病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 初期臨床研究医(医科) > 皮膚科 臨床研修カリキュラム

皮膚科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:皮膚科部長 磯貝善蔵

研修目的

皮膚科臨床研修は、プライマリケアにおける皮膚科診療およびスキンケアを、皮膚科専門医との連携のもとに適切に実践できる包括的な能力を修得することを目的としている。薬疹をはじめとする薬剤アレルギーへの対応、膠原病・自己免疫疾患の初期対応、褥瘡対策の要点などを学ぶ。

研修内容

外来処置、新患予診、病棟処置、褥瘡対策チーム参加、手術助手など

到達目標

皮膚と皮膚疾患の特性を理解でき、プライマリケアにおける皮膚科診療およびスキンケアを実践できる。

行動目標

  1. 皮膚の特性を理解でき、皮膚科医療の特性を理解する。
  2. 頻度の高い皮膚感染症の対応ができ、必要に応じて専門家に紹介できる。
  3. 膠原病を疑う皮膚症状を認識できる。
  4. 薬剤アレルギーへの適切な対応ができる。
  5. 褥瘡対策の要点を理解できる。
  6. 褥瘡のプライマリケアができ必要に応じて専門家に紹介できる。