氏名

堀田 亮
ホッタ リョウ

 
学位 博士(心理学)
専門分野

運動心理学、健康科学、老年学

所属学会 日本老年医学会、日本老年社会科学会、日本体育学会
九州体育・スポーツ学会、九州スポーツ心理学会
主な研究業績
  1. Hotta R, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Makino K, Shimada H. Cognitive function and unsafe driving acts during an on-road test among community-dwelling older adults with cognitive impairments. Geriatr Gerontol Int, in press.
  2. Hotta R, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Healthy behaviors and incidence of disability in community-dwelling elderly. Am J Health Behav, 42(1): 51-58, 2018.
  3. Hotta R, Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Anan Y, Tsutsumimoto K, Uemura K, Park H, Suzuki T. Cigarette smoking and cognitive health in elderly Japanese. Am J Health Behav, 39(3): 294-300, 2015.
  4. 堀田亮, 橋本公雄. 高齢者の生活習慣と認知機能の関係. 体育学研究 第57巻1号 p33-45, 2012.
  5. 堀田亮, 藤原大樹, 橋本公雄. 高齢者の認知機能は日常生活での活動と関連するのか. スポーツ心理学研究 第38巻1号 p1-12, 2011.
主な著書
  1. 堀田亮. 第4章 要介護状態の身体活動疫学 4-1. 認知症. 熊谷秋三・田中茂穂・藤井宣晴(編), 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~, 杏林書院, 東京, 83-90, 2016.
  2. 堀田亮. 第4章 MCIの危険因子 Ⅴ.心理的因子. 鈴木隆雄(監)・島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して―, 医学書院, 東京, 155-162, 2015.
  3. 堀田亮. ステップ5 フレイルの理解を深める 2.フレイルとサルコぺニア. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医学薬出版(株), 東京, 169-171, 2015.
受賞歴

第57回 日本老年社会科学会大会優秀演題(2015)

社会活動