病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > レジデント(医科)

レジデント(医科)

目的

長寿医療に関する最先端の知識を有し、且つ健康長寿の視点に立って専門的医療を実践できる優れた臨床医になることを目的としております。

研修年限

原則として3年間の課程となります。

研修内容

別に定めるカリキュラムに従い、原則として1年次においては総合長寿医療研修を、2年次以降では専門分野研修を履修します。

専門分野研修は内科系と外科系に大別し、以下の科目で構成される。

募集人員

2名

応募資格

平成28年3月以前の大学(医学)卒業者で医師免許を有し、臨床経験2年以上(見込みを含む)の者
※29年度のレジデント希望者については、平成27年3月以前卒。

応募手続

持参又は郵送(郵送の場合は書留など配達記録の残るもの)により応募手続をお願いいたします。

提出書類

履歴書(写真貼付)、医師免許又は歯科医師免許証(写)、卒業証書(写)

締切日

平成29年12月末日 (29年度のレジデント希望者は随時受付)

選考方法

選考は応募書類の審査および面接により行います。
なお、別に筆記試験を行う場合があります。

選考日

応募受付後別途通知いたします。

選考場所

当センター

選考結果

選考後に受験者に通知いたします。(随時受付分はその都度本人へ通知いたします。)

研修開始日

原則として平成30年4月1日(左記以外でも随時受入可)

身分

非常勤職員

勤務

レジデント取扱規程に基づき、指導医のもとに診療に従事することとなります(宿日直勤務を含む)。

勤務時間

週31時間以内の勤務となります。

待遇等

1 給与 当センター非常勤医師給与規程により支給されます。
月額 約60万円 、年額 約720万円(週40時間の勤務を行った場合)
その他手当として、通勤手当、宿日直手当、賞与等があります。
2 保険 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険加入
3 休暇

採用後6ヶ月間継続勤務した者で全勤務日の8割以上勤務した場合に年次休暇が10日間付与されます(翌年に繰越可能)。

4 修了 所定の研修を修了したときは、修了証書を交付します。

お問い合わせ先

募集に関する問合せ先

〒474-8511 大府市森岡町七丁目430番地
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 総務部 人事課
TEL 0562-46-2311 (内線2155)
FAX 0562-48-2373

 

研修内容に関する問合せ先

〒474-8511 大府市森岡町七丁目430番地
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター病院 医師 千田 一嘉
TEL 0562-46-2311 (内線 7119)
FAX 0562-48-2373
e-mail  ksenda@ncgg.go.jp