病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 専門外来のご紹介 > リウマチ外来

リウマチ外来

リウマチ外来

 関節リウマチとは持続的に関節に炎症を起こし関節内の軟骨や骨を破壊し変形をきたす疾患です。治療において大事なことは“早期診断”と“適切な治療薬を用いて関節リウマチをコントロールする”ことです。関節リウマチは発症後2年間でもっとも関節破壊の進行が進んでしまうことが知られており早期診断が重要です。30代から50代の女性の多く、発症しますが、高齢者でも発症することがわかっています。
 関節リウマチの初発症状に多いのが“朝に指の関節がこわばる”や“関節が腫れる”といった症状です。これらの症状があるかたがみなさん関節リウマチの診断に至ってしまうわけではありませんが症状が出た時には受診されることをお勧めします。
 関節リウマチの診断のために、ガイドラインに基づいた必要な検査を行います。またリウマチの診断に至った際には適切な治療薬を選択して病勢をコントロールして炎症を沈静化し、関節破壊の抑制につとめます。画像診断でリウマチ超音波検査が重要です。当院にはリウマチ登録ソノグラファーが在籍しており、予約制の検査になりますが、診断にたいへん有用です。
 関節リウマチに対する治療は、免疫抑制剤、生物学的製剤など多数の薬が使用可能となり以前と比較して選択の幅が広がっています。いずれも高い有効性が報告されており早期に治療介入すれば疾患活動性のコントロールは困難ではなくなり、こういった観点からも早期診断は重要です。
 残念ながら、関節の変形が進行してしまった際には外科的治療を行うことがあります。適切なタイミングで手術を施行し、日常生活動作の改善を目指します。
 またリハビリも重要な治療の一つであり手術前後だけでなく必要に応じて行います。このようにリウマチに対し総合的な治療を行っていきます。

 

外来担当医表

 
リウマチ外来 渡邉(午後)

 

担当医