文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > 業績 > NILS-LSA活用研究室 業績 平成17年度

NILS-LSA活用研究室 業績 平成17年度

1. 原著論文

Uchida Y, Nakashima T, Ando F, Niino N, Shimokata H: Is there a relevant effect of noise and smoking on hearing? Int J Audiol, 44(2), 86-91, 2005.

Yamada Y, Ando F, Shimokata H: Association of polymorphisms in CYP17, MTP, and VLDLR with bone mineral density in community-dwelling Japanese women and men. Genomics 86; 76-85, 2005.

小坂井留美、道用亘、安藤富士子、下方浩史、池上康男:中高年者における余暇身体活動および青春期の運動経験と骨密度との関連.総合保健体育科学 28(1): 1-7, 2005.

Asano K, Nomura H, Iwano M, Ando F, Niino N, Shimokata H, Miyake Y: Relationship between astigmatism and aging in middle-aged and elderly Japanese. Jpn J Ophthalmol. 49(2): 127-133, 2005.

道用亘、小坂井留美、安藤富士子、下方浩史、布目寛幸、池上康男:中高年における歩行動作の特徴.総合保健体育科学 28(1); 37-45. 2005.

福川康之,西田裕紀子,中西千織,坪井さとみ,新野直明,安藤富士子,下方浩史:友人との死別が成人期の抑うつに及ぼす影響―年齢および家族サポートの調節効果―.心理学研究, 76(1); 10-17, 2005.

Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H: Effect of smoking habit on age-related changes in serum lipids: cross-sectional and longitudinal analysis in a Japanese large cohort. Atherosclerosis 185(1); 183-199, 2006.

Yamada Y, Ando F, Shimokata H: Association of a microsomal triglyceride transfer protein gene polymorphism with blood pressure in Japanese women. Int J Mol Med 17(1):83-88, 2006.

西田裕紀子,新野直明,小笠原仁美,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者における転倒恐怖感の要因に関する縦断的検討.日本未病システム学会雑誌, 11(1); 101-103, 2005.

Kozakai R,Doyo W,Tsuzuku S,Yabe K,Miyamura M,Ikegami Y,Ando F,Niino N,Shimokata H:Relationships of muscle strength and power with leisure-time physical activity and adolescent exercise in middle-aged and elderly Japanese women.Geriatrics and Gerontology International 5: 182-188, 2005

今井具子,安藤富士子,新野直明,下方浩史:四訂および五訂日本食品標準成分表を用いて算出した栄養素等摂取量推定値の比較.日本栄養・食糧学会誌,59(3); 21-29,2006.

Okamura K, Ando F, Shimokata H. Serum total and free testosterone level of Japanese men: a population-based study. Int J Urol 12: 810-814, 2005.

Kawashima Y, Ihara K, Nakamura M, Nakashima T, Fukuda S, Kitamura K:Epidemiological study of mumps deafness in Japan. Auris Nasus Larynx 32;125-128,2005

Sugiura M, Nakamura M, Ikoma Y, Yano M, Ogawa K, Matsumoto H, Kato M, Ohshima M, Nagao A: High serum carotenoids are inversely associated with serum gamma-glutamyltransferase in alcohol drinkers within normal liver function. J Epidemiol 15:180-186,2005.

Asia Pacific Cohort Studies Collaboration: A Comparison of Lipid Variables as Predictors of Cardiovascular Disease in the Asia Pacific Region. Ann Epidemiol 15:405-413,2005.

Feigin V, Parag V, Lawes CMM, Rodgers, A, Suh, Il, Woodward, M, Jamrozik, K, Ueshima, H and on behalf of the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration: Smoking and elevated blood pressure are the most important risk factors for subarachnoid hemorrhage in the Asia-Pacific Region: an overview of 26 cohorts involving 306,620 participants. Stroke 36:1360-1365,2005.

Asia Pacific Cohort Studies Collaboration: Smoking, quitting, and the risk of cardiovascular disease among women and men in the Asia-Pacific region. Int J Epidemiol 34:1036-1045,2005.

Sugiura M, Nakamura M, Ikoma Y, Yano M, Ogawa K, Matsumoto H, Kato M, Ohshima M, Nagao A: Serum carotenoid concentrations are inversely associated with serum aminotransferases in hyperglycemic subjects. Diabetes Res Clin Prac 71:82-91,2006

Nakamura M, Sugiura M, Aoki N: High b-carotene and b-cryptoxanthin are associated with low pulse wave velocity. Atherosclerosis 184:363-369,2006

Suzuki Y, Ando F, Ohsawa I, Shimokata H, Ohta S: Association of alcohol dehydrogenase 2*1 allele with liver damage and insulin concentration in the Japanese. J Hum Genet. 51(1); 31-37, 2006.

Sugiura M, Nakamura M, Ikoma Y, Yano M, Ogawa K, Matsumoto H, Kato M, Ohshima M, Nagao A: The homeostasis model assessment-insulin resistance index is inversely associated with serum carotenoids in non-diabetic subjects. Journal of Epidemiology 16:71-78,2006

Nunome H, Ikegami Y, Kozakai R, Apriantono T, Sano S.: Segmental dynamics of soccer instep kicking with the preferred and non-preferred leg. Journal of Sports Sciences 24(5): 529-541, 2006

Shimokata H, Ando F, Fukukawa Y, Nishita Y: Klotho gene promoter polymorphism and cognitive impairment. Geriatr Gerontol Int, 6; 136-141, 2006.

Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H: Preproghrelin Leu72Met variant contributes to overweight in middle-aged men of a Japanese large cohort. Int J Obes 30(11); 1609-1614, 2006.

Itho Z, Harada A, Matsui Y, Takemura M, Wakao N, Suzuki T, Nihashi S, Kawatsu S, Shimokata H, Ishiguro N. Can you diagnose for vertebral fracture correctly in plain X-ray? Osteoporos Int 17(11); 1584-1591, 2006..

 

2. 総説

内田育恵、下方浩史:高齢者と難聴-疫学調査の結果から. Aging and Health 14(1); 11-14, 2005.

下方浩史:養生訓の知恵.銀行倶楽部 476(6) 2-3, 2005.

下方浩史:自転車冒険家スタン・ジャクソン氏の来訪.長寿医療センターニュース第4号.p 6, 2005.

下方浩史:疫学研究部の紹介.長寿医療センターニュース第5号.p 6, 2005.

下方浩史:高齢者の生活習慣はどこまで是正すべきか.日本老年医学会雑誌 43(4); 462-464, 2006.

下方浩史:健康で長生きをするための栄養摂取.明日の食品産業 12; 3-5, 2005.

下方浩史:超高齢者医療の重要性.公衆衛生、社会医学的視点から.J Integrated Med 16(2); 102-105, 2006.

安藤富士子、下方浩史:中高年者の口腔保健と喫煙-喫煙は8020達成の阻害因子.8020.5; 94-95, 2006.

福川康之:老化および老年病の長期縦断研究(NILS-LSA)-心理学的側面の研究成果を中心に. Aging & Health 14(2):38-41, 2005..

中村美詠子、青木伸雄:突発性難聴と生活習慣 ENTONI 54:1-6,2005.

安藤富士子:「閉じこもりの心理的・社会的要因とその対策」Psychological and social characteristics of the housebound (Tojikomori) middle-aged and elderly. 日本リハビリテーション学会誌、42(10):684-690,2005.

 

3. 著書

下方浩史:高齢者の定義および人口動態.老年学.標準理学療法・作業療法学.専門基礎分野(第2版).大内尉義編 東京、医学書院、37-44, 2005.

下方浩史:老化に対する遺伝的要因と生活習慣の関わり.Advances in Aging and Health Research 2005 のばそう健康寿命-老化と老年病を防ぎ、介護状態を予防する.長寿科学健康財団.愛知.19-28, 2005.

下方浩史:EURODEM.老年期痴呆ナビゲーター(平井俊策監修)、メディカルレビュー社、東京、2006 (印刷中)

下方浩史、安藤富士子:老いるということ/個人差.看護のための最新医学講座(第2版)第17巻 井藤英喜編 東京、中山書店 56-61, 2005.

下方浩史:百歳まで元気に生きるための知恵 東京、世界文化社, 2005.

今井具子:栄養疫学.公衆栄養学 (松村康弘編),pp55-70,光生館、東京、2005

小坂井留美、下方浩史:スポーツと長寿.Advances in Aging and Health Research 2006 健康長寿と運動.長寿科学健康財団.愛知, 2006 (印刷中).

下方浩史:疫学.標準理学療法学・作業療法学.専門分野 基礎理学療法学.内山 靖編 東京、医学書院 , 2006 (印刷中).

石田裕美、今枝奈保美、高橋東生、伊達ちぐさ、徳留裕子、中村美詠子、福井充、横山徹爾、吉池信男、由田克士:食事調査マニュアル はじめの一歩から実践・応用まで 伊達ちぐさ、徳留裕子、吉池信男編 東京、南山堂 2005

安藤富士子:昼夜逆転のケア. 今日の治療指針2006.p1116. 医学書院、東京、2006.

小坂井留美,小野寺昇,春日規克:改訂版 運動生理学の基礎と発展 春日規克・竹倉宏明編著,第10章,フリースペース,東京,2006

 

4. シンポジウム・特別講演

安藤富士子:閉じこもりの精神・心理的側面.第42回日本リハビリテーション医学会学術集会シンポジウム「廃用症候群のリハビリテーション」.金沢、2005年6月17日.

下方浩史:「老年医療におけるControversy」 高齢者の生活習慣はどこまで是正すべきか.第47回日本老年医学会学術集会.東京、2005年6月17日.

下方浩史:特別講演.生活習慣病予防の取り組み-21世紀の新たなストラテジーを目指して-.第6回広島保健福祉学会.三原.2005年11月12日.

下方浩史:臨床重要課題 Subclinical hypothyroidismの実態調査と治療手引き:中高年地域住民における潜在性甲状腺機能低下症と潜在性甲状腺機能亢進症の頻度.第48回日本甲状腺学会.東京.2005年11月23日.

 

5. 学会発表

今井具子、安藤富士子、中村美詠子、下方浩史:地域在住中高年者の栄養補助食品摂取状況―縦断的検討―.第59回日本栄養・食糧学会.東京.2005年5月14日.

中村美詠子、中神未季、高櫻昭六郎、中村晴信、青木伸雄(疫学研究部)高脂血症予防に関する複合介入研究:緑茶飲用に関する検討.日本動脈硬化予防研究基金研究報告会.東京都,2005年5月14日.

Kozakai R, Doyo W, Ando F, Shimokata H: Age-related changes of postural stability and physical function in middle-aged and elderly Japanese.The 8th Asian Federation Sports Medicine Congress. Tokyo. May 12th, 2005.

安藤富士子、小坂井留美、道用亘、下方浩史:体力・運動と骨量との関連に遺伝子多型が及ぼす影響.第47回日本老年医学会学術集会.東京、2005年6月16日.

道用亘、小坂井留美、安藤富士子、下方浩史:中高年者における速歩行中の速度と下肢関節ピークトルクの関連.第47回日本老年医学会学術集会.東京、2005年6月16日.

小坂井留美,北村伊都子,甲田道子,道用亘,新野直明,安藤富士子,下方浩史:中高年者におけるsarcopenia指標と身体機能との関連.日本老年医学会第47回大会.東京,2005年6月17日.

福川康之,西田裕紀子,安藤富士子,中西千織,坪井さとみ,下方浩史:中高年地域住民の対人関係と死亡リスクとの関連.日本老年社会科学会第47回大会.東京,2005年6月17日.

西田裕紀子,福川康之,安藤富士子,中西千織,坪井さとみ,新野直明,下方浩史:地域在住中高年者の知的機能と余暇活動との関連.日本老年社会科学会第47回大会.東京,2005年6月17日.

安藤富士子:食事・栄養と中高年者の健康.第5回日本抗加齢医学会総会シンポジウム「EBMに基づいたアンチエイジング医学」.京都、2005年6月11日.

Fukukawa Y, Nishita Y, Ando F, Nakanishi C, Tsuboi S, Kozakai R, Shimokata H: Stress, Social Interactions, and Depressive Symptoms among Japanese Middle-aged and Older Adults. The 18th World Congress of the International Association of Gerontology. Rio de Janeiro, June 2005.

Doyo W, Kozakai R, Ando F, Shimokata H: Age-associated gender differences in wa-lking among middle-aged and elderly adults in Japan. The 18th World Congress of the Internatio-nal Association of Gerontology. Rio de Janeiro, June 30th, 2005.

Kozakai R, Kitamura I, Koda M, Doyo W, Niino N, Ando F, Shimokata H: Relationship between appendicular skeletal muscle mass and physical function in Japanese elderly. The 18th World Congress of the International Association of Gerontology. Rio de Janeiro, June 2005.

松井康素、竹村真里枝、原田敦、安藤富士子、下方浩史:Vit Aと骨密度及び脊椎骨折との関連.第23回日本骨代謝学会、大阪、2005年7月23日.

小坂井留美,道用亘,安藤富士子,下方浩史:中高年者における平衡機能の加齢変化と歩行特性との関連.第8回運動疫学研究会.名古屋,2005年8月7日.

道用亘,小坂井留美,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者における歩行動作の加齢変化の性差.第8回運動疫学研究会.名古屋,2005年8月7日.

今井具子,中村美詠子,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者の栄養補助食品摂取状況―縦断的検討―.第16回日本老年医学会東海地方会.名古屋,2005年8月27日.

福川康之,西田裕紀子,丹下智香子,安藤富士子,中西千織,坪井さとみ,下方浩史:中高年期のストレス・対人関係と抑うつとの関連.第69回日本心理学会.東京,2005年9月10日.

西田裕紀子,福川康之,丹下智香子,安藤富士子,中西千織,坪井さとみ,新野直明,下方浩史: 成人中後期女性のライフイベントと日常苛立ち事経験.第69回日本心理学会.東京,2005年9月10日.

丹下智香子,西田裕紀子,福川康之,安藤富士子,中西千織,坪井さとみ,下方浩史:成人中・後期における死に対する態度(6)-IQとの関連-.第69回日本心理学会.東京,2005年9月10日.

西田裕紀子,新野直明,福川康之,安藤富士子,下方浩史: 地域在住中高年者における転倒恐怖感による行動制限’と関連する要因の検討.第64回日本公衆衛生学会.北海道,2005年9月15日.

安藤富士子、小坂井留美、下方浩史:地域在住中高年女性の尿失禁関連要因 ~腹部肥満は肥満よりも強い関連要因か~. 第64回日本公衆衛生学会.札幌,2005年9月15日.

名倉三津佳、岩崎聡、中村美詠子、渡邉高弘、水田邦博、峯田周幸:突発性難聴症例対照研究.第50回日本聴覚医学会総会.東京,2005年9月23日

中村美詠子、近藤今子、久保田晃生、古川五百子、鈴木輝康、中村晴信、青木伸雄、下方浩史:睡眠時間と目覚め、自覚症状に関する検討-静岡県子どもの生活実態調査.第64回日本公衆衛生学会総会.北海道,2005年9月16日.

西田裕紀子,新野直明,小笠原仁美,福川康之,安藤富士子,下方浩史:地域在住中高年者における転倒恐怖感の要因に関する縦断的検討.第9回高齢者介護・看護・医療フォーラム.東京,2005年10月8日.

安藤富士子、福川康之、西田裕紀子、下方浩史:地域在住中高年者の「閉じこもり」関連要因の年代別特徴.第9回高齢者介護・看護・医療フォーラム.東京,2005年10月8日.

安藤富士子、北村伊都子、小坂井留美、下方浩史:「閉じこもり」の身体組成の特徴~「閉じこもり要因としての身体的症状との関連~.第26回日本肥満学会.札幌, 2005年10月14日.

北村伊都子,小坂井留美,甲田道子,安藤富士子,下方浩史:中高年者の脂肪と筋量-Sarcopenic Obesityと加齢変化に関する検討.第26回日本肥満学会.札幌, 2005年10月14日.

下方浩史、安藤富士子、今井具子、中村美詠子:栄養摂取と骨密度減少との関連への遺伝子の影響に関する研究.第12回日本未病システム学会.大阪.2006年1月28日.

福川康之,西田裕紀子,安藤富士子,今井具子,中村美詠子,下方浩史:中高年期の抗酸化ビタミン摂取と認知機能との関連.第16回日本疫学会大会.名古屋.2006年1月24日.

西田裕紀子、新野直明、福川康之、安藤富士子、下方浩史:地域在住高齢者の抑うつの関連要因-日常活動能力に着目して-.第12回日本未病システム学会.大阪.2006年1月27日.

新野直明、西田裕紀子:高齢者の転倒予防活動事業に関する全国調査(Ⅱ).第12回日本未病システム学会.大阪.2006年1月28日.

安藤富士子、小坂井留美、道用亘、下方浩史:閉経女性の体力と骨密度の関連にMMP-12(A-82G)が及ぼす影響.第12回日本未病システム学会.大阪.2006年1月28日.

今井具子,中村美詠子,安藤富士子,下方浩史:栄養調査における栄養補助食品について―栄養素を含む処方薬の実態―.第16回日本疫学会大会.名古屋.2006年1月24日.

道用亘、小坂井留美、安藤富士子、下方浩史:中高年者における歩行中の床反力特性-加齢変化とその性差.第16回日本疫学会大会.名古屋.2006年1月23日.

小坂井留美,北村伊都子,甲田道子,道用亘,安藤富士子,下方浩史:中高年者における筋量と脂肪量による体格分類とその筋力特性 ―Sarcopeniaの評価に向けた基礎的検討―.第16回日本疫学会大会.名古屋.2006年1月23日.

日置朝子、杉山眞澄、久保田晃生、藤田信、白木まさ子、川口富士子、永田順子、中村美詠子:静岡県版食品摂取頻度調査票の開発に関する研究(第4報).静岡県公衆衛生研究会.静岡,2006 年2月3日.

 

6. 講演など(教育・普及・広報活動)

Shimokata H: Risk Factors of Life-style Related Disease. Lfe-style related diseases prevention. Japan International Cooperation Agency (JICA) lecture, Obu, Aug 19, 2005.

安藤富士子:食事・栄養と中高年者の健康.資生堂講演会. 横浜,2005年9月9日.

今井具子:食事調査の基本と実際.長野県栄養士会生涯学習講習会、2005年11月19日、長野

下方浩史:長寿と栄養.第3回健康長寿食品研究会.名古屋.2006年1月17日.

下方浩史:老年学.富山県栄養士会講演.富山.2006年2月19日.

安藤富士子:老化に関する長期縦断研究~8年間の歩み~.桜美林大学大学院2005年度冬季公開講座. 東京、2006年3月4日.

 

7. 新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等

下方浩史:読売新聞 平成17年4月7日朝刊 中部の医療 第2部 高齢者治療 「老化解明へ定点観測」 

杉浦 実,中村美詠子:みかんと健康<29> 広報みっかび 2005;608:18

杉浦 実,中村美詠子:みかんと健康<30> 広報みっかび 2005;609:16

杉浦 実,中村美詠子:みかんと健康<31> 広報みっかび 2005;610:14

杉浦 実,中村美詠子:みかんと健康<32> 広報みっかび 2005;611:12

杉浦 実、中村美詠子:みかんと健康<33> 広報はままつ三ケ日総合事務所版 2005年7 月20 日号.

杉浦 実、中村美詠子:みかんと健康<34> 広報はままつ三ケ日総合事務所版 2005年8 月20 日号.

杉浦 実、中村美詠子:みかんと健康<35> 広報はままつ三ケ日総合事務所版 2005年9 月20 日号.

中村美詠子:みかんと健康<37> 広報はままつ三ケ日総合事務所版 2005年11 月20 日号.

中村美詠子:みかんと健康<38> 広報はままつ三ケ日総合事務所版 2005年12 月20 日号.

疫学研究部:NHKテレビ 平成17年5月26日 ニュースほっとイブ 大府市万博パートナーシップ事業 日豪高齢者体力比べ

疫学研究部:NHKラジオ 平成17年5月26日 お昼愛地球博 大府市万博パートナーシップ事業 日豪高齢者体力比べ

疫学研究部:中日新聞 平成17年5月27日朝刊 豪の自転車冒険家・ジャクソンさん 91歳 腹筋50歳 脚力は70歳 万博会場→広島 走行仲間と体力測定 大府・国立長寿医療センター

疫学研究部:読売新聞 平成17年5月27日朝刊 自転車冒険家の91歳 体力は60歳代 会場→広島1000キロ走行後に

疫学研究部:朝日新聞 平成17年5月27日朝刊 91歳驚異の体力

疫学研究部:広報おおぶ 平成17年7月1日号 ジャクソンさん体力測定にチャレンジ

下方浩史:TBSテレビ 平成17年9月18日 高樹千佳子のごはんナビ 日本人の長寿とごはん食

下方浩史:朝日新聞 平成17年10月30日日曜版 年齢別ダイエット 中年太りと寿命 関係は?

下方浩史:日本経済新聞 平成17年11月17日朝刊 老いに挑む医療 身近に

下方浩史:朝日新聞 平成17年11月25日夕刊 今、注目の本 平成養生訓 百歳まで元気で生きるための知恵 [著]下方浩史

疫学研究部:KBS韓国国営放送 平成17年12月3日 サイエンス21 長寿に関する科学的事実(4) 長寿の鍵 100歳人

下方浩史:読売新聞 平成18年1月10日朝刊 医療ルネサンスNo3767 超寿宣言 検査値1 「ふくよか=長寿」のデータ

下方浩史:Medical Tribune 39(3) 平成18年1月19日 潜在性甲状腺機能異常症 わが国の実態調査からの報告 中高年者地域住民における調査 低下症、亢進症とも動脈硬化や脳梗塞、喫煙と関連

疫学研究部:Medical Tribune 39(9) 平成18年3月2日 高齢者転倒予防事業-推進リーダーの存在が有効.

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター