synthesis in osteoblasts.
Int. J. Mol. Med. 2014 ;34:1439-1445.

Yuki D, Sugiura Y, Zaima N, Akatsu H, Takei S, Yao I, Maesako M, Kinoshita A, Yamamoto T, Kon R, Sugiyama K, Setou M. (老化機構研究部)
DHA-PC and PSD-95 decrease after loss of synaptophysin and before neuronal loss in patients with Alzheimer's disease.
Sci Rep. 2014 Nov 20;4:7130.

Otsuka R, Kato Y, Nishita Y, Tange C, Nakamoto M, Tomida M, Imai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Cereal intake increases and dairy products decrease risk of cognitive decline among elderly female Japanese.
J Prev Alz Dis, 1: 160-167, 2014.

Uchida Y, Sugiura S, Ueda H, Nakashima T, Ando F, Shimokata H (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
The association between hearing impairment and polymorphisms of genes encoding inflammatory mediators in Japanese aged population.
Immun Ageing, 11: 18, 2014.

Iino Y, Ebihara A, Yoshioka T, Kawamura J, Watanabe S, Hanada T, Nakano K, Sumi Y, Suda H. (歯科口腔先端医療開発センター)
Detection of a Second Mesiobuccal Canal in Maxillary Molars by Swept-source Optical Coherence Tomography. Journal of Endodontics. 40(11):1865-68, 2014 【2014年年12月18日更新】

Saito H, Watanabe Y, Sato K, Ikawa H, Yoshida Y, Katakura A, Takayama S, Sato M (口腔疾患研究部)
Effects of professional oral health care on reducing the risk of chemotherapy-induced oral mucositis.
Support Care Cancer. 2014 Nov;22(11):2935-40.  【2015年1月15日更新】

Murakami M, Hirano H, Watanabe Y, Sakai K, Kim H, Katakura A. (口腔疾患研究部)
Relationship between chewing ability and sarcopenia in Japanese community-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int. 2014 Nov 3. doi: 10.1111/ggi.12399. [Epub ahead of print]  【2015年1月15日更新】

総説, その他

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康長寿と食生活,飲酒,シリーズ健康長寿.
日医雑誌,143:1728-1734,2014.

藤田恵未,松尾浩一郎,角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
『特集 高齢者によくみられる肺炎 臨床に役立つQ&A 「2.高齢肺炎患者への口腔ケアの考え方と手技」』 Geriat. Med. 52(11):1355-1357, 2014 【2014年12月18日更新】

西田泰大,嶋田敏江,角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
続・私たちが担う「専門的口腔ケア」実際編⑥<最終回> 在宅や施設での歯科衛生士の役割と専門的口腔ケアの注意点 デンタルハイジーン 34(12):1338-1341, 2014 【2014年12月18日更新】

高道香織、佐々木千佳子、藤崎あかり、遠藤英俊、鷲見幸彦、町屋晴美(看護部、長寿医療研修センター、副院長室)
短期集中講義形式での「認知症高齢者の看護」研修の評価
医療の広場,54(11)28-31,2014 【2014年12月26日更新】

Watanabe Y, Hirano H, Matsushita K
How masticatory function and periodontal disease relate to senile dementia. Japanese Dental Science Review. 2014 in press  【2015年1月15日更新】

書物等

鷲見幸彦(副院長室)
副甲状腺機能亢進症 
新領域別症候群30 神経症候群(第2版)
日本臨牀社, 228-231,2014 【2014年12月26日更新】

鷲見幸彦(副院長室)
副甲状腺機能低下症 
新領域別症候群30 神経症候群(第2版)
日本臨牀社, 232-235,2014 【2014年12月26日更新】

佐竹昭介, 葛谷雅文. (自立支援開発研究部)
高齢者糖尿病とサルコペニア・フレイル.
月刊 糖尿病12月号. 2014, Vol.6, No.11, p.15-23.

Nakashima M., Iohara K. (再生歯科医療研究部) Pulp regeneration by harnessing dental pulp stem cells. Chapter 3, pp. 37-45. NEW TRENDS IN TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE -Official Book of the Japanese Society of Regenerative Medicine. Edited by Hideharu Hibi and Minoru Ueda. INTECH, Rijeka, Croatia, 2014.

講演等

学会・研究会等発表

鈴木隆雄 (所長室)
超高齢社会の実像と健康長寿を目指して.
明治医療フォーラム,2014年11月3日,東京都.

Wustman B.A., Knight E.M., Williams H.N., Stevens A.C., Kim S.H., Kottwitz J.C., Morant A.D., Steele J.W., Klein W.L., Yanagisawa K., Boyd R.E., Lockhart D.J., Sjoberg E.R., Ehrlich M.E., Gandy S.  (副所長室, 認知症センター長室)
Increasing gangliosidase activity corrects the behavioral phenotype in Dutch APPE693Q mice through reduction of ganglioside-bound Aβ.
The 7th conference Clinical Trials in Alzheimer's Disease (CTAD) Nov 22, 2014, Philadelphia, USA. 【2014年12月17日更新】

Naoi M, Wu Y, Kazumura K, Osawa T, Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
Rasagiline suppresses calcium release from mitochondria and prevents apoptosis induced by opening mitochondrial permeability transition pore using a novel assay method of cytoplasmic calcium.
44th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Neuroscience2014), Nov 16, 2014, Washington DC, USA.

Ibaraki K, Sawada M, Sawamoto K, Minamiyama M, Maruyama W, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
Chk2 maintains neural stem cell pool in mouse adult hippocampus during aging.
44th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Neuroscience2014), Nov 17, 2014, Washington DC, USA.

Maruyama W, Shamoto-Nagai M, Naoi M, Hisaka S, Osawa T, Minamiyama M, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
Role of lipid peroxides derived from PUFA in the conformational change of alpha-synuclein and cell death in Parkinson disease.
44th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Neuroscience2014), Nov 17, 2014, Washington DC, USA.

Shamoto-Nagai M, Naoi M, Osawa T, Motoyama N, Minamiyama M, Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
DHA induced the dysfunction of cellular proteolysis system and the formation of α-synuclein aggregates in SH-SY5Y cells.
44th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Neuroscience2014), Nov 17, 2014, Washington DC, USA.

Long N, Kurokawa-Nose Y, Minamiyama M, Motoyama N, Shamoto-Nagai M, Ibaraki K, Hayakawa T, Yamada H, Kanamori K, Yamaoka A, Naoi M, Maruyama W (加齢健康脳科学研究部、神経内科)
The downregulation of longevity-related gene, FOXO3 induces the neurodegeneration of the Lewy body disease model cells.
44th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Neuroscience2014), Nov 19, 2014, Washington DC, USA.

龍 訥, 南山 誠, 能勢 弓, 本山 昇, 永井 雅代, 茨木 京子, 早川 智久, 山田 洋美, 金森 久美子, 直井 信, 丸山 和佳子(加齢健康脳科学研究部)
長寿関連遺伝子FOXO3のレビー小体病発症における役割の解析.
第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月26日, 横浜

橋本駿, 尾崎健一, 佐藤健二, 田口大輔, 杉浦由香里, 伊藤直樹, 近藤和泉. (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
装具装着による姿勢戦略の変化-立ち乗り型パーソナル移動支援ロボットを用いた検討-.
第30回日本義肢装具学会学術大会. 2014年10月18-19日, 岡山市.

明石純, 橋爪美香, 牧賢一郎, 舘野理恵, 伊藤直樹, 大沢愛子, 近藤和泉. (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
失行や視覚性注意障害を有する患者への上肢ロボット訓練の試み.
第30回日本義肢装具学会学術大会. 2014年10月18-19日, 岡山市.

谷本正智, 相本啓太, 橋本駿, 大野健介, 伊藤直樹, 近藤和泉. (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
脳卒中片麻痺歩行における三次元動作解析を用いた補助具選択の検討.
第30回日本義肢装具学会学術大会. 2014年10月18-19日, 岡山市.

