氏名

裵 成琉
ベ ソンリュウ

裵 成琉

学位 博士(スポーツ科学)
専門分野

スポーツ心理学、生理心理学

所属学会 日本老年医学会、日本体力医学会、生理心理学会
主な研究業績

1. Bae S, Shimada H, Park H, Lee S, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y. Association between body composition parameters and risk of mild cognitive impairment in older Japanese adults. Geriatr Gerontol Int. in press.
2. Bae S, Kamijo K, Masaki H. Wearing ergonomically designed core stability shorts improves cognitive control and affect following acute aerobic exercise. Journal of Ergonomics, doi:10.4172/2165-7556, 2013.
3. Bae S, Ogawa K, Yamazaki K. The relation between daily physical activity and response inhibition control in older adults: An event-related potential study using a Go/NoGo task. The Journal of Physical Fitness Sports Medicine, 61, 2, pp.169-176, 2012.

主な著書

1. 裵成琉. 基礎からわかる軽度認知障害(MCI). 島田裕之(編),医学書院,303-309頁(鈴木隆雄他35名と分担執筆), 2015.
2. 裵成琉. フレイルの予防とリハビリテーション.島田裕之(編),医歯薬出版株式会社,166-168頁(島田裕之他28名と分担執筆),2015

受賞歴  
社会活動  
競争的研究資金

1. 科学研究費助成金若手研究(B)、平成27~28年度、「高齢期の社会的認知に対する関連要因の解明と神経活動の検討」、代表者:裵成琉、2,900千円
2. 第33回明治安田厚生事業団健康科学研究助成、平成29年度、「不活動的高齢者における健康活動促進プログラムの実践が抑うつ傾向と脳白質神経線維の結合性に及ぼす影響」、代表者:裵成琉、1,000千円
3. 科学研究費助成金外国人特別研究員奨励費、平成29~30年度、「健康活動促進プログラムの実践が高齢者の白質神経線維結合性と認知機能に及ぼす影響」、代表者、裵成琉