病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 耳鼻咽喉科 臨床研修カリキュラム

耳鼻咽喉科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:耳鼻咽喉科医長 鈴木 宏和

研修目的

基本的な耳鼻咽喉科疾患についての診断検査、治療に関して理解を深める。

研修内容

1年目 主に外来での診療および副科としての診察、対応を身につける。

耳鼻咽喉科領域の代表的疾患、耳、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、顔面頸部などの各領域における機能障害、炎症性疾患、腫瘍性疾患他につき、外来診察での所見の取り方、診断に必要な各種検査の手順、手技について学ぶ。

外来診療を通じて、耳鼻咽喉科領域の救急対応についても習得する。

2年目 主に手術手技を学ぶ。

専門医が行う手術に関して、手術適応、術前検査と術前説明、術中、術後管理、術後の外来治療等について、内容を理解する。

到達目標

耳鼻咽喉科領域のプライマリケアについて診療技能を習得する。

行動目標

  1. 頻度の多い感染症、中耳炎、鼻炎、副鼻腔炎、咽喉頭炎、扁桃炎、リンパ節炎等の診断、保存的治療、外科的治療の適応判断とその手技に関して、知識を深める。
  2. 耳鼻咽喉科領域の救急疾患のうち、小児領域を除いた対応について基本的事項を理解する。
  3. 耳鼻咽喉科領域の腫瘍性疾患について、診断、評価、治療方針について理解する。
  4. 他科と協力の上で評価する病態(めまい症候群、嚥下障害、気道狭窄、睡眠時無呼吸症候群、胃食道逆流症ほか)について、理解する。