認知症先進医療開発センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

News & Topics

ホーム > 認知症先進医療開発センター > ニュース&トピックス > 脳機能画像診断開発部の木村泰之 分子探索子開発室長が脳内画像化で朝日新聞 先端人に取り上げられました

脳機能画像診断開発部の木村泰之 分子探索子開発室長が脳内画像化で朝日新聞 先端人に取り上げられました

朝日新聞2017年4月16日付けの「先端人」というシリーズにて脳機能画像診断開発部の分子探索子開発室長の木村泰之先生が紹介されました。脳内の分子をPET画像という手法で可視化する技術が進んでおり、認知症の分野でもアミロイドやタウを生体内で検出することが可能になってきました。木村先生はタウなどに加えて、体内の様々な分子を画像化しメカニズムを解明したい、そして認知症の根本的治療薬開発につなげたい、と記事で語っています。

お問い合わせ先

脳機能画像診断開発部 分子探索子開発室長 木村泰之

TEL:0562-46-2311(代表)

研究関連

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター