文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > 業績 > NILS-LSA活用研究室 業績 平成15年度

NILS-LSA活用研究室 業績 平成15年度

1. 原著論文

Okura T, Koda M, Ando F, Niino N, Tanaka M, Shimokata H: Association of the mitochondrial DNA 15497G/A polymorphism with obesity in a middle-aged and elderly Japanese population.
J Hum Genet 113; 432-436, 2003.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Association of polymorphisms of the osteoprotegerin gene with bone mineral density in Japanese women but not men.
Mol Genet Metab 80; 344-349, 2003.

Mogi N, Umegaki H, Hattori A, Maeda N, Miura H, Kuzuya M, Shimokata H, Ando F, Iguchi A:
Cognitive Function in Japanese Elderly with Type 2 Diabetes Mellitus.
J Diabetes Complications 18; 42-46, 2004.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Miki T, Shimokata H:
Association of Polymorphisms of Paraoxonase 1 and 2 Genes with Bone Mineral Density in Community-Dwelling Japanese.
J Hum Genet 48(9):469-75, 2003.

Iwano M, Nomura H, Ando F, Niino N, Miyake Y, Shimokata H:
Visual Acuity in a Community-Dwelling, Japanese Population and Factors Associated with Visual Impairment. 
Jpn J Ophthalmol 48, 37-43, 2004.

Ohsawa I, Kamino K, Nagasaka K, Ando F, Niino N, Shimokata H, Ohta S:
Genetic deficiency of a mitochondrial aldehyde dehydrogenase increases serum lipid peroxides in community-dwelling females.
J Hum Genet 48; 407-409, 2003.

Umegaki H, Ando F, Shimokata H, Yamamoto S, Nakamura A, Endo E, Kuzuya M, Iguchi A:
Factors associated with long hospital stay in Geriatric wards in Japan.
Geriatrics and Gerontology International 3(2):120-127,2003.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Association of a polymorphism of the dopamine receptor D4 gene with bone mineral density in Japanese men.
J Hum Genet 48: 629-633, 2003.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Association of a polymorphism of the matrix metalloproteinase-9 gene with bone mineral density in Japanese men.
Metabolism 53(2); 135-137, 2004.

Fukukawa Y, Nakashima C, Tsuboi S, Niino N, Ando F, Kosugi S, Shimokata H:
The impact of health problems on depression and activities in middle-aged and older adults: Age and social interactions as moderators.
J Gerontol B Psychol Sci 59(1); 19-26, 2003.

福川康之、中島千織、坪井さとみ、齊藤伊都子、小杉正太郎、下方浩史:
交代勤務スケジュールが看護師の気分変動に及ぼす影響.
心理学研究,74(4); 354-361,2003.

Nomura H, Ando F, Niino N, Shimokata H, Miyake Y:
The relationship between intraocular pressure and refractive errors adjusting for age and central corneal thickness.
Ophthal Physiol Opt 24; 41-45, 2004.

Miyasaka K, Yoshida Y, Matsushita S, Higuchi S, Maruyama K, Niino N, Ando F, Shimokata H, Ohta S, Funakoshi A:
Association of cholecystokinin-A receptor gene polymorphism with alchol dependence in a Japanese population.
Alcohol & Alcoholism 39(1); 1-4, 2003.

Miyasaka K, Yoshida Y, Matsushita S, Higuchi S, Shiorakawa O, Shimokata H, Funakoshi A:
Association of cholecystokinin-A receptor gene polymorphisms and panic disorder in Japanese.
American Journal of Medical Genetics Part B: Neuropsychiatric Genetics 118B; 29-31, 2003.

芳賀博、植木章三、島貫秀樹、伊藤常久、河西敏幸、高戸仁郎、坂本謙、安村誠司、新野直明、中川由紀代:
地域における高齢者の転倒予防プログラムの実践と評価.
厚生の指標、50(4), 20-26,2003.

Abbott RD, Ando F, Masaki KH, Tung K, Rodriguez B, Petrovitch H, Yano K, Curb JD:  
Dietary Magnesium Intake and the Future Risk of Coronary Heart Disease (The Honolulu Heart Program).
Am J Cardiol 92:665-669,2003.

内田育恵、中田誠一、植田広海、中島務、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
加齢及び全身性基礎疾患の歪成分耳音響反射に及ぼす影響.
Otol Jpn 14(2); 154-159, 2004.

Fukukawa Y, Nakashima C, Tsuboi S, Kozakai, R., Doyo W., Niino N, Ando F, Shimokata H:
Age Differences in the Effect of Physical Activity on Depressive Symptoms.
Psychol Aging 19(2); 346-351, 2004.

Yamamoto S, Mogi N, Umegaki H, Suzuki Y, Ando F, Shimokata H, Iguchi A: 
The Clock Drawing Test as a Valid Screening Method for Mild Cognitive Impairment.
Dement Geriatr Cogn Disord 18: 172-179, 2004.

Yamamoto S, Mogi N, Umegaki H, Suzuki Y, Ando F, Shimokata H, Iguchi A:
The Clock Drawing Test as a Valid Screening Method for Mild Cognitive Impairment.
Dement Geriatr Cogn Disord 18: 172-179, 2004.

 

2. 総説

Shimokata H. ed:
Monograph National Institute for Longevity Sciences, Longitudinal Study of Aging NILS-LSA The First Wave November, 1997~April, 2000, 2003.

Shimokata H. ed:
Monograph National Institute for Longevity Sciences, Longitudinal Study of Aging NILS-LSA The Second Wave April, 2000~May, 2002, 2003.

Ohta S, Ohsawa I, Kamino K, Ando F, Shimokata H:
Mitochondial ALDH2 Deficiency as an Oxidative Stress.
Ann NY Acad Sci 1011; 36-44, 2004.

下方浩史、安藤富士子:
生理的老化と病的老化.
Medicina 40(10); 1636-1637, 2003.

下方浩史:
痴呆症学-本邦の疫学統計.
日本臨床 63(増刊4); 121-126, 2004.

下方浩史:
高齢者の栄養と健康-新たな考え方-.
全国在宅訪問栄養指導研究会ニューズレター 15; 2, 2003.

下方浩史:
老化と生活習慣病.
からだの科学 233(11); 97, 2003.

下方浩史:
高齢者栄養管理の必要性.
ヘルスケア・レストラン 11(12); 16-17, 2003.

下方浩史、安藤富士子:
日本の老化・老年病疫学への新たなストラテジー.
日本老年医学会雑誌 40(6); 569-572, 2003. 

安藤富士子、福川康之、中島千織、藤澤道子、新野直明、下方浩史: 
男性ホルモンの加齢変化と生活機能自立度(活動能力指標)との関連 
日本未病システム学会雑誌 9(2)275-278, 2003.

安藤富士子:
入浴中の事故を防止するためのポイント.
高齢者けあ.3(7):24-28,2003.

下方浩史、小坂井留美、北村伊都子、安藤富士子:
体脂肪分布と合併症、身体活動量、フィットネスの関連.
臨床スポーツ医学 21(7); 733-739, 2004.

 

3. 著書

安藤富士子、川上憲人、長谷川恭子、等々力英美、足立知永子:
抑うつと栄養は関係する.
健やかに老いるために2002. 財団法人長寿科学振興財団監修. 20-21、財団法人長寿科学振興財団.東京、2003.

安藤富士子、角保徳:
嚥下に伴う事故.
エビデンスに基づく対策とチームワークのために;高齢者の疾病と栄養改善へのストラテジー.斉藤曻、高橋龍太郎編.492-496,. 第一出版、東京、2003..

下方浩史:
高齢者の栄養管理とチームケア-栄養評価.
高齢者の疾病と栄養改善へのストラテジー(斎藤昇、高橋龍太郎編)、pp412-416.第一出版、東京、2003.

下方浩史:
日本初「老化の総合的研究」が明かす、「老ける人」と「老けない人」はここが違う!
扶桑社、東京、2003.

下方浩史:
高齢者の栄養と食生活.
ウエルネス公衆栄養学 第5版(沖増 哲編), pp.195-205, 医歯薬出版、東京、2004.

下方浩史:
栄養疫学の考え方と方法.
ウエルネス公衆栄養学 第5版(沖増 哲編), pp.35-47, 医歯薬出版、東京、2004.

下方浩史:
公衆栄養学における情報処理をどうおこなうか.
ウエルネス公衆栄養学 第5版(沖増 哲編), pp.64-70. 医歯薬出版、東京、2004.

 

4. シンポジウム・特別講演

下方浩史:
日本の老化・老年病疫学への新たなストラテジー 特別講演「日本の長寿科学基礎研究の最前線」 
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月19日

Shimokata H:
A Longitudinal Study of Aging for Geriatric Medicine in the 21st century - the NILS-LSA. The 3rd Korea -Japan Joint Symposium “Trend of Geriatric Research in Korea and Japan”.
The 31st Academic Meeting of the Korean Geriatric Society. Pusan, May 5, 2003. J Korea Geriat Soc 7 (Supple1); 9, 2003.

下方浩史:
高齢者の栄養と健康-新たな考え方.
在宅訪問栄養指導研修会.岡崎、2003年5月25日

下方浩史:
認知機能障害の危険因子に関する疫学的研究.
第6回神経内科痴呆研究会 名古屋. 2003年6月27日.

安藤富士子(疫学研究部):
在宅介護における予防医学 ~要介護度の悪化を防ぐ~.
第45回日本老宇年医学会市民公開在宅介護フォーラム.
第45回日本老宇年医学会学術集会2003年6月20日.
日本老年医学会誌 41:61-64, 2004.

Shimokata H:
Cognitive impairment and its risk factors in Japanese cohort the NILS Longitudinal Study of Aging.
The 1st International Symposium on Chronic Diseases. Seoul, Sep 4, 2003

Shimokata H:
Risk Factors of Life-style Related Disease. Lfe-style related diseases prevention.
Japan International Cooperation Agency (JICA) lecture, Obu, Aug 27, 2003

下方浩史:
高齢者の栄養と健康-新たな考え方、特別講演
第15回秋期全道栄養士研修大会.札幌、2003年10月31日.

Shimokata H:
Interactions between health and psychological changes in Japanese - the NILS-LSA. Symposium on Longitudinal studies of ageing: Psychosocial & Health Dynamics.
The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, November 27, 2003.
Geriatrics and Gerontology International 3(Suppl 1); S54, 2003.

下方浩史:
高齢者の栄養と健康.
第451回実地医家のための会3月名古屋例会、名古屋、2004年3月21日.

 

5. 学会発表

今井具子、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
地域在住者の栄養調査における栄養補助食品の影響.
第57回日本栄養・食糧学会.福岡.2003年5月19日.
日本栄養・食糧学会誌 抄録号, 263, 2003.

内田育恵、中田誠一、植田広海、中島 務:
一般地域住民における歪成分耳音響放射の年齢比較.
第104回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.東京.2003年5月25日

Ando F, Fujisawa M, Abbott RD, Niino N, Shimokata H:
The Association Between Serum Sialic Acid and Intima-Media Thickness of the Common Carotid Arteries in Japanese Men with Diabetes .
Second Asia Pacific Scientific Forum of American Heart Association. June 8-10, 2003.

Grove JS, Ando F, Curb JD:
Chest Depth is Associated with Risk of Coronary Heart Disease, Stroke, and All-Cause Mortality.
Second Asia Pacific Scientific Forum of American Heart Association. June 8-10, 2003.

安藤富士子、藤澤道子、新野直明、下方浩史:
高齢期Andropauseの循環器系検査における特徴.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日.
日本老年医学会誌 40(Sppl):138, 2003.

梅垣宏行, 安藤富士子, 下方浩史, 山本さやか, 中村了, 遠藤英俊, 葛谷雅文, 井口昭久:
大学附属病院老年科病棟における長期入院に関わる因子の検討.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日.

新野直明、福川康之、中島千織、小坂井留美、安藤富士子、下方浩史、野村秀樹、安村誠司、杉森裕樹:
高齢者における抑うつ症状の有無と関連する要因について.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月18日.

甲田道子、大藏倫博、竹村真理枝、松井康素、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
高齢者の部位別身体組成の特徴.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日.

野村秀樹、福川康之,坪井さとみ、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
中高年者における眼底動脈硬化と抑うつ傾向との関連.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日.

道用亘、小坂井留美、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高齢地域住民における歩行支持期中の歩幅と下肢関節運動の関係.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日.

小坂井留美、道用亘、都竹茂樹、竹村真理枝、松井康素、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者における余暇身体活動および青年期の運動経験と骨密度との関連.第45回日本老宇年医学会学術集会.
名古屋、2003年6月20日.

藤澤道子、安藤富士子、新野直明、今井具子、武隈 清、下方浩史:
抗酸化ビタミン摂取量と脳微小血管障害に関する縦断的検討.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日.

森圭子、安藤富士子、新野直明、葛谷雅文、下方浩史:
アルコールと高血圧症発症との関係への加齢の影響.
第45回日本老宇年医学会学術集会.名古屋、2003年6月20日

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
高年期における家事遂行と抑うつとの関連.
第45回日本老年社会科学会大会.名古屋、2003年6月21日.老年社会科学 25(2); 116, 2003.

福川康之,中島千織,坪井さとみ,小坂井留美,道用 亘,新野直明,安藤富士子,下方浩史:
中高年期における就労状況の変化と抑うつとの関連 
第45回日本老年社会科学会 名古屋 2003年6月21日.老年社会科学 25(2); 117, 2003.

丹下智香子,福川康之,中島千織,坪井さとみ,新野直明,安藤富士子,下方浩史:
成人中・後期における死に対する態度(4)-加齢に伴う変化の縦断的検討-.
第67回日本心理学会.東京,2003年9月13日.

福川康之,中島千織,坪井さとみ,丹下智香子,新野直明,安藤富士子,下方浩史:
友人との死別が中高年期の抑うつ傾向に及ぼす影響.
第67回日本心理学会.東京,2003年9月14日.

坪井さとみ,福川康之,中島千織,丹下智香子,新野直明,安藤富士子,下方浩史:
中高年期の主観的年齢:自己若年視の年代差・性差・その関連要因.
第67回日本心理学会.東京,2003年9月15日.

西田裕紀子,福川康之,中西千織,坪井さとみ,新野直明,安藤富士子,下方浩史:
高年期における認知機能検査(MMSE; Mini-Mental State Examination)の年代別特徴.
第14回日本老年医学会東海地方会大会.名古屋,2003年9月27日.

森圭子、今井具子、安藤富士子、下方浩史:
半定量食物摂取頻度法開発のためのポーションサイズに関する研究-性差の検討.
第50回日本栄養改善学会学術総会.倉敷、2003年9月17日

梶岡多恵子、長崎大、北村伊都子、徳留みずほ、久保田正和、四宮葉一、小澤尚久、佐藤祐造:
他動的運動機器(ジョーバ?)を用いた急性運動が糖代謝に及ぼす影響.
第58回日本体力医学会.静岡、2003年9月19日.

小笠原仁美、新野直明、小坂井留美、道用亘、安藤富士子、下方浩史:
地域中高齢者における転倒の発生状況と関連要因.
第58回日本体力医学会.静岡、2003年9月19日.

小坂井留美,道用亘,都竹茂樹,安藤富士子,新野直明,下方浩史,池上康男,宮村実晴:
中高年女性における余暇身体活動状況,青年期の運動と筋力特性との関係.
第2回NILS サマーワークショップ.愛知,2003年9月14日.

今井具子,森圭子,安藤富士子,新野直明,下方浩史:
3日間食事記録調査による地域在住者の栄養補助食品摂取状況.
第2回NILS サマーワークショップ.愛知,2003年9月14日.

道用 亘、小坂井留美、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
地域在住中高年者における歩行支持期中の歩幅と下肢関節運動.
第14回日本老年医学会東海地方会大会.名古屋、2003年9月27日.

原田敦、山本精三、藤田正樹、田中孝昭、中川智之、井上喜久男、佐々木康夫、中野哲雄、安藤富士子:
脆弱性骨折患者に対する骨粗鬆症治療の現況 
第5回日本骨粗鬆症学会. 福岡、2003年10月10日.

松井康素、竹村真里枝、原田敦、福川康之、中島千織、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
骨密度と認知機能障害との関連.
第5回日本骨粗鬆症学会. 福岡、2003年10月10日.

甲田道子、今井具子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
腹腔内脂肪面積と食事との関係.
第62回日本公衆衛生学会.京都、2003年10月23日.
日本公衆衛生学会雑誌 50(10); 864, 2003.

新野直明、福川康之、安藤富士子、下方浩史、安村誠司、芳賀 博:
高齢者の転倒予防活動事業参加者と不参加者の転倒割合について.
第62回日本公衆衛生学会.京都、2003年10月23日.
日本公衆衛生学会雑誌 50(10); 736, 2003.

Ando F, Fukukawa Y, Nakashima C, Fujisawa M, Niino N, Shimokata H:
Andropause and daily activities in the middle aged and elderly. T
he 3rd Meeting of Japanese Aging Male Association. Osaka, Nov 3, 2003

佐藤慎、高井佳子、五十嵐羊羽、島本恵美、石子智士、吉田晃敏、長南健太郎、野村秀樹、下方浩史:
2002年利尻島眼科検診の眼科的基礎データの解析.
第57回日本臨床眼科学会総会.名古屋、2003年11月1日.

Fukukawa Y, Nakashima C, Tsuboi S, Niino N, Ando F, Shimokata H:
Effects of Age and Social Support in Adjustment to the Death of Close Friends.
The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, November 26, 2003.
Geriatrics and Gerontology International 3(Suppl 1); S181, 2003.

Doyo W, Kozakai R, Niino N, Ando F, Shimokata H:
Relationship between step length and motions at lower extremities in community^dwelling middle-aged and elderly adults.
The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, November 26, 2003.
Geriatrics and Gerontology International 3(Suppl 1); S185, 2003.

Kozakai R, Doyo W, Tsuzuku F, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Relationships of BMD with leisure-time physical activity amd adolescent exercise in middle-aged and elderly Japanese.
The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, November 26, 2003.
Geriatrics and Gerontology International 3(Suppl 1); S128, 2003.

Ando F, Fujisawa M, Niino N, Shimokata H:
Relationship of the polymorphism of the Werner helicasegene with blood pressure and cardiac diseases in the community - dwelling middle-aged and elderly.
The 10th Annual Meeting of the Japan Mibyo System Association. Kawasaki, Jan 10, 2004.

下方浩史、西田由希子、福川康之、新野直明、安藤富士子:
Klotho遺伝子G-395A多型と認知機能障害.
第10回日本未病システム学会.川崎、2004年1月10,11日.

西田裕紀子、新野直明、小笠原仁美、福川康之、安藤富士子、下方浩史:
地域在住高年者の転倒恐怖感に関連する要因の検討.
第10回日本未病システム学会.川崎、2004年1月10,11日.

譽田英喜、新井康司、角保徳、藤澤道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
中高年者の口腔所見に関する研究.
第10回日本未病システム学会.川崎、2004年1月10,11日.

西田裕紀子、福川康之、中西千織、坪井さとみ、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
中高年者の知的機能-WAIS-R知能検査短縮版を用いた基礎的検討-. 
第14回日本疫学会学術総会.山形、2004年1月22-24日.

福川康之、西田裕紀子、中西千織、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
疾病体験と中高年の活動性の変化に関する縦断的検討.
第14回日本疫学会学術総会.山形、2004年1月22-24日.

北村伊都子、甲田道子、安藤富士子、下方浩史:
中高年者における内臓脂肪-18歳からの体重増加量との関係-. 
第5回日本健康支援学会.福岡、2004年2月22日.

西田裕紀子、福川康之、中西千織、坪井さとみ、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
中高年女性の知的機能-年代・ライフスタイル要因との関連-. 第15回日本発達心理学会.東京、2004年3月23日.

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター