国立長寿医療研究センター

バイオバンク検体管理

Bioresources

バイオバンクが収集している主な検体は、血液由来のDNA、血清・血漿、組織、脳脊髄液などです。検体は、提供者(患者様や研究参加者)の同意に基づいて取集されています。検体は、提供者が特定できないように氏名や住所などの個人情報を削除して、匿名化され形で研究者に提供されます。

バイオバンクに登録された検体は、バイオバンクとITベンダーのJuppo社が共同開発した検体管理システム(Biora ®)により管理され、格納から払い出しまで一貫したシステムで運用されています。

 

NCGG Biobankの検体管理システム概略図

 

 

各種データ・プロジェクト

アクセス方法・お問い合わせ

アクセスカウンター