病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 初期臨床研究医(医科) > 消化器外科 臨床研修カリキュラム

消化器外科 臨床研修カリキュラム

指導責任者:集中医療科医長 小林 真一郎

研修目的

一般外科医として充分な基礎的知識および技能を身につける。さらに、診断手術適応・術式・術後管理において客観的、総合的に評価でき、外科的疾患に対する全人的医療・プライマリケアを適切に実践しうる臨床能力を修得することを目的とする。

研修内容

  外来診療 病棟診療 手術室診療 時間外診療 研究
1年目 診療補助 主に副担当医 主に手術助手 指導医担当時 症例報告など
2年目 新患・再診 正・副担当医 執刀医・助手 指導医担当時 臨床研究など

到達目標

一般外科の知識・技能を身につけ、外科的なプライマリケアが適切に実施でき、コメディカルスタッフを含む外科医療チームのスタッフドクターとして、外科的疾患を客観的・総合的に評価し、適切な診療を実践する臨床能力を習得する。

行動目標

  1. 外科における基本的検査の方法や手技を習得し、実践できる。
  2. 消毒法の基本概念など、外科の基本的知識を習得し、実践できる。
  3. 外科における基本的治療法や患者管理の方法を習得し、実践できる。
  4. 一般外科手術における基本的手技を習得・習熟し、実践できる。
  5. 初期救命救急処置および初期医療における外科的応急処置ができる
  6. 術前の身体的・精神心理的・社会的アセスメントと適切な術前管理ができる。
  7. 根治性、安全性、QOL などのつり合いのとれた治療法の選択・決定ができる。
  8. アセスメントに従った適切な周術期・術後管理ができる。
  9. 術前アセスメントに従った周術期リハビリテーションが理解できる。
  10. コメディカルスタッフと協調して、チーム医療ができる。
  11. 患者に対する全人的アプローチができる。