病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 診療のご案内 > お食事について

お食事について

食事は、病状に合わせて当院で提供いたします。診療上の理由および食中毒などの防止のため院外からの飲食物のお持ち込みはご遠盧ください。

入院中のお食事

入院中のお食事

入院中の食事については主治医の指示により、患者様の病状・性別・年齢から必要と考えられる栄養量を朝・昼・夕の3食に配分し1日30品目を目標に献立が作られております。内容は、下記のとおりとなっております。

 

食事時間

食事画像

朝食 7時30分
昼食 12時30分
夕食 18時

 

食事の種類

特に制限を必要としない一般食(常食・軟菜食・全粥食・高齢者食)と治療上の制限が必要な特別食があります。特別食は医師の指示に基づいて調理しています。

主食量

治療上特に制限がない場合、御飯の量は患者様のご希望に添えるよう調節致しますので、看護職員にお申しつけ下さい。

味付け

味付け

塩分は、特別に減塩の指示がない場合も1日7g以下となっております。

 

個人対応食

食物アレルギー・治療に伴う食欲不振等、通常の食事が困難な場合には、献立内容を考慮致しますので、主治医にご相談下さい。

選択食

選択食

一般食を食べておられる場合、食事内容の選択制(主食中心)を実施しています。詳しくは下記の「選択食について」をお読み下さい。

 

衛生管理

衛生管理

当院では、食中毒発生予防のため衛生管理に万全を期しおりますが、患者様におかれましても食事前の手洗いをご励行下さい。また、お出しした食べ物はなるべく早く召し上がって頂くようご協力をお願い致します。

 

選択食について

当院では、一般食の食事をされている患者様を対象に、選択食(2種類の献立より、お好きな献立を選んでいただく方式)を行っております。
対象となります患者様には、管理栄養士が毎週選択食のアンケートシートを持って確認にうかがいます。(毎週火曜日から金曜日となります)

選択食実施日

選択食

★月曜日~金曜日―朝食と昼食で選ぶことができます。
★土曜日・日曜日・祝日―朝食のみとなります。

 

選択食の主な内容

選択食はA(基本食)とB(朝:パン食、昼:めん食)のどちらかお好きな献立を選んで下さい。

ご注意

選択食は、翌週の内容をうかがうこととなりますので、ご注意ください。
また、個別の嗜好(好き嫌い)には対応しておりませんので、決められた献立より選択していただくことになります。

入院・食事変更等により一般食になった場合

食事画像

翌週からの選択食聞き取りに間に合った場合は、通常どおり選択食アンケートシートにて管理栄養士が聞き取りにうかがいます。間に合わなかった場合でも対応させていただきますので、看護職員までお申しつけ下さい。
この場合とは逆に、選択後(ご希望をうかがったあと)に治療上の目的で対象外の食事に変更となった場合は、基本食(選択食のない食事)になりますのでご了解願います。
お食事について、ご不明な点があった場合は、聞き取りにうかがった管理栄養士にご確認下さい。

 

院内への飲食物の持ち込みについて

胃痛画像

食中毒・伝染病等の予防上及び治療上問題がありますので、院内への飲食物の持ち込みは固くお断り申し上げます。補食等が必要な場合は、必ず主治医までご相談下さい。

 

栄養食事指導について

食事指導画像

患者様にあった食生活を維持することは、療養生活に非常に大切なことです。当院では管理栄養士による栄養指導を行っております。食事に関する事なら何でもお尋ね下さい。
ご希望の方は主治医あるいは病棟看護師にご相談下さい。
指導日は、月~金曜日(祝日を除く)予約制です。

  • 午前8時30分から12時30分
  • 午後13時45分から16時30分

 

栄養相談室の場所

NST(栄養サポートチーム)について

スタッフ画像

治療において、栄養管理は非常に大切なことです。
当院ではチーム医療のひとつとして栄養管理を専門に診るチーム(メンバー:医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・管理栄養士・リハビリスタッフなど)があります。
主に入院療養中の栄養状態の改善が必要な場合に、主治医より依頼されサポートしております。
ご希望の方は主治医あるいは病棟看護師にご相談下さい。

 

入院画像

入院中の食事は、バランスよく組み合わせ、安全でおいしい食事の提供に努めております。

栄養管理部一同より