氏名

栗田 智史
クリタ サトシ

 
学位 修士(教育学)
専門分野

運動疫学 運動処方 行動科学

所属学会 日本体力医学会
主な研究業績
  1. Ishii K, Shibata A, Kurita S, Yano S, Inoue S, Sugiyama T, Owen N, Oka K. Validity and Reliability of Japanese-Language Self-Reported Measures for Assessing Adults Domain-Specific Sedentary Time. J Epidemiol, 28(3), 149-155, 2018.
  2. Kurita S, Yano S, Ishii K, Shibata A, Sasai H, Nakata Y, Fukushima N, Inoue S, Tanaka S, Sugiyama T, Owen N, Oka K. Comparability of activity monitors used in Asian and Western-country studies for assessing free-living sedentary behaviour. PloS one, 12(10), e0186523, 2017.
  3. Miyachi M, Kurita S, Tripette J, Takahara R, Yagi Y, Murakami H. Installation of a stationary high desk in the workplace: effect of a 6-week intervention on physical activity. BMC public health, 15, 368, 2015.
  4. 栗田智史,岡浩一朗.運動器疼痛管理のための認知行動療法.介護福祉・健康づくり,第1巻2号,p105-109,2014.
  5. 栗田智史,池田克紀.大学生における歩数計を用いた日常歩行数のセルフモニタリングが健康生活習慣に及ぼす影響‐モニタリング認知傾向の強さによる影響の検討‐.ウォーキング研究,第17巻,p89-94,2013.
  6. 栗田智史, 池田克紀.大学生における歩数計を用いた歩行のセルフモニタリングが健康に関する認知や行動に及ぼす影響.ウォーキング研究,第15巻,p133-137,2011.
主な著書  
受賞歴  
社会活動

練馬区立光が丘体育館 健康教室講師 2012年~2017年