国立長寿医療研究センター

ホーム > 試料と情報の流れ

試料と情報の流れ

The flow of data and information

皆さま

 
説明 担当者から詳しい説明をお聞きください。疑問点がありましたらご質もください。
 
同意 バイオバンク事業に参加してもよいという場合、意思確認書に同意したことを記してください。病歴や喫煙・飲酒など生活習慣についてのアンケートにもお答えください。
 
採取 バイオバンク保存のための採血(20ml程度)をさせて頂きます。
 
匿名化 提供いただいた試料・情報等から氏名や住所、生年月日など個人を特定する情報を削除して、誰のものか判らないようにして保存します(個人情報の保護)。

医学研究者

 
医学の発展 将来の医学・医療の発展に活用できるように、試料の解析/分析情報等の一部は公的な研究用データベースに登録され二次活用されることがあります。
 
研究報告 試料・情報等を活用して得られた研究成果は、学術論文や学会発表の形で公表されます。
 
医学研究 所定の手続きと審査を受けた研究課題に試料・情報等が提供され、研究が開始されます(提供先は、国や民間の研究機関・大学・製薬会社などを含みます)。
 
倫理委員会 皆さまの尊厳と人権を尊重し、倫理指針に沿って、研究に使用することの可否を審査します。
   
NCGGバイオバンクロゴマーク
 試料と情報の保管
NCBN

各種データ・プロジェクト

アクセス方法・お問い合わせ

アクセスカウンター