氏名

原田 和弘
ハラダ カズヒロ

原田 和弘
学位 博士(スポーツ科学)
専門分野

健康心理学、健康スポーツ論、老年行動学

所属学会

日本ウォーキング学会、日本運動疫学会、日本介護福祉・健康づくり学会、日本健康教育学会、日本健康支援学会、日本健康心理学会、日本行動医学会、日本心理学会、日本スポーツ産業学会、日本体育学会、日本体力医学会、日本老年医学会、日本老年社会科学会

主な研究業績
  1. 原田和弘,増本康平,片桐恵子,福沢愛,長ヶ原誠,近藤徳彦,岡田修一. 高齢者における近隣の坂道に対する認識と活動的な移動習慣との関連:斜面市街地を対象とした研究. 運動疫学研究, 20(1): 印刷中, 2018. 
  2. Harada K, Lee S, Lee S, Bae S, Anan Y, Harada K, Shimada H. Distance from public transportation and physical activity in Japanese older adults: The moderating role of driving status. Health Psychol, 37(4): 355-363, 2018.
  3. Harada K, Masumoto K, Katagiri K, Fukuzawa A, Chogahara M, Kondo N, Okada S. Frequency of going outdoors and health-related quality of life among older adults: Examining the moderating role of living alone and employment status. Geriatr Gerontol Int, 18(4): 640-647, 2018.
  4. Harada K, Masumoto K, Katagiri K, Fukuzawa A, Chogahara M, Kondo N, Okada S. Community intervention to increase neighborhood social network among Japanese older adults. Geriatr Gerontol Int, 18(3): 462-469, 2018.
  5. Harada K, Lee S, Shimada H, Lee S, Bae S, Anan Y, Harada K, Suzuki T. Distance to screening site and older adults' participation in cognitive impairment screening. Geriatr Gerontol Int, 18(1): 146-153, 2018.
  6. Harada K, Lee S, Lee S, Bae S, Anan Y, Harada K, Shimada H. Expectation for physical activity to minimize dementia risk and physical activity level among older adults. J Aging Phys Act, 25(1): 140-148, 2018.
  7. 原田和弘,増本康平,近藤徳彦. 外向性が運動ソーシャルサポートと運動行動との関連に及ぼす影響. 日本健康教育学会誌, 25(4): 258-268, 2017.
  8. Harada K, Lee S, Lee S, Bae S, Harada K, Suzuki T, Shimada H. Objectively-measured outdoor time and physical and psychological function among older adults. Geriatr Gerontol Int, 17(10): 1455-1462, 2017.
  9. Harada K, Lee S, Shimada H, Lee S, Bae S, Anan Y, Harada K, Suzuki T. Psychological predictors of participation in screening for cognitive impairment among community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int, 17(8): 1197-1204, 2017.
  10. 原田和弘,李相侖,李成喆,裵成琉,原田健次,島田裕之. 認知機能が低下した高齢者に対する身体活動支援. J Health Psychol Res, 29(Suppl): 161-168, 2017.
  11. Harada K, Park H, Lee S, Yoshida D, Anan Y, Shimada H, Suzuki T. Joint association of neighborhood environment and fear of falling on physical activity among frail older adults. J Aging Phys Act, 25(1): 140-148, 2017.
  12. Harada K, Shibata A, Lee E, Oka K, Nakamura Y. Sources of strength-training information and strength-training behavior among Japanese older adults. Health Promot Int, 31(1): 5-12, 2016.
  13. Harada K, Lee S, Park H, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Suzuki T. Going outdoors and cognitive function among community-dwelling older adults: Moderating role of physical function. Geriatr Gerontol Int, 16(1): 65-73, 2016.
  14. Harada K, Nakamura Y. Promotion of physical activity guidelines and behavior change. J Phys Fitness Sports Med, 4(1): 9-15, 2015.
  15. Harada K, Shibata A, Oka K, Nakamura Y. Association of muscle-strengthening activity with knee and low back pain, falls, and health-related quality of life among Japanese older adults: a cross-sectional survey. J Aging Phys Act, 23(1): 1-8, 2015.
  16. Harada K, Shibata A, Ishii K, Liao Y, Oka K. Perceived and objectively measured access to strength-training facilities and strength-training behavior. Ann Behav Med, 48(1): 120-124, 2014.
  17. Harada K, Shibata A, Lee E, Oka K, Nakamura Y. Associations between perceived health benefits and barriers to strength training, and stages of change for strength-training behavior among older Japanese adults. J Phys Act Health, 11(4): 801-809, 2014.
  18. 原田和弘. 身体活動の促進に関する心理学研究の動向:行動変容のメカニズム、動機づけによる差異、環境要因の役割. 運動疫学研究, 15: 8-16, 2013.
  19. 原田和弘, 平井啓, 荒井弘和, 所昭宏. 化学療法を施行中の進行肺がん患者における身体活動に対する自律性とセルフ・エフィカシー. 行動医学研究, 18: 17-24, 2013.
  20. Harada K, Hirai K, Arai H, Ishikawa Y, Fukuyoshi J, Hamashima C, Saito H, Shibuya D. Worry and intention among Japanese women: Implications for an audience segmentation strategy to promote mammography adoption. Health Communication, 28: 709-717, 2013.
  21. 原田和弘, 宮下政司. サルコペニアに対する低強度運動の有効性. 健康支援, 15: 1-5, 2013.
  22. 原田和弘,宮下政司. メタボリックシンドロームに対する低強度運動の有効性. 健康支援, 14: 1-7, 2012.
  23. 原田和弘, 李恩兒, 片山祐実, 柴田愛, 岡浩一朗, 中村好男. 60~74歳における筋力トレーニングの開始・継続に関連する要因の質的分析. スポーツ産業学研究, 21: 187-194, 2011.
  24. 原田和弘,柴田愛,岡浩一朗,中村好男. 運動疫学分野における「筋力向上活動」という用語の提案. 運動疫学研究, 13: 146-150, 2012.
  25. Harada K, Oka K, Shibata A, Ishii K, Nakamura Y, Inoue S, Shimomitsu T. Strength-training behavior and perceived environment among Japanese older adults. J Aging Phys Act, 19: 262-272, 2011.
  26. 原田和弘, 柴田愛, 中村好男. 身体活動と環境要因に関する研究の考え方とその動向. スポーツ産業学研究, 21: 1-7, 2011.
  27. 原田和弘, 柴田愛, 李恩兒, 岡浩一朗, 中村好男. エクササイズガイド2006の認知度と身体活動量の変化. 日本公衆衛生雑誌, 58: 190-198, 2011.
  28. 原田和弘, 李恩兒, 片山祐実, 柴田愛, 岡浩一朗, 中村好男. 高齢者の筋力トレーニングに対する認識:筋力トレーニング実施者における質的分析. スポーツ産業学研究, 20, 191-197, 2010.
  29. 原田和弘, 片山祐実, 中村好男. 運動無関心者の心理的準備性の変化と趣味・余暇活動との関連. スポーツ産業学研究, 20: 199-209, 2010.
  30. 原田和弘, 岡浩一朗, 柴田愛, 蕪木広信, 中村好男. 地域在住高齢者における足部に関する問題と転倒経験・転倒不安との関連. 日本公衆衛生雑誌, 57: 612-623, 2010.
  31. Harada K, Oka K, Nakamura Y. Perception about activities for muscular fitness improvement and its intergenerational difference in Japanese adults. Int J Sport Health Sci, 7: 96-102, 2009.
  32. 原田和弘, 高泉佳苗, 柴田愛, 岡浩一朗, 中村好男. 健康づくりのための運動指針2006の認知状況と他の健康づくり施策の認知および人口統計学的変数との関連. 日本公衆衛生雑誌, 59: 737-743, 2009.
  33. 原田和弘, 中村好男. 身体活動・運動への興味を高める方略としての趣味・余暇活動ゲートウェイの可能性. スポーツ産業学研究, 19: 129-142, 2009.
  34. 原田和弘, 中村好男. ウォーキング人口推計の課題. ウォーキング研究, 12: 227-230, 2008.
  35. 原田和弘, 柴田愛, 李恩兒, 庄子博人, 木内虹平, 金賢植, 片山祐実, 岡浩一朗, 中村好男. 米国におけるウォーキングと健康づくりに関する研究の動向. ウォーキング研究, 12: 221-225, 2008.
  36. Harada K, Yamawaki K, Akiyama Y, Oka K, Nakamura Y. Determinants of participation in walking program with information technology. Int J Sport Health Sci, 6, 145-153: 2008.
  37. Harada K, Oka K, Shibata A, Ota A, Okada J, Nakamura Y. Factors associated with the stages of change for strength training behavior. Int J Sport Health Sci, 6: 251-263, 2008.
  38. Harada K, Oka K, Ota A, Shibata A, Nakamura Y. Prevalence and correlates of strength training among Japanese adults: Analysis of SSF National Sports-Life Survey 2006. Int J Sport Health Sci, 6: 66-71, 2008.
  39. 原田和弘, 太田暁美, 柴田愛, 岡浩一朗, 中村好男, 村岡功. 虚弱な高齢者を対象とした運動特異的主観的健康度・機能状態尺度の開発. 応用老年学, 2: 40-49, 2008.
  40. 原田和弘, 平井啓, 荒井弘和, 岡浩一朗, 中村好男. 大学生の睡眠習慣に対する介入とセルフ・エフィカシーの般化についての検討. 行動医学研究, 14: 21-29, 2008.
主な著書
  1. 原田和弘,岡浩一朗. 生活習慣病予防と行動変容. 鈴木伸一編著. 医療心理学の新展開. 北大路書房, p.111-121, 2008.
  2. 原田和弘,岡浩一朗. 社会的認知理論. 日本スポーツ心理学会編. スポーツ心理学事典. 大修館書店, p.526-528, 2008.
  3. 原田和弘. 健康行動の促進. 島田裕之編. 基礎からわかる軽度認知障害(MCI). 医学書院, p.237-245, 2015.
  4. 原田和弘,岡浩一朗. 身体活動向上を目指した行動変容技法の方法と効果. 島田裕之編. 運動による脳の制御. 杏林書院 , pp.150-160, 2015.
  5. Nakamura Y, Harada K. Promotion of Strength training. Oka K, Cao ZB, Oshima S (eds.) Sports Sciences for the Promotion of an Active Life Vol. II: Physical Activity, Exercise, Sedentary Behaviour and Health Promotion, Springer Japan, p.29-42, 2015.
  6. 原田和弘. 身体活動向上によるフレイル予防. 島田裕之編. フレイルの予防とリハビリテーション. 医歯薬出版, p.101-106, 2015.
  7. 原田和弘. 健康長寿のための身体運動. 日本心理学会監修、長田久雄、箱田裕司編著. 超高齢社会を生きる―老いに寄り添う心理学. 誠信書房, p.2-19, 2016.
  8. 原田和弘. 身体活動の評価. 島田裕之、牧迫飛雄馬、山田実編著. 高齢者理学療法学. 医歯薬出版, p.193-200, 2017.
受賞歴
  1. Outstanding Presentation Award, 3rd Asian Congress of Health Psychology
  2. 2009年度早稲田大学スポーツ科学学術院濱野吉生学術賞
  3. 平成21年度日本スポーツ産業学会賞
  4. 2010年度早稲田大学スポーツ科学学術院長賞
  5. 2010年度早稲田大学小野梓記念学術賞
  6. 第14回日本健康支援学会年次学術大会優秀賞
  7. 第29回日本老年学会総会合同大会合同ポスター優秀賞
  8. 2017年度日本衛生学会Best Reviewer Award
  9. 笹川スポーツ財団平成29年度笹川スポーツ研究助成優秀研究賞
社会活動

日本運動疫学会編集委員、日本健康教育学会広報委員、日本介護福祉・健康づくり学会学術委員、日本行動医学会評議員、日本健康支援学会優秀論文賞検討委員、BMC Geriatrics 編集委員