文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > 業績 > NILS-LSA活用研究室 業績 平成23年度

NILS-LSA活用研究室 業績 平成23年度

1. 原著論文

Kuzuya M, Enoki H, Hasegawa J, Izawa S, Hirakawa Y, Shimokata H, and Iguchi A: Impact of caregiver burden on adverse health outcomes in community-dwelling dependent older care recipients. Am J Geriat Psych, 19: 382-391, 2011.

Lee SC, Islam MM, Rogers ME, Kusunoki M, Okada A, and Takeshima N: Effects of Hydraulic-Resistance Exercise on Strength and Power in Untrained Healthy Older Adults. J Strength Cond Res, 25: 1089-1097, 2011.

Kim HY: The Effect of Arch Pad on Ankle Kinematics During Running. J Korean Sports Med, 29: 43-48, 2011.

Otsuka R, KatoY, Imai T, Ando F, and Shimokata H: Decreased salt intake in Japanese men aged 40 to 70 years and women aged 70 to 79 years: an 8-year longitudinal study. J Am Diet Assoc, 111: 844-850, 2011.

Kusudo T, Kontani Y, Kataoka N, Ando F, Shimokata H, and Yamashita H: Fatty acid-binding protein 3 stimulates glucose uptake by facilitating AS160 phosphorylation in mouse muscle cells. Genes Cells, 16: 681-691, 2011.

Furuta T, Teranishi M, Uchida Y, Nishio N, Kato K, Otake H, Yoshida T, Tagaya M, Suzuki H, Sugiura M, Sone M, Hiramatsu M, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, and Nakashima T: Association of interleukin-1 gene polymorphisms with sudden sensorineural hearing loss and Ménière's disease. Int J Immunogenet, 38: 249-254, 2011.

Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Nakashima T, and Shimokata H: Hearing impairment risk and interaction of folate metabolism related gene polymorphisms in an aging study. BMC Med Genet, 12: 35-43, 2011.

Holmes MV, Newcombe P, Shimokata H, et al.: Effect modification by population dietary folate on the association between MTHFR genotype, homocysteine, and stroke risk: a meta-analysis of genetic studies and randomised trials. Lancet, 378: 584-594, 2011.

Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Nakashima T, and Shimokata H: Molecular genetic epidemiology of age-related hearing impairment. Auris Nasus Larynx, 38: 657-665, 2011.

Uchida Y, Sugiura S, Nakashima T, Ando F, and Shimokata H: Contribution of 1425G/A polymorphism in Protein kinase C-eta (PRKCH) gene and brain white matter lesions to the risk of sudden sensorineural hearing loss in a Japanese nested case-control study. J Neurogenet, 25: 82-87, 2011.

Makizako H, Shimada H, Doi T, Yoshida D, Ito K, Kato T, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: The association between decline in physical functioning and atrophy of medial temporal areas in community-dwelling older adults with amnestic and non-amnestic mild cognitive impairment. Arch Phys Med Rehabil, 92: 1992-1999, 2011.

Shimada H, Kato T, Ito K, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: Relationship between atrophy of the medial temporal areas and cognitive Functions in elderly adults with mild cognitive impairment memory function in elderly adults. Eur Neurol, 67: 168-177, 2012.

Terabe Y, Harada A, Tokuda H, Okuizumi H, Nagaya M, and Shimokata H: Vitamin D Deficiency in Elderly Women in Nursing Homes: Investigation with Consideration of Decreased Activation Function from the Kidneys. J Am Geriatr Soc, 60: 251-255, 2012.

Nishio N, Teranishi M, Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Sone M, Otake H, Kato K, Yoshida T, Tagaya M, Hibi T, and Nakashima T: Contribution of Complement Factor H Y402H Polymorphism to Sudden Sensorineural Hearing Loss Risk and Possible Interaction with Diabetes. Gene. (in press)

Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Shimokata H, Ito K, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: Characteristics of Cognitive Function in Early and Late Stages of Amnestic Mild Cognitive Impairment. Geriat Geront Int. (in press)

Yoshida D, Shimada H, Makizako H, Doi T, Ito K, Kato T, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: The relationship between atrophy of the medial temporal area and daily activities in older adults with mild cognitive impairment. Aging Clin Exp Res. (in press)

Kozakai R, Ando F, Kim HY, Rantanen T, and Shimokata H: Regular exercise history as a predictor of exercise in old age among community-dwelling Japanese older people. J Phys Fitness Sports Med. (in press)

Hiramatsu M, Teranishi M, Uchida Y, Nishio N, Suzuki H, Kato K, Otake H, Yoshida T, Tagaya M, Sone M, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, and Nakashima T: Polymorphisms in Genes Involved in Inflammatory Pathways in Patients with Sudden Sensorineural Hearing Loss. J Neurogenet. (in press)

西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年男性における定年退職後の就労と知能に関する縦断的検討.日本未病システム学会雑誌,16:352-354,2011.

安藤富士子,北村伊都子,金興烈,李成喆,下方浩史:潜在性慢性炎症と中高年者のサルコペニアに関する縦断的検討.日本未病システム学会雑誌,16:250-253,2011.

安藤富士子,西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,下方浩史:自覚的健康度(SRH)が知能に及ぼす影響 -地域在住中高年者における8年間の縦断的検討-.日本未病システム学会雑誌,16:262-264,2011.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者のアミノ酸摂取量が抑うつに及ぼす影響に関する縦断的研究.日本未病システム学会雑誌,16:341-344,2011.

丹下智香子,西田裕紀子,森山雅子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史:成人中・後期における日常苛立ち事と主観的幸福感-LSI-K・CES-Dとの関連-.日本未病システム学会雑誌,16:345-348,2011.

森山雅子,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年有職者の職種と仕事コミットメントおよび心理的健康との関連.日本未病システム学会雑誌,16:349-351,2011.

李成喆,金興烈,森あさか,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者の下肢筋力と重心動揺の関連に関する横断的検討.日本未病システム学会雑誌,16:246-249,2011.

金興烈,李成喆,森あさか,安藤富士子,下方浩史:歩行速度(無次元速度)の性差と年代差に関する考察.日本未病システム学会雑誌,16:254-257,2011.

柘植勇人,富田真紀子,加藤由記,稲垣憲彦,岩田知之,山脇彩,宮田晶子,松田真弓,中原裕子,中島務:耳鳴治療TRTにおいてノイズに代用できる自然環境音の検討.Audiol Jpn,54:239-248,2011.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者の微量ミネラルおよびビオチンの摂取量.日本栄養・食糧学会誌,65:21-28,2012.

富田真紀子,加藤容子,金井篤子:共働き夫婦のワーク・ファミリー・コンフリクトと対処行動に関する検討-性役割態度,ジェンダー・タイプに注目して-.産業・組織心理学研究,25:107-120,2012.

松井康素,竹村真里枝,原田敦,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高齢者の膝関節変形と膝伸展筋力との関連.Osteoporosis Japan.(印刷中)

金興烈,黒須雅弘,島典広,岡本敦:連続リバウンドジャンプトレーニングの実施が中長距離ランナーの30m疾走能力、跳躍能力、足関節挙動の改善に与える影響.東海学園大学研究紀要.(印刷中)

安藤富士子,今井具子,加藤友紀,大塚礼,松井康素,竹村真里枝,下方浩史:血清カロテノイドと2年後の骨粗鬆症/骨量減少発症リスク.日本未病システム学会雑誌.(印刷中)

李成喆,幸篤武,森あさか,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史:地域在住高齢者の身体活動と認知機能に関する縦断的研究.日本未病システム学会雑誌.(印刷中)

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史:成人後期における日常生活活動能力と主観的幸福感の関連に認知機能が及ぼす影響.日本未病システム学会雑誌.(印刷中)

 

2.総説

下方浩史:高齢者の疾病-疫学,臨床的特徴.日本医事新報,4544:42-45,2011.

安藤富士子,加藤友紀,下方浩史:高齢者のうつと栄養.臨床栄養,118:570-574,2011.

下方浩史,安藤富士子:疫学からみる日本の現状.Prog Med,31:1833-1837,2011.

大塚礼:メタボリックシンドロームと食習慣.ヘルシスト,209:12-15,2011.

下方浩史,安藤富士子:認知症予防:栄養・嗜好品.医学のあゆみ,239:400-405,2011.

下方浩史,安藤富士子:サルコペニアの疫学.Modern Physician,31:1283-1287,2011.

下方浩史,安藤富士子:日常生活機能と骨格筋量、筋力との関連.日老会誌.(印刷中)

下方浩史,安藤富士子:認知症の実態と予防の重要性.日本未病システム学会雑誌.(印刷中)

 

3. 著書

下方浩史,安藤富士子:サルコペニアのスクリーニング指標.サルコペニアの基礎と臨床,鈴木隆雄監,真興交易,p72-80,2011.

原田敦,松井康素,下方浩史:認知症高齢者と骨粗鬆症との関連は.認知症者の転倒予防とリスクマネジメント,武藤芳照,鈴木みずえ編,日本医事新報社,p51-54,2011.

下方浩史:高齢者検査基準値ガイド.下方浩史編,中央法規,2011.

安藤富士子,下方浩史:更年期以降、メンタルヘルスに影響を与えるその他の因子-知能の加齢変化の性差とメンタルヘルス.ウェルエイジングのための女性医療,太田博明編,メディカルレビュー社,p145-150,2011.

下方浩史:栄養疫学.ウエルネス公衆栄養学,前大道教子,松原知子編,医歯薬出版,p103-124,2012.

西田裕紀子:成人期のライフスタイルと心理的発達.コンピテンス 個人の発達とよりよい社会形成のために,陳惠貞,浦上昌則,高村和代,中谷素之編,ナカニシヤ出版,p201-210,2012.

 

4. シンポジウム・特別講演

下方浩史:日常生活機能と骨格筋量,筋力との関連.若手企画シンポジウム2「サルコペニア-研究の現状と未来への展望」.第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京,2011.

下方浩史,安藤富士子:認知症疫学調査報告の読み方.企画講演V-3 今更人には聞けない認知症.第26回日本老年精神医学会,6月17日,東京,2011.

田巻弘之,幸篤武:運動・スポーツと骨,運動負荷による骨組織の形成と吸収.日本体育学会第62回大会,9月25日,鹿屋,2011.

下方浩史:認知症の実態と予防の重要性.第18回日本未病システム学会学術総会,11月19日,名古屋,2011.

 

5. 学会発表

Kitamura I, Koda M, Ando F, and Shimokata H: Longitudinal effects of menopause on obesity in community-living Japanese women. The 18th European Congress on Obesity, May, 26th, Istanbul, 2011.

Kozakai R, Ando F, Kim HY, Lee SC, Nishita Y, Tange C, and Shimokata H: The effect of depression on the participation in the exercise habits in community-dwelling Japanese older people. The 16th Annual Congress of the European College of Sports Science, Jul, 9th, Liverpool, 2011.

Makizako H, Shimada H, Suzuki T, Doi T, Yoshida D, Shimokata H, Ito K, Washimi Y, and Endo H: Dual-task performance and multi-domain of neurocognitive functions in older adults with and without amnestic mild cognitive impairment. Alzheimer’s Association International Conference, Jul, 19th, Paris, 2011.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Shimokata H, Ito K, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: Whole Brain Atrophy and Spatiotemporal Gait Parameters during Dual-task Gait. Alzheimer’s Association International Conference, Jul, 19th, Paris, 2011.

Yoshida D, Shimada H, Makizako H, Doi T, Ito K, Kato T, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: The relationship between atrophy of the medial temporal area and daily activities in community-dwelling older adults. Alzheimer’s Association International Conference, Jul, 19th, Paris, 2011.

Ando F, Takemura M, Matsui Y, and Shimokata H: Prevalence and Consultation Rates of Life-Style Related Diseases in Japanese Middle-Aged and Elderly Women. IEA World Congress of Epidemiology, Aug, 7-11st, Edinburgh, 2011.

Ando F, KatoY, Otsuka R, Imai T, Matsui Y, Takemura M, and Shimokata H: The effects of serum carotenoids on bone mineral density in community-dwelling Japanese middle-aged and elderly women. The 9th Asia / Oceania Congress of Geriatrics and Gerontology, Oct, 26th, Melbourne, 2011.

Nishio N, Teranishia M, Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Sone M, Otake H, Kato K, Yoshida T, Tagaya M, Hibi T, and Nakashima T: Contribution of Complement Factor H Y402H Polymorphism to Sudden Sensorineural Hearing Loss Risk and Possible Interaction with Diabetes. The 11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Dec, 8th, Kobe, 2011.

杉浦彩子,内田育恵,西尾直樹,多賀谷満彦,平松真理子,吉田忠雄,大竹宏直,加藤健,寺西正明,曾根三千彦,中島務:突発性難聴とメニエール病におけるUCP2遺伝子多型の影響.第112回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,5月20日,京都,2011.

内田育恵,杉浦彩子,西尾直樹,多賀谷満彦,平松真理子,吉田忠雄,大竹宏直,加藤健,寺西正明,曾根三千彦,中島務:EDN1(エンドセリン1遺伝子)Lys198Asn多型に関する突発性難聴ケースコントロール研究について.第112回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,5月21日,京都,2011.

竹村真里枝,松井康素,原田敦,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高者年の骨粗鬆症有病率と実際の治療率の検討.第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京,2011.

松井康素,竹村真里枝,原田敦,安藤富士子,小坂井留美,下方浩史:握力による骨量減少および骨粗鬆症の発症の予測-地域在住中高年者を対象とした疫学縦断研究.第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京,2011.

土井剛彦,島田裕之,牧迫飛雄馬,吉田大輔,下方浩史,伊藤健吾,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄:文字流暢性課題とカテゴリー流暢性課題の課題特性.第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京,2011.

島田裕之,伊藤健吾,牧迫飛雄馬,土井剛彦,吉田大輔,下方浩史,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄:高齢者における嗅内野皮質周囲の萎縮と認知機能との関係.第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京,2011.

西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,坪井さとみ,福川康之,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者の抑うつが知能の変化に及ぼす影響-4年間の縦断的検討-.日本老年社会科学会第53回大会,6月16日,東京,2011.

洪英在,岡村菊夫,高橋龍太郎,下方浩史,児玉寛子,遠藤英俊,井藤英喜:高齢者医療における優先度調査-Web調査における一般、医師、看護師の相違.第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京,2011.

内田育恵,杉浦彩子,安藤富士子,下方浩史:全国高齢難聴者数推計と10年間の年齢別難聴発症率-「老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」より.第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京,2011.

杉浦彩子,内田育恵,西田裕紀子,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史:高齢者の認知機能と耳垢、聴力との関連.第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京,2011.

牧迫飛雄馬,島田裕之,土井剛彦,吉田大輔,伊藤健吾,下方浩史,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄:軽度認知機能障害を有する高齢者のQOLと関連する要因.第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京,2011.

吉田大輔,島田裕之,牧迫飛雄馬,土井剛彦,伊藤健吾,下方浩史,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄:認知障害と関連する日常生活活動の検討.第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京,2011.

今井具子,大塚礼,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史:大学生の栄養補助食品に対する意識調査.第58回日本栄養改善学会学術総会,9月9日,広島,2011.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,坪井さとみ,福川康之,安藤富士子,下方浩史:日常生活活動能力と主観的幸福感の関連の世代間差-成人中・後期におけるADLとLSI-K・CES-Dとの関連-.日本心理学会第75回大会,9月15日,東京,2011.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者の余暇活動と知能.第18回日本未病システム学会学術総会,11月19日,名古屋,2011.

