病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 初期臨床研究医(医科) > 泌尿器外科 臨床研修カリキュラム

泌尿器外科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:泌尿器外科部長 吉田 正貴

研修目的

泌尿器外科研修の目的は、泌尿器科疾患に対する専門的診療に参加し、排尿障害や尿路感染症、泌尿器癌などに対する基礎的知識、診断法、治療法を理解することにあり、泌尿器科専門医の資格をもつ医師がマンツーマンで指導にあたる。

また、当科では、経尿道的内視鏡手術や腹腔鏡下手術、開腹手術を含めて標準的な手術以外にも新たな低侵襲治療の開発にも取り組んでいる。

研修内容

外来 病棟 手術 時間外診療 研究
新患予診 担当医 指導医指導下 指導医担当時 症例報告

到達目標

主要な泌尿器科疾患に対する適切な診療技能を修得する。
泌尿器科医を将来選択しない研修医は、泌尿器疾患を診療するために最低限必要な知識手技を習得する。
泌尿器科医を将来選択する可能性のある研修医は、泌尿器科医が行う初歩的診断技術を習得する。

行動目標

  1. 排尿障害、尿路感染症の診断、治療ができる。
  2. 泌尿器科的診断技術(腹部超音波検査、直腸診)が安全に施行できる。
  3. 泌尿器科手術に対して、助手を務めることができる。
  4. 泌尿器科医を将来選択する可能性のある研修医は、泌尿器科医が行う初歩的診断技術(膀胱鏡、経直腸超音波検査、逆行性尿路造影、尿流動態検査)を行うことができる。