文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2014年 [平成26年] 5月

マンスリーレポート(研究業績) 2014年 [平成26年] 5月

2014年 [平成26年] 5月

新聞・雑誌等

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞,平成26年4月24日(木)朝刊,「病気の種類などに性差」

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞, 平成26年5月22日(木)朝刊,「少しずつ体重増加で長生きに」

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
中日新聞,平成26年5月30日(金)朝刊,「在宅医療・介護を考える」.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター) 
NHK国際放送局,2014年5月29日(木) 14時15分〜,「ラジオ・ジャパン・フォーカス」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
新潟日報,平成26年5月15日(木)朝刊,車の運転<上>:家族、医師 説得に苦労.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
産経新聞,平成26年5月21日(水)朝刊,高速逆走 認知症疑い7割.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
産経新聞デジタル,平成26年5月21日(水),高速逆走 認知症疑い7割.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
NHK Eテレ「きょうの健康」, 2014年5月1日, 認知症をくい止めよう「運動で記憶力回復」

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
月刊地域保健, 2014年5月, 認知症予防のための軽度認知障害(MCI)の発見・対処の意義.

論文発表等

原著論文

Iwasa H, Kai Y, Suzuki T, Kim H and Yoshida H (所長室)
Information Processing Speed and 8-Year Mortality Among Community- Dwelling Elderly Japanese.
J Epidemiol, doi : 10.2188 / jea, 2014.

Yoshida D, Suzuki T, Shimada H, Park H, Makizako H, Doi T, Anan Y, Tsutsumimoto K, Uemura K, Ito T, Lee S (所長室, 生活機能賦活研究部)
Using two different algorithms to determine the prevalence of sarcopenia. Geriatr Gerontol Int ; 14: 46-51, 2014.

Yoshida D, Shimada H, Park H, Anan Y, Ito T, Harada A, Suzuki T (生活機能賦活研究部, 院長室, 所長室)
Development of an equation for estimating appendicular skeletal muscle mass in Japanese older adults using bioelectrical impedance analysis. Geriatr Gerontol Int., doi : 10. 1111/ggi.12177, 2014.

Makizako H, Shimada H, Park H, Doi T, Yoshida D, Uemura K, Tsutsumimoto K, Suzuki T (生活機能賦活研究部, 所長室)
Evaluation of multidimensional neurocognitive function using a tablet personal computer: Test-retest reliability and validity in community-dwelling older adults.
Geriat Gerontol Int, 13: 860-866, 2014.

Makizako H, shimada H, Doi T, Yoshida D, Tustumimoto K, Uemura K, Anan Y, Park H, Lee S, Ito T, Suzuki T (生活機能賦活研究部, 所長室)
The combined status of physical performance and depressive symptoms is strongly associated with a history of falling in community-dwelling elderly: Cross-sectional findings from the Obu Study of Health Promotion for the elderly (OSHPE).
Archives of Gerontology and Geriatrics 58: 327-331, 2014.

Yoshimura N, Akune T, Fujiwara S, Shimizu Y, Yoshida H, Nishiwaki Y, Sudo A, Omori G, Yoshida M, Shimokata H, Suzuki T, Muraki S, Oka H, Nakamura K (所長室)
Incidence of disability and its associated factors in Japanese men and women: the Longitudinal Cohorts of Motor System Organ (LOCOMO) study.
J Bone Miner Metab. DOI 10. 1007/ s00774-014-0573-y, 2014.

Yoshida Y, Iwasa H, Kumagai S, Suzuki T, Yoshida H(所長室)
Limited Functional Health Literacy, Health Information Sources, and Health Behavor among Community- Dwelling Older Adults in Japan.
ISRN Geriatrics, Article ID 952908, 6 Pages, 2014.

Chen LK, Liu LK, Woo J, Suzuki T, et al.(所長室)
Sarcopenia in Asia : Consensus Report of the Asian Working Group for Sarcopenia.
JAMDA 15 : 95-101, 2014.

Uemura K, Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Yoshida D, Anan Y, Ito T, Lee S, Park H, Suzuki T. (生活機能賦活研究部, 所長室)
Effects of mild and global cognitive impairment on the prevalence of fear of falling in community-dwelling older adults.
Maturitas. 78(1): 62-66, 2014.

Sawa R, Doi T, Misu S, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Asai T, Yamada M, Ono R. (所長室, 生活機能賦活研究部)
The association between fear of falling and gait variability in both leg and trunk movements.
Gait Posture, 40(1): 123-127, 2014.

Hagiwara M and Matsushita K (口腔疾患研究部):
「Epigallocatechin gallate suppresses LPS endocytosis and nitric oxide production by reducing Rab5-caveolin-1 interaction.」
Biomed Res. 35:145-151, 2014.

Hagiwara M, Kokubu E, Sugiura S, Komatsu T, Tada H, Isoda R, Tanigawa N, Kato Y, Ishida N, Kobayashi K, Nakashima M, Ishihara K , Matsushita K (口腔疾患研究部):
「Vinculin and Rab5 Complex is Requited for Uptake of Staphyrococcus aureus and Interleukin-6 Expression.」
PLOS ONE 9:e87373, 2014

Kikuchi K, Akiba N, Sadr A, Sumi Y, Tagami J, Minakuchi S. (歯科口腔先端医療開発センター) Evaluation of the marginal fit at implant-abutment interface by optical coherence tomography. J Biomed Opt. 19(5):55002, 2014

Tanizaki Y, Kobayashi A, Toujima S, Shiro M, Mizoguchi M, Mabuchi Y, Yagi S,Minami S, Takikawa O, Ino K. (ラジオアイソトープ管理室)
Indoleamine 2,3-dioxygenase promotes peritoneal metastasis of ovarian cancer via inducing immunosuppressive environment.
Cancer Sci. 2014 May 14. [Epub ahead of print]

Ishii K, Ito K, Nakanishi A, Kitamura S, Terashima A. (脳機能画像診断開発部)
Computer-assisted system for diagnosing degenerative dementia using cerebral blood flow SPECT and 3D-SSP: a multicenter study. Jpn J Radiol. 2014 May 17. [Epub ahead of print]

Cuesta P, Barabash A, Aurtenetxe S, Garce´s P, Lo´pez ME, Bajo R, Llanero-Luque M, Anci´n I, Cabranes JA, Marcos A, Sancho M, Nakamura A, Maestu´ F, Fernandez A. (脳機能画像診断開発部)
Source Analysis of Spontaneous Magnetoencephalograpic Activity in Healthy Aging and Mild Cognitive Impairment: Influence of Apolipoprotein E Polymorphism. J. Alzheimer Dis. In Press

Kimura N, Okabayashi S, Ono F. (アルツハイマー病研究部)
Dynein dysfunction disrupts Aβ clearance in astrocytes via endocytic disturbances.
Neuroreport. 2014 May 7; 25 (7): 514-20.

Oikawa N., Hatsuta H., Murayama S., Suzuki A., Yanagisawa K. (治療薬探索研究部,副所長室,認知症センター長室)
Influence of APOE genotype and the presence of Alzheimer's pathology on synaptic membrane lipids of human brains.
J Neurosci Res, 92:641-650, 2014

Moriwaki S, Suzuki K, Muramatu M, Nomura A, Inoue F, Into T, Yoshiko Y, Niida S (バイオバンク)
Delphinidin, one of the major anthocyanidins, prevents bone loss through the inhibition of excessive osteoclastogenesis in osteoporosis model mice.
Published: May 13,2014・DOI:10.1371/jounal.pone.0097177

芦原ひとみ・鄭丞媛・近藤克則・鈴木佳代 (老年社会科学研究部)
自殺率と高齢者におけるソーシャル・キャピタル指標との関連-JAGES データを用いた地域相関分析-. 自殺予防と危機介入,34(1):31-40,2014

島田裕之, 土井剛彦. (生活機能賦活研究部, 所長室)
特集/高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション MCI高齢者における運動の意義.
Monthly Book Medical Rehabilitation, 170: 85-93, 2014.

