国立長寿医療研究センター|治験・臨床研究推進センター

各部の紹介

Introduction of each part

組織体制

治験・臨床研究推進センター(以下、当センター)の組織図です。
当センターにセンター長を置き、『治験・臨床研究推進部』『データセンター』『開発・連携推進部』を設置。
組織図内に"詳しくはこちら"とある部署は、マウスでクリックすると各紹介ページへ移動します。

治験・臨床研究推進センター組織図

[ 治験・臨床研究推進部 ]

- 治験・臨床研究推進部の紹介 -

「臨床研究」とは患者さんにご協力いただき行う、病気の予防、診断、治療や病気の原因や病態の理解などに関する医学研究です。臨床の現場で正しく病気を診断するためには、まずその病気がどのような症状を呈し、どのような経過をとる病気であるのかを知ることが必要であり、そのために複数の患者さんの臨床経過を集積し研究することが第一歩です。そして、その病気を診断するためには、どのような検査が有効であるかを検討し、さらに、より正確に安全かつ簡便に診断できるような方法を開発するということも進めなければいけません。
また、病気の治療を確立していくためには、その原因を突き止めていくことが必要です。病気の治療には、様々な薬剤や手術、放射線による治療などがありますが、その病気には、どの治療が有効であるのかといったことも、研究を通して確立されていきます。
「臨床研究」のうち、治療法、診断法、予防法などの安全性や有効性を確かめる目的で行う研究を「臨床試験」と呼びます。
「臨床試験」の中でも、特に、新しい薬や、医療機器を国の承認を経て実用化するための客観的なデータを集めるものを「治験」といいます。現在、いろいろな病気の治療に実際に使われている薬や医療器具も、すべて、安全性や有効性を確かめる「治験」を経て、患者さんの治療に使われています。
現在治すことができない病気の治療を新たに可能にしていくために、また、より安全で有効な治療を開発していくために、「治験」は必須です。
国立長寿医療研究センターでは、健康長寿社会をめざし、様々な治験を含む臨床研究を進めています。治験・臨床研究推進部は、そのバックアップを行う部署として、設立されています。

[ データセンター ]

- データセンターの紹介 -

治験・臨床研究において最も重要なことは、データを適切に評価し、正しい結果を導き出すことです。
そのためには、治験・臨床研究が計画書(プロトコール)に従い確実に実施されること、そして、そのデータが適切に収集・管理・解析されることが求められます。
また、独立した立場で、治験・臨床研究全体の品質管理を行い、その結果の信頼性が担保されることも重要です。治験・臨床データセンターにはこの中心的な役割を担います。
これらの業務の効率化のためにデータの電子化を積極的に進めます。

[ 開発・連携推進部 ]

- 開発・連携推進部の紹介 -

『健康長寿』に関わる画期的な新薬や診断薬、より精度の高い診断・検査装置、ドクターを補助する医療機器、リハビリ器具や介護ロボット、臓器や組織の再生医療等の開発には、基礎研究の段階にある有望なシーズを発掘・育成し、それを治験・臨床研究へと進め、有効性が確認されることが必要です。
開発・連携推進部は、国立長寿医療研究センターのみならず大学や企業が有するシーズを発掘し、臨床研究へとシームレスな橋渡しを行います。
そのために専門家の紹介や産官学連携を積極的に支援します。
また、機能性食品や高齢者の虚弱(フレイル)を防止する栄養食品の開発も積極的に推進します。