国立長寿医療研究センター

ホーム > イベント情報 > 第2回バイオバンク連絡会のご案内

第2回バイオバンク連絡会のご案内

『バイオバンク連絡会』は、国内バイオバンクを運営している方々の情報共有、意見交換を通じて、各施設の試料品質の向上、利活用の促進を図ることを目的としています。

第2回バイオバンク連絡会を下記の要領で開催します。ぜひ、多数の方々の参加をお願いします。

日時

2017年10月7日(土)13時30分から17時
※16時~17時は、交流会を予定しております。

会場

読売新聞ビル20階 201会議室(東京都千代田区大手町1-7-1)

テーマ

「オミックス研究用生体試料の取扱いに関する報告書」から生体試料の取扱いについて考える

趣旨

厚生労働省と文部科学省の連携のもと、研究事業の一環として、我が国のいわゆる三大バンク(東北メディカルメガバンク、バイオバンクジャパン、ナショナルセンター・バイオバンクネットワーク)の研究者が協働して、バイオバンクの試料の品質に関する検討を行い、その成果「オミックス研究用生体試料の取扱いに関する報告書」をまとめました。

オミックス研究に利活用する場合に求められる品質確保に焦点をあてた生体試料の取扱いについて三大バンクの先生からご発表を頂きバイオバンクを運営されている方々や研究者の方々に生体試料取扱いのお役に立つことを期待するとともに、ご参加頂きます方から意見交換、情報共有などを目的として開催します。

演題・担当

  1. 血漿・血清・脳脊髄液の代謝物安定性の検討
  • 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構
  1. 血清・血漿試料の品質評価マーカーの開発と測定法の確立
  • バイオバンク・ジャパン
  1. 生体試料の国際標準化への対応及び臨床オミックス検査への応用
  • ナショナルセンター・バイオバンクネットワーク

参加対象者

  • 国内バイオバンク、コホート施設の運営関係者
    (ゲノム医療研究支援情報ポータルサイトのバイオバンク一覧に掲載のバイオバンク担当者)
  • バイオバンク、コホート施設と連携、情報交換等に関心のある企業の方
  • バイオバンク試料を利用している、または利用を考えている研究者
  • 関係府省、バイオバンク課研究課題PD/PS/PO、AMED関係者

参加申込み方法

  • メールタイトルを「申し込み:第2回バイオバンク連絡会 参加希望」としてkms-amed-bbn@smips.jp 宛て(cc.に genome-support@amed.go.jp を入れて)メールで申込み願います。

参加申込み締切り

  • 9月28日(木)正午まで
    ※10月3日(火)までに入館連絡をします。

以上

参考:バイオバンク連絡会設置趣旨

バイオバンク連絡会は、ゲノム医療実現推進協議会の中間とりまとめ(平成27年7月)の「実利用に向けた効果的・効率的な研究の推進や研究環境の整備を行う必要がある」という提言、さらにゲノム医療研究推進ワーキンググループ報告書(平成28年2月)の「国内バイオバンク間のネットワーク形成」という提言を踏まえ、国内バイオバンク、コホート施設を運営している関係者との情報交換・意見交換の場として『バイオバンク連絡会』を設置しました。

セミナー・イベント

研究者向け

各種データ・プロジェクト

アクセス方法・お問い合わせ

アクセスカウンター