病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 診療科のご紹介 > 消化器外科の業績

消化器外科の業績

主な業務

一般外科・腹部外科として、おもに以下にあげるような診療を行っています。

さらに長寿医療研究センターの外科として、高齢者の方の手術安全性をより向上させるための研究も行っております。

最近の研究と診療

業績一覧

§2013年

欧文原書

Shinji Fukata, Yasuji Kawabata, Ken Fujisiro, Yuichi Katagawa, Kojiro Kuroiwa, Hirotoshi Akiyama, Yasuhito Terabe, Masahiko Ando, Takashi Kawamura, Hideyuki Hattori Haloperidol Prophylaxis is not Effective for Preventing Postoperative Delirium in Elderly Patients: A Randomized, Open-label Prospective Trial Surgery Today, 2014 Feb 16, ISSN:0941-1291, DOI10.1007/s00595-014-0859-7

和文総説

深田伸二:認知症の治療と管理 6.高齢者における合併症の予防と対応 J.周術期への対応 認知症ハンドブック: 353-360 医学書院 東京 2013

§2012年

欧文原書

Shinji Fukata , Mssahiko Ando, Takeshi Amemiya, Kojiro Kuroiwa, Koji Oda, Postoperative Function Following Radical Surgery in Gastric and Colorectal Cancer Patients over 80 Years of Age -An Objection to "Ageism"- Nagoya Journal of Medical Science 74: 241-251, 2012

和文総説

深田伸二 周術期合併症発症のリスク評価と適切な対策:無症候, 高齢者の周術期 ICUとCCU 36: 515-519, 2012  北川雄一 高齢者手術患者における術後せん妄 日本外科系連合会雑誌38(1):28-35,2013

§2011年

§2010年

和文総説

深田伸二  消化器外科セミナー:高齢者に対する消化器外科手術のあり方  消化器外科(へるす出版)33:2003-2011, 2010

§2009年

欧文原著

Hattori H, Kamiya J, Shimada H, Akiyama H, Yasui A, Kuroiwa K, Oda K, Ando M, Kawamura T, Harada A, Kitagawa Y, Fukata S : Assessment of the risk of postoperative delirium in elderly patients using E-PASS and the NEECHAM Confusion Scale. International Journal of Geriatric Psychiatry 24:1304-2310, 2009.

§2008年

和文総説

川端康次:外科疾患 術前評価 老年医学テキスト 社団法人日本老年医学科記 メディカルレビュー 東京 2008 p581-582.

川端康次:外科疾患 術後評価 老年医学テキスト 社団法人日本老年医学科記 メディカルレビュー 東京 2008 p582-583.

深深田伸二:外科疾患 高齢者外科治療の特徴 老年医学テキスト 社団法人日本老年医学科記 メディカルレビュー 東京 2008 p580-581.

§2007年

欧文原著

amemiya T, Oda H, ando M, Kawamura M, Kitagawa Y, Okawa Y, Yasui a, Ike H, Shimada H, Kuroiwa K, Nimura Y, Fukata S: activities of daily living and quality of life elderly patients after elective surgery for gastric and colorectal cancers. annals of Surgery 2007; 246: 222-228.

和文総説

深田伸二:高齢者における癌術後の栄養管理・ケアの現状.-消化器癌を中心に- Geritric Medicine(老年医学) 2007; 45: 287-291.

深田伸二:高齢疾患から認知症に陥らないために-高齢者手術におけるリスク要因 認知症の予防と治療-. advances in aging and Health Resarch 2006(小林秀資 編) 長寿科学振興財団、愛知県東浦町、2007;61-68.

§2006年

欧文原著

Suda K, Kitagawa Y, Ozawa S, Saikawa Y, Ueda M, Ebina M, Yamda S, Hashimoto S, Fukata S, abraham E, Maruyama I, Kitajima M, Ishizaka a: anti-High-Mobility Group Box Chromosomal Protein 1 antibodies Improve Survival of Rats with Sepsis. World Journal of Surgery 2006; 30: 1755-1762.

§2005年

和文原著

田中顕一郎, 深田伸二, 川端康次, 藤城健, 他:膵 lipomatous pseudohypertrophy の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2005; 66(6): 1452-1456.

和文総説

北川雄一, 深田伸二 他:外科医が知っておくべき周術期管理のトピックス 認知症(痴呆)患者. 消化器外科 2005; 28(5) : 1011-1014.

北川雄一, 深田伸二, 川端康次, 藤城健, 安井章裕:認知症を有する高齢患者に対する全身麻酔下消化器外科手術. 日本臨床外科学会雑誌 2005; 66(9): 2099-2102.

§2004年以前

欧文原著

Sekogichi E, Fukata S, et al:a novel mitochondrial carnitine-acylcarnitine translocase induced by partial hepatectomy and fasting. J.Biol Chem 2003; 278(40): 38796-38802.

Yasui a, et al: Elevated gastrin secretion by in vivo gene electroporation in skeletal muscle. Internal Journal of Molecualar Medicine 2001; 8: 489-494.

Shigeta H, Yasui a, Menjo M, Ikeda K, et al:Postoperative delirium and melatonin levels in elderly patients. The american Journal of Surgery 2001; 182(5): 449-454.

和文総説

深田伸二:高齢者の外科手術と術前術後ケア 第1回 高齢者の消化器疾患における検査・診断・治療・ケアの留意点. 総合消化器ケア 2004 2004; 31-36.

深田伸二:高齢者の外科手術と術前術後ケア 第2回 高齢者の外科手術における適当と治療法の選択. 総合消化器ケア 2004 2004; 70-77.

深田伸二:高齢者の外科手術と術前術後ケア 第3回 高齢者外科手術における術前評価と術前ケア. 総合消化器ケア 2004 2004; 51-56.

深田伸二, 安井章裕:高齢者の外科手術と術前術後ケア 第4回 高齢者外科手術の周術期ケア. 総合消化器ケア 2004 2004;49-55

安井章裕, 深田伸二:高齢者の外科手術と術前術後ケア 第5回 術後せん妄の予防とケア. 総合消化器ケア 2004 2004; 1-10(5).

真弓俊彦, 深田伸二:高齢者の外科手術と術前術後ケア 第6回 高齢者の集中治療. 総合消化器ケア 2004 2004; 40-43(6).

§その他

著書

深田伸二: 神経周囲侵襲と予後. 胆道外科の要点と盲点 幕内雅敏 監修、二村雄次 編集, 文光堂, 東京, 1998, p125.

深田伸二: 尾状葉胆管枝浸潤の診断. 胆道外科の要点と盲点 幕内雅敏 監修、二村雄次 編集, 文光堂, 東京, 1998, p142-p143.