文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリー­レポート(­研究業績)­ 2014­年 [平成­26年] ­8月

マンスリー­レポート(­研究業績)­ 2014­年 [平成­26年] ­8月

2014年 [平成26年] 8月

新聞・雑誌等

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞,平成26年8月14日(木) 朝刊,「過大な宣伝や効果 見極めを」

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
朝日新聞, 2014年8月5日, 認知症 ダンスで防ごう.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
中日新聞, 2014年8月5日, 運動と頭の体操一緒に 認知症予防に「コグニサイズ」.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
産経新聞, 2014年8月7日, 「一人の人」として見る 介護・認知症書籍、DVD 国際色豊かに発売相次ぐ 認知機能向上にあしぶみラダー 国立長寿研開発.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
中日新聞, 2014年8月12日, つなごう医療233 中部の最前線 認知症を防ぐ体操法開発.

土井剛彦. (所長室, 生活機能賦活研究部)
KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」, 2014年8月29日, 認知症予防には体と頭を一緒に動かそう!「コグニサイズ」のススメ.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康産業速報 第1857号,平成26年8月26日(火),「サルコペニア発症、遊離テストステロン関与の可能性」

柳澤勝彦、河合昭好 (認知症センター長室,治療薬探索研究部)
NHK総合テレビ「ナビゲーション」, 2014年8月1日,「“先制治療で防げ!” アルツハイマー病に挑む」 【2014年12月17日更新】

柳澤勝彦、河合昭好 (認知症センター長室,治療薬探索研究部)
NHK総合テレビ「おはよう日本」, 2014年8月12日, 「アルツハイマー病 新薬開発の最前線」〜認知症の治療に新たな可能性を開く、最新の研究 【2014年12月17日更新】

論文発表等

原著論文

Murakami M., Hayashi Y., Iohara K., Osako Y., Hirose Y., Nakashima M. (再生歯科医療研究部)
Trophic effects and regenerative potential of mobilized mesenchymal stem cells from bone marrow and adipose tissue as alternative cell sources for Pulp/dentin regeneration.
Cell Transplantation doi 10.3727/096368914X683502 CT-1309 Accepted

Hirose Y., Murakami M., Hayashi Y., Osako Y., Yamamoto T., Gotoh M., Nakashima M . (再生歯科医療研究部)
Augmentation of regenerative potential of mesenchymal stem cells by granulocyte-colony stimulating factor(G-CSF) induced mobilization.
Journal of Stem Cell Research and Transplantation Accepted August 16, 2014, Published August 18, 2014

福岡秀記、山中行人(先端診療部)
トーリック眼内レンズ症例の内部乱視と実際との比較
眼科手術27, Page447-450.2014.

Mizuno Y, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Support measures to enhance motivation for older people with dementia: a nationwide survey of Japanese municipal governments.
IMJ, 2014; 21(2): 175-176.

Sotiropoulos I, Silva J, Kimura T, Rodrigues AJ, Costa P, Almeida OF, Sousa N, Takashima A.(分子基盤研究部)
Female Hippocampus Vulnerability to Environmental Stress as Precipitating Factor in Tau Aggregation Pathology.
J Alzheimers Dis. 2014 Aug 26. [Epub ahead of print]. doi: 10.3233/JAD-140693.

Kojima N, Kim H, Saito K, Yoshida H, Yoshida Y, Suzuki T, et al. (所長室)
Association of knee-extension with instrumental activities of daily living in community-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int; 14: 674-680, 2014.

Akune T, Muraki S, Oka H, Tanaka S, Kawaguchi H, Tokimura F, Yoshida H, Suzuki T, et al. (所長室)
Incidence of certified need of care in the long-term care insurance system and its risk factors in the elderly of Japanese population-based cohorts: The ROAD study.
Geriatr Gerontol Int; 14: 695-701, 2014.

Meerman, A. D., Kiyama, S., Tamaoka, K. (長寿医療工学研究部)
To what extent does accent sensitivity provide the foundation for lexical knowledge and listening comprehension?
Open Journal of Modern Linguistics, 4, 457-464. doi: 10.4236/ojml.2014.43037.

Makizako H, Shimada H, Doi T, Park H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Lee S, Yoshida D, Anan Y, Ito T, Suzuki T. (生活機能賦活研究部, 所長室)
Moderate-Intensity Physical Activity, Cognition and APOE Genotype in Older Adults with Mild Cognitive Impairment.
Ann Gerontol Geriatric Res, 1(1): 1002, 2014.

伊藤忠, 酒井義人, 久保晃, 山崎一徳, 大野泰生, 中村英士, 佐藤徳孝, 森田良文. (生活機能賦活研究部)
転倒歴の有る腰部脊椎疾患後期高齢者への筋紡錘に対する局所振動刺激による固有受容加重比率.
理学療法科学, 29(4): 633-638, 2014.

Kato Y, Hagiwara M, Ishihara Y, Isoda R, Sugiura S, Komatsu T, Ishida N, Noguchi T and Matsushita K (口腔疾患研究部)
TNF-α augmented Porphyromonas gingivalis invasion in human gingival epithelial cells through Rab5 and ICAM-1. BMC Microbiology, 14:229, 2014.

Hashimoto M, Tsugawa T, Kawagishi H, Asai A, Sugimoto M (老化細胞研究プロジェクトチーム)
Loss of HuR leads to senescence-like cytokine induction in rodent fibroblasts by activating NF-κB.
Biochim Biophys Acta. 1840. 3079-3087. 2014.

Suzuki Y, Jin C, Tamaki Iwase, Yazawa I (バイオリソース研究室)
beta-III Tubulin fragments inhibit alpha-synuclein accumulation in models of multiple system atrophy.
J Biol Chem, 289: 24374-24382, 2014.

Suzuki M, Takashima-Hirano M, Ishii H, Watanabe C, Sumi K, Koyama H, Doi H. (脳機能画像診断開発部)
Synthesis of (11)C-labeled retinoic acid, [(11)C]ATRA, via an alkenylboron precursor by Pd(0)-mediated rapid C-[(11)C]methylation.
Bioorg Med Chem Lett.このリンクは別ウィンドウで開きます 2014 Aug 1; 24(15):3622-5.【2015年6月12日更新】

総説, その他

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防を目的とした運動の効果.
理学療法学, 41(Suppl.3): 38, 2014.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
自分で取り組む認知症予防の方法.
理学療法学, 41(Suppl.3): 80, 2014.

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管病としての歯周病とその対策. 日本歯先技研会誌 20:159-162, 2014.

杉本昌隆 (老化細胞研究プロジェクトチーム)
若返りは可能か?
実験医学 2014年9月号. 2248-2249

平識善大,近藤菜穂子,角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
続・私たちが担う「専門的口腔ケア」実際編③ 水を使わない専門的口腔ケアの実践 デンタルハイジーン 34(9):990-993, 2014 【2014年10月17日更新】

書物等

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
D章そのほかの押さえておきたいリハビリ疾患 3.脳性麻痺
リハビリナースのための超重要疾患マスターブック
目谷浩通・沢田光思郎編, 株式会社メディカ出版, 2014, pp.196-204

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
サルコペニア/フレイルに対する栄養の重要性 
Medical View Point, 2014, Vol.35.No.8,pp4-5

Nakashima M., Iohara K.(再生歯科医療研究部)
Experimental In Vivo Approaches of Plup Regeneration. pp. 203-218.PartⅢ Pulp Repair and Regeneration.The Dental Pulp. Biology, Pathology, and Regenerative Therapies , Michel Goldberg Editor, Springer. Doi 10.1007/978-3-642-55160-4 _15, Springer-Verlag Berlin Heidelberg2014

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
7章 DNAと老化
老化の生物学-その分子メカニズムから寿命延長まで、石井直明・丸山直記編、p115-133、2014. 化学同人

 

講演等

学会・研究会等発表

大沢愛子 (機能回復診療部)
「慢性期軽度意識障害の評価スケール」-慢性期意識障害における神経心理学的評価法-
第23回日本意識障害学会特別シンポジウム
2014年8月22日, 札幌市

檜垣小百合,村松昌,松田明生,松本健治,佐藤準一,道川誠,新飯田俊平 (バイオバンク)
第6回RNAi研究会アルツハイマー病モデルマウス脳におけるmiR-200ファミリーの機能解析
平成26年8月28日-30日広島

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症FDGの先進医療B,セッション18「承認が期待されるPET薬剤合成装置と今後の課題
〜分子イメージング戦略会議による企画〜」
PETサマーセミナー2014 in 小樽,2014年8月31日,小樽

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
認知症診療における脳FDG PETの役割,セッション6「今,認知症のPET検査を学ぶ」,
PETサマーセミナー2014,2014年8月29-31(30)日,グランドパーク小樽,小樽市

Burkhard Maess, Peng Wang, Akinori Nakamura , Thomas R. Knösche1 (脳機能画像診断開発部)
Modeling magnetic fields of evoked responses due to repeated sensory stimulation using dynamical causal modeling of inter-laminar synaptic connections.
19th International Conference on Biomagnetism, 2014 August 24-28, Halifax, Canada.

Antonio Coluccia, Giuseppe La Regina, Okuno A, Takikawa O, Romano Silvestri. (ラジオアイソトープ管理室)
New modulator of the tumoural immuno escape via Indoleamin 2,3-dioxygenase (IDO) inhibition.
XXV CONGRESSO NAZIONALE DELLA SCI “SCI2014”, September 7, Rend CS, Italy.

Nakai T , Kunimi M, Kiyama S, Iidaka T, Tanaka A, Shiraishi Y (長寿医療工学研究部)
The Dependency of Parietal Activation on Visuospacial Operation Performance in the Elderly- An Event-Related fMRI Study
NeuroInformatics 2014, Front. Neuroinform. doi: 10.3389/conf.fninf.2014.18.00012
Neuro Informatics 2014, Leiden, The Netherlands August 25-27, 2014

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Age-related changes in brain activation during the Task-Switching Paradigm
37th. European Conference on Visual Perception Belgrade, Servia, August 24-28, 2014

Imai T, Otsuka R, Kato Y, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
A longitudinal study of dietary supplement use in community-living middle age and elderly Japanese.
The 20th IEA World Congress of Emidemiology, Aug 18th, Anchorage, Alaska, USA.

Ando F, Nishita Y, Tange C, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Asymptomatic cerebral white matter lesions predict future cognitive decline in Japanese elderly.
The 20th IEA World Congress of Emidemiology, Aug 19th, Anchorage, Alaska, USA.

甲田道子,北村伊都子,大藏倫博,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
喫煙の動脈硬化リスクへの影響には内臓脂肪が関与している.
第19回アディポサイエンス・シンポジウム,2014年8月23日,東京都.

尾崎健一大沢愛子森志乃近藤和泉,平野哲,加賀谷斉,才藤栄一 (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
虚弱と前虚弱高齢者に対するバランス練習効果の違い
第35回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会. 2014年 8月 23日, 名古屋市.

鈴木康予、金成花、矢澤生. (バイオリソース研究室)
多系統萎縮症におけるオリゴデンドロサイト由来シスタチンCが神経細胞のalpha-synuclein蓄積を誘導する.
第37回日本神経科学大会,2014年9月11日

Nakai T (長寿医療工学研究部)
Keynote speech (1): Brain Activation of Aging Brain.
Brain Connects 2014 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop,
National University of Singapore, Singapore August 1, 2014 【2014年10月17日更新】

Iidaka T (長寿医療工学研究部)
Resting State Brain Connectivity and Disease Classification.
Brain Connects 2014 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop,
National University of Singapore, Singapore August 1, 2014 【2014年10月17日更新】

Kunimi M (長寿医療工学研究部)
Investigation of Age-related Changes in Blood Oxygenation Level Dependency Signals During the Working Memory Task using functional MRI.
Brain Connects 2014 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop,
National University of Singapore, Singapore August 1, 2014 【2014年10月17日更新】

Suzuki A (長寿医療工学研究部)
The Role and Nature of Perception and Learning in the Judgment of Others’ Trustworthiness.
Brain Connects 2014 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop,
National University of Singapore, Singapore August 2, 2014 【2014年10月17日更新】

Kiyama S (長寿医療工学研究部)
Age-related Decline in Functional Connectivity for Bimanual Finger Coordination.
Brain Connects 2014 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop,
National University of Singapore, Singapore August 2, 2014 【2014年10月17日更新】

Ito Y (長寿医療工学研究部)
The Role of the Anterior Temporal Lobe in Episodic Future Thinking: A Computational Exploration.
Brain Connects 2014 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop,
National University of Singapore, Singapore August 2, 2014 【2014年10月17日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
高齢者嚥下障害患者の在宅栄養とPEGについて
第9回 知多半島耳鼻咽喉科会
2014年8月2日, 名古屋市

尾崎健一大沢愛子森志乃近藤和泉,平野哲,加賀谷斉,才藤栄一 (機能回復診療部, 自立支援開発研究部)
虚弱と前虚弱高齢者に対するバランス練習効果の違い
第35回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会
2014年8月23日, 名古屋市

近藤和泉 (機能回復診療部)
意識障害-リハビリテーションの挑戦-
第23回日本意識障害学会
2014年8月22日, 札幌市

近藤和泉 (機能回復診療部)
意識障害の複眼的定義および重度意識障害評価尺度に対するRasch分析の試み
第23回日本意識障害学会
2014年8月22日, 札幌市

小島香、尾崎健一、野本恵司、伊藤直樹、神谷正樹、細見梓、渡邊裕、近藤和泉 (機能回復診療部, 口腔疾患研究部, 自立支援開発研究部)
当院回復期病棟における経管栄養患者の帰結の検討
第20回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
2014年9月6-7日、東京都

大沢愛子 (機能回復診療部)
主な認知症の特徴と神経心理学的検査の解釈
第1回和歌山認知症症例検討会(初級コース)
2014年8月7日, 和歌山市

大沢愛子 (機能回復診療部)
認知症のリハビリテーション
第36回日本リハビリテーション医学会 北陸地方会教育講演
2014年8月30日, 金沢市

大沢愛子 (機能回復診療部)
脳の老化は予防できるか
第23回日本意識障害学会記念市民公開講座 
2014年8月23日, 札幌市

中島美砂子 (再生歯科医療研究部)
「歯髄の再生」に関する講演
福岡 筑紫歯科医師会館 2014年8月31日

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
地域における認知症予防のスキーム.
知多北部三市議会議員研修会, 大府, 2014年8月1日.

牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
いまから始める認知症予防.
平成26年度阿久比町社会福祉協議会介護教室講演会, 阿久比, 2014年8月2日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防をめざした運動.
長寿たすけ愛講演会2014inおおぶ, 大府, 2014年8月24日.

堀川千賀,大塚礼,西田裕紀子,丹下智香子,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
血中必須脂肪酸とうつに関する大規模地域住民での横断解析.
第10回必須脂肪酸と健康研究会,2014年8月1日,大阪市.

大塚圭,尾崎健一,谷川広樹,山田純也 (機能回復診療部)
臨床に役立つ 実用歩行分析・動作分析セミナー
キッセイコムテック株式会社主催 セミナー 2014年8月24日, 東京都

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
高齢者歯科の現状と10年後、20年後の高齢者歯科医療―健常者型の歯科医療から、高齢者型の歯科医療への転換を―
松風歯科クラブ臨床講座 2014.8.31 塩尻市 【2014年10月17日更新】

角 保徳 (歯科口腔先端医療開発センター)
超高齢社会と口腔の健康-医療職に知って欲しい口腔と口腔ケアの知識-
掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 2014.8.26 掛川市 【2014年10月17日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター