国立長寿医療研究センター|治験・臨床研究推進センター

患者のみなさまへ

Dear patient

治験とは?

新しい薬が世に出るためには、厚生労働省から薬の使用についての承認を得る必要があります。
そのためには、薬の効果と安全性を確かめる試験をすることが義務づけられています。
健康な人や患者さんで実施する試験を「治験」といいます。治験には次の3つの段階があります。

■ 第1相試験

健康な人または患者さんを対象にして、「どのような副作用がどのくらい起こるのか(安全性)」「どのくらいからだの中に吸収され、どのくらいの時間でからだから出て行くのか(薬物動態)」などを調べます。

■ 第2相試験

患者さんを対象にして、「本当に病気に対する効果があるのか」、「どの程度の量やどのような使い方をすればよいか」などを調べます。

 
■ 第3相試験

「標準的なくすりと比較して効果や安全性が優れているか」などを調べます。

このような薬の開発段階は、現在一般に使われているすべての薬に共通して行われてきた大切な手順です。それぞれの試験で集められた結果(データ)はすべてまとめられ、最終的には厚生労働省が薬として認可するかどうかを判断するための資料となります。
「治験」には研究的な側面があり、国の法律や国の基準に沿って行われることが義務づけられています。現在使われている薬はすべて、過去において患者さんが治験に協力されたことによって生まれたものです。これまでの薬よりも効果のある薬や、副作用の少ない薬など、患者さんに役立つ薬を開発することは、世の中の病気に悩む人にとって望まれています。
治験にご協力していただくことは、同じ病気を持って苦しんでいるたくさんの患者さんを助けることにもつながります。

現在進行中の治験(2016年7月1日現在)

 

認知症(5件)   レビー型認知症(1件)  COPD(2件) DM性神経障害(1件)   サルコペニア(1件)

治験審査委員会について

◎ 治験審査委員会の会議の記録の概要

◎ 中央治験審査委員会の会議の記録の概要

 

治験審査委員会標準業務手順書(2017年7月10日)( 企業主導 ) (PDF:331KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

治験審査委員会標準業務手順書(2017年7月10日)(医師主導 )(PDF:371KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

治験審査委員会委員名簿(2017年4月1日)(PDF:92KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

治験審査委員会委員名簿(2016年05月10日)(PDF:315KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

治験審査委員会委員名簿(2016年04月01日)(PDF:270KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

治験審査委員会委員名簿(2015年08月01日)(PDF:120KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

中央治験審査委員会委員名簿(2017年4月1日)(PDF:92KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

中央治験審査委員会委員名簿(2016年05月10日)(PDF:284KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

中央治験審査委員会委員名簿(2016年04月01日)(PDF:275KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

中央治験審査委員会委員名簿(2015年08月01日)(PDF:267KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

治験審査委員会開催予定日(2016年度)(PDF)

 

治験に関するお問い合わせ

当センターで実施中の治験に関するお問い合わせは、第2研究棟2階 治験・臨床研究推進室までお尋ね下さい。
電話( 0562-46-2311  内線 6206・7314 )  メール(  hirashm@ncgg.go.jp )でのお問い合わせにも対応いたします。