李成喆,幸篤武,森あさか,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史:地域在住高齢者の身体活動と認知機能に関する縦断的研究.第18回日本未病システム学会学術総会,11月19日,名古屋,2011.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史:成人後期における日常生活活動能力と主観的幸福感の関連に認知機能が及ぼす影響.第18回日本未病システム学会学術総会,11月20日,名古屋,2011.

金興烈,李成喆,幸篤武,森あさか,安藤富士子,下方浩史:中高齢者の相対歩幅と歩行速度(無次元速度)に関する研究.第18回日本未病システム学会学術総会,11月20日,名古屋,2011.

安藤富士子,今井具子,加藤友紀,大塚礼,松井康素,竹村真里枝,下方浩史:血清カロテノイドと2年後の骨粗鬆症/骨量減少発症リスク.第18回日本未病システム学会学術総会,11月20日,名古屋,2011.

内田育恵,杉浦彩子,植田広海,中島務:中耳機能10年間の推移-老化に関する長期縦断疫学研究より.第21回耳科学会総会・学術講演会,11月25日,沖縄,2011.

安藤富士子,西田裕紀子,下方浩史:喫煙・禁煙が知能の加齢変化に及ぼす影響-地域在住中高年者を対象とした6年間の縦断研究-.第13回日本健康支援学会,2月19日,筑波,2012.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,森山雅子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史:中高年者の開放性は知能の維持に役立つか:線形混合モデルを用いた8年間の縦断的検討.日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋,2012.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,森山雅子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史:成人後期の主観的幸福感と日常生活活動能力の関連に対する家族内役割の影響.日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋,2012.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史:中高年有職女性の仕事コミットメントと抑うつの関連-年齢および就業形態の調整効果-.日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋,2012.

森山雅子,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史:定年退職後の就労と心理的健康の変化との関連.日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋,2012.

金興烈,黒須雅弘:フィードバック型連続リウンジャプトレニグの実施がアスリートの疾走能力、跳躍能力、足関節挙動の変化に与える効果.第16回日本体力医学会東海地方会,3月17日,津,2012.

 

6.講演など(教育・普及・広報活動)

Shimokata H: Longitudinal study. Japan International Cooperation Agency (JICA) lecture, Sep, 1st, Obu, 2011.

下方浩史:認知症および認知機能障害の疫学的研究~老化・老年病に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)から~.CAMD報告会,4月14日,大府,2011.

安藤富士子,下方浩史:血清カロテノイドが骨密度に与える影響~酸化要因・抗酸化要因に着目した大規模縦断研究~.果樹試験研究推進協議会委託試験研究課題成果発表会,7月7日,東京,2011.

丹下智香子:高齢者の死に対する態度:NILS-LSAの調査より.公益財団法人 三井住友海上福祉財団 2011年度「研究助成」および「三井住友海上福祉財団賞」贈呈式,11月15日,東京,2011.

大塚礼:脂肪酸摂取、血清脂肪酸と認知機能に関する栄養疫学研究~DHA,EPA,アラキドン酸に注目した横断解析結果を中心に~.CAMD報告会,2月9日,大府,2012.

李成喆:身体活動と認知機能の関連に関する長期縦断疫学研究.流動発表会,2月16日,大府,2012.

幸篤武:血中遊離テストステロン濃度が四肢骨格筋量に与える影響に関する縦断的解析.流動発表会,2月16日,大府,2012.

 

7.新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等

予防開発部:読売新聞,平成23年6月12日朝刊,「高齢者の難聴 推計1500万人」

予防開発部:NHK名古屋放送局ナビゲーション,平成23年7月22日,「健やかに老いる~2400人の老化追跡調査から~」

下方浩史:KAOヘルスケアレポート34号,平成23年11月5日,「老化を防げばさまざまな病気を抑制できる-NlLS-LSAの健康長寿への挑戦」

下方浩史:日本経済新聞,平成23年11月26日朝刊,「聴力の衰え感じたら 早期検査で悪化を防止」

下方浩史:NHK総合テレビNHKニュース,平成24年1月2日,「日本人のかくれメタボ」

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター