氏名

今岡 真和
イマオカ マサカズ

今岡 真和
学位 博士(保健学)
専門分野

介護予防、転倒予防、地域理学療法

所属学会 日本理学療法士協会、日本公衆衛生学会、日本転倒予防学会、日本骨粗鬆症学会、理学療法科学学会
主な研究業績
  1. Imaoka M, Higuchi Y, Todo E, et al. Low-frequency exercise and vitamin-D supplementation reduce falls among institutionalized frail elderly. International Journal of Gerontology. 10.(4)202-206, 2016.
  2. 今岡真和、中尾英俊、藤堂恵美子・他.車椅子座面機構の違いが体圧分散性、駆動性、動的座位バランス能力に与える影響について.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要12.47-53, 2018.
  3. 今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子・他.介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証:準ランダム化比較試験.転倒予防学会誌1(3)29-36, 2015.
  4. 今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子・他.介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒リスク因子.リハビリテーション医学50(1)47-51, 2014.
  5. 今岡真和、樋口由美、呉本冬馬・他.介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒の特徴 .理学療法科学27(3)257-261, 2012.
主な著書
  1. 今岡真和、8-2介護老人保健施設、地域リハビリテーション学テキスト.細田多穂(監), 南江堂、東京、pp81-88, 2018.
  2. 今岡真和、Q16認知症にはどのような合併症がありますか?Q44認知症患者に対する運動療法の効果を教えてくださいQ60MCIにはどのようなタイプがありますか、またそれぞれの特徴がありますか.島田裕之(監)、牧迫飛雄馬(編)、理学療法士のための認知症知識Q&A、医歯薬出版、東京, 2018.
受賞歴
  1. 第26回全国介護老人保健施設大会 優秀奨励賞(筆頭演者)
  2. 第26回全国介護老人保健施設大会 奨励賞(共同演者)
  3. 第7回保健医療学会 優秀演題賞(筆頭演者)
社会活動
  1. 日本地域理学療法学会総務部 部員2015年~
  2. 大阪府泉佐野市保健推進委員 委員2014年~2016年
  3. 大阪府泉佐野市地域政策福祉委員 委員2013年~2015年
  4. 大阪府立大学 客員研究員 2017年~
  5. 河﨑学園認知予備力研究センター 研究員(兼務)2018年~