認知症先進医療開発センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

CAMD報告会

ホーム > 認知症先進医療開発センター > CAMD報告会

CAMD報告会

認知症先進医療開発センター(Center for Development of Advanced Medicine for Dementia, CAMD)に所属する常勤の研究者は、CAMD 報告会において、自らの研究を国立長寿医療研究センター(NCGG)の職員に広く紹介し、議論しています。CAMD報告会を通じて、CAMD のミッションである「認知症対策に資する予防、診断、治療ならびに介護・支援の先進的、且つ、実用化を目指した開発研究」に照らし、個々の研究の進捗と方向性を確認することとしています。本website では、CAMD 報告会の抄録を順次掲載致します。

 

2017年 [平成29年]

平成30年6月6日 特発性正常圧水頭症における タウ/アミロイドPET、髄液タウ/アミロイドの検討開催日:平成30年6月14日(木)
平成30年4月27日 ミクログリアを標的とした新たなイメージングバイオマーカーの開発開催日:平成30年5月10日(木)
平成30年3月30日 脳内アミロイド病変をとらえる高精度血液バイオマーカーの開発開催日:平成30年4月12日(木)
平成30年3月1日 ミクログリア調節によるアルツハイマー病治療薬の探索開催日:平成27年2月12日(木)
平成30年1月30日 ドラッグリポジショニングによるアルツハイマー病治療薬の開発開催日:平成30年2月8日(木)
平成29年12月21日 糖尿病および加齢による認知症促進機構の解明 ― 次世代認知症治療薬の開発を目指して ―開催日:平成30年1月11日(木)
平成29年12月4日 AD患者脳における老年性エンドサイトーシス障害増悪化メカニズムの解明に向けて:Ⅱ型糖尿病からのアプローチ開催日:平成29年12月14日(木)
平成29年10月27日 タウオリゴマーのシナプス毒性形成と機能的自己複製機序開催日:平成29年11月9日(木)
平成29年10月6日 アルツハイマー病治療薬への応用を目指すγセクレターゼのエクソサイトの結合メカニズムの解明開催日:平成29年10月12日(木)
平成29年9月7日 アルツハイマー病の病態のさらなる理解から次世代治療薬の開発へ開催日:平成29年9月14日(木)
平成29年7月18日 アルツハイマー病治療薬の開発を目指して —ASIMプロジェクトおよび今後のプロジェクト—開催日:平成29年7月13日(木)
平成29年6月9日 認知症の救急医療の課題解決に向けた研究開催日:平成29年6月8日(木)
平成29年5月12日 アルツハイマー病発症機序を遺伝子ネットワークから読み解く開催日:平成29年5月11日(木)
平成29年4月13日 タウPETイメージングをめぐる状況開催日:平成29年4月13日(木)
平成29年3月13日 認知症の創薬を目指したPETイメージングの応用開催日:平成29年3月9日(木)
平成29年2月9日 特発性正常圧水頭症とサルコペニア開催日:平成29年2月8日(水)
平成29年1月20日 Alzheimer病 pre-dementia stageの 病態を反映する機能的マーカーの探索開催日:平成29年1月19日(木)

 

 

過去に開催した報告会

 

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター