病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 診療科のご紹介 > 血液内科

血液内科

血液内科とは?

血液内科は、血液中を流れている白血球・赤血球・血小板などの異常に加えて、リンパ節・脾臓等の病気を診療する科です。

血液内科疾患でよく見られる症状は?

赤血球減少の貧血による息切れ、白血球異常に伴う発熱、血小板減少等による出血傾向などです。また、検診やかかりつけ医での血液検査値異常(赤血球・白血球・血小板数の増加や減少)が受診のきっかけになることも少なくありません。これらの症状等に心当たりがある場合はぜひご相談ください。

血液内科で担当する病気は?

白血病・骨髄異形成症候群・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・骨髄増殖性疾患(真性多血症・本態性血小板血症・骨髄線維症など)などに対して、標準的薬物療法を行っています。 再生不良性貧血・特発性血小板減少性紫斑病・自己免疫性溶血性貧血などの造血障害の治療も行っています。

 

外来担当医表

 
血液内科(初診・予約再診) 勝見 今釜
血液内科(化学療法) 担当医 担当医 担当医 担当医 担当医

担当医