西尾大祐, 前島伸一郎, 大沢愛子, 平野恵健, 木川浩志, 丸山仁司. (機能回復診療部)
転移性脊髄腫瘍による対麻痺患者に対するロボットスーツHybrid Assistive Limb福祉用を用いた理学療法の経験.
日本義肢装具学会誌, 30(2): 100-104, 2014

西尾大祐, 前島慎一郎, 大沢愛子, 武田英孝, 平野恵健, 木川浩志, 丸山仁司. (機能回復診療部)
リハビリテーション関連職種を対象とした職場内卒後教育プログラムによる脳卒中患者診療への自主性の変化.
医学教育45(2): 87-92, 2014

佐竹昭介. (自立支援開発研究部)
フレイルのスクリーニング MB MEDICAL REHABILITATION, 170: 6-14, 2014

近藤和泉, 尾崎健一, 佐竹昭介. (自立支援開発研究部, 機能回復診療部)
高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション
MB MEDICAL REHABILITATION, 170: 137-141, 2014

Horibe H., Murakami M., Iohara K., Hayashi Y., Takeuchi N., Takei Y., Kurita K., Nakashima M. (再生歯科医療研究部)
Isolation of a stable subpopulation of mobilized dental pulp stem cells (MDPSCs) with high proliferation, migration, and regeneration potential is independent of age. PLOS ONE. 28;9(5):e98553. doi: 10.1371/journal.pone.0098553. eCollection 2014 May. 【2014年7月17日更新】

総説, その他

Ishida N, Ishihara Y, Ishida K, Tada H, Kato Y, Isoda R, Hagiwara M, Michikawa M, Noguchi T, andMatsushita K (口腔疾患研究部):
Chapter 26. Periodontal disease as a possible risk factor for Alzheimer’s disease, In Innovative Research on Biosis-Abiosis Intelligent Interface 2014 (Sasaki K, Suzuki O, and Takahashi N eds), Springer New York, in press.

Tada H, Shimauchi H , Takada H, and Matsushita K (口腔疾患研究部):
Possible roles of IL-33 in periodontal diseases: Chapter 31. Porphyromonas gingivalis induced IL-33 in human gingival epithelial cells, in Innovative Research on Biosis-Abiosis Intelligent Interface 2014 (Sasaki K, Suzuki O, and Takahashi N eds), Springer New York, in press.

Ebihara S, Ebihara T, Gui P, Osaka K, Sumi Y, Kohzuki M. (歯科口腔先端医療開発センター)
Thermal Taste and Anti-Aspiration Drugs: a Novel Drug Discovery against Pneumonia. Current Pharmaceutical Design. 20(16):2755-9, 2014

松下健二(口腔疾患研究部):
第2章3 「慢性炎症-慢性炎症の分子的共通基盤」. 慢性炎症としての歯周病へのアプローチ-生涯を通して患者さんのQOLに貢献するために. 野口俊英・林 潤一郎(編) 医歯薬出版, 57-61, 2014.

松下健二(口腔疾患研究部):
第2章4 「自然炎症としての歯周病」. 慢性炎症としての歯周病へのアプローチ-生涯を通して患者さんのQOLに貢献するために. 野口俊英・林 潤一郎(編) 医歯薬出版, 62-65, 2014.

松下健二(口腔疾患研究部):
第2章5 「血管の炎症からみる歯周病」. 慢性炎症としての歯周病へのアプローチ-生涯を通して患者さんのQOLに貢献するために. 野口俊英・林 潤一郎(編) 医歯薬出版, 66-69, 2014.

松下健二(口腔疾患研究部):
「歯の喪失とがん・認知症の関連」へるすあっぷ21 6:41, 2014.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
知能のエイジングに関する研究の動向. 老年社会科学,36:60-69,2014.

松井康素,原田敦 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室,院長室)
ロコモティブシンドローム,高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション. MB Med Reha,170:77-84,2014.

杉浦彩子,内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
難聴に対するリハビリテーション,高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション.
MB Med Reha,170:104-110,2014.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
虚弱の危険因子,高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション. MB Med Reha,170:121-125,2014.

鈴木隆雄 (所長室)
サルコペニアの概念と診断基準.
医学のあゆみVol.248 No.9 643-648, 2014.

角 保徳、平識善大、藤田恵未 (歯科口腔先端医療開発センター)
要介護高齢者の命を支える口腔ケア 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 86(6):444-449, 2014

島田裕之, 上村一貴, 内山靖. (生活機能賦活研究部)
特集 老年症候群と理学療法 2.理学療法で認知機能は改善するか?
理学療法ジャーナル, 48(5): 405-412, 2014.

大沢愛子. (機能回復診療部)
患者は誰でも物語る 医学の謎と診断の妙味.
日本旅行医学会学会誌, 13, 124, 2014

書物等

Suzuki T (所長室)
Tuberculosis and population Movement the Sea of Japan form the Neolithic Period to the Eneolithic.
In : Pechenkina K and Oxenham M (EDS) : Bioarchaeology of East Asia. Univ Press Florida, 125-143, 2013.

Arai Y (長寿政策科学研究部)
Japan Breaks with Long Family Caregiving Tradition: New Long-Term Care (LTC) Insurance Scheme.
In: Duvvuru J, Kalavar JM, Khan AM, Liebig PS, editors. Global ageing care concerns and special perspectives. Kanishka Publishers & Distributors, 38-45, New delhi, 2014.

幸篤武,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
第1章サルコペニアの基礎的理解  3. サルコペニアの有症率と危険因子.
サルコペニアと運動 エビデンスと実践 初版,島田浩之編,医歯薬出版,p16-22,2014.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
第2章サルコペニアの評価指標  4. 関連評価:栄養.
サルコペニアと運動 エビデンスと実践 初版,島田浩之編,医歯薬出版,p59-63,2014.

Maruyama W, Shaomoto-Nagai M, Kato Y, Hisaka S, Osawa T, Naoi M. (加齢健康脳科学研究部)
Role of lipid peroxide in the neurodegenerative disorders.
Subcell Biochem 77: 127-136, 2014.

島田裕之, 土井剛彦. (生活機能賦活研究部, 所長室)
体を動かしながら、脳を鍛える!認知症予防の簡単エクササイズ, NHK出版, 東京, 2014.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
第1章サルコペニアの基礎的理解 1.サルコペニア予防の意義, 島田裕之(編), サルコペニアと運動
 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp2-8.

吉田大輔. (生活機能賦活研究部)
第2章サルコペニアの評価指標 1.筋量測定, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp38-43.

上村一貴. (生活機能賦活研究部)
第2章サルコペニアの評価指標 5.関連評価:活動, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp64-70.

牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
第3章 サルコペニアに対する運度の実践 1.地域在住高齢者におけるサルコペニアの運動療法:ポピュレーション・アプローチ, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp72-79.

中窪翔, 土井剛彦. (生活機能賦活研究部, 所長室)
第5章サルコペニアに対する運動のエビデンス 2.整形外科疾患患者のエビデンス, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp194-200.

土井剛彦. (所長室, 生活機能賦活研究部)
第5章サルコペニアに対する運動のエビデンス 3.中枢神経疾患患者のエビデンス, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp201-208.

堤本広大, 土井剛彦. (生活機能賦活研究部, 所長室)
第5章サルコペニアに対する運動のエビデンス 4.施設利用高齢者のエビデンス, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp209-216.

講演等

学会・研究会等発表

Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Bilateral functional connectivity for complex finger movements declines as aging: an fMRI and SEM exploration.
ISMRM 22th Annual Meeting & EXHIBITION, Proceedings # 1842, Milan, Italy, May 13 (10-16), 2014

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Investigation of Age-related Changes in Blood Oxygenation Level Dependency Signals during the visuospatial N-back using Functional MRI. ISMRM 22th Annual Meeting & EXHIBITION, Proceedings # 4694, Milan, Italy, May 15 (10-16), 2014

Nakai T, Tanaka A, Kunimi M, Kiyama S, Shiraishi Y(長寿医療工学研究部)
Age-Related Change of Brain Activation During Virtual Performance of Combined Operation Task is Most Detected at Task Switching Timing - An ER-fMRI Study.
ISMRM 22th Annual Meeting & EXHIBITION, Proceedings # 3022, Milan, Italy, May 15 (10-16), 2014

Yamaguchi-Sekino S, Machida Y, Tsuchihashi T, Noguchi T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
The effect of anchoring of MR scanners to prevent earthquake hazards - an analysis of the damages to the 602 MR scanners in Great East Japan Earthquake.
ISMRM 22th Annual Meeting & EXHIBITION, Proceedings #4843, Milan, Italy, May 15 (10-16), 2014

Mukai A, Asada K, Toda M, Yamada J, Hatanaka H, Yamagishi T, Nagata K, Ueno M, Hamuro J, Kinoshita S(老化機構研究部)
The role of cell to cell interaction through extracellular microvesicles, miRNA and exosome in deregulated functions of RPE and macrophages.
86th Annual meeting of the ARVO (Association for Research in Vision and Ophthalmology), May 4, 2014, Orlando. FL. U.S.A.

Yamada J, Kimura K, Mukai A, Hamuro J, Kinoshita S(老化機構研究部)
The role of IL-6 and TNF-alfa in generating the vicious inflammatory cycle between macrophages and retinal pigment epithelium in age-related macular degeneration.
86th Annual meeting of the ARVO (Association for Research in Vision and Ophthalmology),May 6, 2014, Orlando. FL. U.S.A.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
認知症治療薬に関する最新情報の提供 (座長).
第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日,福岡市博多区.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
学会企画セッション【超高齢化社会における内科医療の役割を再考する】  演題:「虚弱高齢者診療の現状と課題」
米国内科学会日本支部 年次総会, 2014年5月31日, 京都大学.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
認知症のハイブリット療法 (座長).
第15回日本認知症ケア学会,2014年5月31日,東京都千代田区.

内田育恵杉浦彩子安江穂,植田広海,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室) 高年齢者における難聴の知的機能に対する長期的影響. 第115回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,2014年5月16日,福岡市.

安江穂,杉浦彩子,内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
高年齢者における難聴の認知機能に対する縦断的影響. 第115回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,2014年5月16日,福岡市.

杉浦彩子,安江穂,内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
難聴と認知機能低下に関するシステマティックレビュー. 第115回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,2014年5月16日,福岡市.

竹村真里枝,松井康素,原田敦,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者における椎体骨折の疫学的検討. 第87回日本整形外科学会学術総会,2014年5月22日,神戸市.

松井康素,竹村真里枝,原田敦,幸篤武,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
膝関節痛と脂肪量・筋量との関連 - 一般地域住民を対象とした性別・変形程度別の検討. 第87回日本整形外科学会学術総会,2014年5月22日,神戸市.

笠井健広,松井康素,竹村真里枝,原田敦,幸篤武,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
Mid-thigh CTによる大腿筋量測定と筋肉の質の評価. 第87回日本整形外科学会学術総会,2014年5月25日,神戸市.

松本大輔・白石成明・杉山統哉・鄭丞媛・近藤克則 (老年社会科学研究部)
脳卒中患者における超早期リハビリテーションとアウトカムとの関連性―リハビリテーション・データベース協議会(JARD)登録データを用いた分析―
第49日本理学療法学術大会 in 横浜,2014.5.29-6.1,横浜

南山 誠, 龍 訥, 能勢 弓, 本山 昇, 永井雅代, 茨木京子, 早川智久, 山田洋美, 金森久美子, 直井 信, 丸山和佳子 (加齢健康脳科学研究部)
レビー小体病モデル細胞における長寿関連遺伝子FOXO3の病態機構.
第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月24日, 福岡県.

山岡朗子, 永井雅代, 南山 誠, 長屋政博, 鷲見幸彦, 丸山和佳子 (脳機能診療部, 加齢健康脳科学研究部)
鶏肉由来ジペプチド, カルノシンによる高齢者認知症に対する介入研究の試み.
第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月22日, 福岡県.

牧迫飛雄馬, Teresa LiuAmbrose, 島田裕之, 土井剛彦, 朴眩泰, 堤本広大, 上村一貴, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
軽度認知障害を有する高齢者における身体活動,海馬容量,記憶の相互関連性.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

中村凌, 三栖翔吾, 上田雄也, 澤龍一, 中津伸之, 斉藤貴, 杉本大貴, 村田峻輔, 山﨑蓉子,堤本広大, 中窪翔, 土井剛彦, 小野玲. (生活機能賦活研究部, 所長室)
要介護高齢者におけるFunctional Reachの認識誤差と手段的日常生活活動の関係.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

李相侖, 島田裕之, 朴眩泰, 牧迫飛雄馬, 阿南祐也, 土井剛彦, 吉田大輔, 林悠太, 波戸真之介, 堤本広大, 上村一貴, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
要支援,要介護認定者を対象とした新しいIADLスケール開発の検討.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

堀田亮, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 上村一貴,堤本広大, 阿南祐也, 李相侖, 朴眩泰, 中窪翔, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
地域在住高齢者における生活習慣と認知機能の関係. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

林悠太, 波戸真之介, 小林修, 今田樹志, 秋野徹, 鈴川芽久美, 島田裕之. (生活機能賦活研究部)
要支援高齢者の重度化に関連する運動機能について―大規模集団での横断研究―
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

李成喆, 島田裕之, 朴眩泰, 李相侖, 吉田大輔, 土井剛彦, 上村一貴, 堤本広大,阿南祐也, 伊藤忠, 原田和弘, 堀田亮, 裵成琉, 牧迫飛雄馬, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
地域在住の高齢者を対象としたクレアチニンとうつ症状および認知機能との関連. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 朴眩泰, 吉田大輔, 堤本広大,上村一貴, 阿南祐也, 鈴木隆雄. (所長室, 生活機能賦活研究部)
軽度認知機能障害と運動機能低下は相互作用により転倒との関連性が強くなるのか?―歩行解析と認知機能評価による検討―
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

原田和弘, 島田裕之, 朴眩泰, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 李相侖, 吉田大輔, 堤本広大, 阿南祐也, 李成喆, 堀田亮, 裵成琉, 中窪翔, 上村一貴, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
地域在住高齢者における外出頻度と認知機能との関係 運動器機能による差異. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

小林修, 林悠太, 鈴川芽久美, 波戸真之介, 今田樹志, 秋野徹, 島田裕之. (生活機能賦活研究部)
要支援・要介護高齢者における世帯構造と生活機能との関連.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

朴眩泰, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 李相侖, 土井剛彦, 阿南祐也, 堤本広大, 原田和弘, 李成喆, 堀田亮, 裵成琉, 上村一貴, 中窪翔, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (所長室, 生活機能賦活研究部)
虚弱高齢者の日常身体活動および行動特性と骨健康との関連性.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

仲貴子, 柴田愛, 石井香織, 岡浩一朗, 原田和弘. (生活機能賦活研究部)
地域在住高齢者の“Disabling Foot Pain”の実態に関する疫学的調査.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

村田峻輔, 澤龍一, 三栖翔吾, 中津伸之, 上田雄也, 斉藤貴, 杉本 大貴, 中村凌, 山崎蓉子, 中窪翔, 堤本広大, 土井剛彦, 小野玲. (生活機能賦活研究部, 所長室)
慢性疼痛を有する高齢者における痛みの心理面,主観的強度,疼痛期間,部位数と運動機能との関連.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

杉本大貴, 堤本広大, 澤龍一, 中津伸之, 上田雄也, 斉藤貴, 中村凌, 村田峻輔, 山崎蓉子, 中窪翔, 土井剛彦, 小野玲. (生活機能賦活研究部, 所長室)
地域在住自立高齢者における肥満と歩行能力,身体活動量の関連.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

吉田大輔, 島田裕之, 朴眩泰, 阿南祐也, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
地域高齢者における血清IGFIと全身筋量との関連. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

上村一貴, 東口大樹, 高橋秀平, 島田裕之, 内山靖. (生活機能賦活研究部)
軽度認知障害高齢者では注意負荷を伴うステップ反応動作において予測的姿勢調節の時間および潜在的エラーが増加する.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

中窪翔, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 上村一貴, 堤本広大, 阿南祐也, 李相侖, 朴眩泰, 小野玲, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
地域在住高齢者における睡眠関連因子と歩行指標との関係.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

井平光, 古名丈人, 水本淳, 牧野圭太郎, 島田裕之, 牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
75 歳以上の地域在住高齢者における主観的な体力年齢と認知年齢に関連する要因.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

波戸真之介, 鈴川芽久美, 林悠太, 今田樹志, 小林修, 秋野徹, 島田裕之. (生活機能賦活研究部)
要支援から要介護状態への移行に影響を及ぼす運動機能の検討 1218 名における 2 年間の追跡調査.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

澤龍一, 土井剛彦, 浅井剛, 中窪翔, 渡邊香織, 小野玲. (所長室, 生活機能賦活研究部)
妊娠期における歩容の変化 ―体幹運動に着目した検討―
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

伊藤忠, 島田裕之, 吉田大輔, 朴眩泰, 阿南祐也, 牧迫飛雄馬, 久保晃, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
高齢者における歩行効率と生活空間との関連.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

堤本広大, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 阿南祐也, 上村一貴, 堀田亮, 中窪翔, 朴眩泰, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
自覚的疲労感と機能低下との関係 ―高齢期における年代別にみた特徴―
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

島田裕之, 朴眩泰, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 李相侖, 吉田大輔, 堤本広大, 阿南祐也, 李成喆, 堀田亮, 原田和弘, 裵成琉, 中窪翔, 上村一貴, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
高齢者におけるうつ症状と認知機能 BDNFと脳萎縮との関係.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

今田樹志, 鈴川芽久美, 波戸真之介, 林悠太, 小林修, 秋野徹, 島田裕之. (生活機能賦活研究部)
公共交通機関を利用して外出できる要支援及び軽度要介護高齢者の心身機能の特徴.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

裵成琉, 島田裕之, 朴眩泰, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 李相侖, 吉田大輔, 堤本広大, 阿南祐也, 李成喆, 堀田亮, 原田和弘, 中窪翔, 上村一貴, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 所長室)
日本の高齢者におけるメタボリックシンドロームと認知機能との関係.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

上田雄也, 澤龍一, 中窪翔, 中津伸之, 杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 谷垣佑樹, 関和則, 小野くみ子, 小野玲. (生活機能賦活研究部)
足漕ぎ車椅子駆動における生理学的指標測定 足漕ぎ車椅子は歩行障害者に対する新たな運動プログラムになりうるのか.
第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日‐6月1日.

サブレ森田さゆり, 佐竹昭介, 小林法子, 生野仁美, 枡田美由紀, 高階早苗, 島田佳代子, 大釜典子, 川嶋修司, 櫻井孝, 徳田治彦 (看護部, 自立支援開発研究部, もの忘れ外来部, 臨床研究推進部, 臨床検査部)
高齢糖尿病患者と虚弱の関連-基本チェックリストによる分類-.
第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月22日-23日, 大阪市

添田義行 (分子基盤研究部)
公募シンポジウム5 認知症の疾患修飾薬の現状〜抗タウオパチー薬を中心として〜
第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月21日, 福岡

金井 章、後藤寛司、中井敏晴木山幸子國見充展田中あゆ子、冨田秀仁 (長寿医療工学研究部)
遠隔システムによる在宅者に対する運動指導のための運動評価項目の検討
第49回日本理学療法学術大会、2014年5月31日 横浜 【2014年6月23日更新】

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
共催セミナー「周術期口腔機能管理に必要な顎口腔領域の基礎知識」
第68回NPO法人日本口腔科学会学術集会 2014年5月9日, 東京. 【2015年1月15日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅老年看護援助論
愛知県立大学大学院看護学研究科,2014年5月19日,名古屋市.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第1回日本老年医学会プレスセミナー「認知症を知る」
2014年5月12日、東京.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
「認知症について考える市民セミナー」
2014年5月17日、山形市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
老いてこそ夢を語れ.
連続講座「百歳まで元気!」,2014年5月22日,東京都.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
夢を語り、夢をめざして生きる!健康長寿の秘訣.
シニア大学健康学部,2014年5月23日,岩倉市.

鈴木隆雄 (所長室)
市民公開講座.
2014年5月13日、大府市

鈴木隆雄 (所長室)
第一回健康講座.
2014年5月14日、名古屋市

鷲見幸彦 (副院長室)
「認知症医療の最前線」
第11回中川区認知症セミナー,名古屋市,2014年5月17日

滝川修、奥野海良人 (ラジオアイソトープ管理室)
「知の拠点あいち」知の拠点重点研究プロジェクト 超早期診断技術開発プロジェクト 成果の発表
BIO tech 2014、平成26年5月15-16日、東京

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
長寿命遺伝子が寿命を制御するメカニズム.老化が促進する疾患-遺伝性早期老化症-.
愛知学院大学心身科学部健康栄養学科講義 「健康スポーツ医学」 2014年5月1日、日進市

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
細胞の老化と個体の老化.
愛知学院大学心身科学部健康栄養学科講義 「健康スポーツ医学」 2014年5月8日、日進市

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
組織幹細胞と老化.
愛知学院大学心身科学部健康栄養学科講義 「健康スポーツ医学」 2014年5月15日、日進市

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
運動と老化.
愛知学院大学心身科学部健康栄養学科講義 「健康スポーツ医学」 2014年5月22日、日進市

丸山和佳子 (加齢健康脳科学研究部)
疾患の好発年齢について、運動は疾患を予防するか. 愛知学院大学心身科学部健康栄養学科講義 「健康スポーツ医学」 2014年5月29日、日進市

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
ストレス応答・アポトーシス
名古屋大学医学部講義 「免疫と生体防御」 2014年5月30日、名古屋

柳澤勝彦 (副所長室,認知症センター長室)
「アルツハイマー病の開始点を糖質化学で解明する」
第78回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム 2014年5月24日, 名古屋

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
老年医学.
上尾中央医療専門学校理学療法学科・作業療法学科講義, 埼玉, 2014年5月16日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
「運動による認知症予防プログラム」について.
運動による認知症予防プログラム研修, 横浜, 2014年5月26日.

丸山光生 (老化機構研究部)
B細胞応答と免疫記憶
名古屋大学医学部講義 「免疫と生体防御」 2014年5月30日 名古屋市

新飯田俊平 (バイオバンク)
国立長寿医療研究センターバイオバンクの紹介
第13回国際バイオテクノロジー展 2014年5月14日〜16日、東京

バイオバンク
国立長寿医療研究センターバイオバンク(展示)
第13回国際バイオテクノロジー展 2014年5月14日〜16日、東京

センター内活動(セミナー等)

柳澤勝彦 (認知症センター長室)
アルツハイマー病発症の起点- Gaβ発見からの20年 -
CAMD報告会、2014年5月8日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター