病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 診療科のご紹介 > 新しい前立腺肥大症の手術療法 光選択的前立腺蒸散術(PVP)のご紹介

新しい前立腺肥大症の手術療法 光選択的前立腺蒸散術(PVP)のご紹介

 国立長寿医療研究センター 泌尿器科

前立腺肥大症とは

 前立腺とは膀胱のすぐ下、尿道を取り囲むようにあるクルミ大の臓器であり、精液の一部を産生し、男性のみに存在します。加齢とともに肥大してくる場合が多く、尿道を圧迫することや膀胱への負担が増すことにより、排尿困難、残尿感、頻尿、尿もれ、尿閉などの症状を来たしやすくなります。これが前立腺肥大症という状態です。

前立腺肥大症の治療

 前立腺肥大症の治療には大きく分けて薬物療法と手術療法があります。はじめは薬の内服を開始して通院することが多いのですが、内服薬は症状を和らげることが主な役目であり、肥大した前立腺を元の状態に戻し治してしまうというものではありません。排尿状態をさらに改善させるためには内視鏡手術が必要となります。現在この内視鏡手術には電気メスを用いる方法(TUR-P)と、レーザーを用いる方法があります。TUR-Pは術中術後の出血や灌流液に伴う気分不良を来たすことが時々あり、術後のバルーン留置期間が3~5日間、入院期間も5~7日必要でした。心疾患、脳疾患のある方や高齢者では行いにくい場合がありました。

新しい手術療法、光選択的前立腺蒸散術(PVP)について

グリーンライトレーザー

 光選択的前立腺蒸散術(PVP)はグリーンライトレーザー(AMS GreenLight. HPS)という特殊なレーザーを内視鏡的に前立腺に照射して、前立腺組織を蒸散させ、尿道を広げる方法です。

TUR-Pに比べると出血が少なく、患部の一過性の腫れも少ないことにより、早ければ手術翌日にカテーテルの抜去が可能であり、早期から排尿可能となり、痛みも軽度です。そのため、入院期間も従来手術の半分程度となります。

非常に低侵襲で効果も高く、安全性も高いため、心疾患や高齢などの理由で従来の手術が困難であった方や様々な合併症のある方、高齢者でも安心して受けていただける手術です。

 

治療前画像

治療前

治療後画像

治療後