病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 歯科口腔外科 臨床研修カリキュラム

歯科口腔外科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:歯科口腔先端診療開発センター長 角 保徳

研修目的

全人的医療・プライマリケアの中における歯科医療が担えることを目標にバランスのとれた研修を行う。

一般歯科治療はもちろん、それに加えて、高齢者や要介護者の口腔ケア、高齢者の歯科治療、有病者歯科治療口腔外科小手術等について、疾病の理解、診断、治療方法を常勤スタッフの指導下に習得することを目的とする。

さらに、当科では口腔ケア、要介護高齢者の摂食・嚥下機能、口腔状態と全身疾患との関係に関する研究を遂行しており、これらの研究活動に携わり、医学研究の基本を身につけることも可能である。

研修内容

研修期間を通じ、口腔管理、歯科的診断、治療法、全身管理、滅菌・消毒の理解、手術準備、手術の介助などの習得を行う。学会発表、論文出版を一年に各一回行うよう指導する。

1年目

一般的な歯科治療、口腔外科小手術などの診査、診断を指導下で行い、実際に介 助に付きながら研修を行っていく。高齢者や要介護者の口腔ケアの意義を理解し、実際に経験する。有病者における歯科治療の計画の立て方、留意事項、問題点について学ぶ。

2年目

1年目に引き続き一般的な歯科治療、口腔外科小手術、口腔ケアなど研修していき、症例により少しずつ実際に治療を行う。埋伏歯抜歯や嚢胞摘出などの診断、介助は確実にできるようにする。診療上に発生する問題点を整理し、研究テーマを立てる。高度な判断力や、技術の習熟を目指す。

到達目標

全人的医療・プライマリケアにおける歯科医療に対する適切な診療技術を習得する。研究結果の発表を行う資質を得る。

行動目標

  1. 歯科保健の特徴を把握する
  2. 基本的な一般的歯科治療を習得する
  3. 埋伏歯抜歯術嚢胞摘出術等の小手術の診断、治療計画をたてることができる
  4. 総義歯の治療法、考え方を学ぶ
  5. リジットサポート部分床義歯の治療法、考え方を学ぶ
  6. 手術中・後の全身管理を学ぶ