伊藤恵里奈, 杉浦彩子, 内田育恵, 中島務. (機能回復診療部)
補聴器装用後に幻聴が改善した一例.
第59回日本聴覚医学会.  2014年11月26-27日, 下関市.

小島香, 尾崎健一, 原田恵司, 細見梓, 戸田合香. (機能回復診療部)
長期のリハビリテーションにより摂食嚥下機能が改善したワレンベルグ症候群の一例.
第68回国立病院総合医学会. 2014年11月14-15日, 横浜市.

飯田圭紀, 伊藤直樹, 浅野直也, 松井康素, 近藤和泉. (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
中高年者に対するACL再建術後のリハビリテーションの経験-CKCトレーニングに着目した一症例-.
第68回国立病院総合医学会. 2014年11月14-15日, 横浜市.

Hayashi Y., Ishizaka R.,  Murakami M., Kawamura R., Fukuta O., Nakashima M. (再生歯科医療研究部)  The tissue specificity of trophic factors from mesenchymal stem cells (MSCs) and their regenerative potential. The 5th meeting of Asian Cellular Therapy Organization, Osaka, Japan, Nov.10-12, 2014.

Steering Committee of Advanced Medical Care (在宅医療推進課・在宅医療開発研究部)
Steering Committee of Advanced Medical Care Japan.
Global Dementia Legacy Event Japan. 5th November 2014, Tokyo.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
地域包括ケアシステムの構築における在宅拠点の活動状況の検討.
第34回日本看護科学学会学術集会,2014年11月29日,名古屋市.

谷川隆久、川嶋修司、徳田治彦.  (臨床検査部, 内分泌代謝内科)
成長ホルモン分泌不全を合併した成人Klinefelter症候群の1例
第24回臨床内分泌代謝 Up date,  平成26年11月28日, 大宮ソニックシティー 埼玉.

安藤悦子、紣川牧子、南保茂美、宇佐美幸子、伊藤直樹、近藤和泉、竹村真理枝、徳田治彦. (医療安全推進部、看護部、機能回復診療部、先端診療部)
高齢者の転倒転落事故防止対策の取り組み~アセスメントシートと対応表の改訂~
第68回国立病院総合医学会, 平成26年11月15日, パシフィコ横浜, 神奈川.

谷川隆久、川嶋修司、徳田治彦.  (臨床検査部, 内分泌代謝内科)
成長ホルモン分泌不全を合併した成人Klinefelter症候群の1例
第24回臨床内分泌代謝 Up date,  平成26年11月28日, 大宮ソニックシティー 埼玉.

安藤悦子、紣川牧子、南保茂美、宇佐美幸子、伊藤直樹、近藤和泉、竹村真理枝、徳田治彦. (医療安全推進部、看護部、機能回復診療部、先端診療部)
高齢者の転倒転落事故防止対策の取り組み~アセスメントシートと対応表の改訂~
第68回国立病院総合医学会, 平成26年11月15日, パシフィコ横浜, 神奈川.

東英梨月, 山本誠士, 村松昌, 濱島丈, 石井陽子, 新飯田俊平, 笹原正清 (バイオバンク)
マウス創傷治癒モデルにおけるmacrophageの機能解析
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月25~27日、横浜

永田有希, 紙田正博, 谷口美也子, 服部功太郎, 吉田寿美子, 後藤雄一, 渡邊淳, 檜垣小百合, 神徳好美, 有馬邦正, 徳田治彦, 文堂昌彦, 櫻井孝, 浦上克哉, 尾野雅哉, 新飯田俊平 (バイオバンク,共同利用推進室, 脳機能画像診断開発部,もの忘れ)
認知症患者由来の髄液を用いたプロテオーム解析
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月25~27日、横浜

Matsuura H  (長寿医療工学研究部)
Quantum Neuron & Its Logic of Calculation
"Biomedical Fuzzy System Association, (BMFSA’2014),November 15-16, 2014,Tokyo

松浦弘幸, 中野正博, 玉川雅章, 石川耕介 (長寿医療工学研究部)
人体の外傷に関する基礎的報告-
第27回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会(BMFSA2014),2014/11/15,東京

松浦弘幸, 中野正博, 玉川雅章, 石川耕介 (長寿医療工学研究部)
人体の外傷に関する基礎的報告-2,
第27回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会(BMFSA2014),2014/11/15,東京

松浦弘幸, 中野正博, 玉川雅章, 石川耕介 (長寿医療工学研究部)
人体の外傷に関する基礎的報告-3,
第27回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会(BMFSA2014),2014/11/15,東京

中野正博,松浦弘幸,玉川雅章 (長寿医療工学研究部)
様々な防具や条件の頭部損傷基準値の分析,
第27回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会(BMFSA2014),2014/11/15,東京

石川耕介,松浦弘幸,中野正博,玉川雅章,久保田正美 (長寿医療工学研究部)
車椅子走行中における壁衝突時の人体障害推定,
第27回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会(BMFSA2014),2014/11/15,東京

石川耕介,松浦弘幸,中野正博,玉川雅章,久保田正美 (長寿医療工学研究部)
車椅子走行中における前方転倒時の人体障害推定,
第27回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会(BMFSA2014),2014/11/15,東京

Iwashita Y, Harada T, Ishizawa K, Matsuda T, Terauchi K, Shimada J, Sugimoto M, Maruyama M (老化機構研究部)
Implication of a cellular senescence-related gene, TARSH/Abi3bp in cellular proliferation and lung cancer metastasis
第37回日本分子生物学会年会、2014年11月25日、横浜市

Ishizawa K, Iwashita Y, Matsuda T, Sugimoto M, Maruyama M (老化機構研究部)
Analysis of functional promoter region of a cellular senescence-related gene, TARSH
第37回日本分子生物学会年会、2014年11月27日、横浜市

Cen Zou, Matsuda T, Iwashita Y, Sugimoto M, Maruyama M (老化機構研究部)
Investigation and Functional Analysis of Promoter Region for Murine Immunosenescence-Associated Gene, Zizimin2
第37回日本分子生物学会年会、2014年11月27日、横浜市

井之上浩一、赤津裕康、山本誠、土屋浩史、宮崎康人、松川則之、橋詰良夫、道川誠、山本孝之、豊岡利正 (老化機構研究部)
質量分析を基盤とする認知症患者病理資料のノンターゲット多変量解析
第33回日本認知症学会学術集会、2014年11月29日~12月1日、横浜市

原範和、菊池正隆、宮下哲典、初田裕幸、齊藤祐子、村山繁夫、赤津裕康、池内健、桑野良三 (老化機構研究部)
ヒト剖検脳を用いたアルツハイマー病関連マイクロRNAの解析
第33回日本認知症学会学術集会、2014年11月29日~12月1日、横浜市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
地域住民の終末期への備えについて~予備調査の結果から
第73回日本公衆衛生学会総会,2014年11月6日,栃木県.

Saito T (老年社会科学研究部)
Effects of Marriage on the Onset of Disability in Older Men and Women: A Seven-Year Follow-up
The 67th Annual Scientific Meeting, Gerontological Society of America,Nov. 7, 2014,Washington,DC.

Yoshida H. (NC企業連携共同研究部(エーザイ))
Identification and characterization of extracellular tau.
The Society for Neuroscience Annual Meeting 2014, Washington, D.C., U.S.A., November 19, 2014

吉田裕孝(NC企業連携共同研究部(エーザイ))
細胞外タウの生化学的解析
第33回日本認知症学会学術集会, 横浜市, 2014年11月29日-12月1日

Sumioka A, Goto A, Soeda Y, Takashima A.(分子基盤研究部)
Tau pathology regulated by membrane lipid.
The 44th annual meeting of the Society for Neuroscience, Washington, DC, USA, November 19, 2014

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年期における14年後の日常生活活動能力への心的発達要因の影響.
第21回日本未病システム学会学術総会,2014年11月2日,大阪市.

野坂咲耶,光岡佑奈,高井なつみ,今井具子加藤友紀大塚礼安藤富士子下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
写真挿入料理データベースを用いたiPhone・iPad対応アプリの開発と有用性の検討.
第21回日本未病システム学会学術総会,2014年11月2日,大阪市.

Uchida Y, Sugiura S, Nakashima T, Ueda H, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
Vascular endothelial growth factor polymorphisms and hearing impairment in Japanese aged population.
Inner Ear Biology Workshop 2014, Nov 2nd, Kyoto, Japan.

Sugiura S, Nakashima T, Yasue M, Uchida Y, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
A population-based cohort study of tinnitus in Japan.
Inner Ear Biology Workshop 2014, Nov 3rd, Kyoto, Japan.

大塚礼,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住高齢者における牛乳摂取と13年間の脳萎縮進行の有無に関する検討.
第73回日本公衆衛生学会総会,2014年11月7日,宇都宮市.

杉浦彩子,中島務,内田育恵,安江穂 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民における耳鳴の長期経過.
第59回日本聴覚医学会総会・学術講演会,2014年11月28日,下関市.

野口知里荒井由美子上村直人,今城由里子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の運転を考える家族介護者に対する支援マニュアルの効果の検討.
第73回日本公衆衛生学会総会,2014年11月5日,宇都宮市.

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
一人暮らしの認知症要支援者に対する外出・移動支援:非同居家族の見解に着目して.
第73回日本公衆衛生学会,2014年11月6日,宇都宮市.

鷲尾昌一,豊島泰子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
訪問看護サービス利用高齢者の家族介護者の介護負担.
第73回日本公衆衛生学会,2014年11月6日,宇都宮市.

藤原謙, 加藤隆司, 乾好貴, 伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部,放射線診療部)
サポートベクターマシンを用いたFDG PETとアミロイドマーカによるMCIからADへの移行予測に関する検討
第54回日本核医学会学術総会, 2014年11月6日- 8日, 大阪

乾 好貴,伊藤健吾,藤原 謙,加藤隆司,Study Group SEAD-J (放射線診療部,脳機能画像診断開発部)
FDG-PETおよびMRIによるaMCIからADへの移行予測診断能の検討:SEAD-Japan 5年間の追跡調査から,第54回日本核医学会学術総会, 2014年11月6日- 8(7)日, 大阪

藤原謙, 加藤隆司, 乾好貴, 伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部,放射線診療部)
FDG-PET, MRI画像および神経心理データを用いたMCIの進行予測に関する検討
第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月29日- 12月1日, 横浜

倉坪和泉、加藤隆司、加藤公子、山岸未沙子、岩田香織、堀部賢太郎、新畑豊、伊藤健吾、中村昭範、MULNIAD study group(脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
高齢者の認知機能に影響する要因の検討
第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月29日- 12月1日, 横浜

乾 好貴,伊藤健吾,藤原 謙,加藤隆司,Study Group SEAD-J, (放射線診療部,脳機能画像診断開発部)
FDG-PETおよびMRIによるamnestic MCIからADへの移行予測診断能の検討:SEAD-Japan 5年間の追跡調査,第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月29日- 12月1日, 横浜

加藤隆司,岩田香織,倉坪 泉,福田耕嗣,武田章敬,鷲見幸彦,文堂昌彦,伊藤健吾,中村昭範,MULNIAD study group(脳機能画像診断開発部,脳機能診療部,精神診療部)
青斑核のMRIイメージング:加齢性およびアミロイド関連性変化の検討.第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月29日- 12月1日(12月29日),横浜

中村昭範,加藤隆司,山岸未沙子,加藤公子,文堂昌彦,遠藤英俊,新畑豊,堀部健太郎,伊藤健吾,MULNIAD study group(脳機能画像診断開発部,脳機能診療部,内科総合診療部),
「動き」の視覚認知の加齢変化:認知反応時間は運動視中枢の皮質ボリュームと相関する.第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月29日- 12月1日(12月1日),横浜

山岸未沙子,中村昭範,加藤隆司,加藤公子,倉坪和泉,岩田香,新畑豊,伊藤健吾,MULNIAD study group (脳機能画像診断開発部,脳機能診療部),
Biological Motionを用いた歩行者運動方向判断に及ぼす背景パターンとその色の影響 -アルツハイマー病患者、軽度認知障害、健康高齢者の比較-.ジェロンテクノロジー研究フォーラム 2014,2014年12月5日, 仙台

Kato T, FujiwaraK, Iwata K, Inui Y, Ito K, Nakamura A, and MULNIAD Study Group (脳機能画像診断開発部,放射線診療部),
Brain atlas-based mean cortical SUVR for evaluation of positive/negative scan of PiB PET, The 13th Annual General Meeting of Asian Regional Cooperative Council for Nuclear Medicine (ARCCNM), Nov. 5-6 (6), 2014, Osaka International Convention Center, Osaka

Inui Y, Ito K, Fujiwara K, Kato T, SEAD-J Study Group (放射線診療部,脳機能画像診断開発部)
Evaluation of the predictive value for the conversion of mild cognitive impairment to Alzheimer’s disease by 18F-FDG PET and MRI: A multicenter study “SEAD-J” , The 13th Annual General Meeting of Asian Regional Cooperative Council for Nuclear Medicine (ARCCNM), Nov. 5-6 (6), 2014, Osaka International Convention Center, Osaka

Okuno A, Yoshimi T, Okumura K, Sawada K, Takikawa O. (ラジオアイソトープ管理室、治療薬探索研究部)
Development of High-speed and Super Sensitive Device for Detection of Amyloid-β Peptide Using an Ion Image Sensor.
IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS) 2014, November 10-12, 2014, Nagoya.

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
近赤外レーザー光を用いた歯科用OCT画像診断機器の開発 第35回日本レーザー医学会シンポジウム 2014.11.29 東京都 【2014年12月18日更新】

Watanabe H, Ozaki Y, Nomura Y, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. (歯科口腔先端医療開発センター)
Location dependency of the spatial resolution of cone-beam computed tomography for dental use. The 10th Asian Congress of Oral and Maxillo Facial Radiology. 2014.11.22 Bali Indonesia 【2014年12月18日更新】

渡邉 淳,國本正子,高橋慶吉(共同利用推進室)
変異型Notch3ノックインマウス脳のプロテオーム解析.
第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月30日-12月1日,横浜 【2015年1月21日更新】

日野智之、福岡秀記 (先端診療部)
LYTROで撮影した細隙灯顕微鏡所見の検討
第68回日本臨床眼科学会、11/16/2014 神戸 【2015年1月21日更新】

山中行人、福岡秀記(先端診療部)
オフィスワーカーの自発性瞬目の日内変動についての検討
第68回日本臨床眼科学会、11/15/2014 神戸 【2015年1月21日更新】

日野智之 福岡秀記(先端診療部)
LYTROで撮影した細隙灯顕微鏡所見の検討
第53回日本網膜硝子体学会総会 第31回日本眼循環学会 11/30/2014 大阪 【2015年1月21日更新】

岩田香織加藤隆司加藤公子、山岸未沙子、倉坪和泉、新畑豊、堀部賢太郎、伊藤健吾中村昭範、MULNIAD study group: (脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病に伴うDefault Mode Network 機能変化の評価法の検討.
第33回日本認知症学会学術集会, 2014年11月30日, 横浜【2015年5月8日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

鷲見幸彦 (副院長室)
平成26年度認知症サポート医養成研修会(第3回), 2014年11月15,16日,名古屋 【2014年12月26日更新】

鷲見幸彦 (副院長室)
「認知症を正しく理解しよう」
春日井保健所認知症等普及啓発地域シンポジウム,2014年11月8日,春日井市 【2014年12月26日更新】

鷲見幸彦 (副院長室)
「認知症になっても住み慣れた地域で暮らすために」
長井市認知症講演会,2014年11月22日,山形 【2014年12月26日更新】

鷲見幸彦 (副院長室)
認知症初期集中支援チームの現状と課題
第33回日本認知症学会学術集会,2014年11月30日,横浜 【2014年12月26日更新】

鈴木隆雄 (所長室)
認知症の予防・治療・介護.
第73回日本公衆衛生学会総会 市民公開講座.2014年11月7日, 栃木県.

鈴木隆雄 (所長室)
認知症予防に向けて.
第20回中部老年期認知症研究会.2014年11月8日, 名古屋.

鈴木隆雄 (所長室)
健康長寿延伸のための科学的根拠-よく老いるための現状-.
健康長寿シンポジウム.2014年11月10日, 名古屋.

鈴木隆雄 (所長室)
超高齢社会の介護と看護-地域で安心して暮らす・老いる-.
北国新聞フォーラム.2014年11月22日, 金沢.

鈴木隆雄 (所長室)
科学的根拠に基づく介護予防.
第30回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議-ライフサイクルから見た人口問題 . 2014年11月27日, 東京.

鈴木隆雄 (所長室)
科学的根拠に基づく介護予防 ─高齢者の生活機能の維持・向上を目指して─
北広島介護サービス研修会. 2014年11月28日(金), 北海道.

A. Osawa. (機能回復診療部)
Rehabilitation for people with dementia.
認知症ケア研究会, Kaohsiung Veterans General Hospital. November 26-27, 2014. Taiwan.

A. Osawa. (機能回復診療部)
Reminiscence thrapy.
認知症ケア研究会, Kaohsiung Veterans General Hospital. November 26-27, 2014. Taiwan.

大沢愛子. (機能回復診療部)
脳卒中後の意欲低下に対するエスシタロプラムの使用経験.
第4回南知多地域心身医療懇話会. 2014年11月13日, 大府市.

大沢愛子. (機能回復診療部)
認知症の周辺症状とその評価.
第2回和歌山認知症症例検討会. 2014年11月20日, 和歌山市.

大沢愛子. (機能回復診療部)
認知症とそのリハビリテーション
佐賀認知症スモールミーティング . 2014年11月7日, 佐賀市.

近藤和泉. (自立支援開発研究部)
リハビリテーション医療の現場から
ASIAN AGING SUMMIT 2014.2014年11月11-13日, 東京都.

近藤和泉. (自立支援開発研究部)
高齢者のフレイルとリハビリテーション.
第9回日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会 教育講演2. 2014年11月15日, 鹿児島市.

伊藤直樹. (機能回復診療部)
新人教育プログラムの概要,理学療法倫理
NPO法人愛知県理学療法士学会 学術局生涯学習 新人教育プログラム. 2014年10月18日, 名古屋市.

植田郁恵. (機能回復診療部)
Dual task の運動療法
いきいき福祉・健康フェア. 2014年10月18日, 札幌市.

浅野直也, 河嶌譲. (機能回復診療部)
亜急性期~慢性期に各職種として何が出来るのか.
第4回JIMTEF災害医療研修ベーシックコース. 2014年11月15日, 立川市.

庵原耕一郎、中島美砂子. (再生歯科医療研究部)
臨床研究の報告.
常滑市歯科医師会. 2014年11月5日, 常滑市.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
基調講演:平成24年度在宅医療連携拠点事業による在宅医療介護連携推進における成果と課題.
木村看護教育振興財団平成26年度東京講演会. 2014年11月8日,東京都.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
高齢者の退院支援における課題と多職種連携による地域連携ケアシステム.
多職種連携による退院支援の実際:事例検討
愛知県立大学大学院看護学研究科 CNSコース老年家族関係論.2014年11月27日,名古屋市.

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
第10回日本医療ケアマネジメント学会愛知県支部学術集会ランチョンセミナー「認知症と地域包括ケア」
2014年11月22日, 名古屋市中村区

新飯田俊平(バイオバンク) 
バイオバンクと医療ビッグデータ
ASIAN AGING SUMMIT 2014. 2014年11月12日, 東京

山越 貴水 (老化機構研究部)
癌抑制と老化
豊秋奨学会平成26年度交流同窓会記念講演. 2014年11月7日, 名古屋市

Maruyama M (老化機構研究部)
Physiological functional of Immunosenescence-associated gene, Zizimin2
The 4th International Symposium of Asian Society for Aging Research. November 8, 2014, Beijing, China

丸山光生 (老化機構研究部)
生体防御論
至学館大学 健康科学部栄養科学科3年講義. 2014年11月18日、大府市

赤津裕康 (老化機構研究部)
コミュニティーヘルスケアについて学びましょう
名古屋市立大学市民公開講座 第1講座:医学研究科 健康寿命をのばすためにできること、2014年11月22日、名古屋市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
縁がわセミナー
「病院栄養士との付き合い方」「今どきの療養場所」. 2014年11月1日・15日、常滑市

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防のための運動:コグニサイズのすすめ.
生活を楽しくするヒント満載教室, 日進, 2014年11月7日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防へ向けた運動の効果.
ASIAN AGING SUMMT 2014 シンポジウムⅣ認知症~診断、治療、進展予防の最前線, 東京, 2014年11月12日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症の予防~今日からできる健康づくり.
中村区認知症講演会, 名古屋, 2014年11月13日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症対策のグローバルトレンド.
日本介護福祉・健康づくり学会 第2回大会 シンポジウム, 東京, 2014年11月15日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防のための運動療法.
第1回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第4回学術大会合同学会, 名古屋, 2014年11月16日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症の前ぶれはこれだ!!~MCIを知り、認知症を予防しよう~.
健康づくり推進員会設立10周年記念講演, 尾張旭, 2014年11月20日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
自分でできる「認知症予防の方法」.
認知症予防講演会, 大阪, 2014年11月21日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
介護予防の評価.
認定理学療法士必須研究会(介護予防), 京都, 2014年11月24日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防のためのスキーム.
認知症学術講演会, 苫小牧, 2014年11月25日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
ヘルスプロモーション論.
国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科講義, 栃木, 2014年11月28日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
地域における認知症予防のスキーム.
川崎北部認知症診療を考える会 第9回研修会, 神奈川, 2014年11月28日.

牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
運動介入としてのデュアルタスクの可能性.
第1回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第4回学術大会合同学会, 名古屋, 2014年11月16日.

加藤隆司(脳機能画像診断開発部),
ドパミントランスポータのイメージング(臨床的視点から)」,
第7回中部放射線医療技術学術大会 ランチョンセミナー 2014年11月1日,名古屋国際会議場,名古屋市

藤田恵未、角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
高齢者に対する専門的口腔ケア 朝日大学歯科衛生士専門学校 2014.11.27 瑞穂市 【2014年12月18日更新】

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
超高齢社会と歯科衛生士の果たす役割 愛知学院大学短期大学部公開講演会 2014.11.26 名古屋市 【2014年12月18日更新】

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
未来を開く高齢者歯科医療-形態修復中心の健常者型の歯科医療から、口腔機能向上・高齢者型の歯科医療への転換を- 徳島県歯科医師会講演会 2014.11.20 徳島市 【2014年12月18日更新】

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
高齢者歯科の現況と10年後、20年後の高齢者歯科医療 松本歯科大学 校友会愛知県支部 2014年学術講演会 2014.11.16 塩尻市 【2014年12月18日更新】

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
高齢者歯科医医療の将来像 平成26年度度歯の健康力推進歯科医師等養成講習会 2014.11.9 名古屋市 【2014年12月18日更新】

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
高齢者への口腔ケアの必要性とその方法 高齢者医療研修会 2014.11.8 東京都 【2014年12月18日更新】

センター内活動(セミナー等)

文堂昌彦 (脳機能画像診断開発部),
iNPHとADにおけるアミロイド蓄積の異同
CAMD報告会,11月13日,2014.

マンスリーレポートトップに戻る

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター