病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 歯科医師研修 > レジデント(歯科)

レジデント(歯科)

我が国は、今や65歳以上の総人口は3190万人(高齢化率25.1%)であり、4人に1人が高齢者という時代となりました。更なる高齢化が予想される我が国の今後の高齢者歯科医療の進展と拡充を目指し、将来の我が国の高齢者歯科医療を担う人材育成を推進しています。

連携大学院制度による学位取得

連携大学院制度は、岡山大学、徳島大学等との連携大学院協定の下、当センターの臨床研修歯科医師・レジデント歯科医師として勤務しながら(収入を得ながら)、学位研究を行う事が可能です。

研修内容

当科では、歯科医師臨床研修制度の下、臨床研修歯科医師を受け入れています。大学教育の中では十分なトレーニングが困難な有病者等の高齢者歯科医療の臨床研修を行っております。

高齢者歯科医療(一般歯科診療)

現在の日本はこれまでにない超高齢社会を迎え、疾病構造の変化により、「医療」・「介護」・「福祉」がこれまで以上に密接にかかわる生活の質(QOL)の向上を目指した医療が求められています。高齢者では複数の全身疾患を合併し、様々な障害が普遍化しています。そのため全身状態および局所状態の評価と患者さんの思想や環境要因の把握を包括的に行う事が将来の歯科医師には求められます。当センターでは歯科医師臨床研修制度の下、高齢者歯科医療の臨床研修が可能です。

高齢者や要介護者に対する口腔ケア

肺炎は我が国の死亡原因疾患の第3位となりました。高齢者の肺炎では誤嚥性肺炎が問題とされており、その予防のために口腔ケアが極めて重要です。口腔ケアは予備力の低下した有病高齢者を対象とするため、全身状態の評価が極めて重要です。当科では院内の医科と密接に連携し、安心安全な医療の提供を目指しています。当センターでは歯科医師臨床研修制度の下、口腔ケアの実践することで全身状態の評価などの臨床的なトレーニングが可能です。

周術期口腔機能管理

がん等に係る手術や化学療法、緩和ケアを実施する患者さんに対して口腔機能管理(口腔衛生状態の改善や咀嚼咬合機能の回復等)を実施しています。口腔管理を実施することで、予備力の低下した高齢者などの合併症を予防し、円滑な経口摂取を支援する事を目的としています。当センターでは歯科医師臨床研修制度の下、周術期口腔管理を実践することで多職種連携の臨床的トレーニングが可能です。

入院患者管理および歯科口腔手術の習熟

有病高齢者の入院抜歯、口腔外科疾患(埋伏智歯抜歯、顎嚢胞、口腔腫瘍)の手術治療、埋伏智歯抜歯術を通じ、入院患者管理および歯科口腔手術のトレーニングが可能です。

臨床研究

今日の歯科臨床は過去の大勢の先輩先生方の研究の結果から成り立っています。臨床研修の一環として臨床研究に携わる事で、各先生方の臨床力の向上に役立てる事が可能です。研究内容は創造的開発研究、つまり社会の役に立つ製品の開発を目指した研究を実践しており、他の施設にはない大きな特徴になります。当センターでは後期研修医からかかわることを推奨しています。

応募資格 臨床研修修了者以上の臨床経験を有する卒後3年目以上の歯科医師
研修期間 原則3年間の課程を予定します。
キャリアパス 研修実績に応じて常勤歯科医師としての採用もあり得る。

レジデント歯科医師の処遇

身分 国立研究開発法人職員(非常勤職員)
給与 当センター非常勤医師給与規程による。
基本給与 月額 約 347,000 円(週31時間の勤務の場合)
諸手当 通勤手当、超過勤務手当、賞与等
勤務時間 週4日 週31時間以内勤務
時間外勤務 研修内容により時間外まで延長する場合もある(当直業務は無)
休暇

採用後6ヶ月間継続勤務した者で全勤務日の8割以上勤務した場合に付与。

年次休暇は10日間で、その後1年間有効。繰越可能

※給与支給時には所得税・保険・年金・医局費等が控除され、手取り29万円前後と

なります。また、祝日等の日数により月額の支給額は月により異なります。

宿舎
レジデントルーム室
保険 健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険加入
健康管理 年1回 健康診断実施
賠償保険 歯科医師賠償責任保険は各自で加入(必須)
外部の研修活動 学会・研究会への参加 可、費用負担 有

募集人員

2~3名程度

応募手続

以下の書類を当センターに直接提出いただくか、郵送(郵送の場合は書留など配達記録の残るもの)によりお願いいたします。

提出書類

履歴書(写真貼付)、歯科医師免許証(写)、卒業証書(写)

選考方法

書類の審査、および面接。別に小論文を行う場合があります。

選考日時

願書受付後別途通知いたします。

選考場所

当センター

当センター担当者が臨床業務・研究出張等で不在の場合もございます。興味を持たれた先生は電子メールでの御連絡がスムーズですので、以下の角 保徳(yasusumi@ncgg.go.jp)までメールで御連絡ください。

問い合わせ先・書類送付先

所在地および募集に関する問合せ先

〒474-8511 愛知県大府市森岡町七丁目430番地
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 総務部人事課 加藤泰基
TEL 0562-46-2311 (内線 2155)
FAX 0562-48-2373
e-mail:yasuki-k@ncgg.go.jp

 

研修・研究内容等に関する問合せ先

〒474-8511 大府市森岡町七丁目430番地
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 歯科口腔先進医療開発センター長 角 保徳
TEL 0562-46-2311 (内線 7120)
FAX 0562-48-2373
e-mail yasusumi@ncgg.go.jp

歯科医師臨床研修プログラム