氏名

中窪 翔
ナカクボ ショウ

中窪 翔(ナカクボ ショウ)
学位 博士(保健学)
専門分野

リハビリテーション、介護予防、老年学

所属学会 日本理学療法士協会、日本老年医学会
主な研究業績
  1. Nakakubo S, Doi T, Shimada H, Ono R, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Suzuki T. The Association Between Excessive Daytime Sleepiness and Gait Parameters in Community-Dwelling Older Adults. J Aging Health, 30(2):213-228, 2018.
  2. Nakakubo S, 他10名. Long and short sleep duration and physical frailty in community-dwelling older adults. J Nutr Health Aging, epub ahead, 2017.
  3. Nakakubo S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Lee S, Hotta R, Bae S, Suzuki T, Shimada H. Impact of poor sleep quality and physical inactivity on cognitive function in community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol int, 17(11):1823-1828, 2017.
  4. Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Ono R, Suzuki T, Shimada H. Sleep Duration and Excessive Daytime Sleepiness Are Associated With Incidence of Disability in Community-Dwelling Older Adults. J Am Med Dir Assoc, 17(8):768.e1-5, 2016.
  5. Nakakubo S, Doi T, Sawa R, Misu S, Tsutsumimoto K, Ono R. Does arm swing emphasized deliberately increase the trunk stability during walking in the elderly adults? Gait Posture, 40(4): 516-520, 2014.
主な著書
  1. 中窪翔. 第3章 高齢者の評価 7. 生活機能評価, 高齢者理学療法. 医歯薬出版, 東京, pp169-182, 2017.
  2. 中窪翔. One Point, 睡眠障害への対応, 高齢者理学療法. 医歯薬出版, 東京, pp577, 2017.
  3. 中窪翔. フレイルの予防を目的としたウォーキングの指導, 理学療法. メディカルプレス, 東京, 33(12), pp1095-1101, 2016.
  4. 中窪翔. 「コグニサイズで認知症を予防」 コグニサイズのポイント. 安全と健康, 中央労働災害防止協会, 東京, 17(9), pp14-15, 2016.
  5. 中窪翔. 「コグニサイズで認知症を予防」 2人でできるコグニサイズ. 安全と健康, 中央労働災害防止協会, 東京, 17(5), pp14-15, 2016.
  6. 中窪翔. 第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅲ 認知症予防のための音楽教室, 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して.医学書院,東京, pp295-302, 2015.
  7. 中窪翔. ステップ2 フレイルを評価する 3. 歩行機能検査とフレイル,フレイルの予防とリハビリテーション,医歯薬出版,東京, pp50-55, 2015.
  8. 中窪翔,土井剛彦.第5章 サルコペニアに対する運動のエビデンス 2. 整形外科疾患患者のエビデンス, サルコペニアと運動―エビデンスと実践.医歯薬出版,東京, pp194-200, 2014.
受賞歴  
社会活動