国立長寿医療研究センター|治験・臨床研究推進センター

治験推進室 組織の紹介

Introduction of clinical trial Promotion Office organization

治験推進室の紹介

現在、日本では、成分として約2,800種類もの医療用医薬品(病・医院で処方される薬)が使用されています。
しかし高齢者では、薬の効果が思うように現れなかったり、副作用が強く現れたり、病気によっては薬の選択肢がほとんどないものもあります。たとえば、アルツハイマー型痴呆の薬は国内では1種類しかなく、新しい薬の開発が望まれています。新しい薬を開発する過程では、人における薬の効き目(有効性)や副作用(安全性)を調べる必要があります。これを「臨床試験」といいますが、薬の候補を用いて国(厚生労働省)の承認を得るための成績(データ)を集める臨床試験を、とくに「治験(ちけん)」といいます。
治験は、参加される患者さんの人権と安全の保護に最大限配慮しながら、「薬の候補」の効果と副作用を慎重に、かつ、科学的な方法で正確に調べる必要があります。
そのため、治験の実施に関して「薬事法」と「医薬品の臨床試験の実施の基準」という大変厳格なルールが定められており、このルールにしたがって治験を実施します。治験推進室では、治験・受託研究事務局および治験・受託研究審査委員会事務局の業務を行うと同時に、当センターで行われる治験が安全かつ厳格に行われるように、管理と支援を行っています。

治験・臨床研究推進部の体制

治験・臨床研究推進部長 鈴木 啓介 医師

【 治験・臨床研究推進室 】

室長 新畑 豊 医師
  平島 学 治験・臨床研究主任薬剤師
  水野 伸枝 治験・臨床研究主任看護師
  村井 千晴 事務員

【 治験・臨床研究推進室 】

治験事務局長 伊藤 智晴 薬剤部長
治験薬管理者 平野  隆司 副薬剤部長
治験事務局 平島 学 治験・臨床研究主任薬剤師
財務担当 八木 達也 財務管理係長
  笛木 達矢 財務経理係

【 臨床研究企画 】

室長 千田 一嘉 医師

【 CRC室 】

室長 佐藤 弥生 看護師長・認定CRC
CRC・心理療法士 片山 朱美 認定CRC(薬剤師)
  本田 愛 CRC(看護師)
  伊藤 有香 CRC(薬剤師)
  井上 麻希 CRC(看護師)
  近藤 裕琴 CRC(看護師)
  鈴木 寿恵 CRC助手(臨床検査技師)
  倉坪 和泉 心理療法士
  永田 理紗子 心理療法士
     

(2018年08月現在)