認知症先進医療開発センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

CAMD報告会

ホーム > 認知症先進医療開発センター > CAMD報告会 > 新規マウスモデルを用いたアルツハイマー病治療薬開発の現状および神経変性誘導の分子メカニズムに関する研究

新規マウスモデルを用いたアルツハイマー病治療薬開発の現状および神経変性誘導の分子メカニズムに関する研究

CAMD報告会広告
(PDF:190KB)

日時 平成28年12月8日(木)16時00分〜
場所 第1研究棟2階大会議室
講師 創薬モデル動物開発室
室長 津田 玲生

 

開催日:平成28年12月8日(木)

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター