文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2014年 [平成26年] 4月

マンスリーレポート(研究業績) 2014年 [平成26年] 4月

2014年 [平成26年] 4月

新聞・雑誌等

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
朝日新聞, 2014年4月24日朝刊, 認知症予備軍、アプリでチェック 厚労省研究班が開発 今年度中に公開.

島田裕之, 土井剛彦. (生活機能賦活研究部, 所長室)
北海道新聞, 2014年4月26日朝刊, 続わたしの周りは超高齢社会 頭使いながら運動 血流改善 脳に栄養.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症のベストチョイス NHK「チョイス@病気になったとき」番組製作班(編), 第3章 記憶力を改善できる最新の秘策:専門家に聞く 島田裕之先生 認知症の予防・改善におすすめの運動は?

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
アルツハイマー病を治せ! NHKスペシャル取材班(編), 第4章 対策編:運動と睡眠で脳が若返る!

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
月刊レクルー, 2014年4月号 No.650, 特集:認知症の今〜予防対策編〜.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
NHKテレビテキストきょうの健康, 2014年5月号, 5月1日 認知症をくい止めよう:運動で記憶力回復.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
ホームヘルスケア情報誌けあ・ふる, VOL.79 SPRING 2014, 特集1 認知症は予防できる? 運動や生活習慣の改善が機能維持に効果をもたらす.

高島明彦(分子基盤研究部)
安心, 2014年6月号, 若返る脳-15の革命的自力療法-

論文発表等

原著論文

Kondo A, Otsuka T, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Mizutani J, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
Resveratrol inhibits BMP-4-stimulated VEGF synthesis in osteoblasts : Suppression of S6 kinase.
Intern. J. Mol. Med. 33:1013-1018,2014.

Otsuka R,Tange C, Nishita Y, Kato Y, Imai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Serum docosahexaenoic and eicosapentaenoic acid and risk of cognitive decline over 10 years among elderly Japanese.
Eur J Clin Nutr,68:503-509,2014.

Kitamura I,Koda M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Six-year longitudinal changes in body composition of middle-aged and elderly Japanese: Age and sex differences in appendicular skeletal muscle mass.
Geriatr Gerontol Int,14:354-361,2014.

Hong S., Ostaszewski B.L., Yang T., O'Malley T.T., Jin M., Yanagisawa K., Li S., Bartels T., Selkoe D.J. (副所長室)
Soluble Aβ Oligomers Are Rapidly Sequestered from Brain ISF In Vivo and Bind GM1 Ganglioside on Cellular Membranes.
Neuron 82, 308-319, April 16, 2014

Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Lee S, Park H, Suzuki T. (生活機能賦活研究部, 所長室)
A large, cross-sectional observational study of serum BDNF, cognitive function, and mild cognitive impairment in the elderly.
Frontiers in Aging Neuroscience, 6(69): 1-9, 2014.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Anan Y, Suzuki T. (所長室, 生活機能賦活研究部)
Cognitive function and gait speed under normal and dual-task walking among older adults with mild cognitive impairment.
BMC Neurology, 14(1): 67, 2014.

Sato C, Hoshino M, Ikumi N, Oba K, Koike A, Shouno O, Sekiguchi T, Kobayashi T, Machida T, Matsumoto G, Furudate H, Kimura T. ( 分子基盤研究部)
Contribution of Nucleus Accumbens Core (AcbC) to Behavior Control during a Learned Resting Period: Introduction of a Novel Task and Lesion Experiments. PLoS One. 2014 Apr 28;9(4):e95941. doi: 10.1371/journal.pone.0095941. eCollection 2014.

Kamiya M., Sakurai T., Ogama N., Maki Y., Toba K. (機能回復診療部,もの忘れ外来部,理事)
Factors associated with increased caregiver’s burden in several cognitive stages of Alzheimer’s disease.
Geriatrics and Gerontology International, 14(suppl.2):45-55,2014.

Maeshima S., Osawa A., Yamane F., Shimaguchi H., Ochiai I., Yoshihara T., Uemiya N., Kanazawa K., Ishihara S. (機能回復診療部)
Memory impairment caused by cerebral hematoma in the left medial temporal lobe due to ruptured posterior cerebral artery aneurysm.
BMC Neurology, 14: 44, 2014.

Maeshima S., Osawa A., Yamane F., Ishihara S., Tanahashi N. (機能回復診療部)
Dysphagia following acute thalamic haemorrhage: Clinical correlates and outcome.
Eur Neurol., 71: 165-172, 2014.

Maeshima S, Osawa A, Hayashi T, Tanahashi N. (機能回復診療部)
Elderly Age, Bilateral Lesions, and Severe Neurological Deficit Are Correlated with Stroke-Associated Pneumonia.
J Stroke Cerebrovasc Dis. 23(3): 484-489, 2014.

Yoshihara T, Kanazawa R, Maeshima S, Osawa A, Ochiai I Uemiya N, Kohyama S, Yamane F, Ishihara S. (機能回復診療部)
A case of curable dementia treated by effective endovascular embolization for dural arteriovenous fistula.
Case Rep Neurol, 6: 116-121, 2014.

Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T,(長寿医療工学研究部)
Distant functional connectivity for bimanual finger coordination declines with aging: An fMRI and SEM exploration,
Frontiers in Human Neuroscience,8:251,1-13. Front Hum Neurosci doi: 10.3389/fnhum.2014.00251

町田好男、前谷津文雄、引地健生、阿部喜弘、菱沼誠、安達廣司郎、武蔵安徳、清野真也、丹治 一、石森文朗、砂森秀昭、 中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災により被災したMR検査室を訪ねてー被災地から伝えたいこと
映像情報メディカル Vol.46 No.4 350-355、2014【2014年7月10日更新】

加藤友紀,大塚礼,西田裕紀子,丹下智香子,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者のプロリン摂取量が知能に及ぼす影響に関する縦断的研究.
日本未病システム学会雑誌,20:99-104,2014.

近藤 和泉,才藤 栄一. (自立支援開発研究部)
高齢者に対するリハビリテーションの基本戦略
老年医学(52),421-424,2014.

根木宏明、山根文孝、大沢愛子、前島伸一郎、石原正一郎. (機能回復診療部)
橋出血における認知機能障害の検討
脳神経外科, 42: 109-113, 2014.

Washimi Y,Horibe K,Takeda A,Abe T,Toba K. (副院長室,脳機能診療部,理事)
Educational program in Japan for Dementia Support Doctors who support medical and care systems as liaisons for demented older adults in the community.
Geriatr Gerontol Int, 14(2):11-16,2014 【2014年7月8日更新】

Nakashima M., Iohara K.( 再生歯科医療研究部)
Mobilized dental pulp stem cells (MDPSCs) for pulp regeneration: Initiation of clinical trial. J. Endod. 40(4 Suppl):S26-32. 2014. 【2014年7月17日更新】

藤田将典庵原耕一郎、堀場直樹、立花克郎、中村洋、中島美砂子 (再生歯科医療研究部)
「感染根管歯におけるナノバブルと超音波を用いた根管内無菌化と歯髄再生」(Pulp regeneration after complete disinfection of the root canal system by enhanced delivery of medicaments using ultrasound with nanobubbles in a canine periapical disease model)
日本歯科保存学雑誌. 57(2): 170-179, 2014. 【2014年7月17日更新】

日野 智之, 外園 千恵, 東原 尚代, 山田 潤, 上田 幸典, 渡辺 彰英, 木下 茂(先端診療部)
慢性涙嚢炎が契機と考えられた角膜潰瘍の3症例
あたらしい眼科31巻4号 Page567-570,2014. 【2014年7月30日更新】

Ogura M, Watanabe Y, Sanjo Y, Edahiro A, Sato K, Katakura A (口腔疾患研究部)
Mirror neurons activated during swallowing and finger movements: An fMRI study.
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 26(2014)188-197. 【2015年1月15日更新】

総説, その他

Maeshima S, Osawa A. (機能回復診療部)
Clinical Study in Our Opinion.
International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation, 2: 1, 2014. (http://dx.doi.org/10.4172/2329-9096.1000e106)

山田潤 (老化機構研究部)
レドックス環境と眼のアンチエイジング(坪田一男・木下茂編)
あたらしい眼科31(4):497-504,東京,メディカル葵,2014.

書物等

松原悦朗、柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
『図説 分子病態学』 -Molecular Patho-Biochemistry and Patho-Biology- 改訂5版 Ⅲ. 疾患の分子病態学, H. 脳神経疾患, 1. Alzheimer病
一瀬白帝・鈴木宏治編著, 中外医学社, p272-276, 2014

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
第23章 高齢者の姿勢調節機構.
奈良勲, 内山靖(編), 姿勢調節障害の理学療法 第2版. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp382-397.

講演等

学会・研究会等発表

Matsui Y, Takemura M, Harada A, Ando F, Otsuka R, Shimokata H (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
Knee pain status in a community of middle-aged and elderly women depending on radiography changes and age.
1st Congress of Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society (APKASS), Apr 14th, 2014, Nara, Japan.

Matsui Y, Takemura M, Harada A, Ando F, Otsuka R, Shimokata H (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
Relationship between knee pain and fat and muscle mass-Investigation by sex and level of knee deformity in general community residents.
World Congress on Osteoarthritis (OARSI 2014), Apr 25th, 2014, Paris, France.

Osawa A., Maeshima S., Mori S., Ozaki K., Kondo I. (機能回復診療部,自立支援開発研究部)
Vascular cognitive decline due to cerebral microbleeds after cerebral hemorrhage
8th World Congress NeuroRehabilitation 11 April, 2014, Istanbul

Mori S., Osawa A., Maeshima S., Ozaki K., Kondo I. (機能回復診療部,自立支援開発研究部)
Comparison of the cognitive function between stroke and non-stroke patients in the elderly on rehabilitation ward
8th World Congress NeuroRehabilitation 11 April, 2014, Istanbul

福岡秀記丹下智香子,山中行人,大塚 礼安藤富士子下方浩史 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
日本における地域在住中高年者のNEI VFQ-25の性別・年代別スコアに関する研究.
WOC2014(第29回アジア太平洋眼科学会・第118回日本眼科学会総会),2014年4月6日,東京都.

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
認知症PET(FDGとアミロイド)に関わる臨床研究の進捗と合成装置の薬事承認・保険適用に向けての戦略日本脳神経核医学研究会脳PETワークショップ,2014年4月10日,横浜 【2014年5月15日更新】

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
シンポジウム7 認知症の画像診断
update Advances of nuclear neuroimaging in dementia - findings from multicenter studies - 第73回日本医学放射線学会,2014年4月10-13日,横浜 【2014年5月15日更新】

加藤隆司(脳機能画像診断開発部)
レビー小体型認知症の画像検査,
第73回日本医学放射線学会共催セミナー(ランチョン),2014年4月11日,パシフィコ横浜,横浜市 【2014年5月15日更新】

玉置繁憲,小川邦和,甲斐基一,加藤隆司,牛窪真理,大島久二,田中郁子,(脳機能画像診断開発部)
関節リウマチに対するイグラチモド投与24週での有用性の検討.
2014年4月24-26 (24)日,グランドプリンス高輪・国際館パミール,東京【2014年5月15日更新】

田中郁子,小川邦和,甲斐基一,加藤隆司,牛窪真理,大島久二,玉置繁憲, (脳機能画像診断開発部)
痛風・高尿酸血症患者に対する尿酸下降剤febuxostatの臨床的効果と腎機能への影響.
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014年4月24-26 (24)日,グランドプリンス高輪・国際館パミール,東京 【2014年5月15日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

Oikawa N., Hatsuta H., Murayama S., Suzuki A., Yanagisawa K. (治療薬探索研究部, 所長室, 副所長室)
Effect of APOE genotype and Alzheimer pathology formation on synaptic membrane lipids of human brains.
Experimental Biology April 26-30, 2014,San Diego

Takashima A. (分子基盤研究部)
Tau as a key protein for converting brain aging to dementia.
University of Athens Medical School-Mini Symposium, Athens, Greece. April 9, 2014

Takashima A. (分子基盤研究部)
Toxic tau aggregation in AD.
1st World Congress on Geriatrics & Neurodegenerative Diseases Research, Corfu, Greece. April 11, 2014

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防の最前線.
法人職員、地域住民を対象とした講演会, 山口, 2014年4月13日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部) テーマ「認知症 防げるものなら防ぎたい」. 市民を対象とした認知症予防の講演会, 福井, 2014年4月14日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症の早期発見と予防方法.
平成26年度第1回認知症ケア専門士単位認定研修会, 鹿児島, 2014年4月27日.

牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
認知症予防に対する理学療法.
第69回理学療法科学学会学術大会, 埼玉, 2014年4月20日.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
「高齢者虐待について」
2014年4月21日、名古屋市中村区名古屋第一赤十字病院 【2014年5月15日更新】

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
基礎・安全管理②「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第14回日本核医学会春季大会PET研修セミナー, 2014年4月26日,東京 【2014年5月15日更新】

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
核医学指導者コース「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第14回日本核医学会春季大会核医学専門医教育セミナー,2014年4月27日,東京 【2014年5月15日更新】

飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
Integrated Systems Approach によるアルツハイマー病発症メカニズムの解明と新規創薬ターゲットの探索
名古屋市立大学薬学部大学院講義 創薬生命科学特別講義II、平成26年4月9日、名古屋 【2014年5月16日更新】

角 保徳(歯科口腔先端医療開発センター)
「命を支える口腔ケア-入院患者の口腔の現状と口腔ケア普及の必要性」
地域中核病院研究会 2014年4月18日 東京都 【2014年6月19日更新】

鷲見幸彦 (副院長室)
入院時における"認知症"の早期発見、退院支援から在宅ケアにむけて
第2回専門職のためのKASAWAKI認知症セミナー,岡山,2014年4月5日 【2014年7月8日更新】

鷲見幸彦 (副院長室)
認知症国家戦略(オレンジプラン)における専門医の役割 
日本認知症学会第11回教育セミナー,東京,2014年4月20日 【2014年7月8日更新】

招待講演(中国)
Nakashima M (再生歯科医療研究部).
Dental pulp stem cell biology and regeneration for clinical trial.
the second international conference on dental and craniofacial stem cells(ICDCSC),Chengdu China, April.12,2014 【2014年7月17日更新】

センター内活動(セミナー等)

河合昭好 (治療薬探索研究部)
「アルツハイマー病治療薬を目指して」 ・創薬における特許とライセンス ・ASIMプロジェクトupdate
CAMD報告会、2014年4月10日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター