文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > NILS-LSA活用研究室 > すこやかな­高齢期をめ­ざして > すこやかな高齢期をめざして(カテゴリ別)

すこやかな高齢期をめざして(カテゴリ別)

 日本の社会は、高齢化が急速に進んでいます。そして、誰もが、単に長生きするだけではなく、高齢になってもできる限り、心身ともに健康に過ごしたいと考えています。平成9年から地域の方々にご協力いただいて実施している「国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」では、健康長寿社会の構築を目指して、これまでに多くの研究成果を公表してまいりました。「すこやかな高齢期をめざして~ワンポイントアドバイス~」では、「老化に関する長期縦断疫学研究」で明らかになったことを、より多くの皆様に知っていただくために、さまざまなトピックスをご提供していく予定です。

 初回は「老化に関する長期縦断疫学研究」の概要をご紹介します。2回目以降は、医学、栄養学、心理学、運動学分野といったさまざまな分野の研究から、すこやかな高齢期を目指していただくために、役立つ情報をお届けしたいと思います。

 

トピックス一覧表示へ

 

はじめに  

栄養                                      トピックスNo.

高齢になると味付けは濃くなる? 
お肉とお魚、よく食べるのはどちら?
良質なたんぱく質とは?
食事と認知機能(1)~魚油に多く含まれるDHA~ 18
魚の栄養と気分の落ち込み 20
食事と認知機能(2)~牛乳乳製品~ 21
食事と認知機能(3)~日本の食文化に欠かせない豆類~ 24
食事と認知機能(4)~いろいろな食品を食べること~ 26

心理                                      トピックスNo.

何もしなくていい生活は幸せか
加齢にともなって成熟していく、知的な能力とは
「自分を好き」と思う気持ちを大切に
人生の予定表の最後のページ
好奇心旺盛に過ごすことの重要性 12
仕事を続けて家庭円満!? 15
“趣味活”でイキイキした毎日を! 16
男の幸せ・女の幸せ 19
「心のこり」のない人生を! 25
「フレイル」とこころの健康 28
パーソナリティと認知機能  ~誠実性の強み~ 32

運動                                   トピックスNo.

ウォーキングの新たな効果
速く歩けること、バランスを保てることの大切さ 10
動くことは脳を鍛えること 13
握力は活力のバロメーター 34

医学                                       トピックスNo.

ロコモティブシンドローム(ロコモ)をご存じですか 11
夜間のトイレ 何回行きますか 14
年をとると眼鏡が必要?? 17
痩せすぎは緑内障に注意? 22
たばこと内臓脂肪はやっぱり悪者!? 23
フレイルに気をつけて 27
末永く自立した生活を送るために 29

耳垢(みみあか)と認知機能の意外な関係

30
あなたの黒目の細胞は大丈夫? 31
知的な能力と難聴の関係 33

トピックスは順次追加する予定です(最終更新日:2018年4月12日)