外来管理治療棟更新築整備工事

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

進捗状況

ホーム > 外来管理治療棟更新築整備工事 > 進捗状況 > 空撮写真

空撮写真

平成29年11月16日現在(No.12)

外装工事はほぼ完了し、建物内部では仕上げ工事が、外部では正面ロータリー、救急ロータリーの造成工事が進んでいます。

平成29年5月11日現在(No.11)

平成28年12月に完成し運用していたタワークレーンを解体しています。

平成29年3月23日現在(No.10)

北側上空より撮影した映像です。鉄骨の上段は6階床面です。

平成29年2月10日現在(No.9)

新外来棟建設予定地を北側上空から撮影した写真です。デッキプレート(厚さ約1ミリの鋼板)の設置が完了しました。

平成29年1月6日現在(No.8)

新外来棟建設予定地を東側上空から撮影した写真です。基礎コンクリート及び免震装置の据え付け作業が終了しました。

平成28年11月24日現在(No.7)

新外来棟建設予定地を東側上空から撮影した写真です。掘削作業が概ね終了しました。現在は建物の基礎をつくっています。

平成28年10月24日現在(No.6)

新外来棟建設予定地を北側上空から撮影した写真です。今月も掘削作業が続いています。

平成28年9月21日現在(No.5)

新外来棟建設予定地を東側上空から撮影した写真です。病院玄関前は傾斜地(過去の空撮写真をご覧ください)でしたが、立体駐車場の下段と同じ高さになるまで掘削しました。新外来棟の玄関は、現在の玄関より1フロア低い位置(地下1階)になるため、現在の平らな場所が病院玄関・受付・外来診察室等のフロアになります。今後は免震層(空洞)を整備するため、更に掘削を行います。写真左の鉄骨は、新外来棟と東棟を結ぶ渡り廊下です。

平成28年8月10日現在(No.4)

新外来棟建設予定地を東側上空から撮影した写真です。現外来棟の東面で行われている山留め作業(クレーン車付近)終了後、破線エリア内の土地 (地盤) を掘る作業がはじまります。

平成28年7月21日現在(No.3)

新外来棟建設予定地を北側上空から撮影した写真です。

平成28年6月8日現在(No.2)

病院玄関を東側上空から撮影した写真です。この場所に新外来棟を建設します。

平成28年4月13日現在(No.1)

第1研究棟北側より病院玄関付近へ行くための車道をつくっています。

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター