老年学・社会科学研究センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

予防老年学研究部

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 組織 > 予防老年学研究部 > 予防老年学研究部ホームページ > 業績

業績

 

平成30年度実績

実績原著論文(英文)

  1. Iwasa H, Masui Y, Inagaki H, Yoshida Y, Shimada H, Otsuka R, Kikuchi K, Nonaka K, Yoshida H, Yoshida H, Suzuki T. Assessing competence at a higher level among older adults: development of the Japan Science and Technology Agency Index of Competence (JST-IC). Aging Clin Exp Res, 30(4):383-393, 2018.
  2. Umegaki H, Makino T, Shimada H, Hayashi T, Xian Wu Cheng, Kuzuya M. Cognitive Dysfunction in Urban-Community Dwelling Prefrail Older Subjects. J Nutr Health Aging, 22(4):549-554, 2018.
  3. Ogawa M, Sone D, Maruo K, Shimada H, Suzuki K, Watanabe H, Matsuda H, Mizusawa H. Analysis of risk factors for mild cognitive impairment based on word list memory test results and questionnaire responses in healthy Japanese individuals registered in an online database. PLos One, 13(5):e0197466, 2018.
  4. Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Hotta R, Shimada H. Transitional Status and Modifiable Risk of Frailty in Japanese Elderly: A Prospective Cohort Study. Geriatr Gerontol Int, in press.
  5. Bae S, Lee S, Lee S, Harada K, Makizako H, Park H, Shimada H. Combined effect of self-reported hearing problems and level of social activities on the risk of disability in Japanese older adults: A populationbased longitudinal study. Maturitas, 115:51-55, 2018.
  6. Bae S, Lee S, Lee S, Jung S, Makino K, Park H, Shimada H. The role of social frailty in explaining the association between hearing problems and mild cognitive impairment in older adults. Arch Gerontol Geriatr, 1;78:45-50, 2018. 
  7. Shimada H, Makizako H, Lee S, Doi T, Lee S. Lifestyle Activities and the Risk of Dementia in Older Japanese Adults. Geriatr Gerontol Int, in press. 
  8. Liu L, Lee W, Wu Y, Hwang A, Lin M, Shimada H, Peng L, Loh C, Arai H, Chen L. Cognitive Frailty and Its Association with All-Cause Mortality among Community-Dwelling Older Adults in Taiwan: Results from I-Lan Longitudinal Aging Study. Rejuvenation Res, in press. 
  9. Uemura K, Doi T, Lee S, Shimada H. Sarcopenia and low serum albumin level additively increase the risk of incident disability in older adults. J Am Med Dir Assoc, in press. 
  10. Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Features Associated with Age Related Anorexia. Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle, in press. 
  11. Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Combined effects of mild cognitive impairment and slow gait on risk of dementia. Exp Gerontol, 4;110:146-150, 2018. 
  12. Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Cognitive Frailty is Associated with Fall-Related Fracture among Older People. J Nutr Health Aging, in press. 
  13. Murata S, Doi T, Sawa R, Nakamura R, Isa T, Ebina A, Kondo Y, Tsuboi Y, Torizawa K, Fukuta A, Ono R. Association Between Objectively Measured Physical Activity and the Number of Chronic Musculoskeletal Pain Sites in Community-Dwelling Older Adults. Pain Med, in press. 
  14. Makizako H, Tsutsumimoto K, Shimada H, Arai H. Social Frailty Among Community-Dwelling Older Adults: Recommended Assessments and Implications. Ann Geriatr Med Res 2018; 22(1): 3-8 
  15. Jung S, Lee S, Bae S, Lee S, Makino K, Shinkai Y, Shimada H. Effectiveness of the KENKOHJISEICHI local revitalization system promoting daily outdoor behaviors on improving cognitive function in older adults with mild cognitive impairment: A randomized controlled trial. Trials in press. 
  16. Shimada H, Lee S, Akishita M, Kozaki K, Iijima K, Nagai K, Ishii S, Tanaka M, Koshiba H, Tanaka T, Toba K. Effects of golf training on cognition in older adults: a randomised controlled trial. J Epidemiol Community Health, pii: jech-2017-210052, 2018.
  17. Nakakubo S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Lee S, Lee S, Bae S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Long and short sleep duration and physical frailty in community-dwelling older adults. J Nutr Health Aging, in press. 
  18. Makizako H, Shimada H, Hotta R, Doi TTsutsumimoto KNakakubo S, Makino K. Associations of Near-Miss Traffic Incidents with Attention and Executive Function among Older Japanese Drivers. Gerontology. in press. 
  19. Shimada H, Hotta R, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Makino K. Effects of Driving Skill Training on Safe Driving in Older Adults with Mild Cognitive Impairment. Gerontology, in press.

原著論文(和文)

 

総説・解説(和文)

 

著書

  1. 土井剛彦. Iフレイルを理解する 2フレイルの頻度は?, フレイルのみかた, 荒井秀典(編), 株式会社中外医学社, 東京都, 2018年4月20日. pp9-14.
  2. 堤本広大. Iフレイルを理解する 3フレイルの危険因子・保護因子, フレイルのみかた, 荒井秀典(編), 株式会社中外医学社, 東京都, 2018年4月20日. pp15-23.
  3. 島田裕之. 1日5分から始める!コグニサイズ・コグニライフで認知症は自力で防げる!, 株式会社すべる舎, 東京都, 2018年4月24日.
  4. 堤本広大. Ⅴ. 認知症および認知症予防の地域支援 Q76 認知症ではどのような社会経済的な負担がありますか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社,東京都, 2018年5月25日, pp160-161.
  5. 李相侖. Ⅳ. 認知症の予防 Q74 認知症の予防に効果が期待できる知的活動について教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp154-155.
  6. 李相侖. Ⅳ. 認知症の予防 Q73 認知症の予防に効果が期待できる社会的活動について教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp152-153.
  7. 土井剛彦. Ⅳ. 認知症の予防 Q71 コグニサイズとはどのような運動ですか,またどのような効果が期待されますか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp148-149.
  8. 中窪翔. Ⅳ. 認知症の予防 Q70 デュアルタスクによる具体的なトレーニング方法を教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp146-147.
  9. 中窪翔. Ⅳ. 認知症の予防 Q69 デュアルタスクとは何ですか,認知症の予防にはどのような効果がありますか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp144-145.
  10. 牧野圭太郎. Ⅳ. 認知症の予防 Q68 運動の習慣化や継続を促すためのコツを教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp142-143.
  11. 堤本広大. Ⅳ. 認知症の予防 Q67 認知機能の向上に効果的な運動の種目や強度,頻度について教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp140-141.
  12. 島田裕之. Ⅳ. 認知症の予防 Q65 運動による認知症予防の効果のメカニズムについて教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp136-137.
  13. 牧野圭太郎. Ⅳ. 認知症の予防 Q64 日常生活で認知機能低下を予防するためにどのような方法がありますか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp134-135.
  14. 堤本広大. Ⅳ. 認知症の予防 Q63 認知的フレイルの定義について教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp132-133.
  15. 中窪翔. Ⅳ. 認知症の予防 Q62 認知症の危険を発見するためのポイントを教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp130-131.
  16. 牧野圭太郎. Ⅲ. 認知症のリハビリテーション・ケア Q52 介護が必要な認知症患者の割合はどのくらいですか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp108-109.
  17. 土井剛彦. Ⅰ.認知症の病態・メカニズム Q23 MCR(motric cognitive risk syndrome)について教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp46-47.
  18. 中窪翔. Ⅰ.認知症の病態・メカニズム Q21 睡眠障害と認知症との関連を教えてください, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp42-43.
  19. 牧野圭太郎. Ⅰ.認知症の病態・メカニズム Q17 認知症および認知機能低下の危険因子と保護因子は何ですか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp34-35.
  20. 土井剛彦. Ⅰ.認知症の病態・メカニズム Q14 BDNFとは何ですか, BDNFを活性化させるにはどのような方法がありますか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp28-29.
  21. 堤本広大. Ⅰ.認知症の病態・メカニズム Q12 脳萎縮の進行にはどのような特徴がありますか, 島田裕之(監), 牧迫飛雄馬(編), 理学療法士のための知っておきたい!認知症知識Q&A, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2018年5月25日, pp24-25.

学会発表(国際学会)

  1. Doi T. Development of Strategies for Preventing Disability, The Fourth ICAH-NCGG Symposium, Aichi, Japan, May10, 2018.

学会発表(国内学会)

 

講演・講義

  1. 土井剛彦. 地域理学療法学, 神戸大学大学院保健学研究科 非常勤講師, 神戸市, 2018年4月13日.
  2. 島田裕之. フレイルの予防と理学療法, 老年期理学療法学の講義, 半田市, 2018年4月27日.
  3. 島田裕之. 認知症予防のエンビデンスとその実践, 日本在宅医学会第20回記念大会, 東京, 2018年4月30日.
  4. 島田裕之. 「指定自動車教習所の現状と問題点」高齢者講習に関する知識, 平成30年度県下指定教習所職員法講習会, みよし市, 2018年5月8日.
  5. 島田裕之. 認知症予防講演会「認知症は防げる~頭と身体を一緒に使おう~」, 平成30年度 認知症予防講演会, 松戸市, 2018年5月12日.
  6. 島田裕之. 「指定自動車教習所の現状と問題点」高齢者講習に関する知識, 平成30年度県下指定教習所職員法講習会, みよし市, 2018年5月16日.
  7. 島田裕之. サルコペニア・ロコモ・フレイルの運動療法・リハビリ, サルコペニア・フレイル指導士 名古屋研修会, 大府市, 2018年5月20日.
  8. 土井剛彦. コグニサイズ地域ミーティングの効果的な実践方法について、コグニサイズを教えるための研修会修了者へのスキルアップ手法について等, 平成30年度コグニサイズ地域ミーティング事業実施のための助言指導, 横浜市, 2018年5月25日.
  9. 土井剛彦. 認知症に対する理学療法の実践, 第53回日本理学療法学術研修大会, つくば市, 2018年5月26日.
  10. 中窪翔. 認知症に対する理学療法の実践, 第53回日本理学療法学術研修大会, つくば市, 2018年5月26日.
  11. 島田裕之. 高齢者の安全運転対策~認知症の観点から~, 中部指定自動車教習所連合会主催の経営管理研修会, 名古屋市, 2018年5月29日.
  12. 土井剛彦. 認知症の予防に関する講話、コグニサイズ実演, 神奈川県横浜市西区福祉保健センター主催認知症予防講習会, 横浜市, 2018年5月31日.

 

先頭へ戻る

平成29年度 実績

原著論文(英文)

  1. Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Association of Social Frailty With Both Cognitive and Physical Deficits Among Older People. J Am Med Dir Assoc, 18(7):603-607, 2017.
  2. Shimada H, Makizako H, Doi T, Lee S, Lee S. Conversion and Reversion Rates in Japanese Older People With Mild Cognitive Impairment. J Am Med Dir Assoc, 18(9):808.e1-808.e6, 2017.
  3. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Verghese J, Suzuki T. Motoric Cognitive Risk Syndrome: Association with Incident Dementia and Disability. J Alzheimers Dis, 59(1):77-84, 2017.
  4. Misu S, Asai T, Ono R, Sawa R, Tsutsumimoto K, Ando H, Doi T. Development and validity of methods for the estimation of temporal gait parameters from heel-attached inertial sensors in younger and older adults. Gait Posture, 57:295-298, 2017.
  5. Uemura K, Makizako H, Lee S, Doi T, Lee S, Tsutsumimoto K, Shimada H. Behavioral protective factors of increased depressive symptoms in community-dwelling older adults: a prospective cohort study. Int J Geriatr Psychiatr, 33(2):e234-e241, 2018.
  6. Nakakubo S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Lee S, Lee S, Bae S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Long and short sleep duration and physical frailty in community-dwelling older adults. J Nutr Health Aging, in press.
  7. Shimada H, Makizako H, Park H, Doi T, Lee S. Validity of the National Center for Geriatrics and Gerontology-Functional Assessment Tool and Mini-Mental State Examination for detecting the incidence of dementia in older Japanese adults. Geriatr Gerontol Int, 17(12):2383-2388, 2017.
  8. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutumimoto K, Yoshida D, Suzuki T. Effects of a community disability prevention program for frail older adults at 48-month follow up. Geriatr Gerontol Int, 17(12):2347-2353, 2017.
  9. Murata S, Doi T, Sawa R, Saito T, Nakamura R, Isa T, Ebina A, Kondo Y, Tsuboi Y, Misu S, Ono R. Association between joint stiffness and health-related quality of life in community-dwelling older adults. Arch Gerontol Geriatr. 73:234-239, 2017.
  10. Bae S, Shimada H, Lee S, Makizako H, Lee S, Harada K, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Park H, Suzuki T. The relationships between components of metabolic syndrome and mild cognitive impairment subtypes: A cross-sectional of Japanese older adults. J Alzheimers Dis. 60(3):913-921, 2017.
  11. Makino K, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. Fear of falling and gait parameters in older adults with and without fall history. Geriatr Gerontol Int. 17(12):2455-2459, 2017.
  12. Shimada H, Makizako H, Doi T, Park H, Tsutsumimoto K, Verghese J, Suzuki T. Effects of Combined Physical and Cognitive Exercises on Cognition and Mobility in Patients with Mild Cognitive Impairment: A Randomized Clinical Trial. J Am Med Dir Assoc. in press.
  13. Jung S, Lee SLee S, Bae S, Imaoka M, Harada K, Shimada H. Relationship between physical activity levels and depressive symptoms in community-dwelling older Japanese adults. Geriatr Gerontol Int, 18(3):421-427, 2018 Mar.
  14. Lee SLee S, Bae S, Harada K, Jung S, Imaoka M, Maizako H, Doi T, Shimada H. Relationship between chronic kidney disease without diabetes mellitus and components of frailty in communitydwelling Japanese older adults. Geriatr Gerontol Int, 18(2):286-292, 2018.
  15. Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Doi T, Lee S, Suzuki T. Cognitive Frailty and Incidence of Dementia in Older Persons. J Prev Alz Dis, 5(1):42-48, 2018.
  16. Makizako H, Shimada HHotta RDoi TTsutsumimoto KNakakubo SMakino K. Associations of traffic near-miss incident with attention and executive function among Japanese older drivers. Gerontology, in press.
  17. Hotta R, Makizako H, Doi TTsutsumimoto KNakakubo SMakino KShimada H. Cognitive function and unsafe driving acts during an on-road test among community-dwelling older adults with cognitive impairments. Geriatr Gerontol Int, in press.
  18. Jung S, Okubo Y, Osuka Y, Seino S, Park J, Nho H, Tanaka K. Older Korean adults have lower physical function despite longer exercise times compared to their Japanese counterparts: A Japan-Korea comparative study. Geriatr Gerontol Int, 18(4):576-583, 2018 Apr.
  19. Makino K, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. Impact of fear of falling and fall history on disability incidence among older adults: prospective cohort study. Int J Geriatr Psychiatry, 33(4):658-662, 2018.
  20. Doi T, Verghese J, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. Effects of Cognitive Leisure Activity on Cognition in Mild Cognitive Impairment: Results of a Randomized Controlled Trial. J Am Med Dir Assoc, 18(8):686-691, 2017.
  21. Shimada H, Ishii K, Makizako H, Ishiwata K, Oda K, Suzukawa M. Effects of exercise on brain activity during walking in older adults: a randomized controlled trial. J Neuroeng Rehabil, 14(1):50, 2017.
  22. Uemura K, Makizako H, Lee S, Doi T, Lee S, Tsutsumimoto K, Shimada H. Impacts of sarcopenia on incident homebound status among community-dwelling older adults: a prospective cohort study. Maturitas, in press.
  23. Watanabe Y, Arai H, Hirano H, Morishita S, Ohara Y, Edahiro A, Murakami M, Shimada H, Kikutani T, Suzuki T. Oral function as an indexing parameter for mild cognitive impairment in older adults. Geriatr Gerontol Int, 18(5):790-798, 2018 May.
  24. Umegaki H, Makino T, Uemura K, Shimada H, Xian Wu Cheng, Kuzuya M. Objectively measured physical activity and cognitive function in urban-dwelling older subjects. Geriatr Gerontol Int, in press.
  25. Kojima N, Kim M, Saito K, Yoshida Y, Hirano H, Obuchi S, Shimada H, Suzuki T, Kim H. Predictors of self-reported knee osteoarthritis in community-dwelling older women in Japan: A cross-sectional and longitudinal cohort study. Arch Gerontol Geriatr, 73:125-132, 2017.
  26. Harada K, Lee S, Lee S, Bae S, Harada K, Suzuki T, Shimada H. Objectively-measured outdoor time and physical and psychological function among older adults. Geriatrics and Gerontology International, 17(10):1455-1462, 2017.
  27. Hotta R, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Healthy Behaviors and Incidence of Disability in Community-Dwelling Elderly. Am J Health Behav, 42(1):51-58, 2018.
  28. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Lee S. Social Frailty Leads to the Development of Physical Frailty among Physically Non-Frail Adults: A Four-Year Follow-Up Longitudinal Cohort Study. Int J Environ Res Public Health, 15(3). pii: E490, 2018 Mar.

原著論文(和文)

  1. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 地域在住日本人高齢者に適したShort Physical Performance Batteryの算出方法の修正. 理学療法学, 44(3): 197-206, 2017.

 

総説・解説(和文)

  1. 島田裕之. 特集 ロコモと地域包括ケア クリニカルクエスチョン2 フレイルと認知症. Loco Cure 2017年5月号. 3(2):61-63, 2017.
  2. 島田裕之. 特集 健康寿命延伸のためのサルコペニア対策―現状の課題と今後の展望 7. サルコペニアに対する運動介入. 日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, 1(1): 34-37, 2017.

著書

  1. 島田裕之. 実践編 6 バランスの評価とトレーニング. 潮見泰藏(編), 脳卒中に対する標準的理学療法介入 何を考え,どう進めるか?第2版, 文光堂, 東京都, 2017, pp176-184.
  2. 土井剛彦. 軽度認知症 運動しながら、頭を使う課題を行うことが認知機能の改善に効果があると判明。おすすめは、【しりとりウォーキング】. 主婦の友インフォス(編),  物忘れ・認知症を自力で食い止め、脳力をどんどん高めるコツがわかる本, 株式会社主婦の友インフォス, 東京都, 2017年7月31日, pp124-125.
  3. 島田裕之. 神経疾患・認知症に対する運動療法・予防. 神経疾患治療ストラテジー 既存の治療・新規治療・今後の治療と考え方, 株式会社中山書店, 東京, 2017年9月15日, pp195-200.
  4. 島田裕之. 老化に伴う代表的要介護要因 サルコペニア. 老化と摂食嚥下障害「口から食べる」を多職種で支えるための視点, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017年9月20日, pp32-35.
  5. 島田裕之. 機能・能力低下編 認知機能低下. エビデンスに基づく理学療法 クイックリファレンス, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2017年9月25日, pp178-183.
  6. 島田裕之. 第6章(2)血管性認知症のケアとリハビリテーション. 認知症予防専門士テキストブック改訂版, 浦上克哉 川瀬康裕 西野憲史 辻正純 児玉直樹(編), 徳間書店, 東京都, 2017年10月31日, pp226-238.
  7. 島田裕之. 軽度認知障害(MCI)と転倒予防. 認知症者の転倒予防とリスクマネジメント 病院・施設・在宅でのケア 第3版, 武藤芳照 原田 敦 鈴木みずえ(編), 日本医事新報社, 東京都, 2017年10月10日, pp312-314.
  8. 島田裕之. サルコペニア診療ガイドライン2017年版, サルコペニア診療ガイドライン作成委員会(編), ライフサイエンス出版株式会社, 東京都, 2017年12月25日.
  9. 島田裕之. パーソン・センタード・ケアでひらく 認知症看護の扉, 認知症サミット, E認知症サミット, 認知症かどうか曖昧な状況におかれた人を支える, 鈴木みずえ 酒井郁子(編), 株式会社南江堂, 東京都, 2018年1月25日, pp243-246, 252-259. 

学会発表(国際学会)

  1. Shimada H. Agriculture activity for a senescent person and prevention of dementia through physical activity in Japan. International Symposium on the Agro-healing in Busan, keynote lecture, Busan, Korea, April 20, 2017.
  2. Doi T, Verghese J, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. Effects of Cognitive Leisure Activity Programs on Cognition in MCI: A Rancomized Controlled Trial. The21st IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics, San Francisco, July24, 2017.
  3. Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Social Frailty has Negative Impact on Cognitive Function Among Older People. The21st IAGGWorld Congress of Gerontology & Geriatrics, San Francisco, July23, 2017.
  4. Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Doi T, Lee S, Suzuki T. Cognitive Frailty and Incidence of Dementia in Older Persons. Alzheimer’s Association International Conference 2017, London, July18, 2017.
  5. Lee S, Shimada H, Lee Sungchul, Bae S, Harada K, Harada K, Anan Y, Jung S, Imaoka M. The Effects of Community-Based Activity Program for Preventing Dementia in Older Persons with Cognitive Decline. Alzheimer’s Association International Conference 2017, London, July16, 2017.
  6. Shimada H. Prevalence and prognosis of cognitive frailty. The 3rd NCGG-ICAH Symposium, Aichi, Japan, September 7, 2017.
  7. Tsutsumimoto K. Intervention scheme for cognitive frailty. The 3rd NCGG-ICAH Symposium, Aichi, Japan, September 7, 2017.
  8. Shimada H, Lee S, Doi T. A New Non-Pharmacological Intervention Scheme for Physical and Cognitive Frailty in the Community. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017.
  9. Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Hotta R, Makizako H, Shimada H. Motoric Cognitive Risk Syndrome: Incident Dementia and Disability. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  10. Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Kurita S, Kim M, Shimada H. Long and Short Sleep Duration and Physical Frailty inCommunity-Dwelling Older Adults. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  11. Hotta R, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kurita S, Kim M, Makizako H, Shimada H. Driving Status and Physical Frailty in CommunityDwelling Older Adults. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  12. Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Suzuki T, Shimada H.  Social Frailty has a Stronger Impact on Onset of Depressive Symptoms Compared with Physical Frailty or Cognitive Impairment. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  13. Kurita S, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Kim M, Shimada H. Cognitive Activity in Usually Sitting Position Associated with Cognitive Impairment among Older Adults. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  14. Lee S, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Shimada H. The Relationship between Social Frailty and Kidney Function Decline in Community-Dwelling Older Japanese. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  15. Bae S, Lee S, Lee S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Park H, Shimada H. The Role of Social Frailty in Explaining the Association between the Hearing Problem and Mild Cognitive Impairment in Japanese Older Adults. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  16. Kim M, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Kurita S, Shimada H. The Relationships between Cognitive Leisure Activities and Cognitive Function for Older Adults with Depressive Symptoms: A Cross-Sectional Study. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  17. Makino K, Lee S, Lee s, Bae s, Jung S, Shinkai Y, Shimada H. Subtypes of Pain and Newly Incidence of Disability among Community-Dwelling Older People: Prospective Cohort Study. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  18. Lee S, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Park H, Shimada H. Effect of Participation in Physical, Cognitive and Social Activities on the Risk of Functional Disability among Community-Dwelling Older Adults: SGS Study. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  19. Jung S, Okubo Y, Osuka Y, Kim T, Kobayashi H, Lee S, Shimada H, Tanaka K. Long-Term Effect of Exercise on Muscle Quality and Muscle Fat Infiltration among Community-Dwelling Older Japanese Adults. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.
  20. Shinkai Y, Lee S, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shimada H. Voxel Based Morphometly Study of Changes in Left Middle Frontal Gyrus in Late-Life Sever Depressive Symptoms. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

学会発表(国内学会)

  1. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 李相侖, 李成喆, 堀田亮, 中窪翔, 裵成琉, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における身体機能と身体組成の評価指標による加齢変化の違い. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月12日.
  2. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎. 認知的フレイルが認知症発症に及ぼす影響. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月12日.
  3. 波戸真之介, 森悠太, 島田裕之. 歩行機能低下が軽度要介護高齢者の重度化を引き起こす ~31457名を対象とした24か月間の縦断調査~. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  4. 中窪翔, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄, 島田裕之. 地域在住高齢者における歩行比からみた歩行パターンと転倒の関連性. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  5. 堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之. 身体的フレイル高齢者の認知機能低下は, 転倒後の骨折発生と強い関連を有する. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  6. 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 志水宏太郎, 山口亨, 伊藤一成, 田井啓太, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 地域在住高齢者のがん罹患に関する自己報告の妥当性検証. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  7. 牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 鈴木隆雄, 島田裕之. 地域高齢者の慢性疼痛の強さ別にみた身体活動特性の違い. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  8. 林悠太, 波戸真之介, 島田裕之. 要介護高齢者の要介護改善に影響を及ぼす認知機能について 8868名における2年間の追跡調査. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  9. 上村一貴, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 李成喆, 堤本広大, 島田裕之. 老年期の抑うつ状態を予防する活動は何か? ―身体/認知/社会の3側面からの検討―. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月14日.
  10. 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎, 堀田亮, 鈴木隆雄, 島田裕之. 軽度認知機能障害と歩行速度低下により認知症の発症リスクは増加するか?. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月14日.
  11. 今岡真和, 李相侖, 牧迫飛雄馬, 李成喆, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎, 裵成琉, 鄭松伊, 島田裕之. 軽度認知機能低下がサルコペニア有病者の新規要介護発生リスクへ与える影響:24ヵ月間の前向き研究. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月14日.
  12. 橋立博幸, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大. 地域在住高齢者における通常歩行速度の最小可検変化量と年齢による差異. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月14日.
  13. 三栖翔吾, 浅井剛, 土井剛彦, 澤龍一, 村田峻輔, 斎藤貴, 杉本大貴, 伊佐常紀, 坪井大和, 海老名葵, 近藤有希, 山田実, 小野玲. 地域在住高齢者における, 体幹加速度由来の歩行指標と運動機能・心理状態との関連 ―大規模集団データを用いた検討―. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月12日.
  14. 吉元勇輝, 土井剛彦, 平井達也, 齋藤雄太, 若月勇輝, 石川康伸, 藁科弘晃, 金尾和浩, 西村隼. 大腿骨近位部骨折者における歩行周期変動の信頼性. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月13日.
  15. 澤龍一, 土井剛彦, 三栖翔吾, 村田峻輔, 斉藤貴, 浅井剛, 山田実, 小野玲. 地域在住高齢者における多関節痛と歩行の関連性. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月14日.
  16. 土井剛彦. シンポジウム「認知症予防を目指した戦略」. 第52回日本理学療法学術大会, 千葉, 2017年5月14日.
  17. 島田裕之. サルコペニアに対する予防的介入. 第17回日本抗加齢医学会総会, シンポジウム29 サルコペニア研究の進歩, 東京, 2017年6月4日.
  18. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦. パネルディスカッション1 フレイルでも健康といえるか 3. フレイル高齢者に対する地域での健康増進のための介入戦略. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日.
  19. 島田裕之. ランチョンセミナー1 運動による認知症予防 1. 運動による認知症予防. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日.
  20. 李相侖, 島田裕之, 李成喆, 裵成琉, 原田和弘, 鄭松伊, 今岡真和, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者に対する高齢者機能健診を用いたポピュレーションアプローチの効果検証 – 大規模縦断研究. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日. ポスター発表.
  21. 堀田亮, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎. MCI高齢者における自動車運転技能と関連する要因の検討. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日. ポスター発表.
  22. 佐治直樹, 櫻井孝, 島田裕之, 鈴木啓介, 武田章敬, 伊藤健吾, 鳥羽研二. 多施設共同研究における高齢者総合機能評価の実践:オレンジレジストリ研究. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日.
  23. 鄭松伊, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 今岡真和, 原田和弘, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 島田裕之. 地域在住高齢者における身体活動量と抑うつ傾向との関連. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  24. 鄭松伊, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 今岡真和, 原田和弘, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之. 抑うつ傾向高齢者における身体活動量の性差. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  25. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 李成喆, 堤本広大, 裵成琉, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎. MCIから正常の認知機能に回復する高齢者の割合. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  26. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 李成喆, 堤本広大, 裵成琉, 堀田亮, 鄭松伊, 中窪翔. 認知機能検査NCGG-FATの予測妥当性. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  27. 牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 鄭松伊, 今岡真和, 島田裕之. 地域在住高齢者の転倒恐怖感が新規要介護発生に及ぼす影響:転倒経験による比較. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  28. 中窪翔, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鄭松伊, 今岡真和, 島田裕之. 地域在住高齢者における睡眠の重要性―MCIへの移行との関連―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  29. 中窪翔, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 牧野圭太郎, 島田裕之. 地域在住高齢者における就寝,起床時刻と身体活動量の関連性. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.
  30. 李成喆, 李相侖, 裵成琉, 牧迫飛雄馬, 中窪翔, 堤本広大, 原田健次, 鄭松伊, 今岡真和, 島田裕之. 地域在住の非糖尿病高齢者を対象とした慢性腎臓病とフレイルとの関連. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.
  31. 堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 李相侖, 李成喆, 島田裕之. 高齢期における食欲低下は,新規要支援・要介護認定に影響を与える. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.
  32. 小島成美, 金美芝, 齋藤京子, 吉田祐子, 平野浩彦, 大渕修一, 島田裕之, 鈴木隆雄, 金憲経. 食習慣が地域在住高齢女性の日常生活動作の変化に及ぼす影響:4年間の縦断研究. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.
  33. 牧野多恵子, 林尊弘, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者の身体活動量に対する運動介入効果と持続性―豊田市運動介入ランダム化比較試験―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.
  34. 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 島田裕之. シンポジウム13 認知症医療の最前線 3. 身体活動と認知症―mild cognitive impairmentに着目して―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.
  35. 今岡真和, 李相侖, 牧迫飛雄馬, 李成喆, 土井剛彦, 裵成琉, 鄭松伊, 堤本広大, 堀田亮, 島田裕之. 低アルブミン値がサルコペニア有病者の新規要介護発生リスクへ与える影響. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  36. 今岡真和, 李相侖, 李成喆, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 裵成琉, 鄭松伊, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之. IADLとサルコペニアの関連について. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  37. 島田裕之. 【老年学会】合同シンポジウム16 健康日本21(第2次)の視点からみた介護予防の推進 1. 健康寿命延伸へ向けた地域における認知症予防の可能性. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.
  38. 牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 島田裕之. 慢性疼痛を有する高齢者における身体活動量と要介護発生. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  39. 牧野多恵子, 林尊弘, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者の認知機能・身体機能に対する運動介入効果と持続性―豊田市運動介入ランダム化比較試験―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  40. 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 裵成琉, 鄭松伊, 今岡真和, 鈴木隆雄, 島田裕之. 身体的活動と社会的活動に着目した生活範囲の評価方法. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  41. 堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 裵成琉, 今岡真和, 島田裕之. 高齢者の新規要介護認定における骨格筋力指標と体脂肪率の影響. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  42. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 李相侖, 李成喆, 鈴木隆雄. 身体的フレイルが将来の介護給付額に及ぼす影響. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  43. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 裵成琉, 鄭松伊, 今岡真和. 身体的フレイル高齢者における身体活動量と要介護の新規発生. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  44. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 李相侖, 李成喆, 鈴木隆雄. 新規フレイル発症のリスク―4年間の断調査より―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.
  45. 島田裕之. 市民公開講座 2. 2. 高齢者と運転. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.
  46. 下方浩史, 島田裕之, 佐竹昭介, 遠藤直人. シンポジウム14 サルコペニア診療ガイドライン 2. サルコペニア疫学分野. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.
  47. 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 原田健次, 鄭松伊, 今岡真和, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 島田裕之. 大規模コホート研究による社会活動の非参加が新規要介護・要介護発生のリスクに及ぼす影響. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.
  48. 林尊弘, 牧野多恵子, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者の運動セルフ・エフィカシーに対する運動介入効果と関連する因子について―豊田市運動介入ランダム化比較試験―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.
  49. 李成喆, 李相侖, 裵成琉, 土井剛彦, 原田和弘, 堀田亮, 鄭松伊, 今岡真和, 鈴木隆雄, 島田裕之. CDKにおける主観的健康感と要介護認定発生との関連. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.
  50. 裵成琉, 李相侖, 李成喆, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 鄭松伊, 今岡真和, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄, 島田裕之. 高齢者における聴力低下と社会的活動が新規要介護発生に及ぼす影響―大規模コホートによる前向き調査―. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.
  51. 裵成琉, 李相侖, 牧迫飛雄馬, 李成喆, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 朴眩泰, 島田裕之. 地域在住高齢者におけるメタボリックシンドロームと軽度認知障害のサブタイプとの関係. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.
  52. 土井剛彦. 指定講演① 「認知機能と身体活動~MCIから認知症まで~」 地域在住高齢者における身体活動と認知機能~Mild cognitive impairmentに着目して~. 第20回日本運動疫学会学術総会, 神戸市, 2017年6月17日.
  53. 島田裕之. スキルアップセミナー1 認知症予防を目的とした運動療法. 第36回東京都理学療法学術大会, 東京, 2017年6月18日.
  54. 村田峻輔, 土井剛彦, 澤龍一, 中村凌, 伊佐常紀, 海老名葵, 近藤有希, 坪井大和, 鳥澤幸太郎, 福田章真, 小野玲. 地域在住高齢者における多関節慢性痛と身体活動の関連. 第20回日本運動疫学会学術総会, 神戸市, 2017年6月18日.
  55. 櫻井孝, 羽生春夫, 神﨑恒一, 杉本大貴, 島田裕之. シンポジウム⑤ コグニティブ・フレイル:その定義と意義を考える. 第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 京都府, 2017年10月15日.
  56. 島田裕之. シンポジウム18 【生活習慣・生活習慣病と認知症・アルツハイマー病】 認知症・アルツハイマー病に対する運動の作用メカニズムと予防のエンビデンス. 第36回日本認知症学会学術集会, 金沢市, 2017年11月25日.
  57. 島田裕之. 認知症のより良いケアと予防のために 身体および認知的フレイルの予防方法の開発と効果検証. 平成29年度 脳とこころの研究 第三回公開シンポジウム, 東京都, 2018年3月3日. ポスター発表. 

講演・講義

  1. 島田裕之. 認知症予防を目的とした運動療法の効果. 昭和区医師会学術講演会, 名古屋, 2017年4月8日.
  2. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~. ケアマネージャー、地域住民、入居施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 長野, 2017年4月13日.
  3. 島田裕之. 脳を刺激して認知症を防ぐ生活の知恵. 2017年菊池養生園祭, 熊本, 2017年4月16日.
  4. 島田裕之. 認知症に負けない. 蒲郡市民公開講座, 蒲郡, 2017年4月23日.
  5. 李相侖. 高齢者の健康増進-科学的根拠に基づく効果的対策-. 桜美林大学大学院老年学研究科2017年度春季公開講座, 東京都, 2017年5月13日.
  6. 島田裕之. 認知症プログラム コグニサイズの取り組み. 西三河認知症研究会 学術講演会, 知立, 2017年5月18日.
  7. 土井剛彦. 認知症予防を目指した運動プログラム. 元気になる取り組み, 神奈川, 2017年5月20日.
  8. 島田裕之. 平成29年度 なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研修会. 名古屋市健康福祉局地域ケア推進課地域支援係, 名古屋, 2017年5月25日.
  9. 島田裕之. 認知症予防で健康寿命を延ばそう. 平成29年度JAあいち健康会議, 東浦町, 2017年6月8日.
  10. 島田裕之. 百歳まで現役長寿を目指して. 第19回 百寿会の集い, 名古屋, 2017年6月10日.
  11. 土井剛彦. シンポジウム13「認知症医療の最前線」 身体活動と認知症 -mild cognitive impairmentに着目して-. 第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.
  12. 土井剛彦. 運動による認知症予防を目指して. 民生委員児童委員連盟南区支部総会, 名古屋, 2017年6月20日.
  13. 李相侖. 運動による認知症予.「平成29年度第1回介護予防講演会」, 知多市, 2017年6月24日.
  14. 土井剛彦. 認知機能低下を予防するための身体活動とその効果. 平成29年度健康運動指導士更新必修講座, 福岡市, 2017年6月25日.
  15. 土井剛彦.「コグニサイズの効果と実践例について」. 平成29年度豊田市スポーツ指導者養成講座, 豊田市, 2017年7月1日.
  16. 土井剛彦. 認知症予防に対する運動効果. 高齢者運動指導エクセレンスセミナー, 尼崎市, 2017年7月8日. 
  17. 島田裕之. 認知症予防の最前線. 展示会「リハビリ・介護予防サービス展 RE-CARE JAPAN 2017」, 東京, 2017年7月26日.
  18. 島田裕之. 認知症を予防するために ~運動との関わり~. フクダ電子中部販売業株式会社主催認知症セミナー, 名古屋, 2017年7月28日.
  19. 土井剛彦. 運動・身体活動の認知機能に対する効果. 第13回「必須脂肪酸と健康」研究会, 京都府, 2017年8月4日.
  20. 島田裕之. 介護予防. 認定理学療法士 必須研修会, 東京, 2017年8月5日.
  21. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 神戸, 2017年8月10日.
  22. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 郡山, 2017年8月23日.
  23. 島田裕之. 運動による認知症予防の可能性. 平成29年度「第40回スクエアステップスキルアップ研修会C」, 名古屋, 2017年8月26日.
  24. 島田裕之. 自分で行う認知症予防の方法. 聖教文化講演会, 名古屋, 2017年9月4日.
  25. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 倉敷, 2017年9月5日.
  26. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 京都, 2017年9月6日.
  27. 土井剛彦. 認知症予防のための運動(コグニサイズ). 介護予防事業従事者向け研修会, 中津川, 2017年9月8日.
  28. 島田裕之. 運動による認知症予防の可能性. 認知症疾患医療センター講演会, 美濃加茂, 2017年9月9日.
  29. 島田裕之. コグニサイズの実践を取り入れた講演会の開催. かがわ認知症予防シンポジウム 介護・医療専門職員向け, 高松, 2017年9月10日.
  30. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 名古屋, 2017年9月12日.
  31. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 四日市, 2017年9月15日.
  32. 土井剛彦.「認知機能障害に対する取り組み-脳機能改善に向けた具体的方策-」. 第12回脳神経科学名古屋セミナー, 名古屋市, 2017年9月17日.
  33. 島田裕之. 認知症および認知症予防に関する講演. 一般(介護福祉関係者、カルチャースクール関係者)対象講演会, 東京, 2017年9月23日.
  34. 島田裕之. 認知症の基礎知識と認知機能低予防の可能性.「認知症および認知機能低防止」セミナー, 東京, 2017年9月24日.
  35. 土井剛彦. 認知症予防へ向けた運動 コグニサイズについて. 平成29年度認知症シンポジウム, 東京都, 2017年9月24日.
  36. 島田裕之. 認知症予防最前線~自分でできる予防法. シルバーエイジ健康管理セミナー, 基調講演, 滋賀県長浜市, 2017年9月27日.
  37. 土井剛彦. 認知症の予防と運動の関係について コグニサイズの講話と実践 日常生活と認知機能の関係 地域が取り組めること. 平成29年度 認知症講演会, 名古屋市, 2017年9月27日.
  38. 島田裕之. くいとめろ!認知症!!今日からとりくむコグニサイズ. 認知症予防講演会, 山梨県南アルプス市, 2017年10月4日.
  39. 島田裕之. 「老化制御学」. 特別講師, 長野県松本市, 2017年10月6日.
  40. 島田裕之. 認知症者に理学療法士は何ができるか. 第17回精神心理領域理学療法セミナー, 東京, 2017年10月7日.
  41. 島田裕之. 地域とのつながりと運動が介護予防に役立つ!. 佐賀市介護予防講演会, 佐賀市, 2017年10月10日.
  42. 土井剛彦. コグニサイズの講義と実技. 認知症予防講演会, 静岡県島田市, 2017年10月19日.
  43. 土井剛彦. 運動による認知症予防を目指して. 介護予防教室, 名古屋市, 2017年10月20日.
  44. 島田裕之. 学術講演(健康増進分野)における講師. 第52回日本理学療法士協会全国学術研修大会, 石川県金沢市, 2017年10月20日.
  45. 島田裕之. 認知症予防運動についての理論と実践. 認知症予防指導者養成研修会, 香川県高松市, 2017年10月20日.
  46. 島田裕之. 認知症予防の可能性. 第14回久留米認知症ネットワーク協会, 福岡県久留米市, 2017年10月25日.
  47. 李相侖. 健康な高齢化. 第7回日中韓高齢化セミナー, 中国(済南), 2017年11月11日~14日.
  48. 土井剛彦. 「認知機能低下を予防するための身体活動とその効果」. 平成29年度健康運動指導士更新必須講座, 北海道江別市, 2017年11月5日.
  49. 島田裕之. 「知らなきゃ損!簡単にできる認知症予防」. 介護予防普及啓発講演会, 川越市, 2017年11月8日.
  50. 島田裕之. 認知症予防について~コグニサイズを楽しもう~. 平成29年度地域交流センター第2回公開講座, 三重県津市, 2017年11月11日.
  51. 土井剛彦. 「認知機能低下を予防するための身体活動とその効果」. 平成29年度健康運動指導士更新必須講座, 静岡県浜松市, 2017年11月11日.
  52. 土井剛彦.  ワークショップ4「コグニサイズ」の理論と実際. 第5回日本介護福祉・健康づくり学会大会, 岐阜県瑞穂市, 2017年11月12日.
  53. 島田裕之. 「包括化するシステムの中であるべき理学療法士像」. 特別講演, 第57回近畿理学療法学術大会, 滋賀県大津市, 2017年11月12日.
  54. 島田裕之. MCIの概論および認知症予防について. 認知症の早期発見・予防とICTの活用をテーマとしたプレス向けセミナー,東京都, 2017年11月15日.
  55. 島田裕之. 高齢者の介護予防の鍵~認知症予防への取り組みと中小企業に期待されること~. 第3回健康寿命延伸支援ビジネス普及啓発セミナー, 東京都, 2017年11月17日.
  56. 土井剛彦. シンポジウム「認知症の最前線」認知症と運動療法. 平成29年度認知症啓発事業「認知症シンポジウム」, 北名古屋市, 2017年11月18日.
  57. 土井剛彦. 「あれ?のサインを見逃さない!軽度認知障害MCIと予防のカギ、コグニサイズについて」. 平成29年度認知症対策事業講演会, 北設楽郡設楽町, 2017年11月19日.
  58. 島田裕之. コグニサイズによる認知症予防. 第5回倉吉認知症フォーラム, 鳥取県倉吉市, 2017年11月28日.
  59. 土井剛彦. 「認知症を予防するための取り組み~コグニサイズの実践を通して~」. 港区認知症市民講演会, 名古屋市, 2017年11月29日.
  60. 土井剛彦. 「運動による認知症予防を目指して~コグニサイズのすすめ~」. 第55回東区健康のつどい「認知症講演会」, 名古屋市, 2017年11月30日.
  61. 島田裕之. 認知症予防・コグニサイス. 2017年度 高齢者医療・在宅医療 総合看護研修 「認知症高齢者の看護②」, 大府市, 2017年11月30日.
  62. 島田裕之. 認知症基礎知識と認知機能低下予防の最前線. 「認知症および認知機能低下予防」講座, 東京, 2017年12月1日.
  63. 島田裕之. 認知症予防の展望. 第24回New Horizon for Neurosciences「アルツハイマー病の未来予想図」, 東京, 2017年12月2日.
  64. 島田裕之. 「認知機能低下予防プログラムの評価方法」. 平成29年度スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 東京, 2017年12月10日.
  65. 島田裕之. 認知症予防. 日本抗加齢医学会 専門医・指導士認定委員会講習会, 東京, 2017年12月10日.
  66. 島田裕之. 「認知症予防最前線」. 地域包括ケア市民講演会, 神奈川県厚木市, 2018年1月12日.
  67. 島田裕之. 地域及び家庭における交通安全~高齢者の交通事故防止「学び直して自分を直視」の観点から高齢者の車の運転について. 第58回交通安全国民運動中央大会分科集会, 基調講演, 東京都, 2018年1月18日.
  68. 島田裕之. 認知機能低下予防運動研究「講義 認知症に関する基礎知識」. 平成29年度スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 2018年1月20日.
  69. 土井剛彦. 「気軽に認知症予防に取り組もう!体を動かしながら、脳を鍛える!」. 平成29年度 認知症地域フォーラムin長岡, 2018年1月20日.
  70. 島田裕之. 「認知機能低下予防プログラムの評価方法」. 平成29年度スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 福岡, 2018年1月21日.
  71. 島田裕之. 認知症予防最前線 コグニサイズで体を動かしながら、脳を鍛える!. 平成29年度「誰もが安心して暮らせる廿日市を考えるつどい」, 基調講演, 広島県廿日市, 2018年1月28日.
  72. 土井剛彦. 「認知機能低下を予防するための身体活動とその効果」. 平成29年度健康運動指導士更新必修講座, 沖縄県宜野湾市, 2018年1月28日.
  73. 土井剛彦. Evidence Based Health Care「地域在住高齢者におけるEBHCと認知機能1.2」. 平成29年度文部科学省委託事業「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」である「超高齢社会における内部障害を有した要介護者に対するコメディカル専門人材養成プログラム開発」, 神戸市, 2018年1月31日.
  74. 土井剛彦. 認知機能低下を予防するための身体活動とその効果. 2017年度臨地実習に関わる講演会, 札幌市, 2018年2月25日.
  75. 土井剛彦. 認知機能低下を予防するための身体活動とその効果. 平成29年度健康運動指導士更新必須講座, 宮崎市, 2018年2月24日.
  76. 土井剛彦. 実践からみた認知症・フレイル予防. ウェルネスバレーセミナー2018, 大府市, 2018年2月23日.
  77. 島田裕之. シンポジウム1 高齢者と自動車運転について 運転寿命延伸プログラムと効果, 第5回 認知症医療介護推進ファーラム, 東京都, 2018年2月18日.
  78. 土井剛彦. フレイルとサルコペニアの理解と対策. 平成29年度日本健康運動指導士会奈良県支部研究会, 奈良市, 2018年2月12日.
  79. 島田裕之. 認知症予防の最前線. シナプソロジーフェスタ, 東京都, 2018年2月11日.
  80. 土井剛彦. 運動による認知症予防を目指して. 阪和地域リハビリテーション研究会, 大阪府貝塚市, 2018年2月10日.
  81. 島田裕之. 活動による認知症予防の可能性. 健康教育講座, 名古屋市, 2018年2月8日.
  82. 島田裕之. 認知症予防について、脳賦活運動について. 平成29年度なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研究会, 名古屋市, 2018年2月7日.
  83. 島田裕之. 運動による認知症予防の可能性. 第10回 品川認知症勉強会, 東京都, 2018年2月2日.
  84. 土井剛彦. 認知機能評価結果返却にあたっての留意点 認知機能評価を実施しての課題や工夫について. 認知機能評価研修フォロー研修, 横浜市, 2018年3月9日.
  85. 島田裕之. 「コグニサイズ」で認知症予防. 認知症疾患医療センター第5回市民公開講座兼第15回研修会, 和歌山市, 2018年3月10日.
  86. 土井剛彦. 「認知機能低下を予防するための身体活動とその効果」. 平成29年度健康運動指導士更新必須講座, 佐賀市, 2018年3月10日.
  87. 島田裕之. 「今日からはじめる認知症予防:運動の効果と実践方法」. ことうら こども・高齢者いきいきフォーラム, 鳥取県東伯郡琴浦町, 2018年3月17日.
  88. 土井剛彦. 「認知機能低下を予防するための身体活動とその効果」. 平成29年度健康運動指導士更新必須講座, 金沢市, 2018年3月17日.
  89. 土井剛彦. 「自分でできる認知症予防~イスに座って簡単エクササイズ~」, 静岡県三島市「みしま健幸大学」, 三島市, 2018年3月18日.
  90. 土井剛彦. 生涯発達システム持論Ⅰ. 筑波大学大学院人間総合科学研究科非常勤講師, 東京都, 2018年3月21日.
  91. 島田裕之. コグニサイズの紹介、実演. あいちオレンジタウン構想推進フォーラム, 名古屋市, 2018年3月26日.

 

先頭へ戻る

平成28年度 実績

原著論文(英文)

  1. Doi T, Blumen HM, Verghese J, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Gray matter volume and dual-task gait performance in mild cognitive impairment. Brain Imaging Behav, 11(3):887-898, 2017.
  2. Lee S, Shimada H, Lee S, Makizako H, Doi T, Harada K, Bae S, Harada K, Hotta R, Tsutsumimoto K, Yoshida D, Nakakubo S, Anan Y, Park H, Suzuki T. Association between sedentary time and kidney function in community-dwelling elderly Japanese people. Geriatr Gerontol Int, 17(5):730-736, 2017.
  3. Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Ono R, Suzuki T, Shimada H. Sleep Duration and Excessive Daytime Sleepiness Are Associated With Incidence of Disability in Community-Dwelling Older Adults. J Am Med Dir Assoc, 17(8): 768.e1-768.e5, 2016.
  4. Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Suzuki T. Cognitive Impairment and Disability in Older Japanese Adults. PLoS One, 11(7): e0158720, 2016.
  5. Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Doi T. Driving and Incidence of Functional Limitation in Older People: A Prospective Population-Based Study. Gerontology, 62(6):636-643, 2016.
  6. Lee S, Lee S, Harada K, Bae S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Park H, Suzuki T, Shimada H. Relationship between chronic kidney disease with diabetes or hypertension and frailty in community-dwelling Japanese older adults. Geriatr Gerontol Int, 17(10):1527-1533, 2017.
  7. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T. Comorbid mild cognitive impairment and depressive symptoms predict future dementia in community older adults: a 24-month follow-up longitudinal study. J Alzheimers Dis, 54(4): 1473-1482, 2016.
  8. Nakakubo S, Doi T, Shimada H, Ono R, Hyuma H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Suzuki T. The Association Between Excessive Daytime Sleepiness and Gait Parameters in Community-Dwelling Older Adults: Cross-Sectional Findings From the Obu Study of Health Promotion for the Elderly. J Aging Health, in press.
  9. Watanabe Y, Hirano H, Arai H, Morishita S, Ohara Y, Edahiro A, Murakami M, Shimada H, Kikutani T, Suzuki T. Relationship Between Frailty and Oral Function in Community-Dwelling Elderly Adults. J Am Geriatr Soc, in press.
  10. Harada K, Park H, Lee S, Shimada H, Yoshida D, Anan Y, Suzuki T. Joint Association of Neighborhood Environment and Fear of Falling on Physical Activity Among Frail Older Adults. J Aging Phys Act, in press.
  11. Harada K, Lee S, Shimada H, Lee S, Bae S, Anan Y, Harada K, Suzuki T. Psychological predictors of participation in screening for cognitive impairment among community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol In, in press.
  12. Nakakubo S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Lee S, Hotta R, Bae S, Suzuki T, Shimada H. Impact of poor sleep quality and physical inactivity on cognitive function in community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int, 17(11):1823-1828, 2017.
  13. Misu S, Asai T, Doi T, Sawa R, Ueda Y, Saito T, Nakamura R, Murata S, Sugimoto T, Yamada M, Ono R. Association between gait abnormality and malnutrition in a community-dwelling elderly population. Geriatr Gerontol Int, in press.
  14. Tsutsumimoto K, Makizako H, Doi T, Hotta R, Nakakubo S, Shimada H, Suzuki T. Prospective associations between sedentary behaviour and incident depressive symptoms in older people: a 15-month longitudinal cohort study. Int J Geriatr Psychiatry, in press.
  15. Kojima G, Iliffe S, Taniguchi Y, Shimada H, Rakugi H, Walters K. Prevalence of frailty in Japan: A systematic review and meta-analysis. J Epidemiol, 27(8):347-353, 2017.
  16. Imaoka M, Higuchi Y, Todo E, Kitagwa T, Ueda T. Low-frequency Exercise and Vitamin D Supplementation Reduce Falls Among Institutionalized Frail Elderly. Int J Gerontol, in press.
  17. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Hotta R, Suzuki T. Predictive Cutoff Values of the Five-Times Sit-to-Stand Test and the Timed "Up & Go" Test for Disability Incidence in Older People Dwelling in the Community. Phys Ther, 97(4): 417-424, 2017.
  18. Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. The association between anorexia of aging and physical frailty: Results from the national center for geriatrics and gerontology's study of geriatric syndromes. Maturitas, 97: 32-37, 2017.
  19. Tsutsumimoto K, Makizako H, Doi THotta R, Nakakubo S, Makino KShimada H, Suzuki T. Subjective Memory Complaints are Associated with Incident Dementia in Cognitively Intact Older People, but Not in Those with Cognitive Impairment: A 24-Month Prospective Cohort Study. Am J Geriatr Psychiatry, 25(6):607-616, 2017.
  20. Lee S, Lee S, Harada K, Bae S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Park H, Suzuki T, Shimada H. Relationship between chronic kidney disease with diabetes or hypertension and frailty in community-dwelling Japanese older adults. Geriatr Gerontol Int, in press.
  21. Doi T, Verghese J, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. Effects of Cognitive Leisure Activity Programs on Cognition in Older Adults with Mild Cognitive Impairment Syndrome: A Randomized Controlled Trial. J Am Med Dir Assoc, in press.
  22. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Lee S, Harada K, Hotta R, Nakakubo S, Bae S, Harada K, Yoshida D, Uemura K, Anan Y, Park H, Suzuki T. Age-dependent changes in physical performance and body composition in community-dwelling Japanese older adults: cross-sectional results from the NCGG-SGS database. J Cachexia Sarcopenia Muscle, in press.
  23. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Yoshida D, Suzuki T. Effects of a community disability prevention program for frail older adults at 48-month follow up. Geriatr Gerontol Int, in press.
  24. Sawa R, Doi T, Misu S, Saito T, Sugimoto T, Nakamura R, Murata S, Asai T, Yamada M, Ono R. The severity and number of musculoskeletal pain associated with gait in community-dwelling elderly individuals. Gait Posture, in press.
  25. Doi TMakizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. Association between Insulin-like Growth Factor-1 and Frailty among Older Adults. J Nutr Health Aging, 22(1):68-72, 2018.
  26. Bae S, Shimada H, Park H, Lee S, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Suzuki T. Association between body composition parameters and risk of mild cognitive impairment in older Japanese adults. Geriatr Gerontol Int, 17(11):2053-2059, 2017.

原著論文(和文)

  1. 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 鈴木隆雄, 島田裕之. 高齢者における体幹加速度から得られる歩行指標と転倒との関連性―大規模データによる検討―. 日本理学療法学雑誌,43(2):75-81.
  2. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔. 軽度認知障害を有する高齢者の転倒の実態. 日本基礎理学療法学雑誌, 19(2): 48-54, 2016.
  3. 島田裕之. 通所介護サービスにおける理学療法士・作業療法士の配置が12ヵ月後の歩行機能に及ぼす効果. 日本老年医学学会雑誌, 53(4): 412-417, 2016.
  4. 西守隆, 今岡真和, 呉本冬馬. 要介護高齢者の歩行速度とステップ長の運動学的要因の関連について. 日本生理人類学会誌, 21(4): 167-172, 2016.

総説・解説(和文)

  1. 島田裕之. Seminar 6. 運動・生活習慣からみた認知症の予防. Geriatric Medicine 老年医学, 54(5):465-470, 2016.
  2. 島田裕之. 特集 MCIとプレクリ二カル・アルツハイマー病 MCIとプレクリ二カルADへの介入―現在実施可能なアプローチ―. 老年精神医学雑誌vol.27, 東京, 2016, pp649-654.
  3. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦. 増大特集 認知症の危険因子と防御因子. 運動・身体活動による認知症予防. Brain Nerve. 68(7): p799-808, 2016.
  4. 島田裕之. アルツハイマー病と新オレンジプラン. 治療, 非薬物治療. Clinical Neuroscience, 34(9): 1035-1038, 2016.
  5. 島田裕之. 実地医家はどのように有効な予防と治療を実践すべきか, フレイル・認知症予防に向けた運動介入. Medical Practice, 33(8): 1283-1287, 2016.
  6. 島田裕之. 特集 認知機能のアンチエイジング. 2コグニサイズと認知機能アンチエイジング. 日本抗加齢医学会雑誌, 12(4): 27-32, 2016.
  7. 島田裕之. 特集 ヒューマンダイナミクス. 脳科学からのアプローチ. 活動と脳の健康. Journal of Society of Automotive Engineers of Japan, 70(10): 17-22, 2016.
  8. 島田裕之. 特集 来るべき「2025年問題」への備え, 認知症予防の未来. 体育の科学, 66(11): 780-783, 2016.
  9. 島田裕之. 特集 運動の実践と効果, 認知症に対する運動療法. 日本医師会雑誌, 145(9): 1909-1912, 2016.
  10. 島田裕之. 特集: サルコぺニアとフレイル―最新知見から考えるその高齢社会における意義―. 1.フレイルの基準と実態. Geriatric Medicine(老年医学)1月号. 55(1): 7-10, 2017.
  11. 牧迫飛雄馬. フレイルの概念と予防理学療法の重要性. 理学療法. 33(12): 1060-1066, 2016.
  12. 牧迫飛雄馬. 認知症予防・転倒予防のための具体的な運動指導方法. 臨床スポーツ医学, 34(1): 70-75, 2017.
  13. 牧迫飛雄馬. 認知症予防を考える「高齢期の健康づくり・介護予防-健康長寿延伸のカギ-⑩」. 健康づくり, 465: 12-17, 2017.
  14. 土井剛彦. フレイルからみた歩行機能の評価. 理学療法. 33(12): 1085-1094, 2016.
  15. 中窪翔. フレイルの予防を目的としたウォーキングの指導方法. 理学療法. 33(12): 1095-1101, 2016.
  16. 島田裕之. Ⅲ章 予防理学療法の実際, 5認知症の予防, 1)認知症予防. 予防理学療法学要論, pp139-145, 2017.
  17. 島田裕之. 特集: 地域包括ケア時代における高齢者の社会参加・社会貢献. Seminar 3. 認知症予防のための活動と社会参加. Geriatric Medicine (老年医学)2月号. 55(2): 165-168, 2017.
  18. 島田裕之. Interview オピニオンを聞く 第9回 高齢者における運転の問題. 現代生活と密接な関係をもつ運転の問題を社会全体で考える ~運転寿命延伸プロジェクトで議論の準備を~. Geriatric Medicine (老年医学) 2月号. 55(2): 201-206, 2017.

著書

  1. 島田裕之. 第4章 サルコぺニアと運動. 小川純人(企), 最新医学社, 大阪, 2016, pp132-137.
  2. 島田裕之. Ⅴ.運動と介護予防 高齢期のフレイル・サルコペニア. 葛谷雅文(編), 臨床栄養別冊 JCNセレクト11 健康寿命延伸をめざす栄養戦略 フレイル・疾病重症化予防のために, 医歯薬出版, 東京都, 2016, pp145-151.
  3. 土井剛彦. Ⅴ.認知症ならびに軽度認知障害に対する理学療法. 認知症・MCIに伴う認知機能障害の理解と理学療法介入. 阿部浩明(編), 高次脳機能障害に対する理学療法, 文光堂, 東京都, 2016, pp199-236.
  4. 土井剛彦. PT・OTのための臨床研究はじめの一歩〜研究デザインから統計解析、ポスター・口述発表のコツまで実体験から教えます. 山田実(編), 土井剛彦(著), 浅井剛(著). 羊土社, 東京都, 2016
  5. 土井剛彦. 第4章 認知症予防と運動. 一般財団法人日本認知症コミュ二ケーション協議会(編), 認知症ライフパートナー検定試験 公式テキスト1級, 株式会社エスシーアイ, 東京, 2016, pp99-134.
  6. 堀田亮, 島田裕之. 第4章 要介護状態の身体活動疫学, 4-1 認知症. 熊谷秋三, 田中茂穂, 藤井宣晴 (編), 身体活動・座位行動の科学 ~疫学・分子生物学から探る健康~, 杏林書院, 東京, 2016, pp83-90.
  7. 島田裕之. 23. フレイル, サルコぺニア, ロコモティブシンドロームと転倒. 武藤芳照, 鈴木みずえ, 原田敦(編), 転倒予防白書2016, 日本医事新報社, 東京都, 2016, pp206-211.
  8. 土井剛彦. 第2章研究企画期、第4章研究成果期. 山田実(編), 土井剛彦, 浅井剛(著), PT・OTのための臨床研究 はじめの一歩. 羊土社, 東京, 2016, pp43-75, pp120-144.
  9. 島田裕之. 6. 認知症予防のための運動の実際. 日本抗加齢学会 専門医・指導士認定委員会(編), アンチエイジング医学の基礎と臨床, 第3版, (株)メジカルビュー社, 東京都, 2016, pp305-306.
  10. 島田裕之. 8章 高齢者理学療法の実践―応用編― 1. 高齢者の状態に応じた理学療法の視点. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp510-515.
  11. 牧迫飛雄馬. 3章 高齢者の評価 2. 認知機能の評価. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp139-148.
  12. 牧迫飛雄馬. 6章 老年症候群における理学療法 6. うつに対する理学療法. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp432-437.
  13. 土井剛彦. 3章 高齢者の評価 2. 体力の評価. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp114-138.
  14. 土井剛彦. 6章 老年症候群における理学療法 5. MCIに対する理学療法. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp422-431.
  15. 堤本広大. 8章 高齢者理学療法の実践―応用編― 11. 集団に対する指導. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp578-586.
  16. 中窪翔. 3章 高齢者の評価 7. 生活機能の評価. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp169-182.
  17. 中窪翔. One Point 睡眠障害への対応. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, p577.
  18. 牧野圭太郎. 8章 高齢者理学療法の実践―応用編― 2. ベッド上ポジショニング. 島田裕之(総編), 牧迫飛雄馬, 山田実(編), 高齢者理学療法学, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017, pp516-522.

学会発表(国際学会)

  1. Makizako H. Community-based interventions for mild cognitive impairment. 2nd ICAH-NCGG Symposium, Taipei, Taiwan, Apr 15, 2016.
  2. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T. Comorbid mild cognitive impairment and depressive symptoms predict future dementia in community older adults: a 24-month follow-up longitudinal study. 2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 25, 2016.
  3. Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Suzuki T. Impact of cognitive frailty on daily activities in older persons. 2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 26, 2016.
  4. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Verghese J, Suzuki T. Motoric cognitive risk syndrome and risk of Alzheimer’s disease. 2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 27, 2016.
  5. Park H, Shimada H, Bae S, Lee S, Lee S, Harada K, Harada K, Makizako H, Suzuki T. The influences of less active and sedentary behavior on cognitive and neural efficiency in older adults. 2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 27, 2016.
  6. Shimada H. Community Intervention for Frailty. 2nd Asia Conference for Frailty and Sarcopenia, Nagoya Japan, November 5, 2016.
  7. Makizako H. Frailty as a risk factor of disability in community-dwelling older adults: Findings from NCGG-SGS. 2nd Asia Conference for Frailty and Sarcopenia, Nagoya Japan, November 5, 2016.
  8. Shimada H. Prevention of Dementia and Disabilities in the Community. The 12th International Symposium on Geriatrics and Gerontology, Aichi, Japan, March 4, 2017.

学会発表(国内学会)

  1. 小林修, 林悠太, 波戸真之介, 今田樹志, 島田裕之. 男女別にみた要支援・軽度要介護高齢者の重度化に対する運動機能評価の有用性 大規模集団における3年間の追跡調査による検討. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  2. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎. 認知機能低下と関係する歩行パラメーター. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  3. 堤本広大, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之, 鈴木隆雄. 軽度認知障害を有する高齢者における灰白質容量と遂行機能は関連するのか? 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  4. 牧野圭太郎, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 井平光, 木原由里子, 石田豊朗, 志水宏太郎, 伊藤一成, 山口亨, 古名丈人. 積雪寒冷地域に住む後期高齢者の冬期間の身体活動量低下がその後3年間の認知機能の変化に及ぼす影響 地域在住後期高齢者の冬期間の身体活動量低下がその後3年間の認知機能の変化に及ぼす影響. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  5. 志水宏太郎, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 石田豊朗, 伊藤一成, 山口亨, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 地域在住後期高齢者における筋肉量の低下に対するself-efficacyおよび活動能力の影響について. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  6. 上村一貴, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 朴眩泰, 梅垣宏行, 葛谷雅文, 鈴木隆雄. 軽度認知障害を有する高齢者では遅延再生課題中の前頭前野における脳血流が低下する. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  7. 山口亨, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 石田豊朗, 志水宏太郎, 伊藤一成, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 積雪寒冷地域における非冬期の転倒は後期高齢者の運動機能低下を顕在化. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  8. 木原由里子, 井平光, 牧野圭太郎, 石田豊朗, 志水宏太郎, 伊藤一成, 山口亨, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 地域在住高齢者の社会的サポート低下を予測する因子の検討. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  9. 林悠太, 波戸真之介, 今田樹志, 小林修, 島田裕之. 軽度要介護高齢者,重度要介護高齢者の要介護度改善に影響を及ぼす運動機能 7096名における2年間の追跡調査. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  10. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 軽度認知障害を有する高齢者における歩行と白質病変の関係. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  11. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における下肢機能評価と要介護の新規発生. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  12. 伊藤一成, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 石田豊朗, 志水宏太郎, 山口亨, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 地域在住後期高齢者における身体活動量の縦断調査と関連要因の検討. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  13. 中窪翔, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における睡眠時間と身体的フレイルの関連性. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  14. 今田樹志, 林悠太, 波戸真之介, 小林修, 島田裕之. 脳血管疾患の既往がある要支援及び軽度要介護高齢者の重度化に関わる運動機能 637名における2年間の追跡調査. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.
  15. 波戸真之介, 林悠太, 今田樹志, 小林修, 島田裕之. 運動機能の低下が要支援から要介護への移行に及ぼす影響 大規模集団における36か月間の縦断研究. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.
  16. 平井達也, 牧迫飛雄馬, 石川康伸, 若月勇輝, 吉元勇輝, 藁科弘晃. 地域在住高齢者における転倒および転倒不安の有無による日本語版改訂GES得点の違いと運動機能との関連. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  17. 三栖翔吾, 浅井剛, 土井剛彦, 澤龍一, 山田実, 小野玲. 地域在住高齢者における栄養障害は歩行時の姿勢安定性低下と関連する ―1年間の縦断研究―. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  18. 石田豊朗, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 志水宏太郎, 伊藤一成, 山口亨, 古名丈人. 地域在住高齢者における身体機能が転倒恐怖感に及ぼす影響. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  19. 井平光, 牧野圭太郎, 松田夕香, 小野道洋, 石川和真, 佐藤昌則, 石合純夫, 加藤淳二, 古名丈人. 外来化学療法を施行中の進行性がん患者に対する理学療法介入の効果検証 ランダム化比較試験. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  20. 北川智美, 樋口由美, 藤堂恵美子, 今岡真和, 上田哲也, 安藤卓, 水野稔基, 安岡実佳子, 高尾耕平. 専業主婦の座業時間短縮および健康改善のための効果的な介入方法. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  21. 今岡真和, 板垣香里, 黒﨑恭兵, 七川大樹, 中村貫照, 池内まり, 藪陽太, 児玉佳奈子. 体圧分散性能が高い車いすを長期使用することによる入所者への影響について. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.
  22. 今岡真和, 樋口由美, 藤堂恵美子, 上田哲也, 北川智美, 安藤卓, 高尾耕平, 安岡実佳子, 黒﨑恭兵, 池内まり, 七川大樹. 介護老人保健施設入所者のOsteosarcopenia有病率についての調査研究. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  23. 安岡実佳子, 樋口由美, 藤堂恵美子, 北川智美, 今岡真和, 上田哲也, 安藤卓, 水野稔基, 高尾耕平, 大垣昌之, 長岡正子. 大腿骨近位部骨折患者の骨折前の外出状況と機能回復の関連. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  24. 上田哲也, 樋口由美, 今岡真和, 藤堂恵美子, 北川智美, 安藤卓, 高尾耕平, 服部玄徳, 野村日呂美. 転倒を起因とした骨折により急性期病院へ入院した高齢患者の特徴. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  25. 安藤卓, 樋口由美, 今岡真和, 藤堂恵美子, 上田哲也, 北川智美, 水野稔基, 安岡実佳子, 高尾耕平. 要支援・軽度要介護高齢者の非利用日の歩数とその関連要因. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.
  26. 水野稔基, 樋口由美, 今岡真和, 上田哲也, 藤堂恵美子, 北川智美, 安藤卓, 安岡実佳子, 高尾耕平. 大腿骨近位部骨折術後患者に対する体幹筋群のトレーニング効果の検証 ~回復期リハビリテーション病棟における予備的研究~. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.
  27. 藤堂恵美子, 樋口由美, 今岡真和, 北川智美, 上田哲也, 安藤卓, 水野稔基, 安岡実佳子, 高尾耕平, 脇田英樹, 池内俊之. 訪問リハビリテーション利用者の生活空間拡大に関連する要因. 第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.
  28. 中窪翔, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 李成喆, 堤本広大, 原田和弘, 堀田亮, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における身体的フレイルおよび骨密度低下とIADLの関連. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  29. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 李相侖, 中窪翔, 堀田亮, 鈴木隆雄. 社会的なフレイルと要介護の発生. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  30. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔. 自動車運転の中止と要介護認定発生との関係. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  31. 堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における身体的フレイルと食欲低下との関連. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  32. 牧野圭太郎, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における転倒恐怖感と歩行指標との関連:転倒経験による比較. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  33. 島田裕之. フレイル高齢者のコホート研究. シンポジウム3 健康長寿を目指したロコモティブシンドロームとフレイル研究. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  34. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 認知症発症の危険因子としての軽度認知障害とうつ徴候. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  35. 堀田亮, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者の健康行動と要介護の新規発生の関連. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  36. 小島成実, 金美芝, 吉田英世, 吉田祐子, 平野浩彦, 大渕修一, 島田裕之, 鈴木隆雄, 齋藤京子, 金憲経. 地域在住高齢女性における変形性膝関節症発症の予知因子―4年間の縦断研究―. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  37. 李成喆, 李相侖, 島田裕之, 原田健次, 裵成琉, 原田和弘, 鈴木隆雄. 地域在住の高齢者を対象としたsedentary timeと腎機能との関連―大規模疫学研究―. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日.
  38. 原田和弘, 李相侖, 島田裕之, 李成喆, 裵成琉, 原田健次, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における客観的に測定された外出時間と身体・心理機能との関連. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月8日. 
  39. 牧野多恵子, 上村一貴, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 異なる運動要素が地域在住高齢者の認知機能に及ぼす影響―豊田市運動介入ランダム化比較試験―. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  40. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 堤本広大, 李成喆, 原田和弘, 裵成琉, 中窪翔, 原田健次. 認知機能低下が要介護状態発生に及ぼす影響. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  41. 牧迫飛雄馬, 島田裕之. 軽度認知機能低下を有する地域高齢者を対象とした認知症予防. シンポジウム8 地域で育てる健康長寿を目指した介護予防の展開. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  42. 堤本広大, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之, 鈴木隆雄. 主観的なもの忘れが認知症発症に与える影響―健常高齢者と認知機能が低下した高齢者の比較―. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  43. 裵成琉, 島田裕之, 朴眩泰, 李相侖, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 阿南祐也, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者の身体組成と軽度認知障害との関係. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  44. 李相侖, 島田裕之, 原田健次, 裵成琉, 李成喆, 原田和弘, 阿南祐也, 牧迫飛雄馬, 鈴木隆雄. 地域在住の認知機能低下を有する高齢者における脳萎縮と身体機能との関係. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  45. 原田健次, 裵成琉, 朴眩泰, 李相侖, 李成喆, 原田和弘, 牧迫飛雄馬, 島田裕之. 認知機能が低下した高齢者における日常の身体活動量の違いによる脳容積の違い. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  46. 吉田英世, 金憲経, 小島成実, 金美芝, 鈴川芽久美, 吉田祐子, 齋藤京子, 島田裕之, 平野浩彦, 鈴木隆雄. 地域在住後期高齢女性におけるフレイル該当者の予後に関する検討. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  47. 牧野圭太郎, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 井平光, 古名丈. 地域在住後期高齢者における高次生活機能の維持と認知機能との関連. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  48. 李相侖, 島田裕之, 李成喆, 原田和弘, 裵成琉, 原田健次, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔. 日常生活における社会活動の実施および活動内容と軽度認知機能低下に関する検討. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月9日.
  49. 中窪翔, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における歩行指標の加齢変化. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月10日.
  50. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 堀田亮, 牧野圭太郎, Joe Verghese, 鈴木隆雄. Motoric Cognitive Risk Syndromeと新規要介護認定発生との関係. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月10日.
  51. 金美芝, 吉田英世, 金憲経, 小島成実, 吉田祐子, 平野浩彦, 島田裕之, 古名丈人, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における通常歩行速度の加齢変化および予測因子:10年間の追跡調査. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月10日.
  52. 上村一貴, 牧野多恵, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者におけるインスリン抵抗性と身体活動. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月10日. 
  53. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. Insulin-like Growth Factor-1と新規要介護認定発生との関係. 第58回日本老年医学会学術集会, 金沢, 2016年6月10日.
  54. 島田裕之. コグニサイズと認知症予防. 第16回日本抗加齢医学会総会, 横浜, 2016年6月11日.
  55. 島田裕之. 運動による認知症予防. 第16回日本抗加齢医学会総会, 横浜, 2016年6月12日.
  56. 土井剛彦. 教育講演(5)「軽度認知障害の早期発見と運動効果に関する最新のエビデンス」. 第35回日本臨床運動療法学会学術集会, 横浜, 2016年9月3日.
  57. 池内まり, 今岡真和, 七川大樹, 藪陽太, 中村貫照, 児玉佳奈子. 認知症短期集中リハビリテーションで効果が上がる利用者の特徴について. 第27回全国介護老人保健施設大会, 大阪, 2016年9月15日.
  58. 牧迫飛雄馬. MCIの発見と予防への道. 第18回日本認知症グループホーム大会, 公益社団法人日本認知症グループホーム協会, 札幌, 2016年10月2日.
  59. 牧迫飛雄馬. 高齢者の認知・精神機能と転倒リスク. 日本転倒予防学会第3回学術集会, 名古屋, 2016年10月2日.
  60. 北川智美, 樋口由美, 藤堂恵美子, 今岡真和, 安藤卓, 高尾耕平, 村上達典. 就労者の健康関連QOLに関連する因子. 第75回日本公衆衛生学会総会, 大阪, 2016年10月27日.
  61. 巖后顯範, 李相侖, 今岡真和, 島田裕之. 支援総合事業移行をロングゴールとした二次予防事業の新たな取り組み. 第75回日本公衆衛生学会総会, 大阪, 2016年10月27日.
  62. 島田裕之. 特別講演「介護予防・健康増進事業における理学療法の専門性と可能性」. 第25回新潟県理学療法士学会, 新潟, 2016年11月13日.
  63. 牧迫飛雄馬. 認知症に対する理学療法士の役割. 九州理学療法士・作業療法士合同学会2016, 鹿児島, 2016年11月13日.
  64. 牧迫飛雄馬. MCI高齢者への運動療法効果. 第56回近畿理学療法学術大会, 日本理学療法士協会近畿ブロック, 和歌山, 2016年11月27日.
  65. 今岡真和. プレサルコペニアおよびサルコペニアが新規要介護発生リスクへ与える影響. 保健医療学学会第7回学術集会, 大阪市, 2016年12月4日.
  66. 島田裕之. Quality ~未来へつなぐ専門性~, 高齢者リハビリテーションの『今』~長寿社会におけるPT戦略~. 第28回長崎県理学療法学術大会in島原, 基調講演, 長崎市, 2017年2月18日.
  67. 島田裕之. 地域における認知症予防のスキーム. 第94回日本生理学会大会, シンポジウム, 浜松市, 2017年3月30日.
  68. 土井剛彦. 高齢者における認知機能と脳. 第94回日本生理学会大会, シンポジウム, 浜松市, 2017年3月30日.

講演・講義

  1. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~ ケアマネージャー、地域住民、入居施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 福岡, 2016年4月7日.
  2. 牧迫飛雄馬. 国立長寿医療研究センター発!認知症予防運動 コグニサイズ. 中日文化センター,春の連続講座(第1回).名古屋,2016年4月12日.
  3. 島田裕之. 認知症の予防について, コグニサイズ(脳賦活運動). 平成28年度 なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研修会, 名古屋, 2016年4月28日.
  4. 島田裕之. 地域で支える快GO!予防. 善常会・健康フェスタ2016, 名古屋市, 2016年5月8日.
  5. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防の可能性. 認プロFD講演会,金沢医科大学.金沢,2016年5月13日.
  6. 島田裕之. 運動による認知症予防. 第13回春日井認知症臨床の会, 春日井市, 2016年5月14日.
  7. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防の理論と実践~認知症予防に向けた運動コグニサイズ~. 平成28年度日本健康運動指導士会京都支部研修会, NPO日本健康運動指導士会,京都,2016年5月14日.
  8. 牧迫飛雄馬. 認知症予防について~コグニサイズで楽しく頭と身体を鍛えよう~. 平成28年度認知症予防講演会,保土ヶ谷区高齢・障害支援課.横浜,2016年5月18日.
  9. 島田裕之. 非薬物療法による認知症予防. 研究室所属教員、学生及び共同研究者, 材料健康科学寄付講座, 東京, 2016年5月20日.
  10. 島田裕之. 怖いなら動いて防ごう認知症~みんなでコグニサイズに取り組もう~. コグニサイズ講演会, みよし市(愛知), 2016年5月24日.
  11. 牧迫飛雄馬. リスク管理・コグニサイズ理論・実践と解説. 平成28年度認知症予防体操推進リーダー養成研修,兵庫県但馬長寿の郷.兵庫,2016年5月30日.
  12. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防へ向けた取り組みについて. 平成28年度サロンサポーター養成講座, 北海道, 2016年6月4日.
  13. 牧迫飛雄馬. 地域の高齢者に対する効果的な支援について. 平成28年度専門職向け研修会, 北海道, 2016年6月4日.
  14. 島田裕之. 認知症予防 最前線 ~今日から始める予防策~. 認知症予防講演会, 一宮, 2016年6月7日.
  15. 島田裕之. 通所介護サービスにおけるセラピストの役割について. 株式会社ツクイ主催公開講座, 山梨, 2016年6月14日.
  16. 島田裕之. 運動による認知症予防の効果. 株式会社ベネッセスタイルケア主催市民公開講座, 大阪, 2016年6月18日.
  17. 島田裕之. 認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み. 武田薬品工業株式会社主催, Alzheimer Experts Seminar 2016, 東京, 2016年6月19日.
  18. 島田裕之. コグニサイズによる認知症予防. 認知症予防運動指導者養成研修会, 香川, 2016年6月25日.
  19. 島田裕之. ゴルフで楽しく認知症予防、認知症予防の新しいプログラム:ゴルフの可能性. ゴルフと認知症に関するシンポジウム, 埼玉県日高市, 2016年6月30日.
  20. 牧迫飛雄馬. 楽しく・気楽に認知症をくいとめる. 平成28年南区介護予防セミナー, 横浜, 2016年6月30日.
  21. 島田裕之. 地域の力で認知症を防ぐ. 一般社団法人セカンドライフファクトリー公開講座, 千葉, 2016年7月1日.
  22. 島田裕之. コミュニティーで創る認知症予防のスキーム. 第13回「もの忘れ」フォーラム, 徳島, 2016年7月2日.
  23. 島田裕之. 認知症予防と改善のカギは〇〇! 認知症予防講演会, 横須賀市, 2016年7月5日.
  24. 島田裕之. 健康寿命延伸に関するエビデンスと課題. BBLセミナー, 東京, 2016年7月7日.
  25. 島田裕之. 毎日の運動で認知症を予防する. 第19回運動(コグニサイズ等)による認知症予防講演会, 東京, 2016年7月7日.
  26. 島田裕之. 認知症予防. ベネッセスタイルケア主催市民公開講座, 豊田, 2016年7月9日.
  27. 牧迫飛雄馬. 自分でできる認知症予防. ―イスに座って簡単エクササイズ―. SBS学苑浜松校, 静岡, 2016年7月9日.
  28. 島田裕之. 認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み. Alzheimer Experts Seminar 2016, 東京, 2016年7月10日.
  29. 牧迫飛雄馬. 高齢者のリハビリテーション. 第3回南東北第二病院リハビリテーション研修会, 南東北第二病院, 郡山, 2016年7月10日.
  30. 島田裕之. 「活動」と「参加」―どう評価・計画し、いかに介入するか―. 第34回全国デイ・ケア研究大会, 千葉, 2016年7月22日.
  31. 島田裕之. 楽しく始める認知症予防 ~コグニサイズのすすめ~. 健康百寿の郷まつり基調講演, 兵庫, 2016年7月24日.
  32. 島田裕之. 認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み. Alzheimer Experts Seminar 2016, 東京, 2016年7月30日.
  33. 島田裕之. 「認知症予防概論」. コグニサイズ実践者研修, 大府, 2016年8月1日.
  34. 島田裕之. 認知症予防の最前線. リハビリ・介護産業展 RE-CARE JAPAN 2016, 東京, 2016年8月4日.
  35. 牧迫飛雄馬. 認知症予防を始めよう~コグニサイズにチャレンジ~. 阿久比町いきいきクラブ連合会講演会, 阿久比町いきいきクラブ連合会, 阿久比,2016年8月5日.
  36. 島田裕之. 認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み. Alzheimer Experts Seminar 2016, 北海道, 2016年8月7日.
  37. 牧迫飛雄馬. 身近な気づきを研究につなげる. 鵜飼リハビリテーション病院, 名古屋, 2016年8月9日.
  38. 島田裕之. 認知症予防概論・コグニサイズのe理論と実践・認知症予防の方法についての理解と実践力の習得. 平成28年度愛知県認知症予防運動プログラム研修, 大府, 2016年8月17日.
  39. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~. ケアマネージャー、地域住民、入居施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 京都, 2016年8月19日.
  40. 島田裕之. 平成28年度愛知県認知症予防運動プログラム研修, 大府, 2016年8月23日.
  41. 島田裕之. 認知症予防概論・コグニサイズの理論と実践・認知症予防の方法についての理解と実践力の習得. 名古屋市福祉会館認知症予防事業リーダー養成研修, 大府, 2016年8月24日.
  42. 島田裕之. 認知症の予防について 脳賦活運動. 平成28年度 なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研修会, 名古屋市北区, 2016年8月25日.
  43. 島田裕之. 介護予防の実際. 認定理学療法士 必須研修会「介護予防」, 札幌, 2016年8月27日.
  44. 牧迫飛雄馬. 目指せ!脳とからだもずっと現役~楽しくみんなで認知症をくいとめる秘訣を知ろう~. 横浜市戸塚区高齢・障害支援課, 横浜市戸塚区, 2016年8月30日.
  45. 牧迫飛雄馬. ヘルスプロモーションサイエンス特別講義Ⅱ. 首都大学東京大学院人間健康科学研究科ヘルスプロモーションサイエンス学域, 東京, 2016年8月31日.
  46. 島田裕之.「かがわ認知症予防シンポジウム」認知症講演会, 香川, 2016年9月2日.
  47. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のためのコグニサイズ. 熱海市認知症予防講演会, 熱海市健康福祉部健康づくり課, 熱海, 2016年9月5日.
  48. 島田裕之. 認知症の発症を減らす 運動と脳のトレーニング. 認知症講演会, 恵那市, 2016年9月11日.
  49. 島田裕之. 認知症予防の最新研究と取り組み. 第16回 抗加齢医学の実際2016, 東京, 2016年9月19日.
  50. 牧迫飛雄馬. 認知症予防概論およびコグニサイズの有効性. 平成28年度認知症予防のためのコグニサイズを教える研修会, 神奈川県高齢福祉課, 厚木, 2016年9月26-27日.
  51. 島田裕之. 軽度認知障害の認知機能の評価 ―タッチパネルを用いて―. 軽度認知症障害セミナー, 名古屋, 2016年9月27日.
  52. 牧迫飛雄馬. 軽度認知障害から認知症になるのを予防するための効果的な活動. 平成28年度滝川市職員向け講話, 滝川市健康づくり課, 北海道, 2016年9月30日.
  53. 牧迫飛雄馬. 認知症予防と運動について~楽しく頭と体をきたえよう~. 第8回滝川市いきいき百歳体操交流大会, 滝川市健康づくり課, 北海道, 2016年9月30日.
  54. 島田裕之. 老化制御学, 信州大学大学院医学系研究科博士課程疾患予防医科学系専攻講義, 松本, 2016年9月30日.
  55. 島田裕之. 認知症予防運動「コグニサイズ」. 岡崎市民公開講座 認知症講演会, 岡崎, 2016年10月1日.
  56. 島田裕之. 認知症予防運動について. 蒲郡市民公開講座 認知症予防講演会, 蒲郡, 2016年10月2日.
  57. 島田裕之.「ロコモDE認知症予防」. ~ロコモと認知症の予防・コグニサイズ紹介~. 神奈川区介護予防普及啓発講演会, 横浜, 2016年10月4日.
  58. 島田裕之. 今日からできる!コグニサイズで認知症予防. 介護予防特別講演会, 三重, 2016年10月6日.
  59. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~. 株式会社ツクイ(ツクイ高砂)主催公開講座, 兵庫, 2016年10月7日.
  60. 島田裕之.「コグニサイズで認知症予防」. 第21回静岡県認知症研究会, 静岡, 2016年10月8日.
  61. 牧迫飛雄馬. セミナー:防ぐ「認知症予防における理学療法」. 第51回日本理学療法士協会全国学術研修大会, 日本理学療法士協会, 沖縄, 2016年10月8日.
  62. 島田裕之. 軽度認知障害の早期発見への取り組み ―タッチパネルを用いて―. 「認知症予防・ケアの展望」講師, 名古屋市, 2016年10月11日.
  63. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~. 株式会社ツクイ(ツクイ塩尻広丘)主催公開講座, 長野, 2016年10月12日.
  64. 島田裕之. 自分で取り組む認知症予防の方法. 長寿たすけ愛講演会2016 in 京都, 京都, 2016年10月14日.
  65. 堤本広大. 認知症予防の実践 ~コグニサイズ~. 長寿たすけ愛講演会2016 in 京都, 京都, 2016年10月14日.
  66. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防―その理論と実践―.平成28年度第2回三重県理学療法士会研修会, 三重県理学療法士会, 三重, 2016年10月16日.
  67. 島田裕之. コグニサイズ講習会(脳トレ). 平成28年度認知症予防実践講習会, 静岡, 2016年10月17日.
  68. 島田裕之. 楽しく始める認知症予防. 平成28年度兵庫県シルバー人材センター事業推進大会, 神戸, 2016年10月20日.
  69. 島田裕之. コグニサイズと脳活性化. 病院設立40周年記念公開講座, 名古屋市南区, 2016年10月22日.
  70. 牧迫飛雄馬. 自分できる認知症予防~椅子に座って簡単エクササイズ~.三島健幸大学第1回講座, 静岡新聞社SBS学苑, 三島(静岡), 2016年10月22日.
  71. 島田裕之. 日常生活の中で簡単にできる認知症予防. 健康づくり講演会, 新潟市, 2016年10月25日.
  72. 島田裕之. 地域における効果的な認知症予防対策. 平成28年度北村山3市1町地域包括支援センター合同研修会, 山形県, 2016年10月26日.
  73. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防~コグニサイズのススメ~. 元気はつらつ介護予防フェスタ2016, 一宮市高年福祉課, 一宮, 2016年10月28日.
  74. 島田裕之. 認知症予防の具体的方法. KOSHI健康まつり~健康都市こうし推進事業~, 熊本市, 2016年10月30日.
  75. 牧迫飛雄馬. 認知症・認知機能低下予防と身体活動の関係. 平成28年度健康運動指導士更新必修講座, 日本健康運動指導士会, 長崎, 2016年10月30日.
  76. 島田裕之. 軽度認知障害に対する地域包括ケアの現状とアセスメントについて. 第一三共ヘルスケア株式会社主催講演会, 東京都, 2016年11月1日.
  77. 牧迫飛雄馬. コグニサイズのススメ. 平成28年度第2回在宅ケア講演会, 横須賀市健康福祉財団, 横須賀, 2016年11月5日.
  78. 島田裕之. えがおで介護予防! ~名古屋市における認知症予防プログラムについて~. みずほ介護フェスタ‘16, 名古屋市, 2016年11月9日.
  79. 牧迫飛雄馬. 認知機能評価の概要. 平成28年度神奈川県認知機能評価研修会, 神奈川県高齢福祉課, 大和(神奈川), 2016年11月11日.
  80. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防 ~コグニサイズのススメ~. 介護予防フォーラムinことうら, 琴浦町 (鳥取), 2016年11月12日.
  81. 島田裕之. 理学療法の専門性と可能性をさぐる. 第25回新潟県理学療法士学会 特別講演, 新潟県上越市, 2016年11月13日.
  82. 島田裕之. 認知症予防の運動コグニサイズのすすめ. 介護予防普及啓発講演会, 横浜市, 2016年11月15日.
  83. 島田裕之. 認知症予防についての講義およびコグニサイズの指導・実施. 認知症予防講座, さいたま市, 2016年11月16日.
  84. 島田裕之. 認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み. 第3回認知症臨床フォーラム ~かかりつけ医との連携をめざして~, 新潟県, 2016年11月17日.
  85. 島田裕之. コグニサイズとは. 第7回健康セミナー, 大阪府枚方市, 2016年11月25日.
  86. 牧迫飛雄馬. 老年学理学療法学特別講義. 人間総合科学大学保健医療学部, 埼玉, 2016年11月25日.
  87. 牧迫飛雄馬. 第14回 認知症―予防への道. 大河講座「ひとの大学」, NHK文化センター名古屋総支社, 名古屋, 2016年11月30日.
  88. 島田裕之. 運動による認知症予防. 東海北陸理学療法士作業療法士連絡協議会主催研修会, 名古屋, 2016年12月3日.
  89. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防の理論・実践、認知症予防・介護予防活動のためのリスク管理と生活習慣. 山口県介護予防PT・OT・ST指導者養成研修会, 山口県理学療法士会, 山口, 2016年12月3日.
  90. 牧迫飛雄馬. 認知機能障害への理学療法. 第20回 栃木県理学療法士会学術大会, 栃木県理学療法士会, 栃木, 2016年12月4日.
  91. 島田裕之. 自分でできる認知症予防 ~最新予防法コグニサイズとは~. 中区認知症市民講演会, 名古屋市中保健所、中区地域ケア推進会議認知症専門部会, 名古屋, 2016年12月7日.
  92. 牧迫飛雄馬. 地域で取り組める認知症予防. 区中央部地域リハビリテーション合同研修会, 東京慈恵会医科大学, 東京, 2016年12月8日.
  93. 島田裕之. 認知症予防について, コグニサイズ(脳賦活運動). 平成28年度なごや介護予防・認知症予防プログラム説明会, 名古屋市, 2016年12月16日.
  94. 島田裕之. 認知症、認知機能低下予防と身体活動の関係. 平成28年度更新必修講座, NPO法人日本健康運動指導士会, 京都, 2017年1月14日.
  95. 島田裕之. 認知症機能低下予防プログラムの評価方法. スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団, 大阪, 2017年1月15日.
  96. 牧迫飛雄馬. 認知機能低下予防プログラム作成のポイント・認知機能低下を予防する運動プログラムの実践.スキルアップ研修・認知機能低下予防コース. 公益社団法人健康・体力づくり事業財団, 大阪,2017年1月15日.
  97. 島田裕之. 認知症予防のための運動指導. 第33回介護予防運動スペシャリスト養成(資格認定)講習会, 公益財団法人日本スポーツクラブ協会, 東京, 2017年1月20日.
  98. 島田裕之. 第7回なごや介護予防・認知症予防プログラム策定検討会. 名古屋市健康福祉局地域ケア推進課地域支援係, 名古屋, 2017年1月20日.
  99. 島田裕之. 認知症機能低下予防プログラムの評価方法. スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 公益財団法人健康・体力づくり事業財団, 東京, 2017年1月22日.
  100. 牧迫飛雄馬. 認知機能低下予防プログラム作成のポイント・認知機能低下を予防する運動プログラムの実践, スキルアップ研修・認知機能低下予防コース. 公益社団法人健康・体力づくり事業財団, 東京, 2017年1月22日.
  101. 島田裕之. 予防理学療法研修会(基礎編)東海北陸ブロック. 予防理学療法研修会, 名古屋, 2017年1月28日.
  102. 島田裕之. 認知症と運動. 東京都健康長寿医療センター研究所「健康長寿ガイドライン」策定検討会, 東京都, 2017年2月3日.
  103. 島田裕之. 予防理学療法の基礎を学習を学ぶとともに予防理学療法を教授できる知識を習得する. 予防理学療法研修会(基礎編)北海道ブロック, 北海道, 2017年2月4日.
  104. 島田裕之. 平成28年度 なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研修会. 名古屋市健康福祉局地域ケア推進課地域支援係, 名古屋, 2017年2月17日.
  105. 島田裕之. 第2回 高齢運転者交通事故防止対策に関する有職者会議. 警察庁交通局, 東京都, 2017年2月22日.
  106. 牧迫飛雄馬. 認知症・認知機能低下予防と身体活動の関係. 平成28年度健康運動指導士更新必修講座, 日本健康運動指導士会, 盛岡, 2017年2月25日.
  107. 牧迫飛雄馬. 認知症予防についてできること~コグニサイズのススメ~. 平成28年度青少年健全育成講演会, 神田コミュニティ推進協議会, 大府, 2017年2月26日.
  108. 牧迫飛雄馬. 高齢者における身体・心理・認知機能低下の病態理解と介入戦略. 平成28年度長崎大学理学療法学同門会卒後セミナー, 長崎, 2017年3月4日.
  109. 牧迫飛雄馬. 身体を動かして認知症を予防しましょう. 平成28年度甲賀市健康づくり講演会, 滋賀, 2017年3月5日.
  110. 島田裕之. 日本抗加齢医学会 専門医・指導士認定委員会講習会 基礎・受験編. 一般社団法人日本抗加齢医学会, 東京都, 2017年3月12日.

 

先頭へ戻る

平成27年度 実績

原著論文(英文)

  1. Lee S, Shimada H, Park H, Makizako H, Lee S, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Suzuki T. The association between kidney function and cognitive decline in community-dwelling, elderly Japanese people. J Am Med Dir Assoc, 16(4): 349.e1-349.e5, 2015.
  2. Shimada H, Tsutsumimoto K, Lee S, Doi T, Makizako H, Lee S, Harada K, Hotta R, Bae S, Nakakubo S, Uemura K, Park H, Suzuki T. Driving continuity in cognitively impaired older drivers. Geriatr Gerontol Int, 16(4): 508-514, 2016.
  3. Shimizu Y, Kim H, Yoshida H, Shimada H, Suzuki T. Serum 25-hydroxyvitamin D level and risk of falls in Japanese community-dwelling elderly women: a 1-year follow-up study. Osteoporos Int, 26(8): 2185-2192, 2015.
  4. Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Suzuki T. Incidence of disability in frail older persons with or without slow walking speed. J Am Med Dir Assoc, 16(8): 690-696, 2015.
  5. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Suzuki T. Impact of physical frailty on disability in community-dwelling older adults: a prospective cohort study. BMJ Open, 5(9): e008462, 2015.
  6. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Suzuki T. Onset of disability by mild cognitive impairment subtype among community-dwelling older adults in Japan. J Am Geriatr Soc, 63(9): 1959-1961, 2015.
  7. Kojima N, Kim M, Saito K, Yoshida H, Yoshida Y, Hirano H, Obuchi S, Shimada H, Suzuki T, Kim H. Lifestyle-Related Factors Contributing to Decline in Knee Extension Strength among Elderly Women: A Cross-Sectional and Longitudinal Cohort Study. PLoS One, 10(7): e0132523, 2015.
  8. Makizako H, Tsutsumimoto K, Doi T, Hotta R, Nakakubo S, Liu-Ambrose T, Shimada H. Effects of exercise and horticultural intervention on the brain and mental health in older adults with depressive symptoms and memory problems: study protocol for a randomized controlled trial. Trials, 16: 499, 2015.
  9. Asai T, Misu S, Sawa R, Doi T, Yamada M. Multi-chronic musculoskeletal pain is a useful clinical index to predict the risk of falls in older adults with normal motor function. Aging Clin Exp Res, 27(5): 711-716, 2015.
  10. Makizako H, Shimada H, Tsutsumimoto K, Lee S, Doi T, Nakakubo S, Hotta R, Suzuki T. Social Frailty in Community-Dwelling Older Adults as a Risk Factor for Disability. J Am Med Dir Assoc, 16(11): 1003.e7-1003.e11, 2015.
  11. Sawa R, Doi T, Asai T, Watanabe K, Taniguchi T, Ono R. Differences in trunk control between early and late pregnancy during gait. Gait Posture, 42(4): 455-459, 2015.
  12. Uemura K, Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Umegaki H, Kuzuya M, Suzuki T. Effects of Mild Cognitive Impairment on the Development of Fear of Falling in Older Adults: A Prospective Cohort Study. J Am Med Dir Assoc, 16(12): 1104.e9-1104.e13, 2015.
  13. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Effects of white matter lesions on trunk stability during dual-task walking among older adults with mild cognitive impairment. Age, 37(6): 120, 2015.
  14. Doi T, Verghese J, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Motoric Cognitive Risk Syndrome: Prevalence and Risk Factors in Japanese Seniors. J Am Med Dir Assoc, 16(12):1103.e21-25, 2015.
  15. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Mild Cognitive Impairment, Slow Gait, and Risk of Disability: A Prospective Study. J Am Med Dir Assoc, 16(12): 1082-1086, 2015.
  16. Tsutsumimoto K, Makizako H, Shimada H, Doi T, Suzuki T. Set-Shifting Ability Is Associated with Gray Matter Volume in Older People with Mild Cognitive Impairment. Dement Geriatr Cogn Dis Extra, 5(3): 395-403, 2015.
  17. Uemura K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Park H, Suzuki T. Age-related changes in prefrontal oxygenation during memory encoding and retrieval. Geriatr Gerontol Int, 16(12): 1296-1304, 2016.
  18. Uemura K, Shimada H, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Park H, Suzuki T. Reduced prefrontal oxygenation in mild cognitive impairment during memory retrieval. Int  J Geriatr Psychiatry, 31(6): 583-591, 2016.
  19. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Insulin-Like Growth Factor-1 Related to Disability Among Older Adults. J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 71(6): 797-802, 2016.
  20. Sawa R, Doi T, Asai T, Watanabe K, Taniguchi T, Ono R. Differences in trunk control between early and late pregnancy during gait. Gait Posture, in press.
  21. Shimada H, Uemura K, Makizako H, Doi T, Lee S, Suzuki T. Performance on the flanker task predicts driving cessation in older adults. Int J Geriatr Psychiatry, 31(2): 169-175, 2016.
  22. Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Uemura K, Anan Y, Park H, Suzuki T. Self-reported exhaustion associated with physical activity among older adults. Geriatr Gerontol Int, 16(5): 625-630, 2016.
  23. Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Suzuki T. Effects of group exercise programmes on quality of life in older adults with mild cognitive impairment: preliminary results from a randomized controlled trial. Psychogeriatrics, 16(5): 327-328, 2016.
  24. Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Combined Effect of Slow Gait Speed and Depressive Symptoms on Incident Disability in Older Adults. J Am Med Dir Assoc, 17(2): 123-127, 2016.
  25. Shimada H, Makizako H, Lee S, Doi TLee S, Tsutsumimoto K, Harada K, Hotta R, Bae S, Nakakubo S, Harada K, Suzuki T. Impact of Cognitive Frailty on Daily Activities in Older Persons. J Nutr Health Aging, 20(7): 729-735, 2016.

 

原著論文(和文)

  1. 杉本大貴, 堤本広大, 中窪翔, 村田峻輔, 土井剛彦, 小野玲. 地域在住高齢者において腹部肥満は身体活動量減少と歩行能力低下の媒介因子である ―媒介分析を用いた横断的検―. 日本老年医学会雑誌, 53(1): 54-61, 2016.

 

総説・解説(和文)

  1. 島田裕之. 身体的フレイルの意義. Modern Physician, 35(7): 823-826, 2015.
  2. 島田裕之. “軽度認知障害”の状態で積極的にトレーニングを行い認知症を予防しよう! レクリエーションの現場・レクサイトRec-site, 9: 6-7, 2015.
  3. 島田裕之. Seminar 1.地域における高齢者の転倒予防. Geriatric Medicine 老年医学, 53(8): 805-809, 2015.
  4. 島田裕之, 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための運動療法. 日本基礎理学療法学雑誌, 18(2): 13-18. 
  5. 島田裕之. 認知症予防と運動. 理学療法, 33(1): 54-59, 2016. 
  6. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 堀田亮. 認知症予防のための運動効果とこれからの課題. 理学療法学, 42(8): 811-812, 2015. 
  7. 牧迫飛雄馬. 「コグニサイズ」で認知症を予防―第1回コグニサイズとは―. 安全と健康, 17(1): 12-13, 2016. 
  8. 島田裕之. (参考3)運動に関する取組み:『コグニサイズ』による認知症予防. かながわ 政策研究・大学連携ジャーナル No.9, 23-29, 2016.

 

著書

  1. 島田裕之. 土井剛彦. 認知症予防運動プログラム コグニサイズ入門(ハイブリッドDVDつき). ひかりのくに, 大阪, 2015.
  2. 島田裕之. 第1章 MCIの基礎を理解する Ⅱ.MCIとは. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp7-12.
  3. 上村一貴. 第3章 MCIの認知機能の特徴 Ⅰ. 記憶機能. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp58-68.
  4. 吉田大輔. 第3章 MCIの認知機能の特徴 Ⅳ.言語機能. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp98-110.
  5. 李相侖. 第4章 MCIの危険因子 Ⅳ.社会的因子. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp147-154.
  6. 堀田亮. 第4章 MCIの危険因子 Ⅴ.心理的因子. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp155-162.
  7. 牧迫飛雄馬. 第5章 MCIの早期発見のために Ⅱ. 認知機能のスクリーニング検査. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp192-203.
  8. 土井剛彦. 第6章 MCIに対する介入方法 Ⅱ.運動介入. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp213-223.
  9. 原田和弘. 第6章 MCIに対する介入方法 Ⅳ.健康行動の促進. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp237-245.
  10. 阿南祐也. 第6章 MCIに対する介入方法 Ⅴ.地域コミュニティを通した介入. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp246-255.
  11. 李成喆. 第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅰ. MCI早期発見へ向けた取り組み. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp276-285.
  12. 堤本広大. 第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅱ. 認知症予防のための運動教室. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp286-294.
  13. 中窪翔. 第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅲ. 認知症予防のための音楽教室. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp295-302.
  14. 裵成琉. 第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅳ. 認知症予防のためのアート教室―アートプログラムの実際と評価.
  15. 鈴木隆雄(監), 島田裕之(編). 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp303-310.
  16. 島田裕之. 第3章 障害からみたエビデンスに基づく理学療法の実際 9.認知機能障害. 内山靖(編), 実践的なQ&Aによるエビデンスに基づく理学療法 第2版 評価と治療指標を総まとめ, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp451-460.
  17. 島田裕之. Ⅸ.高齢者 1.転倒予防. 内山靖(総編), 網本和, 臼田滋, 高橋哲也, 淵岡聡, 間瀬教史(編), 今日の理学療法指針, 医学書院, 東京, 2015, pp463-465.
  18. 牧迫飛雄馬. Ⅸ.高齢者 2.虚弱高齢者・介護予防. 内山靖(総編), 網本和, 臼田滋, 高橋哲也, 淵岡聡, 間瀬教史(編), 今日の理学療法指針, 医学書院, 東京, 2015, pp465-468.
  19. 島田裕之. 序章 介護予防と認知症予防. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp1-9.
  20. 島田裕之. 第1章 認知症を理解するために~総論~. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp10-19.
  21. 牧迫飛雄馬. 第2章 認知症の発症メカニズムと予防(改善)のメカニズム, 2-1 運動による脳機能向上の分子機構. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp20-27.
  22. 牧迫飛雄馬. 第3章 認知症の診断とスクリーニング検査, 3-3 軽度認知障害(MCI)のスクリーニング検査. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp113-119.
  23. 土井剛彦. 第2章 認知症の発症メカニズムと予防(改善)のメカニズム, 2-4 運動とシナプス機能と脳容量. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp61-85.
  24. 土井剛彦. 第5章 認知症予防を目的とした介入研究の先進事例, 5-1 大府研究. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp161-177.
  25. 堤本広大. 第4章 認知症予防を目的とした運動プログラムと効果, 4-1 有酸素運動の方法と効果. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp120-131.
  26. 原田和弘, 岡浩一郎. 第4章 認知症予防を目的とした運動プログラムと効果, 4-4 身体活動向上を目指した行動変容技法の方法と効果. 島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp150-160.
  27. 島田裕之. ボケたくなければ歩きなさい, 島田裕之(監), 主婦の友社, 東京, 2015.
  28. 島田裕之. Ⅳアンチエイジング(抗加齢)医学の臨床 C.アンチエイジング(抗加齢)医学に基づく生活習慣改善指導 d)身体活動とアンチエイジング 6.認知症予防のための運動の実際. 日本抗加齢医学会 専門医・指導士認定委員会(編), アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版, メジカルビュー社, 東京, 2015, pp305-306.
  29. 島田裕之. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015.192P
  30. 牧迫飛雄馬. ステップ1.フレイルを理解する 1.フレイルの判定と予防の重要性. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp2-7.
  31. 土井剛彦. ステップ1.フレイルを理解する 3.フレイルと生活機能障害の関係. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp15-20.
  32. 中窪翔. ステップ2.フレイルを評価する 3.歩行機能検査とフレイル. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp50-55.
  33. 原田健次. ステップ2.フレイルを評価する 4.身体活動検査とフレイル. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp56-61.
  34. 堤本広大. ステップ2.フレイルを評価する 6.認知機能・心理検査とフレイル. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp69-76.
  35. 原田和弘. ステップ3.フレイルを予防する 3.身体活動向上によるフレイル予防. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp101-106.
  36. 李成喆. ステップ4.フレイル予防の実践例から学ぶ 1.地域(介護予防事業)での実践. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp138-142.
  37. 裵成琉. ステップ5.フレイルの理解を深める 1.フレイル研究Update. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp166-168.
  38. 堀田亮. ステップ5.フレイルの理解を深める 2.フレイルとサルコペニア. 島田裕之(編), フレイルの予防とリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2015, pp169-171.
  39. 牧迫飛雄馬. 第6章 予防理学療法 認知症予防. 重森健太(編) , PT・OTビジュアルテキスト 地域理学療法学, 第1版, 羊土社, 東京, 2015, PP241-257. 
  40. 島田裕之. Ⅱサルコペニアの判定, 2.診断に必要な検査の理解と評価, ③身体機能の測定評価法. 原田敦(監), サルコペニア診療マニュアル, メジカルビュー社, 東京, 2016, pp34-38.
  41. 島田裕之. Ⅴ今後の展望について(新しい研究, 治験など), 5.生活習慣改善. 原田敦(監), サルコペニア診療マニュアル, メジカルビュー社, 東京, 2016, pp126-130.

 

学会発表(国際学会)

  1. Shimada H. A Scheme for Preventing Dementia in the Community. The 1st NCGG-ICAH Symposium, Session1 Geriatrics and Epidemiology,Obu, June 2, 2015.
  2. Shimada H, Doi T, Lee S, Makizako H, Tsutsumimoto K. Which types of cognitive function are related to atrophy of the bilateral medial temporal areas? Organization for Human Brain Mapping Conference 2015, Honolulu, Hawaii, June 18, 2015.

 

学会発表(国内学会)

  1. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔. 4 認知症予防のための運動効果とこれからの課題. 第50回日本理学療法学術大会, 文科学会シンポジウム9(日本予防理学療法学会), 東京, 2015年6月6日.
  2. 上村一貴, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 李相侖, 梅垣宏行, 葛谷雅文, 鈴木隆雄. 軽度認知障害と転倒経験が15か月後の転倒恐怖感の新規発生リスクに及ぼす相乗効果 ―前向きコホート研究―. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月5日.
  3. 中窪翔, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 堀田亮, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 原田和弘, 原田健次, 鈴木隆雄. 睡眠障害と身体活動の相乗作用が認知機能に与える影響. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月5日.
  4. 小林修, 林悠太, 今田樹志, 波戸真之介, 島田裕之. 要支援・軽度要介護高齢者の重度化予防に対する運動機能検査の有用性 4959 名における 3 年間の追跡調査. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月5日.
  5. 波戸真之介, 林悠太, 今田樹志, 小林修, 秋野徹, 阿部勉, 大沼剛, 島田裕之. デイサービスにおける理学療法士および作業療法士の在籍が要介護高齢者の 12 ヶ月間の生活機能の変化に及ぼす効果 傾向スコアマッチングによる解析. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月5日.
  6. 林悠太, 波戸真之介, 今田樹志, 小林修, 秋野徹, 阿部勉, 大沼剛, 島田裕之. 通所介護サービスにおける理学療法士・作業療法士の配置が 12 ヵ月後の歩行機能に及ぼす効果 傾向スコアマッチングによる検討. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月5日.
  7. 牧野圭太郎, 井平光, 水本淳, 石田豊朗, 志水宏太郎, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 地域在住後期高齢女性の認知機能が 1 年後の外出頻度に及ぼす影響. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月6日.
  8. 吉松竜貴, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における歩行速度低下と体重,体格,血液学的データとの関連について. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  9. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 李相侖, 堤本広大, 中窪翔, 李成喆, 堀田亮, 原田和弘, 裴成琉, 原田健次. MCI と転倒との関係. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  10. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 李相侖, 李成喆, 原田和弘, 裵成琉, 原田健次, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者に適応すべく Short Physical Performance Battery の再考 要介護の新規発生の予測因子となり得るか. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  11. 堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 原田和弘, 原田健次, 島田裕之. 歩行速度低下とうつ傾向の組み合わせによって将来の要介護発生リスクが増大する ―大規模コホートによる 33 か月間の前向き調査―. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  12. 井平光, 水本淳, 牧野圭太郎, 石田豊朗, 志水宏太郎, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. 75 歳以上の地域在住高齢がんサバイバーにおける心身機能の特徴 ―運動機能,認知機能,および健康関連指標の比較―. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  13. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における体幹加速度から得られる歩行指標 ―大規模集団からの年代別検討―. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  14. 鈴川芽久美, 吉田英世, 島田裕之, 鈴木隆雄. 後期高齢者における変形性膝関節症に関連する要因について. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月6日.
  15. 志水宏太郎, 井平光, 水本淳, 牧野圭太郎, 石田豊朗, 島田裕之, 古名丈人. 地域在住高齢者の活動習慣や食品摂食習慣と認知機能との関連性. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  16. 牧迫飛雄馬. 地域における高齢者機能健診からの理学療法へのメッセージと地域資源の活性を促進する新たな展開. 第50回日本理学療法学術大会, ヤングインパクトプレゼンテーション3, 東京, 2015年6月5日.
  17. 紙谷司, 上村一貴, 西口周, 土井剛彦, 浅井剛, 山田実. 高齢者における骨粗鬆症および歩行能力と認知機能の関係. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月5日.
  18. 三栖翔吾, 浅井剛, 土井剛彦, 澤龍一, 小野玲. 地域在住高齢者における栄養障害と歩行時の姿勢安定性との関連 ―小型センサによる歩行評価は栄養障害による機能低下を鋭敏に反映する―. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015年6月7日.
  19. 島田裕之. 非薬物療法(特に運動)の視点からの認知症予防. 第57回日本老年医学会学術集会, シンポジウム2 認知症予防の新展開, 横浜, 2015年6月13日.
  20. 原田和弘, 李相侖, 島田裕之, 李成喆, 裵成琉, 阿南祐也, 原田健次, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者の認知機能検査の受診を予測する行動科学的要因. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月12日.
  21. 堀田亮, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 上村一貴, 鈴木隆雄. 打楽器による音楽演奏介入が地域在住高齢者の認知機能変化に及ぼす効果. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月12日.
  22. 牧野多恵子, 上村一貴, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者における主観的認知障害の関連要因に関する検討―豊田市運動介入研究ベースラインデータより―. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  23. 上村一貴, 牧野多恵子, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者におけるフレイルの有症率と身体機能・認知機能特製の検討―豊田市運動介入試験ベースラインデータより―. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  24. 中窪翔, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における睡眠が要介護認定新規発生に与える影響. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  25. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 鈴木隆雄. 新規要介護認定発生に対する軽度認知障害と歩行速度の関係. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  26. 島田裕之, 牧迫飛雄馬李相侖, 土井剛彦, 堤本広大, 鈴木隆雄. 認知機能の低下と運転状況. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  27. 李成喆, 島田裕之, 李相侖, 裵成琉, 原田和弘, 原田健次, 鈴木隆雄. 高齢者における内臓脂肪蓄積の実態とメタボリックシンドロームの関係. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  28. 堤本広大, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 中窪翔, 鈴木隆雄. sedentary timeの増加はうつ傾向に関連するか? 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月13日.
  29. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 李相侖, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における転倒および転倒による骨折の発生に関連する要因. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月14日.
  30. 裵成琉, 原田健次, 李相侖, 李成喆, 原田和弘, 島田裕之, 鈴木隆雄. 高齢者における認知機能低下が記憶過程の方略と脳活動に及ぼす影響―fMRI研究―. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月14日.
  31. 原田健次, 裵成琉, 李相侖, 李成喆, 原田和弘, 島田裕之, 鈴木隆雄. 認知機能が低下した高齢者における日常の身体活動強度の違いによる白質構造の違い. 第57回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2015年6月14日.
  32. 島田裕之. 一般演題(ポスター)座長 セッション名「非薬物」. 第5回日本認知症予防学会学術集会, 神戸, 2015年9月25日.
  33. 牧迫飛雄馬. MCI(軽度認知障害)高齢者への運動療法効果. 第70回日本体力医学会大会, 和歌山, 2015年9月20日.
  34. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 鈴木隆雄. フレイル高齢者における歩行速度低下の有無が要介護発生に対する影響. 第2回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会, 東京, 2015年10月4日. 
  35. 上村一貴, 牧野多恵子, 梅垣宏行, 成憲武, 吉田安子, 島田裕之, 葛谷雅文. 地域在住高齢者におけるインスリン抵抗性とサルコペニア. 第2回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会, 東京, 2015年10月4日.
  36. 島田裕之. 身体活動の促進による認知症予防. 第38回日本高血圧学会総会, 会長特別企画3 生活習慣病と認知症, 愛媛, 2015年10月10日. 
  37. 島田裕之. パネルディスカッション1「認知症高齢者の転倒予防」座長. 日本転倒予防学会・第2回学術集会, 京都, 2015年10月11日. 
  38. 牧迫飛雄馬. 老化とフレイル―早期発見と効果的な介入をデータから考える―. 第33回東北理学療法学術大会, 仙台, 2015年11月28日. 
  39. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 李相侖. 地域在住高齢者における脳の健康維持のための活動と認知機能との関連. 第2回日本地域理学療法学会学術集会, 千葉, 2015年12月13日.
  40. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 鈴川芽久美. 高齢者における歩行時の脳の糖代謝における運動の効果検証―ランダム化比較試験―. 第2回日本予防理学療法学会学術集会, 札幌, 2015年12月19日.
  41. 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 李相侖, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における軽度認知障害と要介護の発生. 第2回日本予防理学療法学会学術集会, 札幌, 2015年12月19日.
  42. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, Joe Verghese, 鈴木隆雄. Motoric cognitive syndromeの有病率と関連因子. 第2回日本予防理学療法学会学術集会, 札幌, 2015年12月19日. 

 

講演・講義

  1. 島田裕之. 脳賦活運動. なごや介護予防・認知症予防プログラムモデル事業研修会, 名古屋市, 2015年4月9日.
  2. 島田裕之. 脳賦活運動. なごや介護予防・認知症予防プログラムモデル事業研修会, 名古屋市, 2015年4月14日.
  3. 島田裕之. 認知症予防のための脳活性化運動. 日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会主催講習会, 東京, 2015年4月12日.
  4. 島田裕之. 認知症予防へ向けた運動、コグニサイズについて. 認知症予防のためのコグニサイズを学ぶ研修会, 横浜市, 2015年5月8日.
  5. 島田裕之. 地域で健康の意識を高めましょう~聞いて得する健康づくりの秘訣~. 善常会・健康フェスタ2015, 名古屋市, 2015年5月10日.
  6. 島田裕之. 認知機能と運動について. 日本ダンス議会会員対象研修会, 岡崎市, 2015年5月10日.
  7. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ツクイ主催講演会, さいたま市, 2015年5月14日.
  8. 島田裕之. 認知症予防へ向けた運動「コグニサイズ」. 認知症介護指導者大府ネットワーク研修会, 大府市, 2015年5月15日.
  9. 島田裕之. 運動による認知症予防. 知多地域精神医療懇親会 認知症作業部会, 半田市, 2015年5月16日.
  10. 島田裕之. 認知症の予防体操(コグニサイズ). 医療法人社団大誠会 患者会勉強会, 大垣市, 2015年5月17日.
  11. 島田裕之. 地域における認知症予防のスキーム. 臨床研究情報センター研修会, 神戸市, 2015年5月27日.
  12. 島田裕之. 認知症の予防について. 認知症予防普及啓発講演会, 富士宮市, 2015年5月29日.
  13. 牧迫飛雄馬. 認知症予防運動プログラム紹介. NHK渋谷DEどーも2015 認知症キャンペーンイベント, 東京, 2015年5月5日.
  14. 牧迫飛雄馬. 平成26年度かながわ脳トレ教室実施結果報告. 認知症予防のためのコグニサイズを学ぶ研修会, 横浜市, 2015年5月8日.
  15. 牧迫飛雄馬. 軽度認知障害(MCI)から認知症になることを予防するための効果的な活動. 平成27年度栄区認知症予防講演会, 横浜市, 2015年5月22日.
  16. 島田裕之. 運動による認知症予防. 平成27年度福井市介護サービス事業者連絡会総会 記念講演会, 福井, 2015年6月27日.
  17. 島田裕之. 認知症と運動. ケアサポート・リンケージ研究会, 東京, 2015年6月3日.
  18. 牧迫飛雄馬. 認知症予防と理学療法. 平成27年度鹿児島県理学療法士協会学術部主催研修会, 鹿児島, 2015年6月28日.
  19. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防の効果―そのメカニズムと具体的な介入手法―. 第76回日本理学療法科学学会学術大会,大阪,2015年6月21日.
  20. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防. 平成27年度前期東濃地区スポーツ推進委員研修会, 岐阜, 2015年6月20日. 
  21. 牧迫飛雄馬. 認知症予防へ向けた取り組み. ウェルカム健康おおぶ講座, 大府, 2015年6月19日.
  22. 牧迫飛雄馬. コグニサイズを知ろう!体験しよう! 那須烏山市健康福祉課なすから健康長寿セミナー, 栃木, 2015年6月17日.
  23. 牧迫飛雄馬. 迎え撃とう、老化!―認知症予防の実践とその地域づくり―. 湖西いきいきネットワーク「びわこ市民活動応援基金」助成事業 講演会, 滋賀, 2015年7月5日.
  24. 牧迫飛雄馬. 運動から認知症予防を考える~今あなたができること~. 名古屋市西区認知症講演会, 名古屋, 2015年7月9日.
  25. 牧迫飛雄馬. 自分でできる認知症予防―イスに座って簡単エクササイズ―. SBS学苑浜松校講座, 浜松, 2015年7月11日.
  26. 牧迫飛雄馬. 今日からできる認知症予防. 新発田市高齢福祉課認知症予防講演会, 新潟, 2015年7月17日. 
  27. 牧迫飛雄馬. 認知症とその予防. NPO法人日本健康運動指導士会 平成27年度健康運動指導者研究交流会 高知大会, 高知, 2015年7月19日.
  28. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ツクイ主催ケアマネージャー等対象の講演会, 浜松, 2015年8月19日.
  29. 牧迫飛雄馬. 自分でできる認知症予防. 名古屋市教育委員会 平成27年度健康教室, 名古屋, 2015年8月19日.
  30. 島田裕之. 自分で取り組む認知症予防の方法. 第26回長寿社会フォーラム・長寿たすけ愛講演会2015 in 名古屋, 2015年9月4日.
  31. 島田裕之. 明日から活かせる認知症予防~みんなでつくろうコグニサイズ~. 第9回星誕会勉強会, 名古屋, 2015年9月6日.
  32. 島田裕之. 認知症予防について. 名古屋市瑞穂保健所 平成27年度認知症講演会, 名古屋, 2015年9月8日.
  33. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ツクイ主催ケアマネージャー等対象の講演会, 尼崎, 2015年9月17日.
  34. 島田裕之. コグニサイズの実践を取り入れた講演. かがわ認知症予防シンポジウム, 高松, 2015年9月26日.
  35. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防. 公益財団法人尼崎市スポーツ振興事業団, 尼崎, 2015年9月28日.
  36. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. 株式会社ツクイ(ツクイ上田秋和)主催公開講座, 長野, 2015年10月16日.
  37. 島田裕之. 認知症予防のためのスキーム構築. 第26回日本老年医学会北陸地方会 教育講演, 富山, 2015年10月17日.
  38. 島田裕之. 運動による認知症予防の効果. ベネッセの介護展 2015, 名古屋, 2015年10月25日. 
  39. 島田裕之. 認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう! 愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 豊橋, 2015年10月25日. 
  40. 島田裕之. 認知症予防のためのコグニサイズのすすめ. 平成27年度認知症予防講演会, 横手(秋田), 2015年10月29日.
  41. 島田裕之. ヘルスプロモーション論. 国際医療福祉大学保険医療学部理学療法学科講義, 栃木, 2015年10月30日.
  42. 牧迫飛雄馬. 今日からはじめる認知症予防. 北名古屋市福祉部高齢福祉課, 北名古屋市, 2015年10月3日. 
  43. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防・認知機能検査の意義と実際. 第1回大阪府支部研修会, NPO法人日本健康運動指導士会, 大阪, 2015年10月4日. 
  44. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防とその効果. 佐倉地域包括支援センター, 佐倉(千葉), 2015年10月9日. 
  45. 牧迫飛雄馬. 目指せ!「脳」も「からだ」もずっと現役生活!~楽しく生活する秘訣~. 平成27年度県民参画事業10周年記念講演, 滋賀県立リハビリテーションセンター, 守山(滋賀), 2015年10月17日. 
  46. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のためのトレーニング~コグニサイズで認知症予防~. 第41回健康を守る市民の集い-すこやかな長寿社会をめざして-, 土岐市地域医療協議会, 土岐(岐阜), 2015年10月18日. 
  47. 島田裕之. 認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう! 愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 知立, 2015年11月1日.
  48. 島田裕之. 認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう! 愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 名古屋, 2015年11月3日.
  49. 島田裕之. 運動による認知症予防の可能性. ADカンファランス in 西知多, 知多, 2015年11月5日. 
  50. 島田裕之. 認知症予防講座. むべの里健康フェスタ, 宇部(山口), 2015年11月6日. 
  51. 島田裕之. 自分でできる認知症予防(コグニサイズのすすめ)について. 北杜市介護予防講演会, 北杜(山梨), 2015年11月7日. 
  52. 島田裕之. 介護予防の実際. 日本理学療法士協会必修研修会(介護予防), 静岡, 2015年11月8日. 
  53. 島田裕之. 認知症の進行抑制. 静岡市認知症疾患医療センター主催一般市民公開講座, 静岡, 2015年11月8日.
  54. 島田裕之. 今日からできる!新しい認知症予防. 川越市介護予防普及啓発事業講演会, 川越, 2015年11月10日. 
  55. 島田裕之. 老化制御学. 信州大学大学院医学系研究科博士課程疾患予防医科学系専攻講義, 松本, 2015年11月13日.
  56. 島田裕之. 楽しく認知症予防. 緑区認知症普及啓発推進事業講演会, 名古屋, 2015年11月18日.
  57. 島田裕之. 認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう! 愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 大口町, 2015年11月23日.
  58. 島田裕之. ボケたくなければ歩きなさい. 公益社団法人名古屋市老人クラブ連合会主催 第31回女性リーダー研修会, 名古屋, 2015年11月27日.
  59. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~. ツクイ・サンフォレスト相模原主催公開講座, 相模原, 2015年11月27日.
  60. 島田裕之. 運動と脳の健康:認知症予防最前線. 第10回日本リハビリテーション医学会, 東京, 2015年11月28日.
  61. 牧迫飛雄馬. 高齢者機能健診(認知機能). コグニサイズ指導者研修, 大府, 2015年11月26日. 
  62. 牧迫飛雄馬. 認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について. 平成27年度神奈川県委託事業 認知症予防のためのコグニサイズを教える研修会, 小田原, 2015年11月19-20日. 
  63. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防. 長岡市長寿はつらつ課 介護予防研修会, 長岡(新潟), 2015年11月18日. 
  64. 牧迫飛雄馬. 認知症をくいとめる方法. 横浜市南区福祉保健センター 介護予防講演会, 横浜, 2015年11月17日. 
  65. 牧迫飛雄馬. 自分でできる認知症予防. ―イスに座って簡単エクササイズ―. SBS学苑静岡校, 静岡, 2015年11月14日. 
  66. 牧迫飛雄馬. 自分でできる認知症予防. ―イスに座って簡単エクササイズ―. SBS学苑沼津校, 沼津, 2015年11月14日. 
  67. 牧迫飛雄馬. 頭と体を動かして認知症予防!~コグニサイズを知ろう~. 小牧市認知症フォーラム, 小牧(愛知), 2015年11月7日. 
  68. 牧迫飛雄馬. コグニサイズのススメ―効果と実践―. NPO法人青山まちづくりネットワーク, 滋賀, 2015年11月3日. 
  69. 堤本広大. コグニサイズ等認知症予防プログラムの実践. むべの里健康フェスタ, 宇部(山口), 2015年11月6日. 
  70. 島田裕之. 運動による認知症予防の効果. ベネッセスタイルケア主催市民公開講座, 府中, 2015年12月5日.
  71. 島田裕之. コグニサイズ. 東海臨床リハビリテーション研究会主催講演会「知症予防の理論と実際」, 名古屋, 2015年12月12日.
  72. 島田裕之. 運動による認知症予防へ向けた取り組み. 市制45周年記念事業 市民フォーラム2015 元気な幸齢社会を迎えるために「今、わたしにできること 認知症を予防しよう」, 大府, 2015年12月25日. 
  73. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための運動効果―コグニサイズのススメ―. 愛知県ヘルパー連絡協議会(知多ブロック), 阿久比(愛知), 2015年12月5日.
  74. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防~コグニサイズのススメ~. 国立長寿医療研究センター市民公開講座2015, 大府(愛知), 2015年12月12日
  75. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための運動療法―効果メカニズムと介入手法―.第2回日本理学療法学会学術集会,千葉,2015年12月13日.
  76. 牧迫飛雄馬. 認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について. 認知症予防のためのコグニサイズを教える研修会, 平成27年度神奈川県委託事業, 藤沢, 2015年12月14日.
  77. 巖后顯範. 実践 コグニサイズ. 市制45周年記念事業 市民フォーラム2015 元気な幸齢社会を迎えるために「今、わたしにできること 認知症を予防しよう」, 大府, 2015年12月25日.
  78. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~. ツクイ・サンフォレスト横浜戸塚南主催公開講座, 横浜, 2016年1月12日.
  79. 島田裕之. 認知症予防について. 第5回富士リハ臨床研究会, 富士市, 2016年1月17日.
  80. 島田裕之. 虚弱とサルコペニアについて、介護予防におけるリスク管理について、認知症予防運動(コグニサイズ)について. 山口県介護予防PT・OT・ST指導者養成研修会, 宇部市(山口県), 2016年1月23日.
  81. 島田裕之. 認知症予防について. 平成27年度なごや介護予防・認知症予防プログラム事業研修会, 名古屋, 2016年1月26日.
  82. 牧迫飛雄馬. 地域での認知症予防のスキーム・認知症予防へ向けた評価とプログラム・認知機能低下予防のための運動プログラム作成・認知機能低下予防のための運動プログラム実践のポイント. 公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 東京, 2016年1月17日.
  83. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防の可能性. 国立水俣病総合研究センター第8回介助技術講習会, 水俣, 2016年1月23日.
  84. 牧迫飛雄馬. 地域での認知症予防のスキーム・認知症予防へ向けた評価とプログラム・認知機能低下予防のための運動プログラム作成・認知機能低下予防のための運動プログラム実践のポイント. 公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 大阪, 2016年1月24日. 
  85. 島田裕之. 日常生活の中で簡単にできる認知症予防. 平成27年度新潟市東区特色ある区づくり事業 健康づくり講演会, 新潟, 2016年2月4日.
  86. 島田裕之. MCI改善、認知症予防の将来、及び社交ダンスとのかかわりに関して. 愛知県プロ・ダンス・インストラクター協会主催講演会, 名古屋, 2016年2月7日. 
  87. 島田裕之. 脳賦活運動. 平成27年度なごや介護予防・認知症予防プログラム事業研修会, 名古屋, 2016年2月8日.
  88. 島田裕之. 介護予防の取組み. 認知症予防講演会, 横浜, 2016年2月9日.
  89. 島田裕之. 認知症予防. 介護予防講演会, 三豊市(香川), 2016年2月20日.
  90. 島田裕之. 運動による認知症予防へ向けた取り組み. 第8回喬木村社会福祉大会, 喬木村(長野), 2016年2月21日.
  91. 島田裕之. 日々の生活で認知症を予防する. 介護予防啓発講演会, 輪島市, 2016年2月27日.
  92. 島田裕之. 介護予防プログラムの開発. 厚生労働科学研究・研究成果等普及啓発事業による成果発表会 市民公開講座「介護予防・認知症予防の実践方法」, 日進市, 2016年2月28日.
  93. 牧迫飛雄馬. さあ始めよう、認知症予防! 阿久比町社会福祉協議会, 平成27年度介護者教室講演会, 阿久比, 2016年2月28日.
  94. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防. NPO法人日本健康運動指導士会滋賀県支部, 平成27年度 日本健康運動指導士会 滋賀県支部研修会, 滋賀, 2016年2月21日. 
  95. 島田裕之. 運動による認知症予防 ~コグニサイズのススメ~. 平成27年度和歌山県介護普及センター特別講演会, 和歌山, 2016年3月5日.
  96. 島田裕之. コグニサイズで認知機能向上を町中で目指す. 第6回認知症になっても暮らせる町づくり集会, 富士見町(長野県), 2016年3月6日.
  97. 島田裕之. 認知症予防とコグニサイズ. 介護予防実務者研修会, 長崎, 2016年3月14日.
  98. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための運動について~理学療法士の役割~. 公益社団法人神奈川県理学療法士会 推進リーダーアドバンス研修, 横浜, 2016年3月27日.
  99. 牧迫飛雄馬. 認知症予防を始めよう~コグニサイズにチャレンジ~. 近江八幡市 認知症予防に取り組みに関わる講演会, 滋賀, 2016年3月6日.
  100. 牧迫飛雄馬. 訪問リハビリテーションに関する研究の課題と展望. Re Home.回復期リハにおける退院支援と訪問リハの効果検証に関する特別研究会, 奈良, 2016年3月5日. 

 

先頭へ戻る

平成26年度 実績

原著論文(英文)

  1. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Anan Y, Suzuki T. Cognitive function and gait speed under normal and dual-task walking among older adults with mild cognitive impairment. BMC Neurol, 14: 67, 2014.
  2. Sawa R, Doi T, Misu S, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Asai T, Yamada M, Ono R. The association between fear of falling and gait variability in both leg and trunk movements. Gait Posture, 40(1): 123-127, 2014.
  3. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Suzuki T. Apolipoprotein E genotype and physical function among older people with mild cognitive impairment. Geriatr Gerontol Int, 15(4): 422-427, 2015.
  4. Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Lee S, Park H, Suzuki T. A large, cross-sectional observational study of serum BDNF, cognitive function, and mild cognitive impairment in the elderly. Front Aging Neurosci, 6: 69, 2014.
  5. Makizako H, Liu-Ambrose T, Shimada H, Doi T, Park H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Suzuki T. Moderate-intensity physical activity, hippocampal volume, and memory in older adults with mild cognitive impairment. J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 70(4): 480-486, 2015.
  6. Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Uemura K, Ando H, Suzuki T.  Self-reported Exhaustion is Associated with Small Life Space in Older Adults with Mild Cognitive Impairment. J Phys Ther Sci, 26(12): 1979-1983, 2014.
  7. Shimada H, Park H, Makizako H, Doi T, Lee S, Suzuki T. Depressive symptoms and cognitive performance in older adults. J Psychiatr Res, 57: 149-156, 2014.
  8. Uemura K, Shimada H, Doi T, Makizako H, Park H, Suzuki T. Depressive symptoms in older adults are associated with decreased cerebral oxygenation of the prefrontal cortex during a trail-making test. Arch Gerontol Geriatr, 59(2): 422-428, 2014.
  9. Nakakubo S, Doi T, Sawa R, Misu S, Tsutsumimoto K, Ono R. Does arm swing emphasized deliberately increase the trunk stability during walking in the elderly adults? Gait Posture, 40(4): 516-520, 2014.
  10. Kojima N, Kim H, Saito K, Yoshida H, Yoshida Y, Hirano H, Obuchi S, Shimada H, Suzuki T. Association of knee-extension strength with instrumental activities of daily living in community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int, 14(3): 674-680, 2014.
  11. Makizako H, Shimada H, Doi T, Yoshida D, Anan Y, Tsutsumimoto K, Uemura K, Liu-Ambrose T, Park H, Lee S, Suzuki T. Physical frailty predicts incident depressive symptoms in elderly people: prospective findings from the Obu Study of Health Promotion for the Elderly. J Am Med Dir Assoc, 16(3): 194-199, 2015.
  12. Doi T, Shimada H, Park H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Nakakubo S, Hotta R, Suzuki T. Cognitive function and falling among older adults with mild cognitive impairment and slow gait. Geriatr Gerontol Int, 15(8): 1073-1078, 2015.
  13. Misu S, Doi T, Asai T, Sawa R, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Yamada M, Ono R. Association between toe flexor strength and spatiotemporal gait parameters in community-dwelling older people. J Neuroeng Rehabil, 11(1): 143, 2014.
  14. Ihira H, Furuna T, Mizumoto A, Makino K, Saitoh S, Ohnishi H, Shimada H, Makizako H. Subjective physical and cognitive age among community-dwelling older people aged 75 years and older: differences with chronological age and its associated factors. Aging Ment Health, 19(8): 756-761, 2015.
  15. Doi T, Makizako H, Shimada H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Park H, Suzuki T. Objectively measured physical activity, brain atrophy, and white matter lesions in older adults with mild cognitive impairment. Exp Gerontol, 62: 1-6, 2015.
  16. Kim H, Suzuki T, Kim M, Kojima N, Yoshida Y, Hirano H, Saito K, Iwasa H, Shimada H, Hosoi E, Yoshida H. Incidence and predictors of sarcopenia onset in community-dwelling elderly Japanese women: 4-year follow-up study. J Am Med Dir Assoc, 16(1): 85.e1-85.e8, 2015.
  17. Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Association of insulin-like growth factor-1 with mild cognitive impairment and slow gait speed. Neurobiol Aging, 36(2): 942-947, 2015.
  18. Suzuki T, Makizako H, Doi T, Park H, Lee S, Tsutsumimoto K, Umemura K, Maki Y, Shimada H. Community-Based Intervention for Prevention of Dementia in Japan. J Prev Alz Dis, 2(1):71-76, 2015.
  19. Makizako H, Kabe N, Takano A, Isobe K. Use of the Berg Balance Scale to predict independent gait after stroke: A study of an inpatient population in Japan. PM&R, 7(4): 392-399, 2015.
  20. Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Hotta R, Nakakubo S, Harada K, Lee S, Bae S, Harada K, Suzuki T. Cognitive functioning and walking speed in older adults as predictors of limitations in self-reported instrumental activity of daily living: prospective findings from the Obu Study of Health Promotion for the Elderly. Int J Environ Res Public Health, 12(3): 3002-3013, 2015.
  21. Hotta R, Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Anan Y, Tsutsumimoto K, Uemura K, Park H, Suzuki T. Cigarette smoking and cognitive health in elderly Japanese. Am J Health Behav, 39(3): 294-300, 2015.
  22. Harada K, Shibata A, Oka K, Nakamura Y. Association of muscle-strengthening activity with knee and low back pain, falls, and health-related quality of life among Japanese older adults: a cross-sectional survey. J Aging Phys Act, 23(1): 1-8, 2015.
  23. Harada K, Nakamura Y. Promotion of physical activity guidelines and behavior change. J Phys Fitness Sports Med, 4(1): 9-15, 2015.
  24. Harada K, Shibata A, Lee E, Oka K, Nakamura Y. Associations between perceived health benefits and barriers to strength training, and stages of change for strength-training behavior among older Japanese adults. J Phys Act Health, 11(4): 801-809, 2014.
  25. Harada K, Shibata A, Ishii K, Liao Y, Oka K. Perceived and objectively measured access to strength-training facilities and strength-training behavior. Ann Behav Med, 48(1): 120-124, 2014.
  26. Harada K, Shibata A, Lee E, Oka K, Nakamura Y. Sources of strength-training information and strength-training behavior among Japanese older adults. Health Promot Int, 31(1): 5-12, 2016.
  27. Harada K, Lee S, Park H, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Suzuki T. Going outdoors and cognitive function among community-dwelling older adults: Moderating role of physical function. Geriatr Gerontol Int, 16(1): 65-73, 2016.
  28. Mizumoto A, Ihira H, Makizako H, Yasuda K, Makino K, Ohguni M, Furuna T. Association between Hip Walking and Physical Fitness in the Elderly of a Community Setting. Anthropological Science, 122(1): 1-6, 2014.

 

原著論文(和文)

 

 

総説・解説(和文)

  1. 島田裕之, 土井剛彦. 特集/高齢者のフレイル(虚弱)とリハビリテーション MCI高齢者における運動の意義. Monthly Book Medical Rehabilitation, 170: 85-93, 2014.
  2. 島田裕之, 李相侖. 認知症予防のためのコミュニティの創出と効果検証. 福祉介護テクノプラス2014年7月号, 7(7): 12-18, 2014.
  3. 島田裕之. 認知症予防に向けた運動介入とその可能性. 認知症の最新医療, 4(3): 109-114, 2014.
  4. 島田裕之, 上村一貴, 内山靖. 特集 老年症候群と理学療法 2.理学療法で認知機能は改善するか? 理学療法ジャーナル, 48(5): 405-412, 2014.
  5. 島田裕之. 認知症予防を目的とした運動の効果. 理学療法学, 41(Suppl.3): 38, 2014.
  6. 島田裕之. 自分で取り組む認知症予防の方法. 理学療法学, 41(Suppl.3): 80, 2014.
  7. 島田裕之. 認知症の予防. 公衆衛生, 78(10): 698-702, 2014.
  8. 島田裕之. 地域社会での高齢者の転倒. 日本転倒予防学会誌, 1(2): 22, 2014.
  9. 島田裕之. 認知症予防のための理学療法. 第23回埼玉県理学療法学会 学会誌, 24, 2014.
  10. 島田裕之. フレイルのスクリーニング. MEDICAMENT NEWS, 2180: 4-6, 2014.

 

著書

  1. 島田裕之. 第23章 高齢者の姿勢調節機構.奈良勲, 内山靖(編), 姿勢調節障害の理学療法 第2版. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp382-397.
  2. 島田裕之, 土井剛彦. 体を動かしながら、脳を鍛える!認知症予防の簡単エクササイズ, NHK出版, 東京, 2014.
  3. 島田裕之. 第1章サルコペニアの基礎的理解 1.サルコペニア予防の意義, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp2-8.
  4. 吉田大輔. 第2章サルコペニアの評価指標 1.筋量測定, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp38-43.
  5. 上村一貴. 第2章サルコペニアの評価指標 5.関連評価:活動, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp64-70.
  6. 牧迫飛雄馬. 第3章 サルコペニアに対する運動の実践 1.地域在住高齢者におけるサルコペニアの運動療法:ポピュレーション・アプローチ, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp72-79.
  7. 中窪翔, 土井剛彦. 第5章サルコペニアに対する運動のエビデンス 2.整形外科疾患患者のエビデンス, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp194-200.
  8. 土井剛彦. 第5章サルコペニアに対する運動のエビデンス 3.中枢神経疾患患者のエビデンス, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp201-208.
  9. 堤本広大, 土井剛彦. 第5章サルコペニアに対する運動のエビデンス 4.施設利用高齢者のエビデンス, 島田裕之(編), サルコペニアと運動 エビデンスと実践. 医歯薬出版, 東京, 2014, pp209-216.
  10. 島田裕之. 新開発!国立長寿研の4色あしぶみラダー, 小学館, 東京, 2014.
  11. 牧迫飛雄馬. 研究機関で働く―理学療法という学問の発展をめざして―.丸山仁司(編), 理学療法士になるには, 初版, 株式会社ぺりかん社, 東京, pp116-123, 2014.
  12. 島田裕之. Part4 認知症の予防や緩和に役立つそのほかの療法 運動, 鈴木みずえ(監), 認知症の介護に役立つハンドセラピー. 池田書店, 東京, 2014, pp97-101.
  13. 牧迫飛雄馬. 研究を生業とする, 内山靖(編), 標準理学療法学 専門分野 理学療法学概説, 第1版, 医学書院, 東京, 2014, pp45.
  14. 島田裕之. 第10章 認知機能低下予防プログラム. 鈴木隆雄, 島田裕之, 大渕修一(監), 完全版 介護予防マニュアル, 株式会社法研, 東京, 2015, pp277-326.
  15. 島田裕之. 認知症に対する不安と予防の可能性. 高齢者の不安とその対策―経済・健康・孤独―, 公益財団法人長寿科学振興財団, pp67-73, 2014.

 

学会発表(国際学会)

  1. Doi T, Shimada H, Park H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. Slow gait, mild cognitive impairment and fall: obu study of health promotion for the elderly. 2014 ISPGR World Congress, Vancouver, BC, Canada, June 30, 2014.
  2. Shimada H, Makizako H, Doi T, Park H, Tsutsumimoto K, Suzuki T. Effects of Multicomponent Exercise in the Older Adults with Mild Cognitive Impairment. 2014 Alzheimer's Association International Conference, Copenhagen, Denmark, July 14, 2014.
  3. Makizako H. Exercise and brain health in older adults with mild cognitive impairment. 17th World Congress of Psychophysiology, Hiroshima, Sep 24, 2014.

 

学会発表(国内学会)

  1. 牧迫飛雄馬, Teresa LiuAmbrose, 島田裕之, 土井剛彦, 朴眩泰, 堤本広大, 上村一貴, 鈴木隆雄. 軽度認知障害を有する高齢者における身体活動,海馬容量,記憶の相互関連性. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  2. 中村凌, 三栖翔吾, 上田雄也, 澤龍一, 中津伸之, 斉藤貴, 杉本大貴, 村田峻輔, 山﨑蓉子, 堤本広大, 中窪翔, 土井剛彦, 小野玲. 要介護高齢者におけるFunctional Reachの認識誤差と手段的日常生活活動の関係. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  3. 李相侖, 島田裕之, 朴眩泰, 牧迫飛雄馬, 阿南祐也, 土井剛彦, 吉田大輔, 林悠太, 波戸真之介, 堤本広大, 上村一貴, 鈴木隆雄. 要支援,要介護認定者を対象とした新しいIADLスケール開発の検討. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  4. 堀田亮, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 上村一貴, 堤本広大, 阿南祐也, 李相侖, 朴眩泰, 中窪翔, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における生活習慣と認知機能の関係. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  5. 林悠太, 波戸真之介, 小林修, 今田樹志, 秋野徹, 鈴川芽久美, 島田裕之. 要支援高齢者の重度化に関連する運動機能について―大規模集団での横断研究― 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  6. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 朴眩泰, 吉田大輔, 堤本広大, 上村一貴, 阿南祐也, 鈴木隆雄. 軽度認知機能障害と運動機能低下は相互作用により転倒との関連性が強くなるのか?―歩行解析と認知機能評価による検討― 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  7. 小林修, 林悠太, 鈴川芽久美, 波戸真之介, 今田樹志, 秋野徹, 島田裕之. 要支援・要介護高齢者における世帯構造と生活機能との関連. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  8. 仲貴子, 柴田愛, 石井香織, 岡浩一朗, 原田和弘. 地域在住高齢者の“Disabling Foot Pain”の実態に関する疫学的調査. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  9. 村田峻輔, 澤龍一, 三栖翔吾, 中津伸之, 上田雄也, 斉藤貴, 杉本 大貴, 中村凌, 山崎蓉子, 中窪翔, 堤本広大, 土井剛彦, 小野玲. 慢性疼痛を有する高齢者における痛みの心理面,主観的強度,疼痛期間,部位数と運動機能との関連. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  10. 杉本大貴, 堤本広大, 澤龍一, 中津伸之, 上田雄也, 斉藤貴, 中村凌, 村田峻輔, 山崎蓉子, 中窪翔, 土井剛彦, 小野玲. 地域在住自立高齢者における肥満と歩行能力,身体活動量の関連. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  11. 上村一貴, 東口大樹, 高橋秀平, 島田裕之, 内山靖. 軽度認知障害高齢者では注意負荷を伴うステップ反応動作において予測的姿勢調節の時間および潜在的エラーが増加する. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月30日.
  12. 中窪翔, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 上村一貴, 堤本広大, 阿南祐也, 李相侖, 朴眩泰, 小野玲, 鈴木隆雄. 地域在住高齢者における睡眠関連因子と歩行指標との関係. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月31日.
  13. 井平光, 古名丈人, 水本淳, 牧野圭太郎, 島田裕之, 牧迫飛雄馬. 75 歳以上の地域在住高齢者における主観的な体力年齢と認知年齢に関連する要因. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月31日.
  14. 波戸真之介, 鈴川芽久美, 林悠太, 今田樹志, 小林修, 秋野徹, 島田裕之. 要支援から要介護状態への移行に影響を及ぼす運動機能の検討 1218 名における 2 年間の追跡調査. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月31日.
  15. 澤龍一, 土井剛彦, 浅井剛, 中窪翔, 渡邊香織, 小野玲. 妊娠期における歩容の変化 ―体幹運動に着目した検討― 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月31日.
  16. 堤本広大, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 阿南祐也, 上村一貴, 堀田亮, 中窪翔, 朴眩泰, 鈴木隆雄. 自覚的疲労感と機能低下との関係 ―高齢期における年代別にみた特徴― 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年5月31日.
  17. 今田樹志, 鈴川芽久美, 波戸真之介, 林悠太, 小林修, 秋野徹, 島田裕之. 公共交通機関を利用して外出できる要支援及び軽度要介護高齢者の心身機能の特徴. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年6月1日.
  18. 上田雄也, 澤龍一, 中窪翔, 中津伸之, 杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 谷垣佑樹, 関和則, 小野くみ子, 小野玲. 足漕ぎ車椅子駆動における生理学的指標測定 足漕ぎ車椅子は歩行障害者に対する新たな運動プログラムになりうるのか. 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 2014年6月1日.
  19. 髙野麻美, 加辺憲人, 磯部香奈子, 牧迫飛雄馬, 森田秋子. 脳卒中による摂食嚥下障害患者における食事動作自立に関わる要因の検討―回復期リハビリテーション病棟入院患者での検討―. 第15回日本言語聴覚学会, さいたま, 2014年6月29日.
  20. 島田裕之. 認知症に対する運動療法や運動の効果. 第69回日本体力医学会大会シンポジウム1, 長崎, 2014年9月19日.
  21. 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 朴眩泰, 堤本広大, 鈴木隆雄. 健忘型軽度認知障害高齢者に対する複合的運動プログラムの効果検証. 第4回日本認知症予防学会学術集会, 東京, 2014年9月26日.

 

講演・講義

  1. 島田裕之. 認知症予防の最前線. 法人職員、地域住民を対象とした講演会, 山口, 2014年4月13日.
  2. 島田裕之. テーマ「認知症 防げるものなら防ぎたい」. 市民を対象とした認知症予防の講演会, 福井, 2014年4月14日.
  3. 島田裕之. 認知症の早期発見と予防方法. 平成26年度第1回認知症ケア専門士単位認定研修会, 鹿児島, 2014年4月27日.
  4. 牧迫飛雄馬. 認知症予防に対する理学療法. 第69回理学療法科学学会学術大会, 埼玉, 2014年4月20日.
  5. 島田裕之. 老年医学. 上尾中央医療専門学校理学療法学科・作業療法学科講義, 埼玉, 2014年5月16日.
  6. 島田裕之. 「運動による認知症予防プログラム」について. 運動による認知症予防プログラム研修, 横浜, 2014年5月26日.
  7. 島田裕之. 「運動による認知症予防プログラム」について. 運動による認知症予防プログラム研修, 小田原, 2014年6月6日.
  8. 島田裕之. 運動による認知症予防の可能性. 第12回(社)日本ヨーガ療法学会研究総会「脳科学から見るヨーガ療法(心とからだの若返り)」, 多治見, 2014年7月4日.
  9. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のためにできること. 静岡県保険医協会東部支部 定期総会記念市民公開講演会, 静岡, 2014年7月13日.
  10. 島田裕之. アルツハイマー病をくい止めるには~今日から始める認知症予防~ 裾野市一次予防事業「認知症予防講演会」, 裾野, 2014年7月23日.
  11. 島田裕之. 地域における認知症予防のスキーム. 知多北部三市議会議員研修会, 大府, 2014年8月1日.
  12. 牧迫飛雄馬. いまから始める認知症予防. 平成26年度阿久比町社会福祉協議会介護教室講演会, 阿久比, 2014年8月2日.
  13. 島田裕之. 認知症予防をめざした運動. 長寿たすけ愛講演会2014inおおぶ, 大府, 2014年8月24日.
  14. 島田裕之. 自分で取り組む認知症予防. 名古屋市南区民対象認知症講演会, 名古屋, 2014年9月8日.
  15. 島田裕之. 認知症を予防しよう!〜認知症を予防するための効果的な取り組み〜. 藤沢市民、介護予防受託事業者等対象介護予防講演会, 藤沢, 2014年9月9日.
  16. 島田裕之. 認知症予防を目的とした運動の効果. 第11回関西中部認知症研究会, 名古屋, 2014年9月13日.
  17. 島田裕之. 地域における認知症予防のスキーム. 第7回東区認知症連携の会, 札幌, 2014年9月16日.
  18. 島田裕之. 認知症予防の最前線. 市民向け公開講座, 山口, 2014年9月21日.
  19. 島田裕之. 認知症予防のためのコミュニティの創出と効果検証. 第4回日本認知症予防学会学術集会特別講演, 東京, 2014年9月26日.
  20. 島田裕之. 運動による認知症予防の効果と実践. 第10回南北海道認知症フォーラム, 函館, 2014年9月27日.
  21. 島田裕之. 地域における認知症予防のスキーム. 名古屋市保健所長会研修会, 名古屋, 2014年9月30日.
  22. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防〜効果的な介護予防教室の最新情報〜いまからできる脳とからだを鍛える運動. NPO法人日本健康運動指導士会九州ブロック大会, 長崎, 2014年9月27日.
  23. 島田裕之. 大会テーマ(認知症). 第49回日本理学療法士協会全国学術研修大会, さいたま, 2014年10月3日.
  24. 島田裕之. 自分で取り組む認知症予防の方法. 第49回日本理学療法士協会全国学術研修大会 市民公開講座, さいたま, 2014年10月4日.
  25. 島田裕之. 地域社会での高齢者の転倒. 日本転倒予防学会第1回学術集会 シンポジウム, 東京, 2014年10月5日.
  26. 島田裕之. 自分でできる認知症予防の方法. 第15回在宅療法講演会, 名古屋, 2014年10月11日.
  27. 島田裕之. 認知症予防へ向けた運動. 認知症市民フォーラムin西胆振, 室蘭, 2014年10月25日.
  28. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための運動. 平成26年度アルツハイマーデーにちなんだ講演会, 豊田, 2014年10月11日.
  29. 島田裕之. 認知症予防のための運動:コグニサイズのすすめ. 生活を楽しくするヒント満載教室, 日進, 2014年11月7日.
  30. 島田裕之. 認知症予防へ向けた運動の効果. ASIAN AGING SUMMT 2014 シンポジウムⅣ認知症〜診断、治療、進展予防の最前線, 東京, 2014年11月12日.
  31. 島田裕之. 認知症の予防〜今日からできる健康づくり. 中村区認知症講演会, 名古屋, 2014年11月13日.
  32. 島田裕之. 認知症対策のグローバルトレンド. 日本介護福祉・健康づくり学会 第2回大会 シンポジウム, 東京, 2014年11月15日.
  33. 島田裕之. 認知症予防のための運動療法. 第1回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第4回学術大会合同学会, 名古屋, 2014年11月16日.
  34. 島田裕之. 認知症の前ぶれはこれだ!!〜MCIを知り、認知症を予防しよう〜. 健康づくり推進員会設立10周年記念講演, 尾張旭, 2014年11月20日.
  35. 島田裕之. 自分でできる「認知症予防の方法」. 認知症予防講演会, 大阪, 2014年11月21日.
  36. 島田裕之. 介護予防の評価. 認定理学療法士必須研究会(介護予防), 京都, 2014年11月24日.
  37. 島田裕之. 認知症予防のためのスキーム. 認知症学術講演会, 苫小牧, 2014年11月25日.
  38. 島田裕之. ヘルスプロモーション論. 国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科講義, 栃木, 2014年11月28日.
  39. 島田裕之. 地域における認知症予防のスキーム. 川崎北部認知症診療を考える会 第9回研修会, 神奈川, 2014年11月28日.
  40. 牧迫飛雄馬. 運動介入としてのデュアルタスクの可能性. 第1回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第4回学術大会合同学会, 名古屋, 2014年11月16日.
  41. 島田裕之. 認知症予防プログラム. 在宅医療研修会, 埼玉, 2014年12月6日.
  42. 島田裕之. 認知症予防のための理学療法. 第23回埼玉県理学療法学会, 埼玉, 2014年12月7日.
  43. 島田裕之. 自分で取り組む認知症予防の3つの方法. 介護予防講演会, 江南市, 2014年12月19日.
  44. 島田裕之. 地域での認知症予防のスキーム. 公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 東京, 2014年12月21日.
  45. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のためにできること〜元気で長生きするためのに体を動かそう〜. 第23回新潟県理学療法士学会市民公開講座, 新潟, 2014年12月7日.
  46. 牧迫飛雄馬. 認知症予防へ向けた評価とプログラム・認知機能低下予防のための運動プログラム作成・認知機能低下予防のための運動プログラム実践のポイント. 公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 東京, 2014年12月21日.
  47. 島田裕之. これからの認知症予防のスキーム―新たなコミュニティ創出による認知症の予防. 札幌医科大学保健医療学部講演会, 札幌, 2015年1月9日.
  48. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための運動の実践とその効果. 認知機能低下に対するリハビリテーションフォーラム, 札幌医科大学, 札幌, 2015年1月9日.
  49. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ〜最先端の研究から〜. ケアマネージャー、地域住民、入居施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 東京, 2015年1月14日.
  50. 島田裕之. 認知症をくいとめるには〜今日からはじめる認知症予防. 介護予防講演会, 横浜, 2015年1月16日.
  51. 島田裕之. 50歳からはじめる認知症予防. ココロとカラダがよろこぶ健康レッスン, 大府, 2015年1月22日.
  52. 島田裕之. 認知症予防のための運動. 可児口腔保健講演会, 可児, 2015年1月25日.
  53. 牧迫飛雄馬. 自分でできる認知症予防―イスに座って簡単エクササイズ―. SBS学苑静岡校講座, 静岡, 2015年1月31日.
  54. 島田裕之. 認知症予防運動プログラムについて、大府市の取り組みについて. 「ケアマNET一宮」平成26年度2月定例会, 一宮, 2015年2月5日.
  55. 島田裕之. 認知症予防―科学的エビデンスの視点から―. 第9回もりおか認知症ケアマネジメントセミナー特別講演, 盛岡, 2015年2月12日.
  56. 島田裕之. 地域での認知症予防のスキーム. スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 名古屋, 2015年2月15日.
  57. 島田裕之. 認知症を予防しよう〜緑区で取り組む認知症予防〜. 緑区認知症予防イベント「認知症ってなあに?」講演会, 名古屋, 2015年2月17日.
  58. 島田裕之. 認知症予防に対する新たなアプローチ〜最先端の研究から〜. ツクイ主催講演会, 横浜, 2015年2月20日.
  59. 牧迫飛雄馬. 今聞きたい!認知症予防の最新情報. 四日市市認知症・介護予防講座, 四日市, 2015年2月14日.
  60. 牧迫飛雄馬. 認知症予防へ向けた評価とプログラム・認知機能低下予防のための運動プログラム作成・認知機能低下予防のための運動プログラム実践のポイント. 公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 名古屋, 2015年2月15日.
  61. 島田裕之. 運動による認知症予防の可能性. 第19回日本体力医学会 東海地方会学術集会 シンポジウム, 名古屋, 2015年3月7日.
  62. 島田裕之. 地域における認知症予防の取り組み. 平成26年度第2回高齢者健康講座, 金沢, 2015年3月8日.
  63. 島田裕之. 運動による認知症予防. 平成26年度愛知医科大学運動療育センター講演会, 長久手, 2015年3月14日.
  64. 島田裕之. 認知症と有酸素運動+脳への負荷トレーニング. 第1回認知症の早期発見、予防・治療研究会, 東京, 2015年3月29日.
  65. 牧迫飛雄馬. 認知症予防のための効果的な運動について. 平成26年度全国健康増進施設連絡協議会研究会, 京都, 2015年3月14日.
  66. 牧迫飛雄馬. みんなで学ぼうコグニサイズ. 四日市市認知症・介護予防講座, 四日市, 2015年3月26日.
  67. 牧迫飛雄馬. 地域社会での介護予防の展開. 第1回地域包括ケア講演会(秋田県理学療法士会), 秋田, 2015年3月28日.
  68. 牧迫飛雄馬. 運動による認知症予防へ向けた取り組み. 平成26年度在宅医療推進事業者普及啓発事業「とうやこケアネットワーク講演会」, 北海道洞爺湖町, 2015年3月29日.
  69. 牧迫飛雄馬. MCIから認知症になることを予防するための効果的な活動について. 平成26年度在宅医療推進事業多職種連携研修会「とうやこケアネットワーク講演会」, 北海道洞爺湖町, 2015年3月29日.

 

先頭へ戻る

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター