国立長寿医療研究センター

ホーム > バイオバンクとは

バイオバンクとは

About us

 バイオバンクとは「体系化したシステムにおいて保管された、ある集団(または集団内の部分集団)の生体試料とそれに付随する情報のコレクション」と定義されています※1。本来は、様々な生物の組織や細胞、植物の種子、微生物等の保管施設を意味しますが、最近では医学研究のためのヒト由来の試料・情報の収集保管施設を示すことが多くなりました(ヒト以外の試料のときはバイオリソースセンターとすることが多いようです)。

 バイオバンクの目的は、収集した試料と付随する診療情報を医学系研究者に配布(分譲)し、ヒトの疾患の原因究明や、新薬開発に資する研究基盤とすることです。海外では、国レベルでバイオバンクの設置・運営が行われているところもあります。英国の UK-Biobank※2は世界的にもっとも大規模なバイオバンクとして知られ、「バイオバンク」という言葉が世界に広まるきっかけになりました。こうした国々では、バイオバンクがもたらす公共の利益について、国民の理解が進み、研究成果への期待も高いものがあります。

 国立長寿医療研究センター(NCGG)バイオバンクは、メディカルゲノムセンター (MGCのホームページ参照)このリンクは別ウィンドウで開きますの一部署として運営されており、国内6つのナショナルセンター(国立高度専門医療研究センターの通称)でつくるバイオバンクネットワーク※3の一員となっています。NCGGバイオバンクは、高齢期に発症する認知症や骨関節疾患などを中心に、生体試料と診療情報を匿名化した形で収集・保管し、厳正な倫理審査を経て国内外の医学研究に提供しています。

バイオバンク棟外観

バイオバンク棟外観

試料保管

試料保管

保管作業

保管作業

解析装置

解析装置

 

 

参考資料

  1. OECD: https://stats.oecd.org/glossary/detail.asp?ID=7220このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. UK Biobank: http://www.ukbiobank.ac.uk/このリンクは別ウィンドウで開きます
  3. ナショナルセンター・バイオバンクネットワーク(NCBN): http://www.ncbiobank.org/links.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

各種データ・プロジェクト

アクセス方法・お問い合わせ

アクセスカウンター