病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 神経内科 臨床研修カリキュラム

神経内科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:脳機能診療部長 新畑 豊

研修目的

神経内科初期臨床研修は、1)認知症、2)脳血管障害、3)神経変性疾患を中心とする神経疾患のプライマリケア習得を目的としている。あらゆる医療の基礎として、これらの主要神経疾患に対する診断、治療、退院指導を経験、修得する。

研修内容

  外来診療 病棟診療 時間外診療 研究
1年目 見学・新患予診 主科担当医 指導医担当時 症例報告など
2年目 新患・再診 主科担当医 指導医担当時 症例報告など

 

到達目標

頻度の高い神経疾患に対する、適切な診療技能の習得と臨床研究の基礎技術の修得。

行動目標

  1. 神経学的所見がとれる。
  2. 認知症の臨床診断ができる。
  3. 神経変性疾患の診断、治療ができる。
  4. 脳血管障害急性期の診断、治療ができる。
  5. 内科疾患に伴う神経症状について診断ができる。
  6. 神経疾患によるハンディキャップに対し適切な社会資源を指導、紹介できる。
  7. 脳脊髄液検査ができる。
  8. 脳波、筋電図、神経伝導速度の所見を理解できる。
  9. 神経疾患の MRI、SPECT、PET など画像所見を判読できる。