認知症先進医療開発センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

組織

ホーム > 認知症先進医療開発センター > 組織 > 創薬モデル動物開発室

創薬モデル動物開発室

目標と役割

アルツハイマー病の特徴である神経機能低下および神経変性を再現できるモデルを作製して、発症メカニズムを明らかにすると同時に治療薬の開発を目指します。

研究の概要

  1. アルツハイマー病の発症を短時間で、経時的かつ定量的に観察できる動物モデルを用いて、神経機能低下および神経変性のメカニズムを調べています。
  2. 独自に開発した新規モデルを用いた個体レベルのスクリーニングから、アルツハイマー病治療薬の開発を目指しています。

研究者

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター