病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 精神科 臨床研修カリキュラム

精神科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:行動・心理療法部長 服部英幸

研修目的

精神科の研修は、主として総合病院における精神疾患に対する専門的診療を、身体、心理、社会的側面においてバランスのとれた配慮と知識をもって実践しうるスタッフドクターとしての臨床能力を修得することを目的とする。

当院精神科においては高齢者の三大精神疾患である認知症、せん妄、うつ病の診療に加えて若年層で高頻度に認められる気分障害、不安障害についても多くの臨床実績を持っている。こうした症例を経験することで全人的医療を志向するバランスのとれた臨床医への道を進んでもらうことを目指す。

研修内容

  外来診療 病棟診療 研究
1年目 新患予診・指導医シュライバー 主科担当医 症例報告など
2年目 新患・再診 主・副科担当医 臨床研究など

到達目標

主要な精神疾患に対する適切な診療技能を修得する。

行動目標

  1. 各年齢層の発達心理学的特性と高次脳機能の変化について理解する。
  2. 高次脳機能検査、人格検査について施行法、評価法ともに理解する。
  3. 向精神薬投与における有害事象、一般的注意事項について理解する。
  4. 認知症の中核症状、周辺症状およびその重症度について評価できる。
  5. 気分障害の症候学的特徴を把握できる。
  6. 気分障害患者への薬物療法、支持的精神療法を実施できる。
  7. 不安障害への薬物療法、支持的精神療法を実施できる。
  8. せん妄の評価および薬物療法を実施できる。