文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > すこやかな高齢期をめざして > No.6 お魚とお肉、よく食べるのはどちら?

No.6 お魚とお肉、よく食べるのはどちら?

 日本は豊富な水産資源に恵まれ、古くから魚を貴重なたんぱく源としてきました。しかし近年、特に若い世代で「魚離れ」が進行しているといわれています。水産庁の資料によると国民1人1日当たり魚介類摂取量は近年減少傾向にあり、肉類摂取量はほぼ横ばいのため、平成18(2006)年には初めて肉類が魚介類の摂取量を上回ったことが報告されています。

 

 皆さんは、普段、お魚とお肉、どちらをよく食べていますか?

 

 下図は、「国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」の第1次調査(1997-2000年)と第6次調査(2008-2010年)の両調査に参加してくださった1,130人の方を第1次調査の年齢で40、50、60、70歳代に分け、両調査での魚介類と肉類摂取量の平均値の推移を示しています。

 

 皆さんも昨日の一日の食事を思い出して、ご自身がどのあたりにいるか、確認してみましょう。

 

[目安量]


図. 年齢群別、一日あたりの魚介類と肉類摂取量(g/日)の10年間の推移

 図中のしるしを見ると、NILS-LSA対象者の皆さんは肉類より魚介類摂取量(g)が多いようですね。“白いしるし”の第1次調査と“塗りつぶしたしるし”の第6次調査の約10年間では肉類摂取量はあまり変わらないものの、魚介類摂取量が男性の60歳代と70歳代、女性の50歳代で10-20g程度減少しています。

 

 お肉もお魚も私たち日本人にとって、たんぱく質の重要な供給源です。種類によって異なるものの、お肉にはエネルギー代謝に重要なビタミンB群や鉄分、コラーゲンなどが多く含まれ、過剰摂取は動脈硬化や脂質異常症のリスクを高めますが、栄養価の高い貴重な動物性たんぱく源です。お魚にも他の食品にはほとんどないエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)など抗血栓作用や血中脂質低下作用をもつ脂質が多く含まれており、動脈硬化性疾患などの予防に有用と考えられています。

 

 生産技術や流通システム、貯蔵技術の開発により、私たちは鮮度の高い世界各国のお魚やお肉を(たとえば近隣スーパーや市場で)手軽に手に入れることができるようになりました。この恩恵に感謝しつつ、魚か肉、どちらか片方よりも双方を、そして様々な種類を楽しみたいですね。お魚もお肉も両方食べる方が、健康維持には好ましいと考えられます。また、料理のレパートリーが増えることで食卓が賑やかになり、食事の楽しみも増すでしょう。 さあ、是非おいしそうな食材を見つけて、良質たんぱく質を体内に取り入れませんか。

 


肉も魚もどちらかに偏らず、両方おいしく食べましょう!

<コラム担当:RO>

 

*このコラムは、以下の研究成果をもとに作成いたしました*
大塚礼,加藤友紀,今井具子,安藤富士子,下方浩史
地域在住中高年男女における出生コホート別の10年間の魚介類およびEPA・DHA摂取量の推移
栄養学雑誌. 2013;71(4):185-195.

 

 

< No.5 「「自分を好き」と思う気持ちを大切に」を表示

No.7 「人生の予定表の最後のページ」を表示 >