文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > すこやかな高齢期をめざして > No.30 耳垢(みみあか)と認知機能の意外な関係

No.30 耳垢(みみあか)と認知機能の意外な関係

 普段、皆さんは何気なく耳掃除を行っていると思いますが、耳垢(みみあか、”じこう”とも読みます)に2種類あることをご存じでしょうか。白人や黒人では、ほとんどの人がねばねばした「湿性耳垢」というタイプです。一方、日本人をはじめとした黄色人では、カサカサした「乾性耳垢」というタイプが半数以上を占めます。

  たかが耳垢でも、異常なたまり方をする場合があります。耳垢が栓のように詰まった「耳垢栓塞(じこうせんそく)」という状態になると、これはもはや立派な病気で、耳鼻咽喉科医でないと耳垢を取ることができませんし、難聴や感染の原因にもなります。耳垢栓塞は湿性耳垢や、耳の小さい子ども、耳垢を排出する力が弱くなった高齢者に多く見られます。アメリカの高齢者向け施設での調査は、6割以上の入所者に耳垢栓塞があり、耳垢栓塞を取ることで聴力が改善しただけでなく、認知機能も改善されたことが報告されています。

 

 そこで、乾性耳垢の多い日本ではどれぐらいの方に耳垢がつまっているのか、また、耳垢と、聴力や認知機能に関連があるかどうかについて、NILS-LSAの第5次調査のデータで検討してみました。

 

 図はNILS-LSAで鼓膜ビデオ撮影した結果を右耳、左耳で分類したものです。高齢になるに従って、正常鼓膜の頻度が少なくなっています。高齢では、鼓膜に石灰化(注)のあるような異常鼓膜の件数、耳毛や外耳道狭窄(がいじどうきょうさく)(注)などの原因で鼓膜確認できない件数も多いのですが、耳垢で鼓膜が観察できない方も増加しています。

図:耳垢による鼓膜確認不可の割合
 

 では、(鼓膜が観察できないくらいの)耳垢があるとどれぐらい聞こえに影響するでしょうか。耳垢がある人は年齢も高いので、年齢などの要因の影響を考慮して検討した結果、耳垢があると平均7dB、聴力が悪いことが分かりました。7dBは、誰もが音の大きさの変化を感じる程度です。また、耳垢のある人では認知機能が低いことも分かりました。

 

 この結果については、耳垢による難聴のせいで認知機能が低下するという可能性、認知機能の低い人は耳掃除の頻度が少なく耳垢がたまりやすいという可能性の両方が考えられます。その後の別の調査では、認知症の人では耳垢栓塞になる人が多いこと、また、そのような方で耳垢栓塞を除去すると聴力が改善するとともに認知機能も保たれやすくなることが分かりました。つまり、両方の要因が混在していると考えられます。

 

 

  ただし、耳をかき過ぎると、耳の中に傷がついたり、外耳炎になりやすくなったりすることもあります。無理をせずに、耳鼻咽喉科医に相談することをお勧めします。

 

 

(注)石灰化:鼓膜にカルシウムが沈着すること
   :鼓膜に穴が空いた状態
   外耳道狭窄:外耳道が狭いこと

高齢で耳が遠い方は、1年に1度ぐらい、耳垢がたまっていないか診察を受けるとよいでしょう。

<コラム担当:SS>

 

*このコラムの一部は、以下の研究成果として発表しています*

杉浦彩子、内田育恵、中島務、西田裕紀子、丹下智香子、安藤富士子、下方浩史.
高齢者の耳垢の頻度と認知機能、聴力との関連.
日本老年医学会雑誌(2011)49(3)pp325-329.

*ご関心のある方は、こちらもご覧下さい*

杉浦彩子.ブルーバックス 驚異の小器官 耳の科学:聞こえる不思議からめまい、耳掃除まで.講談社(2014).

 

< No.29「末永く自立した生活を送るために」を表示        No.31「あなたの黒目の細胞は大丈夫?」を表示 >