文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > 業績 > NILS-LSA活用研究室 業績 平成12年度

NILS-LSA活用研究室 業績 平成12年度

1. 原著論文

野村秀樹、佐藤美保、佐藤寿一、藤原奈佳子、下方浩史:
高齢者における立体視機能と他の視機能との関連-高齢者健診の結果より-.
眼科臨床医報, 94,539-542,2000.

蟹江治郎、河野和彦、河野 勤、大澤雅子、山本孝之、赤津裕康、下方浩史、井口昭久:
高齢者に対する経皮内視鏡的胃瘻造設術における合併症:創部感染症と呼吸器感染症の検討.
日本老年医学会誌 37, 143-148,2000

Shimokata H, Ando F, Niino N:
A new comprehensive study on aging ?the National Institute for Longevity Sciences, Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA).
J Epidemiol 10(Suppl 1):S1-S9,2000.

Ando F, Takekuma A, Niino N, Shimokata H:
Ultrasonic evaluation of common carotid intima-media thickness (IMT) - influence of local plaque on the relationship between IMT and age.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S10-S17,2000.

Koda M, Tsuzuku S, Ando F, Niino N, Miyake Y, Shimokata H:
Assessment of body composition by air-displacement plethysmography in middle-aged and elderly Japanese : comparison with dual-energy X-ray absorptiometry.
Ann NY Acad Sci 904:484-488,2000

Nomura H, Tanabe N, Nagaya S, Ando F, Niino N, Miyake Y, Shimokata H:
Eye Examinations at the National Institute for Longevity Sciences - Longitudinal Study of Aging: NILS-LSA.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S18-S25,2000.

Uchida Y, Nomura H, Itoh A, Nakashima T, Ando F, Niino N, Shimokata H:
The effects of age on hearing and middle ear function.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S26-S32,2000.

Takekuma A, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Age and gender differences in skin sensory threshold assessed by current perception in community-dwelling Japanese citizens.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S33-S38,2000.

Tsuzuku S, Niino N, Ando F, Shimokata H:
Bone mineral density obtained by peripheral quantitative computed tomography (pQCT) in middle-aged and elderly Japanese.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S39-S45,2000.

Shimokata H, Yamada Y, Nakagawa M, Okubo R, Saido T, Funakoshi A, Miyasaka K, Ohta S,Tsujimoto G, Tanaka M, Ando F, Niino N:
Distribution of Geriatric Disease-Related Genotypes in the National Institute for Longevity Sciences, Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA).
J Epidemiol 10(Suppl 1):S46-S55,2000.

Tsuboi S, Fukukawa Y, Niino N, Ando F, Tabata O, Shimokata H:
The Factors Related to Age Awareness among Middle-aged and Elderly Japanese.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S56-S62,2000.

Fukukawa, Y., Tsuboi, S., Niino, N., Ando, F., Kosugi, S., Shimokata, H:
Effects of social support and self-esteem on depressive symptoms in Japanese middle-aged and elderly people.
Journal of Epidemiology, 10(3): S63-S69, 2000.

Imai T, Sakai S, Mori K, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Nutritional Assessments of 3-Day Dietary Records in National Institute for Longevity Sciences - Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA).
J Epidemiol 10(Suppl 1):S70-S76,2000.

Kozakai R, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Age-related changes in gait velocity and leg extension power in middle-aged and elderly people.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S77-S81,2000.

Koda M, Ando F, Niino N, Tsuzuku S, Shimokata H:
Comparison between the air displacement method and dual energy X-ray absorptiometry for estimation of body fat.
J Epidemiol 10(Suppl 1):S82-S89,2000.

Niino N, Tsuzuku S, Ando F, Shimokata H:
Frequencies and Circumstances of Falls in the National Institute for Longevity Sciences, Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA).
J Epidemiol 10(Suppl 1):S90-S94,2000.

安村誠司、鈴木隆雄、芳賀博、新野直明、長田久雄、茂木紹良、藺牟田洋美、阿部ひろみ、深尾彰:
高齢の入院患者における大腿骨頸部骨折予防装具の使用に関する基礎的研究. 
保健の科学 42、409-413、2000

森 圭子、岡佐貴世、安藤富士子、下方浩史、早川式彦、岸田典子、佐藤祐造:
高齢者における食物摂取頻度法の問題点.
中京短期大学論叢 30(19);59-66, 1999.

Koda M, Tsuzuku S, Ando N, Niino N, Shimokata H: Body composition by air displacement plethysmography in middle-aged and elderly Japanese: Comparison with dual-energy x-ray absorptiometry. Ann NY Acad Sci. 904:484-488,2000.

葛谷雅文、遠藤英俊、梅垣宏行、中尾 誠、丹羽 隆、熊谷隆浩、牛田洋一、鍋島俊隆、下方浩史、井口昭久:
高齢者服薬コンプライアンスに影響を及ぼす諸因子に関する研究.
日本老年医学会誌 37,363-370,2000.

Iwao S, Iwao N, Muller DC, Elahi D, Shimokata H, Andres R:
Effect of aging on the relationship between multiple risk factors and waist circumference.
J Am Geriatr Soc. 48; 788-94, 2000.

Mori K, Ando F, Nomura H, Sato Y, Shimokata H:
Relationship between intraocular pressure and obesity in Japan.
Int J Epidemiol 29; 661-666, 2000.

Miyaishi O, Ando F, Matsuzawa K, Kanawa R, Isobe K:
Cancer incidence in old age.
Mechanism of Age and Development. 117:47-55,2000.

石崎達郎、渡辺修一郎、鈴木隆雄、吉田英世、柴田博、安村誠司、新野直明:
日本老年医学会雑誌.日本老年医学会雑誌.37:548-553、2000.

Nomura H, Shimokata H, Niino N, Ando F, Sugita J, Miyake Y:
Estimation of Anterior Nucleus of Lens by Scheimpflug Image Before and After Pupil Dilatation.
Jpn J Ophthalmol 44:682-685,2000.

新野直明、小坂井留美、小笠原仁美、都竹茂樹、安藤富士子、下方浩史:
National Institute for Longevity Sciences-Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA)における運動能力調査.
Research in Exercise Epidemiology, 2(supple), 10-15,2000.

中島千織 高齢者のソーシャル・サポートに関する探索的研究―個別面接データから― 
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(心理発達科学) 47:167-172, 2000.

藤澤道子、松林公蔵、和田知子、奥宮清人、土井義典、下方浩史:
地域在住高齢者の血圧の比較-沖縄県伊江村と愛媛県面河村.
日本老年医学会誌 37(9),744-748,2000.

Kajioka T, Shimokata H, Sato Y:
The effect of daily walking on body fat distribution.
Environ Health Prev Med. 5(3): 86-89, 2000.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Transforming Growth Factor-beta1 Gene Polymorphism and Bone Mineral Density.
JAMA 285: 167-168, 2001.

Iwao N, Iwao S, Muller DC, Elahi D, Shimokata H, Andres R:
A test of recently proposed BMI standards with respect to old age.
Aging 12; 461-469, 2001.

 

2. 総説

Shimokata H, Ando F, Niino N:
A new comprehensive study on aging - the National Institute for Longevity Sciences, Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA).
J Epidemiol 10:S1-S9,2000.

甲田道子、下方浩史:
体脂肪分布.
現代醫學47(3):403-408,2000.

下方浩史:
長期縦断疫学研究について.
中部病院ニュース 9:4-5,2000.

下方浩史、安藤富士子:
寿命の性差-縦断研究.
Geriatric Medicine 38(12):1763-1767,2000.

安藤富士子:
寝たきりの原因としての糖尿病
Geriatric Medicine 38(7),923-928,2000.

下方浩史,甲田道子:
肥満度と寿命
日本医事新報 3978,111,2000.

熊谷秋三、甲田道子:
肥満治療への取り組みの現状と問題点.
ヘルスカウンセリング 3:38-44、2000.

新野直明:
高齢者の精神的健康度をどうみるか-GDS指標の使い方を中心に. 
生活教育 44、22-26、2000.

甲田道子、下方浩史:
身体活動と肥満・身体組成に関する疫学調査.
日本臨牀第58号2000年増刊号 身体活動と生活習慣病:404-408, 2000.

安藤富士子:
尿失禁のケアとリハビリテーション
Gerontology 13(2):156-159, 2001

 

3. 著書

下方浩史:
高齢者の栄養問題.
これからの老年学-サイエンスから介護まで(井口昭久編) 名古屋大学出版会、名古屋、92-96, 2000.

下方浩史:
高齢者の疫学.
これからの老年学-サイエンスから介護まで(井口昭久編) 名古屋大学出版会41-45, 2000.

安藤富士子:
在宅ケアの基本.
35歳からの家庭医学百科(秋山洋、大内尉義、杉本恒明編)時事通信社 752-758,2000

安藤富士子:
寝たきり.
これからの老年学-サイエンスから介護まで(井口昭久編) 名古屋大学出版会 71, 2000.

安藤富士子:
QOL.
これからの老年学-サイエンスから介護まで(井口昭久編) 名古屋大学出版会 46-50, 2000.

新野直明、土井徹、加藤種一、當目貴世美、崎原盛造:
死亡現象に及ぼす気候の影響.
柊山幸志郎 長寿の要因?沖縄社会のライフスタイルと疾病?:27-33.2000.九州大学出版会.

吉池信男、伊達ちぐさ、比嘉政昭、長谷川恭子、城田知子、安藤富士子、田中平三:
沖縄の特徴的な食生活、身体活動、保健活動に関する多施設共同疫学調査.長寿の要因-沖縄社会のライフスタイルと疾病-.
柊山幸四郎編.九州大学出版会 266-292,2000.

安藤富士子:
入浴介助の方法は? 高齢者を知る事典 
介護・医療・予防研究会編 厚生科学研究所 366-368, 2000.

下方浩史:
老化の指標は? 高齢者を知る事典 
介護・医療・予防研究会編 厚生科学研究所 24-25, 2000.

下方浩史:
高齢者の趣味や余暇の過ごし方は? 
高齢者を知る事典 介護・医療・予防研究会編 厚生科学研究所 98-99, 2000.

甲田道子:
体格,身体組成の測定・評価.井上一,武藤芳照,福田濶編著.
改訂第3版運動療法ガイド 正しい運動処方を求めて:42-46,2000.日本医事新報社.

 

4. シンポジウム、特別講演

下方浩史:
Aging Science Forum.百寿者・長寿老人から学ぶ老年医学 4.長寿者になるための生理学的条件.
第42回日本老年医学会 2000年6月17日 仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 72, 2000.

下方浩史:
教育講演 肥満と長寿.
第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋.肥満研究 6(Suppl); 73, 2000.

下方浩史:
シンポジウム 老年期痴呆の診療 認知機能障害の危険因子
第55回国立病院療養所総合医学会 2000年11月9日 東京.

下方浩史:
高齢者の基準.
第3回日本高齢消化器医学会 2001年1月27日 米子.
日本高齢消化器医学会議会誌 3(1); 23, 2001.

 

5. 学会発表

野村秀樹、田辺直樹、安藤富士子、新野直明、下方浩史、長屋祥子、三宅養三:
老化に関する長期縦断疫学調査:視機能調査結果に関する年代間での比較.
第104回日本眼科学会総会 2000年4月6-8日 京都.日本眼科学会雑誌 104(Suppl); 265, 2000.

内田育恵、梅田広海、中島務、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
連続周波数ティンパノメトリを用いた中高年者の中耳機能.
日本耳鼻咽喉科学会第101回学術講演会.2000.5.18-20.福岡.

棚橋尚子、野村秀樹、田辺直樹、 安藤富士子、新野直明、下方浩史:
老化に関する長期縦断疫学調査:近視との関連要因の検討. 
第104回日本眼科学会総会 2000年4月6-8日 京都、日本眼科学会雑誌 104(Suppl); 264, 2000.

安藤富士子、新野直明、今井具子、坪井さとみ、福川康之、下方浩史:
地域在住中高年者の栄養摂取量と抑うつ. 
第42回日本老年医学会 2000年6月15日 仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 103, 2000.

甲田道子,安藤富士子,新野直明,下方浩史:
中高年者における身体組成および筋厚と年齢との関係.
第42回日本老年医学会 2000年6月15日 仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 103, 2000.]

今井具子、岡佐貴世、森圭子、安藤富士子,新野直明,下方浩史(疫学研究部).
食品摂取数と栄養素充足率の関連.
第54回日本栄養・食糧学会大会 2000年5月14日 愛媛.

新野直明、安藤富士子、都竹茂樹、野村秀樹、福川康之、小坂井留美、下方浩史、安村誠司、芳賀 博、杉森祐樹:
都市部高齢者を対象とした転倒調査.
第42回日本老年医学会 2000年6月16日、仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 135, 2000.

蟹江治郎、河野 勤、大澤雅子、赤津弘康、山本孝之、下方浩史、安藤富士子、井口昭久:
高齢者に対する内視鏡的胃瘻造設術の経験-胃瘻造設後、胃潰瘍を発生した症例に対しての検討.第42回日本老年医学会 2000年6月17日、仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 179, 2000

森 圭子、今井具子、岡佐貴世、安藤富士子、新野直明、下方浩史、佐藤祐造:
地域住民における食物摂取頻度調査法と加齢との関連.第42回日本老年医学会 2000年6月17日、仙台.
日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 182, 2000.

葛谷雅文、下方浩史、安藤富士子、新野直明、井口昭久:
日本人の血圧、眼底所見の過去10年間の変動.
第42回日本老年医学会 2000年6月15日 仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 108, 2000.

梅垣宏行、葛谷雅文、中尾 誠、丹羽 隆、鍋島俊隆、下方浩史、井口昭久:
高齢者服薬コンプライアンスに影響を及ぼす因子の検討.
第42回日本老年医学会 2000年6月17日、仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 176, 2000.

藤澤道子、安藤富士子,新野直明,甲田道子,武隈 清、下方浩史:
ラクナ梗塞と頸動脈内膜肥厚.
第42回日本老年医学会 2000年6月15日 仙台.日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 104, 2000.

武隈 清、藤澤道子、安藤富士子,新野直明,下方浩史:
地域住民におけるVentricular Brain Ratio (VBR) 第42回日本老年医学会 2000年6月15日 仙台.
日本老年医学会雑誌 37(Suppl); 121, 2000.

葛谷雅文、下方浩史、浅井俊亘、神田 茂、安藤富士子、井口昭久(疫学研究部)
日本人の血清脂質10年間の推移.
第32回日本動脈硬化学会 2000年6月2日 千葉 動脈硬化 28(Suppl); 179, 2000.

福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
家族との死別体験が中高年の対人関係に及ぼす影響.
第42回日本老年社会科学会学術集会.2000年7月7日.札幌.老年社会科学22(2); 192, 2000.

坪井さとみ、福川康之、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者の心理的機能の類型―生活満足度および活動能力からみた特徴―.
第42回日本老年社会科学会 2000年7月7日 札幌.老年社会科学 22(2):183,2000.

小坂井留美、都竹茂樹、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、矢部京之助:
中高年における歩行特性の加齢変化に関する横断的研究.
第55回日本体力医学会大会 2000年9月21日 富山.体力科学 49(6); 753, 2000.

甲田道子、小坂井留美、小笠原仁美、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
体脂肪量および除脂肪量の年齢による違い.
第55回日本体力医学会大会 2000年9月21日 富山. 体力科学 49(6); 944, 2000.

武隈 清、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
加齢に伴う脳梁萎縮の性差の有無についての検討 
第11回老年医学会東海地方会 2000年9月30日 名古屋 
日本老年医学会雑誌 38:574, 2001.

野村秀樹、安藤富士子、下方浩史、三宅養三:
3年間の眼圧変化とその関連要因について 
第11回日本緑内障学会 2000年9月1日 神戸

小坂井留美、都竹茂樹、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、矢部京之助:
中高年における1日の歩数と脚伸展パワー-長期縦断疫学調査の第一回調査結果から-.
日本体育学会第51回大会 2000年10月9日 奈良.

甲田道子、下方浩史、安藤富士子、新野直明:
β3アドレナリン受容体、CCK-A受容体の遺伝子多型と体重増加および体脂肪率との関係.
第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋.肥満研究 6(Suppl); 97, 2000.

都竹茂樹、梶岡多惠子、下方浩史、前田 清、遠藤英俊:
低強度レジスタンストレーニングが高齢男性の身体組成・血液性状へ及ぼす影響.
第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋.肥満研究 6(Suppl);109, 2000.

梶岡多恵子、下方浩史、甲田道子、安藤富士子、新野直明、佐藤祐造:
臍位腹部厚径(Sagittal Abdominal Diameter)と血圧、血清脂質、糖代謝との関連.
第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋.肥満研究 6(Suppl); 136, 2000.

森圭子、今井具子、岡佐貴世、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
肥満度別にみた栄養摂取評価方法の検討-3日間の食事記録と食物摂取頻度法の差異-.
第21回日本肥満学会 2000年10月19日 名古屋.肥満研究 6(Suppl); 99, 2000.

Imai T, Oka S, Mori K, Ando F, Niino N, Shimokata H:
Use of photo-administered 3-day dietary record, The fourth international conference on dietary assessment methods, 2000.9.17-9.20.
Tucson, USA. Book of Abstracts, A.6.16.

今井具子、岡佐貴世、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
写真を併用した食事調査について.
第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月18日 群馬. 
日本公衆衛生学会誌 47(11); 189, 2000.

新野直明、福川康之、坪井さとみ、安藤富士子、下方浩史、鈴木隆雄,柴田博:
都市部と農村部における在宅高齢者の抑うつ症状有症率.
第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月20日 群馬. 
日本公衆衛生学会誌 47(11); 688, 2000.

芳賀博、古瀬みどり、植木章三、新野直明、安村誠司: 
高齢者転倒予防事業に関する全国調査-予備調査に基づく分析. 
第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月19日 群馬.

石崎達郎、吉田英世、鈴木隆雄、湯川晴美、金憲経、渡辺修一郎、熊谷修、藤原佳典、新開省二、新野直明、井原一成、柴田博: 
地域在住高齢者における尿失禁の状況. 
第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月19日 群馬.

福川康之、坪井さとみ、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
中高年者の死別体験および対人交流と抑うつとの関連.
第64回日本心理学会学術集会.
2000年11月6日.京都.大会発表論文集960, 2000.

坪井さとみ、福川康之、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部):
老いの自覚と関連要因の年代による特徴. 
日本心理学会第64回大会 2000年11月7日 京都.

丹下智香子、坪井さとみ、福川康之、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部):
成人中・後期における死に対する態度(3). 
日本心理学会第64回大会 2000年11月7日 京都.

野村秀樹、田辺直樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史、三宅養三:
一般地域住民における角膜中心厚と年齢との関係. 
第54回臨床眼科学会 2000年11月4日 東京.

田辺直樹、野村秀樹、棚橋尚子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、長屋祥子、三宅養三:
眼底動脈硬化と全身的要因との関連. 
第54回臨床眼科学会 2000年11月4日 東京.

甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
β3アドレナリン受容体、CCK-A受容体の遺伝子多型と体重増加との関係.
第11回日本疫学会 2001年1月25日.つくば. J Epidemiol 11(Suppl 1);108, 2001.

今井具子、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
国立長寿研・老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)における栄養調査の結果.
第11回日本疫学会 2001年1月 つくば.

福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史:
地域住民における心理社会的ストレス、対人関係と抑うつとの関連.
第11回日本疫学会学術集会.2001年1月16日.つくば.
学術総会講演集158, 2001.

藤澤道子、武隈清、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
国立長寿研・老化に関する長期縦断疫学調査(NILS-LSA)における頭部MRI虚血性所見の検討.
第11回日本疫学会 2001年1月 つくば. J
Epidemiol 11 (Suppl 1); 82, 2001.

野村秀樹、今井具子、安藤富士子、新野直明、下方浩史,三宅養三:
長期縦断疫学調査(NILS-LSA)におけるビタミン摂取量と水晶体透光度の関連.
第11回日本疫学会 2001年1月 つくば.
J Epidemiol 11 (Suppl 1); 60, 2001.

道用亘、小坂井留美、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
中高齢者の歩行支持期における身体重心速度と下肢関節トルク.
第2回日本健康支援学会 2001年2月 福岡.
健康支援 3(1), 63, 2001.

甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史:
ウエスト囲と内臓脂肪面積および皮下脂肪面積との関係.
第2回日本健康支援学会 2001年2月17日 
福岡. 健康支援 3(1), 64, 2001.

Kajioka T, Masaki K, Chen R, Abbott R, Rodriguez BL, Shimokata H, Sato Y, Curb JD:
The association of sagittal abdominal diameter with metabolic risk factors for cardiovascular disease in elderly Japanese-American men.
The 5th International Conference on Preventive Cardiology, May 27-31, Osaka, Japan, Journal of Jananese Society of Cardiovascular DiseasePrevention 36(Suppl); 77, 2001.

甲田道子:
NILS-LSA(国立長寿研・老化に関する長期縦断疫学研究)における形態・身体組成の研究.
日本人類学会第16回Anthology分科会研究会 大妻女子大学 2001年3月10日 東京.

 

6. その他セミナー、講演等.

下方浩史:
住環境要因からみた長生きの条件 
平成12年度消費生活専門講座 愛知県西三河消費生活センター 2000年5月25日 岡崎

下方浩史:
たばこと健康-知能、病気 
たばこと健康に関する講演会 あいち健康プラザ2000年5月28日 大府

下方浩史:
住環境要因からみた長生きの条件 
平成12年度三好町消費生活専門講座 愛知県三好町商工観光課 2000年6月22日

下方浩史:
長寿と肥満.
第1回静岡県高齢者医療セミナー 2000年7月1日 静岡

甲田道子:
暮らしと健康~心とからだの健康を保つために~.
戸笠コミュニティセンター生涯学習あらかると 2000年10月25日 名古屋

安藤富士子:
疫学から見た生活習慣病について 
愛知県江南保健所 2000年11月27日 江南

下方浩史:
長寿を目指す健康支援-新たな研究と戦略 
第77回東海技術サロン 2000年11月29日 名古屋

甲田道子:
肥満について.
すっきりスリム教室.東浦保健センター 2000年12月7日 東浦

今井具子:
食事調査の実際.
全国研究教育栄養士協議会研修会 女子栄養大学 2001年3月24日 東京

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター