文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > 業績 > NILS-LSA活用研究室 業績 平成13年度

NILS-LSA活用研究室 業績 平成13年度

1. 原著論文

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Transforming Growth Factor-beta1 Gene Polymorphism and Bone Mineral Density.
JAMA 285: 167-168, 2001

Masuda Y, Kuzuya M, Uemura K, Yamamoto R, Endo H, Shimokata H, Iguchi A:
The effect of public long-term care insurance plane on care management and care planning in Japanese geriatric hospitals.
Arch Gerontol Geriatr 32: 167-177, 2001

Iwao N, Iwao S, Muller DC, Elahi D, Shimokata H, Andres R:
A test of recently proposed BMI standards with respect to old age.
Aging 12; 461-469, 2001

Tsuzuku S, Shimokata H, Ikegami Y, Yabe K, Wasnich RD:
Effects of high versus low-intensity resistance training on bone mineral density in young males.
Calcif Tissue Int 68; 342-347, 2001

Kajioka T, Tsuzuku S, Shimokata H, Sato Y:
Effects of intentional weight cycling in non-obese young women.
Metabolism 51; 149-154, 2002

Iwao S, Iwao N, Muller DC, Elahi D, Shimokata H, Andres R:
Does waist circumference add to thepredictive power of the body mass index for coronary risk?
Obes Res 9: 685-695, 2001

Kishida N, Imai T, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Regional comparison of nutrition and diet through dietary record and food frequency questionnaire.
Bulletin of Faculty of Human Life and Environmental Science, Hiroshima Prefectural Women's University 7; 31-40, 2001

Harada A, Mizuno M, Takemura M, Tokuda H, Okuizumi H, Niino N:
Hip Fracture Prevention Trial Using Hip Protectors in Japanese Nursing Homes.
Osteoporos Int 12: 215-221, 2001

Okura T, Tanaka K:
Unique Method for Predicting Cardiorespiratory Fitness Using Rating of Perceived Exertion.
J Physiol Anthropol 20: 255-261, 2001

Loy S, Tanada M, Tanaka K, Okura T, Nho HS, Nakagaichi M, Shigematsu R, Yaspelkis B:
Health and Fitness: A Question of Lifestyle? Japanese Living in Japan Compared with Japanese Living in the USA.
ACSM’s Health & Fitness Journal. 5:15-19,2001

梅垣宏行,野村秀樹,中村 了,安藤富士子,下方浩史,山本さやか,葛谷雅文,井口昭久:
大学病院老年科病棟における入院時総合評価と退院先との関係の検討.
日本老年医学会誌 39; 75-82, 2002.

野村秀樹,安藤富士子,下方浩史,三宅養三:
縦断的眼圧変動に影響する諸要因についての検討.
あたらしい眼科 18; 241-246, 2001.

野村秀樹,田辺直樹,新野直明,安藤富士子,下方浩史,三宅養三:
一般住民における角膜中心厚と年齢との関係.
臨床眼科 55; 300-302, 2001.

野村秀樹,浅野和子,田辺直樹,棚橋尚子,安藤富士子,新野直明,下方浩史,三宅養三:
中高年者における日常生活視力と矯正視力.
臨床眼科 56; 293-296, 2002.

芳賀博,安村誠司,鈴木隆雄,湯川晴美,新開省二,渡辺修一郎,熊谷修,柴田博,新野直明,島貫秀樹:
農村における老人の活動的自立の維持とライフスタイルとの関連.
民族衛生 67:68-76, 2001.

中村健一,新野直明:
職域における健康情報管理の現状と健康情報の収集・利用についての産業保健専門職の意識.
産業衛生学雑誌,43: 76-90, 2001.

伊東昌子, 西田暁史, 林邦昭, 下方浩史, 新野直明, 安藤富士子, 中田朋子, 曽根照喜, 福永仁夫:
骨量測定機器の互換性 pQCT装置の再現性,他測定法との相関・互換性について.
Osteoporosis Japan 9; 504-508, 2001.

 

2. 総説

甲田道子、下方浩史:
肥満の判定と肥満症の診断:
日本医事新報 4012; 106-107, 2001.

下方浩史:
長寿者になるための生理学的条件.
日本老年医学会誌 38; 174-176, 2001.

甲田道子、下方浩史:
肥満の予防、治療のための食事と長寿
Geriatric Medicine 39; 417-420, 2001.

下方浩史:
長寿を目指す健康支援-新たな研究と戦略.
東海工業会会報 223, 2-5, 2001.

下方浩史,安藤富士子:
高齢者の基準.
老年消化器病 13; 3-8, 2001.

下方浩史,大藏倫博,安藤富士子:
長寿のための肥満とやせの研究.
肥満研究 7; 98-102, 2001.

安藤富士子:
閉じこもり.
Advances in Aging and Health Research.110-115 2001.

野村秀樹,安藤富士子,下方浩史:
日本人における眼圧の加齢変化と世代間格差-若年者における眼圧上昇.
日本医事新報 4041; 1-6, 2001.

小坂井留美,下方浩史,矢部京之助:
加齢に伴う歩行動作の変化.
バイオメカニクス研究 5; 162-167, 2001.

安藤富士子:
脂肪の減らし過ぎは「抑鬱状態」を招く-肉や卵をゼロにするのは危険.
日経ヘルス.6:118-119, 2001.

下方浩史,三木哲郎:
日本における老年コホート研究.
現代医療 34; 313-332, 2002.

安藤富士子,下方浩史:
老化の疫学研究.
現代医療 34: 382-388, 2002.

藤澤道子,安藤富士子,下方浩史:
高齢者臓器疾患は認知機能低下を招く.
Geriatric Medicine. 20; 241-245, 2002.

下方浩史,藤澤道子,安藤富士子:
疫学調査におけるMCI.
Geriatric Medicine. 20; 303-308, 2002.

安藤富士子:
脂肪摂取量の低下 高齢者の抑うつに影響~所要量の設定は慎重に~.
Medical Tribune. 35;20,2002.

新野直明:
疾患別診療のコツ 高齢者の転倒とその対応.
治療83; 2784-2787, 2001

 

3. 著書

下方浩史,安藤富士子:
老いるということ/個人差.看護のための最新医学講座第17巻
井藤英喜編 中山書店,東京 47-52, 2001.

下方浩史:
高齢者の定義および人口動態.標準理学療法・作業療法学.専門基礎分野・老年学.
大内尉義編 医学書院,東京 177-183, 2001.

下方浩史:
アンチオキシダント.動脈硬化・老年病予防健診マニュアル.
上島弘綱・小澤利男編 メジカルビュー社,東京 96-97, 2001.

安藤富士子:
痴呆の在宅医療.在宅医療ハンドブック.
坪井栄孝 監修 中外医学社,東京 2001.

安藤富士子:
閉じこもり.寝たきりの予防と治療-.
柳澤信夫編.保健同人社.110-114,2001.6.

 

4. シンポジウム・特別講演

下方浩史:
シンポジウム 老年病医療の進歩 1.長期縦断研究からみた老年疾患の動向.
第43回日本老年医学会学術集会,2001年6月13日,大阪. 日本老年医学会雑誌 38(Suppl):61, 2001

Shimokata H, Ando F: Assessment of Functional Declining Process in Community Dwelling Elderly Subjects.
Okinawa International Conference on Longevity. Okinawa, Nov. 13, 2001.

下方浩史、安藤富士子:
シンポジウム II Mild Cognitive Impairment (MCI)とアルツハイマー病の早期診断 2.MCIの疫学調査・縦断研究.
第20回日本痴呆学会 2001年10月5日,津.Dementia Japan, 15(2): 97, 2001

 

5. 学会発表

Maruyama W, Yamada T, Washimi Y. Kachi T, Yanagisawa N, Ando F, Shimokat H:
Neural (R) salsolinol N-methyltransferase as a pathogenic factor of Parkinson’s disease.
The 5th International Conference on Progress in Alzheimer's and Parkinson's disease. April 4, 2001 Kyoto.

足立知永子,新野直明,川端輝江,長谷川恭子,中館俊夫:
高齢者と若年者における赤血球膜リン脂質脂肪酸組成.
第71回日本衛生学会総会,2001年4月30日,福島

Kajioka T, Masaki K, Chen R, Abbott R, Rodriguez BL, Shimokata H, Sato Y, Curb JD:
The association of sagittal abdominal diameter with metabolic risk factors for cardiovascular disease in elderly Jpanese-American men.
The 5th International Conference on Preventive Cardiology, May 28, 2001, Osaka, Japan.

安藤富士子,藤澤道子,新野直明,下方浩史:
中高年者の総頸動脈内膜中膜厚(IMT; intima-media thickness)の左右差と動脈硬化関連要因.
第98回日本内科学会講演会,2001年4月13日,横浜.日本内科学会雑誌.90(s):197,2001

安藤富士子,下方浩史:
空腹時血糖と認知機能との関連-認知機能低下のカットオフポイントは存在するか.
第44回日本糖尿病学会年次学術集会,2001年4月18日,京都.糖尿病.44(s1):S215,2001.

今井具子、岡佐貴世、森圭子、都竹茂樹、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
大豆・大豆食品摂取量と骨密度、性ホルモンの関連.
第55回日本栄養食糧学会大会. 2001年5月7日.京都.

甲田道子,安藤富士子,新野直明,下方浩史:
年齢と内臓脂肪面積との関係.
第43回日本老年医学会学術集会,2001年6月13日,大阪.日本老年医学会雑誌 38(Suppl):118, 2002

下方浩史、安藤富士子、葛谷雅文:
血清尿酸値の10年間の縦断的加齢変化とその要因-8万人での大規模縦断調査.
第43回日本老年医学会学術集会,2001年6月13日,大阪.日本老年医学会雑誌 38(Suppl):119, 2002

安藤富士子、藤澤道子、甲田道子、新野直明、下方浩史:
DHEA-S(Dehydroepiandrosterone Sulfate)と動脈硬化関連要因.
第43回日本老年医学会学術集会,2001年6月13日,大阪.日本老年医学会雑誌 38(Suppl):115, 2002

福川康之、中島千織、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者の肯定的・否定的対人交流と抑うつとの関連.
第43回日本老年社会科学会学術集会.2001年6月14日.大阪.老年社会科学23(2); 151, 2001.

Kajioka T, Chen R, Masaki K, Abbott AD, Yano K, Shimokata H, Sato Y, Rodiriguez BL, Curb DJ: B
ody mass index and abdominal adiposity measures as predictors of mortality in elderly Japanese-American men.
The Congress of Epidemiology 2001, June 14, 2001, Tronto, Canada.

Iwao S, Iwao N, Muller DC, Andres R, Kouda K, Shimokata H: BMI and waist circumference standards: a critique in younger and older caucasians and Japanese: Part I.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 562, 2001.

Iwao N, Iwao S, Muller DC, Andres R, Kouda K, Shimokata H: BMI and waist circumference standards: a critique in younger and older caucasians and Japanese: Part II.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 562-563, 2001.

Imai T, Oka S, Mori K, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Correlation of serum lipid peroxide level with antioxidant nutrients in the middle-aged and elderly Japanese.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 563, 2001.

Shimokata H, Ando F, Kuzuya M:
Age-related change in serum uric acid - 10-year longitudinal study in 80507 Japanese.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 563, 2001.

Koda M, Ando F, Niino N, Shimokata H:
The relationship between age and visceral fat in middle-aged and elderly Japanese.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 565, 2001.

Kozakai R, Doyo W, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Relationships of physical fitness with leisure time physical activity and exercise experiences among Japanese elderly.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 299, 2001.

Nakashima C, Fukukawa Y, Tsuboi S, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Influence of Psychological Independency on the Relationships between IQ and Depressive Symptoms.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.3. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 565, 2001.

Fujisawa M, Ando F, Niino N, Tsuboi S, Nakashima C, Fukukawa Y, Shimokata H:
The factors associated with cognitive decline in the community-dwelling elderly Japanese.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.3. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 185, 2001.

Doyo W, Kozakai R, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Gait characteristics in healthy middle?aged and elderly adults.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.3. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 300, 2001.

Fukukawa Y, Nakashima C, Tsuboi S, Niino N, Ando F, Shimokata H:
Psychological Stress, Social Exchanges, and Depression in Japanese Middle-aged and Elderly People
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.2. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 30, 2001.

Ando F, ImaiT, Fukukawa Y, Tsuboi S, Nakashima C, Niino N, Shimokata H: Does cholesterol intake relate depression in Japanese elderly?
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.3. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 199-200, 2001.

Niino N, Nomura H, Kozakai R, Fukukawa Y, Ando F, Shimokata H, Sugimori H, Yasumura S, Haga H, Nishihara N:
Visual function and falls among community-dwelling elderly people
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.4. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 386, 2001.

Nomura H, Imai T, Ando F, Niino N, Shimokat H, Miyake Y:
Vitamine intake and transparency of human lens in middle-aged and elderly Japanese.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.4. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 355, 2001.

Ogasawara H, Niino N, Tsuzuku S, Ando F, Shimokata H:
Frequencies and circumstances of falls among community-dweiing middle-aged and eldderly poeple in Japan.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 598, 2001.

Kuzuya F, Iguchi A, Ando F, Shimokata H:
Change in lipid levels with age - 10 year longitudinal study in a large Japanese population.
The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.5. Vancouver, Canada. Gerontology 47(Suppl 1); 565, 2001.

Ando F, Imai T, Fukukawa Y, Tsuboi S, Nakashima C, Niino N, Shimokata H:
Fat or protein intake and depression in Japanese elderly.
The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna. The book of abstracts 415, 2001.

竹村真里枝, 原田敦, 都竹茂樹, 下方浩史:
pQCT法による地域在住中高年者の骨密度に関する研究.
第19回日本骨代謝学会.2001年8月11日,名古屋.日本骨代謝学会雑誌 19(2); 130, 2001.

Imai T, Ando F, Niino N, ShimokataH:
Household composition and nutrition among middle-aged and elderly in Japan.
The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna. The book of abstracts 151, 2001.

Mori K, Imai T, Ando F, Niino N, Shimokata H:
The effects of smoking on dietary habits in the middle-age and elderly Japanese men.
The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna. The book of abstracts 156, 2001

内田育恵, 中島務, 新野直明, 安藤富士子, 下方浩史:
一般住民における聴覚に関する意識と聴力評価.
第106回日本耳鼻咽喉科学会東海地方部会連合講演会.2001年9月9日,名古屋.

大藏倫博,甲田道子,小坂井留美,道用亘,安藤富士子,新野直明,下方浩史:
中高年者における大腿周囲長と大腿部組成および筋力発揮特性との関係.
第56回日本体力医学会.2001年9月20日,仙台.体力科学50(6); 867, 2001.

道用 亘、小坂井留美、都竹茂樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高齢者における歩行動作の特徴 -3次元映像解析法を用いて-.
第12回日本老年医学会東海地方会.2001年9月22日,名古屋.

小坂井留美,道用亘,安藤富士子,新野直明,下方浩史,矢部京之助、池上康男,宮村実晴:
中高年女性の歩行速度の加齢変化に関連する要因の検討.第56回日本体力医学会.
2001年9月19~21日,仙台.体力科学50(6); 867, 2001.

梅垣宏行、野村秀樹、中村了、安藤富士子, 下方浩史, 山本さやか, 葛谷雅文, 井口昭久:
大学病院老年科病棟における入院時総合機能評価と退院先との関係の検討. 第12回日本老年医学会東海地方会.
2001年9月22日,名古屋.日本老年医学会雑誌 39(2):231-232, 2002

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者におけるIQ低下、自律性と抑うつとの関連―縦断的検討―.
第12回日本老年医学会東海地方会.2001年9月22日,名古屋.日本老年医学会雑誌 39(2):231, 2002.

大藏倫博,甲田道子,新野直明,安藤富士子,下方浩史:
中高年者における安静時代謝と体組成および脂肪分布との関係.
第22回日本肥満学会.2001年10月12日,前橋.肥満研究 7(Suppl), 157, 2001.

野村秀樹、浅野和子、田辺直樹、棚橋尚子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、三宅養三:
中高年者における常用視力と矯正視力について.
第55回日本臨床眼科学会.2001年10月12日、京都.

浅野和子、野村秀樹、田辺直樹、棚橋尚子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、三宅養三:
長期縦断疫学調査(NILS-LSA)における年齢と乱視の関連.
第55回日本臨床眼科学会.2001年10月12日、京都.

杉森裕樹,新野直明,芳賀博,青柳潔,吉田英世,安田誠史,川口浩人,吉田勝美:
地域の高齢者における転倒と骨量の関連性の検討.
第60回日本公衆衛生学会、2001年11月1日、高松

植木章三, 島貫秀樹, 芳賀博, 河西敏幸, 高戸次郎, 坂本譲, 安村誠司, 新野直明:
高齢者の転倒予防教室を利用した歩行機能の維持改善のための体操プログラムの開発.
第60回日本公衆衛生学会、2001年11月1日, 高松

芳賀博, 植木章三, 安村誠司, 新野直明:
高齢者の転倒予防を目的とした保健事業に関する実態調査.
第60回日本公衆衛生学会, 2001年11月1日, 高松

島貫秀樹, 芳賀博, 植木章三,河西敏幸,高戸次郎,坂本譲,織井優貴子,安村誠司, 横山博子藺, 牟田洋美, 新野直明, 伊藤常久,中川由紀代:
転倒予防健診「参加者」と「不参加者」における閉じこもりの実態とその身体的要因.
第60回日本公衆衛生学会,2001年11月1日,高松

今井具子, 森圭子, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史:
中年及び高齢者の血清過酸化脂質と抗酸化ビタミン, イソフラボノイド摂取量との関連.
第23回日本臨床栄養学会.2001年11月2日, 名古屋.

福川康之、斎藤伊都子、中島千織、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
看護職員の勤務パタンが疲労感に及ぼす影響―看護職員のストレスに関する研究(2)―.
第65回日本心理学会大会.2001年11月7日.つくば.大会発表論文集914, 2001.

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者における自律性と活動能力が生活満足度に及ぼす影響.
第65回日本心理学会、2001年11月8日、つくば. 日本心理学会第65回大会発表論文集, 687, 2001.

新野直明、安藤富士子、下方浩史、安村誠司、芳賀博:
高齢者に於ける転倒と視機能の関係.
第66回民族衛生学会.2001年11月15日 那覇

植木章三, 島貫秀樹, 河西敏幸, 高戸次郎, 坂本譲, 織井優貴子, 芳賀博, 伊藤常久, 安村誠司, 中川由紀代, 新野直明:
在宅自立高齢者の転倒予防を目的とした体操づくり教室の開催と体操の普及への取り組み.
第22回日本医療体育研究会/アジア障害者体育・スポーツ学会第3回合同大会, 2001年12月1日, 横浜

今井具子, 森圭子, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史:
家族構成からみた中年期および更年期の栄養摂取状況.
第12回日本疫学会 2002年1月24日 東京

安藤富士子, 今井具子, 坪井さとみ, 福川康之, 新野直明, 下方浩史:
高齢者の脂質摂取と抑うつとの関連.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京. Journal of Epidemiology. 12(Suppl):174,2002

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者のIQとその関連要因に関する研究.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京. J Epidemiol 12(Suppl 1); 172, 2002.

大藏倫博, 甲田道子, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史:
性・年齢別にみた安静時代謝と体脂肪分布の関係.
第12回日本疫学会 2002年1月24日 東京. J Epidemiol 12(Suppl 1); 112, 2002.

道用 亘, 小坂井留美, 都竹茂樹, 新野直明, 安藤富士子, 下方浩史:
中高齢者における歩行動作の特徴.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京 J Epidemiol 12(Suppl 1); 170, 2002.

福川康之、中島千織、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
疾患および外傷が中高年の活動性と抑うつに及ぼす影響.
第12回日本疫学会学術集会.2002年1月25日.東京.
J Epidemiol 12(Suppl 1); 175, 2002.

内田育恵, 中島 務, 新野直明, 安藤富士子, 下方浩史:
一般地域住民における聴覚に関する意識と聴力評価.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京.
J Epidemiol 12(Suppl 1); 169, 2002.

藤澤道子, 安藤富士子, 武隈 清, 新野直明, 下方浩史:
血圧と頭部MRI上のラクナ梗塞に関する縦断的検討.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京
J Epidemiol 12(Suppl 1); 194, 2002.

森 圭子, 今井具子, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史:
長期縦断疫学研究(NILS-LSA)における中高年男性の食習慣に及ぼす影響.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京.
J Epidemiol 12(Suppl 1); 96, 2002.

山田芳司, 藤澤道子, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史:
Transforming growth factor-β1(TGF-β1)遺伝子多型と血圧との関連.第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京.
J Epidemiol 12(Suppl 1); 51, 2002.

安田誠史、新野直明、大原啓史:
地域在宅高齢者の転倒経験に関連する要因.
第12回日本疫学会 2002年1月25日 東京.

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者における生活満足度とその関連要因―自律性と活動能力の観点から―.
第3回日本健康支援学会、2002年2月17日、福岡.健康支援 4; 67, 2002.

甲田道子, 大藏倫博, 安藤富士子, 新野直明, 下方浩史:
内臓脂肪面積と生活習慣病危険因子との関係-年代による違い-.
第3回日本健康支援学会, 2002年2月17日, 福岡.健康支援 4(1):69,2002 .

 

6. その他セミナー、講演等.

安藤富士子, 藤澤道子, 甲田道子, 今井具子, 道用亘, 小坂井留美, 新野直明, 下方浩史:
地域在住中高年者の動脈硬化関連要因と生命予後に関する長期縦断疫学研究.
公益信託日本動脈硬化予防研究基金平成12年度研究報告会. 2001年5月12日.東京.
公益信託日本動脈硬化予防研究基金平成12年度研究報告集、24, 2001.

新野直明:
うつを正しく理解しよう.
清水なかまの家公開講演会, 2001年5月12日, 名古屋

中島千織 :
こころの健康.
共長公民館 2001年5月18日 大府

大藏倫博 :
活力年齢と運動習慣.
新潟放送健康保健組合主催健康サポート教室, 2001年4月28日, 新潟

今井具子 :
あなたの食生活を見直してみましょう.
東浦保健センター, 2001年4月9日, 東浦

下方浩史 :
肥満と長寿.
愛知県栄養士医療部会西三河地区病態栄養研修会, 2001年6月16日, 刈谷

新野直明 :
高齢者の転倒について.
豊田市老人クラブ連合会主催講演会, 2001年6月27日, 豊田.

安藤富士子:
高齢者糖尿病治療コンセンサスの形成に向けて~治療介入としての生活習慣改善の意義~.
第5回高齢者糖尿病治療研究会.2001年10月27日,東京.

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター