病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 医療関係者の方へ > 臨床研修 > 知多半島地域医療研修(へき地医療臨床研修)カリキュラム

知多半島地域医療研修(へき地医療臨床研修)カリキュラム

指導責任者:知多厚生病院 院長 宮本 忠壽

研修目的

へき地医療において必要な知識、技能、態度を修得するとともに、医療・介護・保 健など総合的に理解し、地域において医療の果たすべき役割を理解することを目的とす る。

研修内容

外来診療

在宅診療

介護事業

到達目標

へき地・離島において保健・医療・介護を体験することにより、地域医療とプライマリーケアの重要性を認識し、将来専門とする分野にかかわらず医師としての基本的使命を果たす姿勢を培う。

行動目標

医療人として必要な基本姿勢・態度でへき地医療に臨む。

  1. へき地の地理的、経済的、社会的特徴を理解し、地域住民・患者の心身の状況を的確に把握して良好な患者-医師関係の下に診療にあたる。
  2. へき地における限られた医療・介護のマンパワーの中で、緊密な連携によって最適な保健・医療・福祉のサービスを提供している現場を経験し、チーム医療の重要性を認識するとともに、チームリーダーとしての役割を果たすことを学ぶ。
  3. 医療機器や資材が限られた中で、医師や医療スタッフが持てる知識と能力を最大限に発揮し、自己責任において診療する状況を経験し、問題対応能力や安全管理能力の大切さを実感する。
  4. へき地における保健・医療・介護体制の実情を見ることにより、医療の社会性、社会保障制度のあり方を広い視野で考え得る力を養う。