氏名

島田 裕之
シマダ ヒロユキ
学位 医学博士
専門分野

リハビリテーション、老年学

所属学会 日本理学療法士協会、日本老年医学会、理学療法科学学会(評議員)、
日本認知症学会、日本公衆衛生学会、日本転倒予防学会(評議員)、
日本介護福祉・健康づくり学会(理事)、
日本サルコペニア・フレイル学会(理事)、日本認知症予防学会(評議員)
主な研究業績

1. Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Doi T. Driving and Incidence of Functional Limitation in Older People: A Prospective Population-Based Study. Gerontology, 62(6): 636-643, 2016.
2. Shimada H, Makizako H, Lee S, Doi T, Lee S, Tsutsumimoto K, Harada K, Hotta R, Bae S, Nakakubo S, Harada K, Suzuki T. Impact of Cognitive Frailty on Daily Activities in Older Persons. J Nutr Health Aging, 20(7): 729-735, 2016.
3. Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Suzuki T. Cognitive Impairment and Disability in Older Japanese Adults. PLoS One, 11(7): e0158720, 2016.
4. Shimada H, Tsutsumimoto K, Lee S, Doi T, Makizako H, Lee S, Harada K, Hotta R, Bae S, Nakakubo S, Uemura K, Park H, Suzuki T. Driving continuity in cognitively impaired older drivers. Geriatr Gerontol Int, 16(4): 508-514, 2016.
5. Shimada H, Uemura K, Makizako H, Doi T, Lee S, Suzuki T. Performance on the flanker task predicts driving cessation in older adults. Int J Geriatr Psychiatry, 31(2): 169-175, 2016.
6. Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Suzuki T. Incidence of disability in frail older persons with or without slow walking speed. J Am Med Dir Assoc, 16(8): 690-696, 2015.
7. Shimada H, Park H, Makizako H, Doi T, Lee S, Suzuki T. Depressive symptoms and cognitive performance in older adults. J Psychiatr Res, 57: 149-156, 2014.
8. Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Lee S, Park H, Suzuki T. A large, cross-sectional observational study of serum BDNF, cognitive function, and mild cognitive impairment in the elderly. Front Aging Neurosci, 6: 69, 2014.
9. Shimada H, Ishii K, Ishiwata K, Oda K, Suzukawa M, Makizako H, Doi T, Suzuki T. Gait adaptability and brain activity during unaccustomed treadmill walking in healthy elderly females. Gait Posture. 38(2): 203-208, 2013.
10. Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Ito T, Lee S, Park H, Suzuki T. Combined prevalence of frailty and mild cognitive impairment in a population of elderly Japanese people. J Am Med Dir Assoc, 14(7): 518-524, 2013.
11. Shimada H, Imaging of glucose uptake during walking in elderly adults. Curr Aging Sci, 5(1):51-57, 2012.
12. Shimada H, Kato T, Ito K, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Shimokata H, Washimi Y, Endo T, Suzuki T. Relationship between atrophy of the medial temporal areas and cognitive functions in elderly adults with mild cognitive impairment. Eur Neurol, 67(3): 168-177, 2012.
13. Shimada H, Suzukawa M, Ishizaki T, Kobayashi K, Kim H, Suzuki T. Relationship between subjective fall risk assessment and falls and fall-related fractures in frail elderly people. BMC Geriatr, 11:40, 2011.
14. Shimada H, Tiedemann A, Lord SR, Suzukawa M, Makizako H, Kobayashi K, Suzuki T. Physical factors underlying the association between lower walking performance and falls in older people: a structural equation model. Arch Gerontol Geriatr, 53(2): 131-134, 2011.
15. Shimada H, Sturnieks D, Endo Y, Kimura Y, Suzuki T, Oda K, Ishii K, Ishiwata K. Relationship between whole body oxygen consumption and skeletal muscle glucose metabolism during walking in older adults: FDG PET study. Aging Clin Exp Res, 23(3): 175-182, 2011.
16. Shimada H, Kim H, Yoshida H, Suzukawa M, Makizako H, Yoshida Y, Saito K, Suzuki T. Relationship between age-associated changes of gait and falls and life-space in elderly people. J Phys Ther Sci, 22(4):419-424, 2010.
17. Shimada H, Kim H, Yoshida H, Yoshida Y, Saito K, Suzukawa M, Makizako H, Suzuki T. Factors Associated with timed Up and Go Test Score in Elderly Women. J Phys Ther Sci, 22(3): 273-278, 2010.
18. Shimada H, Sawyer P, Harada K, Kaneya S, Nihei K, Asakawa Y, Yoshii C, Hagiwara A, Furuna T, Ishizaki T. Predictive validity of the classification schema for functional mobility tests in instrumental activities of daily living decline among older adults. Arch Phys Med Rehabil, 91(2): 241-246, 2010.
19. Shimada H, Ishizaki T, Kato M, Morimoto A, Tamate A, Uchiyama Y, Yasumura S. How often and how far do frail elderly people need to go outdoors to maintain functional capacity? Arch Gerontol Geriatr, 50(2): 140-146, 2010.
20. Shimada H, Tiedemann A, Lord SR, Suzuki T. The effect of enhanced supervision on fall rates in residential aged care. Am J Phys Med Rehabil, 88(10):823-828, 2009.
21. Shimada H, Hirata T, Kimura Y, Naka T, Kikuchi K, Oda K, Ishii K, Ishiwata K, Suzuki T. Effects of a robotic walking exercise on walking performance in community-dwelling elderly adults. Geriatr Gerontol Int, 9(4): 372-381, 2009.
22. Shimada H, Suzukawa M, Tiedemann A, Kobayashi K, Yoshida H, Suzuki T. Which neuromuscular or cognitive test is the optimal screening tool to predict falls in frail community-dwelling older people? Gerontology, 55(5):532-538, 2009.
23. Shimada H, Kimura Y, Lord SR, Oda K, Ishii K, Suzuki T, Ishiwata K. Comparison of regional lower limb glucose metabolism in older adults during walking. Scand J Med Sci Sports, 19(3): 389-397, 2009.
24. Shimada H, Suzuki T, Kimura Y, Hirata T, Sugiura M, Endo Y, Yasuhara K, Shimada K, Kikuchi K, Oda K, Ishii K, Ishiwata K. Effects of an automated stride assistance system on walking parameters and muscular glucose metabolism in elderly adults. Br J Sports Med, 42(11): 922-929, 2008.
25. Shimada H, Lord SR, Yoshida H, Kim H, Suzuki T. Predictors of cessation of regular leisure-time physical activity in community-dwelling elderly people. Gerontology, 53(5): 293-297, 2007.
26. Shimada H, Kimura Y, Suzuki T, Hirata T, Sugiura M, Endo Y, Yasuhara K, Shimada K, Kikuchi K, Hashimoto M, Ishikawa M, Oda K, Ishii K, Ishiwata K. The use of positron emission tomography and [18F]fluorodeoxyglucose for functional imaging of muscular activity during exercise with a stride assistance system. IEEE Trans Neural Syst Rehabil Eng, 15(3):442-448, 2007.
27. Shimada H, Obuchi S, Furuna T, Suzuki T. New intervention program for preventing falls among frail elderly people: the effects of perturbed walking exercise using a bilateral separated treadmill. Am J Phys Med Rehabil, 83(7): 493-499, 2004.
28. Shimada H, Uchiyama Y, Kakurai S. Specific effects of balance and gait exercises on physical function among the frail elderly. Clin Rehabil, 17(5): 472-479, 2003.
29. Shimada H, Obuchi S, Kamide N, Shiba Y, Okamoto M, Kakurai S. Relationship with dynamic balance function during standing and walking. Am J Phys Med Rehabil, 82 (7): 511-516, 2003.

30. 島田 裕之, 牧迫 飛雄馬, 土井 剛彦, 堤本 広大, 中窪 翔. 軽度認知障害を有する高齢者の転倒の実態. 日本基礎理学療法学雑誌, 19(2): 48-54, 2016.
31. 島田裕之. 通所介護サービスにおける理学療法士・作業療法士の配置が12ヵ月後の歩行機能に及ぼす効果. 日本老年医学学会雑誌, 53(4): 412-417, 2016.
32. 島田裕之, 堤本広大. 運動による現場での効果:とくに認知症予防の視点から. Aging & Health, 21(4): 24-27, 2013.
33. 島田裕之, 吉田大輔. サルコペニア診断のための筋量、筋力の評価法. Bone Joint Nerve,  3(1): 61-66, 2013.
34. 島田裕之. 運動器疾患維持期の基本的アプローチとその効果判定(在宅含む). 理学療法学, 38(4): 252-253, 2011.
35. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 鈴川芽久美, 古名丈人, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者の生活空間の拡大に影響を与える要因:構造方程式モデリングによる検討. 理学療法学, 36(7):370-376, 2009.
36. 日本理学療法士協会国庫補助事業調査研究特別班(corresponding author: 島田裕之). 要介護高齢者における離床時間と日常生活動作能力との関係. 理学療法学, 36(7):348-355, 2009.
37. 島田裕之, 木村裕一, 金子文成, 古名丈人, 石渡喜一, 鈴木隆雄. 長時間歩行時の下肢筋の活動状態:[18F]fluorodeoxyglucoseを用いたPositron Emission Tomographyによる検討. 理学療法学, 35(6):271-278, 2008.
38. 島田裕之, 内山靖, 原田和宏, 大渕修一, Lord Stephen, 鈴木隆雄. 姿勢バランス機能の因子構造 臨床的バランス機能検査による検討. 理学療法学, 33(5):283-288, 2006.
39. 島田裕之, 古名丈人, 大渕修一, 杉浦美穂, 吉田英世, 金憲経, 吉田祐子, 西澤哲, 鈴木隆雄. 高齢者を対象とした地域保健活動におけるTimed Up & Go Testの有用性. 理学療法学, 33(3):105-111, 2006.
40. 島田裕之, 鈴木隆雄, 大渕修一, 古名丈人. 長期ケア施設に転倒予防のためのリスクマネジャーを導入した効果. 日本老年医学会雑誌, 41(4):414-419, 2004.
41. 島田裕之, 太田雅人, 矢部規行, 大渕修一, 古名丈人, 小島基永, 鈴木隆雄. 痴呆高齢者の転倒予測を目的とした行動分析の有用性. 理学療法学, 31(2):124-129, 2004.
42. 島田裕之, 大渕修一, 西沢哲, 小島基永, 鈴木隆雄, 古名丈人, 杉浦美穂. 痴呆を有する施設入所高齢者の転倒予測. 東京都老年学会誌, 10:190-192, 2004.
43. 島田裕之, 内山靖, 加倉井周一. 21ヵ月間の縦断研究による虚弱高齢者の転倒頻度と身体機能変化との関係. 総合リハビリテーション, 30(10):935-941, 2002.
44. 島田裕之, 内山靖, 加倉井周一. 高齢者の日常生活内容と身体機能に関する研究. 日本老年医学会雑誌, 39(2):197-203, 2002.
45. 島田裕之, 内山靖. 高齢者に対する3ヵ月間の異なる運動が静的・動的姿勢バランス機能に及ぼす影響. 理学療法学, 28(2):38-46, 2001.
46. 島田裕之, 大渕修一, 加倉井周一, 内山靖. 施設利用高齢者のバランス機能と転倒との関係. 総合リハビリテーション, 28(10):961-966, 2000.
47. 島田裕之, 加倉井周一. 転倒により骨折した高齢者のバランス機能の特徴. 東北理学療法学, 12:13-18, 2000.
48. 島田裕之, 内山靖. 屋外歩行時の歩行耐久性の評価 患者の重症度及び荷物を持つ影響について. 理学療法科学, 14(2):61-67, 1999.
49. 島田裕之, 富井豊人, 清水智英子, 他. 脳卒中患者におけるPCIの再現性について. 理学療法科学, 11(4):179-184, 1996.
50. 島田裕之, 富井豊人, 清水智英子, 他. 脳卒中片麻痺患者における最大歩行速度と感覚障害との関連. 理学療法科学, 10(2):75-79, 1995.

主な著書

1. 島田裕之. 8章 高齢者理学療法の実践―応用編― 1. 高齢者の状態に応じた理学療法の視点. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp510-515.
2. 島田裕之. 23. フレイル, サルコぺニア, ロコモティブシンドロームと転倒. 武藤芳照, 鈴木みずえ, 原田敦(編), 転倒予防白書2016, 日本医事新報社, 東京, 2016, pp206-211.
3. 島田裕之. 第4章サルコぺニアと運動. 小川純人(企), 最新医学社, 大阪, 2016, pp132-137.
4. 島田裕之. Ⅴ運動と介護予防 高齢期のフレイル・サルコペニア. 葛谷雅文(編), 臨床栄養別冊JCNセレクト11 健康寿命延伸をめざす栄養戦略 フレイル・疾病重症化予防のために, 医歯薬出版, 東京都, 2016, pp145-151.
5. 島田裕之. Ⅱサルコペニアの判定, 2.診断に必要な検査の理解と評価, ③身体機能の測定評価法.原田敦(監), サルコペニア診療マニュアル, メジカルビュー社, 東京, 2016, pp34-38.
6. 島田裕之. Ⅴ今後の展望について(新しい研究, 治験など), 5.生活習慣改善. 原田敦(監), サルコペニア診療マニュアル, メジカルビュー社, 東京, 2016, pp126-130.
7. 島田裕之. Ⅳアンチエイジング(抗加齢)医学の臨床 C.アンチエイジング(抗加齢)医学に基づく生活習慣改善指導 d)身体活動とアンチエイジング 6.認知症予防のための運動の実際. 日本抗加齢医学会 専門医・指導士認定委員会(編), アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版, メジカルビュー社, 東京, 2015, pp305-306.
8. 島田裕之. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015.
9. 島田裕之. 序章 介護予防と認知症予防. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp1-9.
10. 島田裕之. 第1章 認知症を理解するために~総論~. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp10-19.
11. 島田裕之. 第3章 障害からみたエビデンスに基づく理学療法の実際 9.認知機能障害. 内山靖(編), 実践的なQ&Aによるエビデンスに基づく理学療法 第2版 評価と治療指標を総まとめ, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp451-460.
12. 島田裕之. Ⅸ.高齢者 1.転倒予防. 内山靖(総編), 網本和, 臼田滋, 高橋哲也, 淵岡聡, 間瀬教史(編), 今日の理学療法指針, 医学書院, 東京, 2015, pp463-465.
13. 島田裕之, 土井剛彦. 認知症予防運動プログラム コグニサイズ入門(ハイブリッドDVDつき). ひかりのくに, 大阪, 2015.
14. 島田裕之. 第1章 MCIの基礎を理解する Ⅱ.MCIとは. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015, pp7-12.
15. 島田裕之. 認知症に対する不安と予防の可能性. 高齢者の不安とその対策―経済・健康・孤独―, 公益財団法人長寿科学振興財団, 2014, pp67-73.
16. 島田裕之. 第10章 認知機能低下予防プログラム. 鈴木隆雄, 島田裕之, 大渕修一(監), 完全版 介護予防マニュアル, 株式会社法研, 東京, 2015, pp277-326.
17. 島田裕之. Part4 認知症の予防や緩和に役立つそのほかの療法 運動, 鈴木みずえ(監), 認知症の介護に役立つハンドセラピー. 池田書店, 東京, 2014, pp97-101.
18. 島田裕之. 新開発!国立長寿研の4色あしぶみラダー, 小学館, 東京, 2014.
19. 島田裕之, 土井剛彦. 体を動かしながら、脳を鍛える!認知症予防の簡単エクササイズ, NHK出版, 東京, 2014.
20. 島田裕之. 第1章サルコペニアの基礎的理解 1.サルコペニア予防の意義, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp2-8.
21. 島田裕之. 第23章 高齢者の姿勢調節機構. 奈良勲, 内山靖(編), 姿勢調節障害の理学療法 第2版. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp382-397.
22. 島田裕之, 吉田大輔. Q.8 サルコペニアの診断基準はありますか? 関根里恵・ 小川純人(編), サルコペニア24のポイント. (有)フジメディカル出版, 大阪, 2013, pp42-46.
23. 島田裕之. Part-6 その他の介入法:運動, 葛谷雅文・雨海照祥(編), 栄養・運動で予防するサルコペニア. 医歯薬出版, 東京, 2013, pp134-139.
24. Shimada H. Glucose Uptake During Exercise in Skeletal Muscles Evaluated By Positron Emission Tomography, Chia-Hung Hsieh (Ed.), Positron Emission Tomography - Current Clinical and Research Aspects. InTech, Croatia, 2012, pp319-336.
25. 島田裕之. サルコペニアの操作的定義 (第2章 第1節), サルコペニアの基礎と臨床. 鈴木隆雄 (監), 島田裕之(編), 真興交易 (株), 東京, 2011, pp12-21.
26. 島田裕之, 鈴川芽久美. 高齢者の運動療法に関するエビデンス, 市橋則明(編), 高齢者の機能障害に対する運動療法. 文光堂, 東京, 2010, pp15-29.
27. 島田裕之, 鈴木隆雄. 筋・関節年齢の検査と評価, 日本抗加齢学会専門医・指導士認定委員会(編), アンチエイジング医学の基礎と臨床. メジカルビュー社, 東京, 2008, pp184-186.
28. 島田裕之. バランスって,どうしたらよくなるの?: バランスの評価とトレーニング, 潮見泰藏(編), 脳卒中に対する標準的理学療法介入. 文光堂, 東京, 2007, pp134-142.
29. 島田裕之. 虚弱高齢者の自立支援の勘所: エビデンスに基づいた対応, 奈良勲, 内山靖(編), 理学療法のとらえかた PART4. 文光堂, 東京, 2007, pp46-60.
30. 島田裕之: 介護保険制度化における体力の捉え方. 理学療法科学学会(監), ザ 体力. アイペック, 東京, 2006, pp13-17.
31. 島田裕之. 認知症高齢者の転倒予防のための評価と介入, 泉キヨ子(編), エビデンスに基づく転倒・転落予防. 中山書店, 東京, 2005, pp126-132.
32. 島田裕之. 転倒・転落予防のための環境整備に関するエビデンス, 泉キヨ子(編), エビデンスに基づく転倒・転落予防. 中山書店, 東京, 2005, pp56-69.
33. 島田裕之. 身体機能への介入:運動トレーニングの方法と効果, 泉キヨ子(編), エビデンスに基づく転倒・転落予防. 中山書店, 東京, 2005, pp24-33.
34. 島田裕之. 老研式転倒予防プログラムマニュアル, 鈴木隆雄,大渕修一(編), 介護予防完全マニュアル. 東京都高齢者研究・福祉振興財団, 東京, 2004.
35. 島田裕之. 環境と加齢, 内山靖(編), 環境と理学療法. 医歯薬出版, 東京, 2004.
36. 島田裕之. 高齢者の姿勢調節機構, 内山靖(編), 姿勢調節障害の理学療法. 医歯薬出版, 東京, 2004, pp256-271.
37. 島田裕之. 自宅での介護. ニュートンムック: 介護の本. 2003.
38. 島田裕之. Functional Balance Scale, 内山靖, 小林武, 潮見泰蔵(編), 臨床評価指標入門: 適用と解釈のポイント. 協同医書出版, 東京, 2003.
39. 島田裕之. 持久力, 内山靖(編), 標準理学療法学. 医学書院, 東京, 2001, pp159-165.

受賞歴

1. 平成12年3月  北里大学大学院医療系研究科修士課程 優秀論文賞
2. 平成12年11月  第17回東北理学療法士学会 学会最優秀賞
3. 平成15年3月  北里大学大学院医療系研究科博士課程 優秀論文賞
4. 平成15年6月  第10回社団法人日本老年医学会優秀論文賞
5. 平成15年9月  総合リハビリテーション賞
6. 平成15年10月  東京都老年学会優秀発表賞
7. 平成16年2月  東京都福祉局長賞(介護予防緊急対策室)
8. 平成22年3月  理学療法学学術誌掲載論文最優秀賞
9. 平成22年6月  Geriatrics and Gerontology International Best Article Award
10. 平成23年4月  Excellent Paper Award, Journal of Physical Therapy Science
11. 平成23年4月  理学療法ジャーナル賞奨励賞(共著)
12. 平成27年2月  国立長寿医療研究センター 総長特別表彰
13. 平成27年11月  長寿科学振興財団 長寿科学賞
14. 平成28年3月  第50回日本理学療法学術大会 優秀賞
15. 平成29年3月  国立長寿医療研究センター 理事長特別表彰

社会活動

1. 理学療法科学学会(評議員)
2. 日本基礎理学療法学会(理事)
3. 日本転倒予防学会(評議員)
4. 日本介護福祉・健康づくり学会(理事)
5. 日本サルコペニア・フレイル研究会(世話人)
6. 平成18年~20年 Journal of Geriatric Physical Therapy(編集委員)
7. 平成23年~  日本理学療法士協会(査読委員)
8. 平成17年度  江戸川区介護保険事業計画等改定検討委員会委員
9. 平成17年度  日本リハビリテーション病院・施設協会地域リハ・介護予防検討委員会委員
10. 平成17年度  横浜市高齢者保養研修施設指定管理者選定委員会 委員
11. 平成17年度~ 日本理学療法士協会介護予防調査研究委員会委員
12. 平成18年度  立川市国民健康保険運営協議会委員
13. 平成20年度~ 日本理学療法士協会ガイドライン特別委員会委員
14. 平成25年~  BMC Geriatrics(共同編集者)
15. 平成25年~  BioMed Research International(編集委員)
16. 平成28年~  名古屋市高齢者施策推進協議会臨時委員
17. 平成28年~  日本認知症予防学会 評議員