病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 麻酔科 臨床研修カリキュラム

麻酔科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:麻酔科医長 小林信

研修目的

実際の臨床研修を通じて周術期の問題点を把握し、適切な患者管理を行うことができるようになること。

研修内容

当センター手術室における実際の麻酔科管理症例を担当し、術前回診、術中麻酔管理、術後回診を通して周術期管理を経験する。

到達目標

周術期管理に必要な臨床的能力を習得する。

行動目標

  1. 「手術を安全に受けていただく」うえでの問題点を、個々の患者(とくに高齢患者)について把握することができる。
  2. 術前回診において適切な術前評価、術前指示、患者様への麻酔に関する説明をすることができる。
  3. 他科医師、コメディカルスタッフなどと十分にコミュニケーションが取れ、良好な人間関係を築くことができる。
  4. 個々の麻酔症例において、適切な麻酔法、麻酔薬を選択でき、適切な麻酔計画をたてることができる。
  5. 術後回診において麻酔に関連する合併症を把握し、対処することができる。
  6. 手技的には以下のことについての基礎的な理解ができる。