病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > ロコモフレイルセンター

ロコモフレイルセンター

我が国においては世界に例のない速さで社会の高齢化が急激に進んでいますが、よく聞かれるようになった健康寿命の延伸は、国立長寿医療研究センターの目指している目標です。私どもの理念には、「高齢者の心と体の自立を促進し、健康長寿社会の構築に貢献する」と謳われています。心の自立を促すための役割は平成22年4月に開設されたもの忘れセンターが主に担ってきているのに対し、体の自立を促すための診療体制をさらに進めるべく平成28年3月にロコモフレイル外来を開設し、総合的なシステムとして立ち上げる準備を進めていましたが、平成29年4月にロコモフレイルセンターとして当病院内に開設されました。ロコモ、フレイルともにまだ耳慣れない方もおられるかと思いますので、2つの言葉を簡単にご説明いたします。ロコモは、立ったり歩いたりといった移動する能力に注目した考え方で、運動器(骨、関節、筋肉や神経など)の障害のために移動能力の低下をきたした状態のことです。また、フレイルは身体の機能だけではなく精神的、心理的な状態や社会的な問題を含め、加齢に伴う様々な機能低下をもとに、種々の健康障害(たとえば、日常生活機能障害、転倒、独居困難、入院、死など)に陥りやすくなった状態ですが、適切な介入により健常な状態に戻ることのできる、可逆的な状態であります。いずれもそのまま機能の低下が進むと介護が必要となりやすい状態です。ロコモとフレイルの主な原因として、特に重要でまだ研究診療体制が世界的にも不十分な疾患として、加齢による筋肉の減少(サルコペニア)があります。サルコペニアに対して本センターでは世界をリードする取り組みを行います。

当ロコモフレイルセンターでは、これらの3つの状態を包括的に捉え、医師、看護師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師、臨床研究コーディネーターなどの様々な職種が、それぞれの専門的な視点から患者様の状態改善のためにどのようなことをすべきか、を連携して検討する世界初の総合診療システムを備え、皆様の健康長寿のお役に立ちたいと鋭意取り組んでおります。

具体的には、質問紙評価による、基本属性(年齢、性別、教育年数、家族構成、要介護認定など)、高次脳機能評価、生活機能評価、社会性評価、フレイル評価、ロコモ25評価、併存疾患、服薬、栄養評価、身体測定(身長、体重、下腿周囲長、血圧)に加え、脊椎Xp、DXA法骨量・筋量測定、大腿部CT、Inbody身体組成、血液生化学(栄養、骨代謝、内分泌、25(OH)D 等)、運動機能検査としてwalkway 歩行検査、握力、TUG、バランス機能、2つのロコモ度テスト、足部背屈角度等の計測を行っています。全症例、評価結果を2週間に1度の多職種参加の検討会で病態、問題点を討議し、栄養指導、運動指導をはじめ、ポリファーマシーへの対処や、社会的な介入、認知症に対する介入も行います。

このような各種評価、測定、検査データを基にした患者様の健康増進への支援や臨床研究、さらには新しい医療・福祉関連機器の開発も手掛けていきます。

ロコモ、フレイル、サルコペニアに該当すると思われる、あるいはこれらの疾患にご関心を持たれている患者様がいらっしゃいましたら、当センターへご紹介いただけましたらたいへん有難く存じます。遠方より受診の患者様にも対応しております。

皆様のご理解とご指導、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

国立長寿医療研究センター
ロコモフレイルセンター長
松井康素

タブ2のタイトル

タブ2の内容

先頭へ戻る

タブ3のタイトル

タブ3の内容

先頭へ戻る

タブ4のタイトル

タブ4の内容

先頭へ戻る

タブ5のタイトル

タブ5の内容

先頭へ戻る

タブ6のタイトル

タブ6の内容

先頭へ戻る

 

組織