老年学・社会科学研究センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

News & Topics

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > ニュース&トピックス > 多職種による包括的な転倒、骨折・骨粗鬆症、サルコペニア予防に関するシンポジウム開催のお知らせ

多職種による包括的な転倒、骨折・骨粗鬆症、サルコペニア予防に関するシンポジウム開催のお知らせ

多職種による包括的な転倒、骨折・骨粗鬆症、サルコペニア予防に関するシンポジウム

会期 2016年10月23日(日)
会場

東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂

東京都文京区湯島1-5-45

03-3813-6111 (代)

主催 国立研究開発法人
国立長寿医療研究センター
共催

日本整形外科学会

日本リハビリテーション医学会

日本老年医学会

日本骨粗鬆症学会

日本転倒予防学会

日本サルコペニア・フレイル研究会 

 

ランチョンセミナー

12時から13時まで 医学科:講義室1(3号館2階)

シンポジウム

13時から17時まで

ミニレクチャー(15分)

多学会合同シンポジウム(各30分)

  1. 日本サルコペニア・フレイル研究会

  2. 日本整形外科学会

  3. 日本転倒予防学会

  4. 日本リハビリテーション医学会 

  5. 日本骨粗鬆症学会

  6. 骨粗鬆症診療における多職種連携による費用対効果分析

パネルディスカッション(45分)
~健康寿命延伸にむけた多職種による包括的取り組みはどうあるべきか~

※上記の内容は予告なく変更することがあります。

事務局

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 荒井秀典

愛知県大府市森岡町7−430 電話 0562-46-2311(代)

セミナー・イベント

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • バイオバンク
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター